活用 活用の概要

活用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/06 03:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

言語全般の活用について俯瞰するには、下の#概説の節から読むと良いが、もしインド・ヨーロッパ諸語における活用についてのみ知りたい場合は「#印欧語における活用」の節に直行し、もし日本語における活用についてのみ知りたい場合は「#日本語における活用」の節に直行せよ。

概説

言語全般について学んでいる状況で出会う「活用」という用語は、たとえばフランス語の「conjugaison コンジュゲゾン」や 英語の「conjugationコンジュゲイション」に当てられた訳語であるが、これはある言語において動詞に属する語形変化のことであり、その形によって、voice()、mood()、 tense(時制)、 number(数)、person(人称)などが判るようになる、というものである[1]

活用する語を活用語といい、活用語が活用した語形の1つ1つをその語の活用形: conjugated form)という。

ところで、世界の諸言語を俯瞰すると、多くの言語グループに分類することができるが、日本語というのは非常に特殊な言語である。その日本語だけを扱う日本語学国語学)においては、「活用」というのは日本語の用言(つまり動詞形容詞形容動詞)と助動詞がもつ語形変化の体系のことを指す。

世界の言語を俯瞰すると、コンジュゲーションの一般的な方式は、形態の決まった語尾を持たず語形そのものを変化させる方式である。これは屈折語に特徴的で、印欧語族に属する膨大な数の言語群など、多くの言語がこの方式である。一方、特殊な方式としては、変化しない語幹接辞や活用語尾を接続することによって語形を変化させるもの方式がある。日本語はこの特殊な例の後者に当たり、人称や数、性などによる活用はなく、時制、法、態、相などの違いを区別する活用形をもっている。

本記事では日本中心の記事にならないように、まず世界で比較的、一般的とも言える印欧諸語の活用について解説する。学問上、印欧語は、ロマンス諸語(=ローマ帝国の言語であるラテン語の方言が変化した言語群)のグループと、ゲルマン語派のグループは、ある程度区別して整理・整列しつつ解説するのが妥当なのでそうする。そして最後に、世界的に見てかなり特殊な言語である 日本語や韓国語の活用について解説する[2]

印欧語における活用

言語学用語の「活用」(フランス語で「conjugaisonコンジュゲゾン」、英語では「conjugationコンジュゲイション、コンジュゲーション」) とは、動詞人称時制といった文法カテゴリーに応じた語形変化をすることである。

名詞形容詞の形の変化は、あくまで「曲用 (declension)」 と言い、別物として扱う。

印欧語は、動詞が、時制や主語の人称によって変化する。[3]

なおハンガリー語には目的語定性による変化(定活用・不定活用)がある。またバスク語には聞き手(話し相手)が敬称親称のいずれで呼ばれるかによる変化(聞き手活用)があるが、これは必ずしも言及されない対象に関するものである[4]

様々な言語における存在動詞の活用
ラテン語 フランス語 イタリア語 スペイン語 ポルトガル語 英語 ドイツ語 スウェーデン語 ラトビア語 ハンガリー語
不定詞 esse être essere ser ser to be sein vara būt lenni
1人称・単数 (ego) sum je suis (io) sono (yo) soy eu sou I am ich bin jag är es esmu (én) vagyok
2人称・単数 (tu) es tu es tu sei (tú / vos / usted) eres / sos / es tu és you are du bist du är tu esi (te) vagy
3人称・単数 (is/ea/id) est il / elle est lui / lei / Lei è (él / ella) es ele / ela / você é he/she/it is er / sie / es ist han / hon / den / det är viņš/ viņa ir (ő/Ön) van
1人称・複数 (nos) sumus nous sommes (noi) siamo (nosotros / nosotras) somos nós somos we are wir sind vi är mēs esam (mi) vagyunk
2人称・複数 (vos) estis vous êtes (voi) siete (vosotros / vosotras / ustedes) sois / sois / son vós sois you are ihr seid ni är jūs esat (ti) vagytok
3人称・複数 (ei/eae/ea) sunt ils / elles sont (loro/Loro) sono (ellos / ellas) son eles / elas / vocês são they are sie sind de är viņi, viņas ir (ők/Önök) vannak

イタリア語

動詞の変化表(parlare = speak, talk; しゃべる、話す)

  • 現在分詞: parlante
  • 過去分詞: parlato

直説法単純時制と近過去、命令法現在のみ示す。

現在 半過去 遠過去 単純未来 命令法現在 近過去
一人称単数 parlo parlavo parlai parlerò ho parlato
二人称単数 parli parlavi parlasti parlerai parla hai parlato
三人称単数 parla parlava parlò parlerà parli ha parlato
一人称複数 parliamo parlavamo parlammo parleremo parliamo abbiamo parlato
二人称複数 parlate parlavate parlaste parlerete parlate avete parlato
三人称複数 parlano parlavano parlarono parleranno parlino hanno parlato

スペイン語

規則動詞の変化表(hablar = speak, talk; 話す、しゃべる)

  • 現在分詞[5]: hablando
  • 過去分詞: hablado
叙法 直説法 接続法 命令法
時制 現在 点過去 線過去 未来 過去未来 現在 過去 未来
1人称単数 hablo hablé hablaba hablaré hablaría hable hablara
hablase
hablare -
2人称単数 hablas hablaste hablabas hablarás hablarías hables hablaras
hablases
hablares habla
no hables
3人称単数 habla habló hablaba hablará hablaría hable hablara
hablase
hablare hable
1人称複数 hablamos hablamos hablábamos hablaremos hablaríamos hablemos habláramos
hablásemos
habláremos hablemos
2人称複数 habláis hablasteis hablabais hablaréis hablaríais habléis hablarais
hablaseis
hablareis hablad
no habléis
3人称複数 hablan hablaron hablaban hablarán hablarían hablen hablaran
hablasen
hablaren hablen

フランス語

動詞の変化表(parler = speak, talk; しゃべる、話す)

  • 現在分詞: parlant
  • 過去分詞: parlé

直説法単純時制と複合過去、命令法のみ示す。

現在 半過去 単純過去 単純未来 命令法 複合過去
一人称単数 parle parlais parlai parlerai ai parlé
二人称単数 parles parlais parlas parleras parle as parlé
三人称単数 parle parlait parla parlera a parlé
一人称複数 parlons parlions parlâmes parlerons parlons avons parlé
二人称複数 parlez parliez parlâtes parlerez parlez avez parlé
三人称複数 parlent parlaient parlèrent parleront ont parlé

ドイツ語

動詞の変化表(sprechen = 英 speak, talk; 話す、しゃべる)

  • 過去分詞: gesprochen
  • 現在分詞: sprechend

但し、この動詞は不規則動詞(現在活用・三基本形で語幹の母音が変化する動詞、強変化動詞とも呼ばれる)である。

直説法現在 直説法過去 命令法 接続法1式 接続法2式 現在完了
一人称単数 spreche sprach spreche spräche habe gesprochen
二人称親称単数 sprichst sprachst sprich sprechest sprächest hast gesprochen
三人称単数 spricht sprach spreche spräche hat gesprochen
一人称複数 sprechen sprachen sprechen sprechen sprächen haben gesprochen
二人称親称複数 sprecht spracht sprecht sprechet sprächet habt gesprochen
三人称複数 sprechen sprachen sprechen sprächen haben gesprochen
二人称敬称単複 sprechen sprachen sprechen sprechen sprächen haben gesprochen

現在完了(助動詞 haben, sein)、過去完了、未来形(助動詞 werden)、未来完了はいずれも[助動詞(+助動詞の不定形) + 本動詞の不定形/過去分詞]で作られ、助動詞が動詞と同じように活用するため、ここには(直説法の)現在完了のみ挙げた。ドイツ語も参照。

英語

上述の印欧語の諸言語の活用表を見た後で、英語の活用表を見ることになった人はほぼ誰でも気付くことになるわけだが、英語の活用表というのは、印欧語の他の諸言語と比較して、突出して「単純」で、「暗記しやすい」ものとなっている。これも「(諸言語の中でも突出して)英語は外国語として学ぶのに容易な言語」と言われる理由のひとつとなっている[6]

規則動詞の変化表 (speak)

  • 現在分詞: speaking
  • 過去分詞: spoken
現在 過去 現在完了 過去完了
一人称 speak spoke have spoken had spoken
二人称 speak spoke have spoken had spoken
三人称単数 speaks spoke has spoken had spoken

なお(他の言語同様に)不規則動詞もあり、(やはり)不規則動詞は頻用する基本的な動詞に多い。


  1. ^ Oxford Dictionaries, "conjugation"
  2. ^ 世界の諸言語の中では、日本語と韓国語だけが、一種の「孤立した言語」になっていて、非常に特殊で、諸言語の活用全般を類推で理解するのにほとんど役立たず、一種の「行き止まり」的な知識となるので、一番最後に解説する
  3. ^ その際、英語でいえばその語尾となる-ing, -edなどを活用による語形変化と考え「活用語尾」と呼ぶ解説者もいる。またそれらを「接尾辞」と説明する解説者もいる。
  4. ^ 日本語でいえば丁寧語に当たる
  5. ^ この名称は日本における名称で、スペイン語ではgerundioとよばれる。
  6. ^ 他にも、英語アルファベットはたったの26文字しかなく、フランス語などのように、アクセント記号がついたアルファベットがたくさんある言語と比べて、文字レベルでも(恐ろしいほど)単純だ、ということもしばしば挙げられる。
  7. ^ a b c 屋名池 (2005 p.71)
  8. ^ ここでいう「語」はアクセント単位や最小呼気段落にほぼ相当する。
  9. ^ 精選版 日本国語大辞典『富樫広蔭』 - コトバンク


「活用」の続きの解説一覧



活用と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「活用」に関係したコラム

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券会社と過...

  • 株式投資に日本銀行の1%ルールを活用する方法

    日本銀行(日銀)の金融市場局では、資産買入れ等の基金の運営として、ETF(指数連動型上場投資信託受益権)やJ-REIT(不動産投資法人投資口)などを買い入れています。日本銀行では、TOPIXが前場に1...

  • 株式の信用取引を用いたつなぎ売りの活用方法

    つなぎ売りとは、現在保有している株式を売らずに同じ銘柄を信用取引で空売りすることです。例えば、1株1000円の銘柄を1000株、現物で買ってその後1株1200円に値上がりしたとします。この時点でつなぎ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「活用」の関連用語

活用のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



活用のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの活用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS