katsとは?

Kats


自動列車停止装置

(kats から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/03 14:19 UTC 版)

自動列車停止装置(じどうれっしゃていしそうち、ATS: Automatic Train Stop)は、鉄道での衝突防止や過速度防止の安全装置(=自動列車保安装置と呼ぶ)の日本での分類の1つ。列車や軌道車両が停止信号を越えて進行しようとした場合に警報を与えたり、列車のブレーキを自動的に動作させて停止させ、衝突脱線などの事故を防ぐ装置である。


注釈

  1. ^ 場内信号機のない終端駅でもATS地上子があるため如何を問わず確認扱いは必ずある。
  2. ^ 鉄道の場合のAF (Audio frequency) とは慣行的に電話・通信と同様300 Hz - 3000 Hz余の周波数を指しているが、元々は可聴周波数 (16 Hz - 20,000 Hz) を指すもの。分倍周は交流電化区間などノイズの多い区間に採用されており、当初は電動発電機などの機械装置で供給されていてAFとは区別された。
  3. ^ 後年になり設置された地上子は、共振周波数を変化させるリレーが一体化されている。
  4. ^ 地上子の『空振り』はATSの機能喪失につながるため、地上子のQ値が一定の値以上であることを定期的に計測し保守してきた[4]
  5. ^ 電力波と呼ばれ、電力供給の無い無電源地上子から情報の供給を受ける際、車上子から電力波を無電源地上子に送信して、無電源地上子はそれをエネルギー源にして定められた内容のデジタル情報を返送する。
  6. ^ 変調後の周波数は、地上→車上1708kHz±32kHz、車上→地上(情報)3000kHz±32kHzとなる。
  7. ^ Sd形地上子と呼ばれる
  8. ^ Ss形地上子と呼ばれる
  9. ^ 作動原理としては、Sd形地上子に車両側の車上子からの常時発信周波数105kHzかそれに高減速性能車であること示す67kHzを重畳した電波を受信して、それらを速度照査装置に送り、そこで、分岐器の速度制限から高減速車か又は低減速車かの減速曲線を求めて、地上子の設置位置での速度制限を決める。
  10. ^ つまり、基本的にはブレーキ管の減圧で非常ブレーキが作用する自動空気ブレーキ機能を備えた車両の運用が前提となる保安システムである。ただし、トリップコックを非常ブレーキ制御線回路を遮断するための電気スイッチに置き換えれば電気指令式ブレーキ搭載車でも利用可能である。
  11. ^ これは、通常は停止信号を2つ重ねるべき箇所で、1つ目の信号機を警戒現示することで少しでも列車の間隔を詰められるようにするために行なわれた(クロージング・イン)。
  12. ^ 打ち子式ATSでしかも吊り掛け式の旧型車が混在し車両性能が不統一であった当時の1号線では、列車運行間隔は最短でも2分15秒でこれ以上の短縮とこれによる列車増発は不可能であった。このため新しいWS-ATC導入と同線在籍車両の全面置き換えを行って性能を統一することで最短運行間隔を15秒短縮し2分とすることが計画された。
  13. ^ ただし、四つ橋線用車両の定期検査が我孫子検車場で実施されていた関係で、同線のWS-ATC化完了までは同線との接続駅である大国町と我孫子検車場の最寄り駅である我孫子の間については御堂筋線でも例外的に四つ橋線車両用として打ち子式ATSを残し、御堂筋線車両用のWS-ATCと併用する措置がとられていた。
  14. ^ 製鉄所の構内鉄道などでは現存する。
  15. ^ 鉄道事業法適用路線として上野動物園モノレールが打子式ATSを採用している。(2012年11月現在)
  16. ^ 例外として、伊豆急行線はATS-S装備の国鉄車両の乗り入れがあるため、国鉄車両の改造を要せずかつ私鉄に出した運輸省通達を満たすために、地上タイマー方式の速度照査機構を設置している。
  17. ^ SW2形と同様にスペクトラム拡散方式でのFFT方式によるスペクトル解析で共振周波数を検知する脱変周方式を採用しており、ATS機能のみとその機能に加えて振り子制御を行うために、車両側で地上子を検知して地点信号を出力する機能の2種類がある。
  18. ^ 電車の場合は0.50秒、機関車の場合は0.55秒で設定されており、車上で予め設定されている。
  19. ^ 列車が設定された速度以上になると非常ブレーキにより停止できるように地上側の地上子間隔を、設定された速度おいて車両側が0.5秒で通過できる間隔に設定して設置する。
  20. ^ 駅付近の踏切において、列車番号情報により駅に停車するか又は通過するかを判断して踏切の警報時間の均一化を図る機能であり、車上側から車上子の常時発振周波数にその情報である360±12kHzの周波数のMSK変調波を重畳(重ねて)して地上側の地上子に送信され、地上側ではその情報を地上子で受け取り、その後、信号回路の電源ケーブルを通り電子踏切装置に送られて、駅での通過又は停車を判別して踏切の警報時間を制御する。
  21. ^ 108.5kHz。
  22. ^ 100kHz - 110kHzとの間。
  23. ^ 信号機の現示表示が警戒信号 (YY) から注意信号 (Y) に変更される
  24. ^ 信号機までの距離の他に、現示コード(その時の信号機の現示)・地上子情報(有電源地上子又は無電現地上子かの情報)・信号機種別(出発・場内・閉塞などの信号機の種類)・次の地上子までの距離の情報を送信するとともに、信号機がG現示の場合は、2つ先の信号機がR現示として仮定して(ただし必ずしもR現示ではないが)、そこまでの距離情報を車上に送信する。
  25. ^ 車上で作成・記憶されたパターンで使用される列車の速度検知と距離積算は、速度発電機からの出力パルスを使用する。
  26. ^ JR東日本・相鉄・北越急行・東京臨海高速鉄道所属車両(JR西日本681系/683系はくたか用編成、名鉄2000系、JR東日本乗り入れ時代のJR東海373系含む)ではゴング音が、JR西日本・智頭急行所属車両(JR東海所属の285系含む)では電子チャイムがそれぞれ鳴る。
  27. ^ Y現示は1つ前の信号機まで、G現示は2つ前の信号機までの距離情報を送信して、速度照査パターンの更新を行う。
  28. ^ 現示アップが発生しない場合には信号機までの距離情報又は即時停止情報か送信されるが、R現示の信号機から外方(手前)50mで停車した列車が、信号機が現示アップして運転を開始した場合には、照査パターンの更新を列車に送信する。
  29. ^ 信号機から手前180m・85m・20m。
  30. ^ 信号機から手前280m・180m・130m・85m・20m。
  31. ^ カーブでの速度制限の場合、制限速度・制限区間長・カーブまでの距離などの情報を車上に送信する。
  32. ^ 下り勾配では、勾配の大きさに応じて列車の減速度にマイナスが発生する為、その値を補正値として車上に送信する。
  33. ^ JR貨物所属の機関車は速度加算部分を無効にして走行する。
  34. ^ ただし、交直切替は交直流車のみ、架線電圧切替は新在直通用のみ搭載。異電化や非電化進入防止は不明。
  35. ^ 交流電化区間や異電圧区間、非電化区間の存在しない相鉄・北越急行・東京臨海高速鉄道・JR東海(非電化あり)などではこのコード領域を無効にしている。
  36. ^ JR西日本保有の「D51 200」は炭水車のエンジン側のドローバー付近に車上子を設置している。
  37. ^ VE(バリューエンジニアリング)手法による省スペース化を図ったもの
  38. ^ ただし、2011年7月1日の鉄道に関する技術上の基準を定める省令の改正に伴い、営業運転での使用は全面禁止となった。回送列車と試運転列車などの非営業列車の場合、は事前の申請を行った上での特例が出される。
  39. ^ 電力波の245kHz
  40. ^ ATS-Pでは大幅な後退運転すると誤動作をしてしまうので、構内でATS-Sxに切り替える必要がある
  41. ^ 機関車は曲線の速度加算部分を無効にして走行(正規の速度制限を適用。)
  42. ^ 騒音の多い環境での使用を考慮したため
  43. ^ 最高頭打ち照査速度だけは機能している。
  44. ^ JR東日本およびJR東海管内で使用
  45. ^ JR西日本管内で使用
  46. ^ JR東日本車・JR東海車はATS-P切換連動スイッチを開放、JR貨物車は西モードに設定して当該区間を走行する。
  47. ^ 車上子の常時発信周波数を103kHzから73kHzに変更し、従来の108.5kHzと123kHzと130kHzの他に、新たに80kHz・85kHz・90kHz・95kHzを地上子の変周周波数として追加。その他にも踏切鳴動開始用のバックアップ列車検知器と分岐器速度照査装置を作動させる為に、100.5kHzの周波数を73kHzに加えて地上子から送信している。
  48. ^ 車上で生成されたパターンで使用される列車の速度検知と距離積算は、ATS-P形と同じく、速度発電機からの出力パルスを用いるが、2台の速度発電機を使用することにより、より精度を上げている。
  49. ^ 90kHz又は95kHzの変周周波数を発振させる地上子。
  50. ^ Pbパターンにおいては、マーカ地上子から95kHzを受信後に走行距離3m以内で103kHzを受信後に消去される。
  51. ^ 速度照査パターンの補正は、第2パターンだけを補正する。
  52. ^ 108.5kHzと95kHzの地上子。
  53. ^ 検知方式は、車上送受信器から車上子にスペクトラム拡散信号を送信して地上子の変周周波数を検知する、脱変周方式を使用する。
  54. ^ 発振される変周周波数は、103kHz・108.5kHz・123kHz・130kHzの4種類。
  55. ^ 頭打ちパターンとよばれている。
  56. ^ JR各社を含む全鉄道事業者を対象としている。また、この省令の施行により従来の普通鉄道構造規則、鉄道運転規則、新幹線鉄道構造規則、新幹線鉄道運転規則は廃止された。
  57. ^ 変周式の基本構造は、故障状態でも不動作が無い(車上側が反応する)ことを第一の設計要件とし、地上子の電子回路に故障しやすい電源および能動素子(トランジスタやリレーなど)を必要とせず、受動素子(RLC等)のみを使用しかつ無電源で動作する方式として、旧国鉄の技術陣が発明した
  58. ^ T-DATCの車内信号表示灯の一部をATS表示灯と共用している
  59. ^ 3秒間の軌道電流無信号(この間は空走時間となる)により速度超過を伝達する原理上、別途方式を採用しない限り絶対停止信号を車両に伝達できない。
  60. ^ 「多情報パターン制御式ATS『C-ATS』装置 - 相互直通運転に対応した地上データベース方式 - 」『鉄道と電気技術』 2008/10 日本鉄道電気技術協会
  61. ^ 標識の設置は変更前の数日に行われた。
  62. ^ 対応した編成の運転台に設置されている注意喚起などの音声が発せられるスピーカーに、ATS-SPと印字されてあるテプラが貼りつけられている。
  63. ^ 名鉄豊川線は軌道線適用の事実上の鉄道線であるめため、他の名鉄鉄道線同様変周式ATSを採用している。一方、福武線は併用軌道区間が存在するため、鉄道法適用区間も含めて軌道電流式ATSを採用している。

出典

  1. ^ 新井英樹「ATCとATSで列車を安全に走らせる」Railway Research Review 2008年7月号 p.22 - 23。
  2. ^ “JR東日本 ATS-Ps形開発”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2000年7月18日) 
  3. ^ a b 井上孝司. “"鉄道とIT (32) 信号保安システムとデジタル通信" (pdf)”. マイナビ. 2017年11月4日閲覧。
  4. ^ a b 平本匡寛; 望月寛; 高橋聖; 中村英夫 (2005-11-18). “ATS地上子の状態監視技術の改善” (pdf). 信頼性シンポジウム発表報文集 2005_秋季(18) (日本信頼性学会): 29-32. http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20171103233959.pdf?id=ART0008929367 2017年11月4日閲覧。. 
  5. ^ 新変周ATS”. 日本信号. 2017年11月4日閲覧。
  6. ^ 昭和鉄道高等学校編 『鉄道のしくみと走らせ方』 かんき出版、2008年、259頁。
  7. ^ 白石安之、石川晃「伊豆急行のATSについて」『電気車の科学』1969年7月号 p.39 - 40。
  8. ^ a b 『鉄道車両工業』通巻474号、p.41
  9. ^ 『信号シリーズ7 ATS・ATC』p.5
  10. ^ 小型で安定性を向上させた在来線向けATS装置 (PDF)”. 東芝レビュー. 東芝 (2011年10月). 2014年12月1日閲覧。
  11. ^ 在来線に新型ATS完了”. 読売新聞 (2012年2月16日). 2012年2月16日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ 但し、JR東日本およびJR西日本(JR東海所属の285系電車を含む)のATS-P車上装置を搭載している車両では通常通り常用最大ブレーキがかかる。
  13. ^ 運転指令所への連絡は必要
  14. ^ 安全報告書(平成22年度) (PDF)”. 衣浦臨海鉄道株式会社. 2012年3月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年9月1日閲覧。
  15. ^ 安全報告書 2014 (PDF)”. 名古屋臨海高速鉄道株式会社. 2014年12月1日閲覧。
  16. ^ a b c d 『鉄道車両工業』通巻474号、p.42
  17. ^ 日本貨物鉄道株式会社 ATS-PF・Ps統合型車上装置”. 京三サーキュラー 2014Vol2. 京三製作所. 2014年12月1日閲覧。
  18. ^ 会社要覧2016-2017、P8 (PDF)”. JR東日本レビュー. JR東日本 (2016年4月). 2016年9月26日閲覧。
  19. ^ 安全性向上への取組み - JR東日本:CSR報告書2015 (PDF)
  20. ^ 可搬型ATS-Psを搭載可能
  21. ^ 但しキハ28 2010はSN
  22. ^ www.rtri.or.jp/infoce/rtrirep/2010/03/p01.pdf (PDF)”. 鉄道総研. 2015年4月閲覧。[リンク切れ]
  23. ^ 車上データベースを用いた ATS-Dx の開発 - 鉄道総研報告 (PDF) p.7-8
  24. ^ JR、民鉄のATS (1) JR北海道のATS - 『鉄道と電気技術』 2010年11月号 p.69 - p.73
  25. ^ JR、民鉄のATS (4) JR九州のATS - 『鉄道と電気技術』2011年2月号 p.70 - p.75
  26. ^ a b 安全報告書2015 Pp.7 - Pp.8 - JR貨物
  27. ^ 安全確保への取り組み (4) ATS-DNの整備 - 安全報告書 2016 (PDF) (JR北海道)
  28. ^ 新車速報 JR東日本 E001形「TRAIN SUITE四季島」 - railf.jo
  29. ^ 新しい自動列車停止装置への移行(安全報告書2016 P19 4-4『安全設備』) (PDF) - 九州旅客鉄道株式会社(2016/9/29 同日閲覧)
  30. ^ a b 新しい自動列車停止装置(ATS-DK)への移行(安全報告書2017 P19 4-4『安全設備』) (PDF) 九州旅客鉄道(2017年8月25日閲覧)
  31. ^ ハード対策 (2)新型ATSの整備 - 安全報告書 2016 (PDF) - JR貨物
  32. ^ “6月定例社長会見” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2014年6月19日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2014/06/page_5792.html 2014年6月20日閲覧。 
  33. ^ 新保安システム備えた新型車両”. NHKニュース. 2014年9月26日閲覧。[リンク切れ]
  34. ^ 山陽線 西広島~岩国駅間で新保安システム(D-TAS)を使用開始します”. 西日本旅客鉄道. 2018年7月2日閲覧。
  35. ^ Database oriented Train Administration System(データベース指向車両管理システム)の略
  36. ^ JRに列車制御新システム”. NHKニュース (2013年3月14日). 2013年3月14日閲覧。[リンク切れ]
  37. ^ JR西日本、広島地区の227系「Red Wing」を追加投入…7月4日”. レスポンス. 2015年6月6日閲覧。
  38. ^ “227系近郊形直流電車の概要について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2014年6月19日), https://www.westjr.co.jp/press/article/2014/06/page_5790.html 2014年6月20日閲覧。 
  39. ^ http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/726288.html
  40. ^ 通達 : 「自動列車停止装置の設置について」 昭和42年鉄運第11号 (1967/01発)「自動列車停止装置の構造基準」
  41. ^ ATS(自動列車停止装置)システムの全面更新計画について (PDF) - 京阪電気鉄道、2008年11月17日
  42. ^ 京阪線 深草駅〜出町柳駅間で新型ATSの使用を開始します (PDF) - 京阪電気鉄道、2015年11月25日
  43. ^ a b 京成電鉄『安全報告書 2015』 (PDF)”. 京成電鉄株式会社. 2016年4月25日閲覧。
  44. ^ 丸山晃司 「多情報パターン制御式ATS『C-ATS』の概要」『鉄道車両と技術』125号、レールアンドテック出版、2007年。
  45. ^ 北総鉄道『安全報告書 2015』 (PDF)”. 北総鉄道株式会社. 2016年4月25日閲覧。
  46. ^ 浅草線C-ATS全線運用開始について”. 東京都交通局. 2011年3月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月23日閲覧。
  47. ^ 新型ATS「C-ATS」を一部区間で使用開始(12/6〜) - 新京成電鉄
  48. ^ 2017 静岡鉄道株式会社 安全報告書〈鉄道〉 p.12 (PDF)
  49. ^ 京阪線 深草駅~出町柳駅間で新型ATSの使用を開始します (PDF)
  50. ^ 平成28年度 鉄道設備投資計画について (PDF) - 京阪電鉄
  51. ^ 日本鉄道運転協会「運転協会誌」2012年4月号30頁記事参照。
  52. ^ 新型自動列車停止装置(D-ATS-P)の全線設置が完了 (PDF) - 小田急電鉄ニュースリリース : 2015年9月11日
  53. ^ 私鉄 より安全で効率的な列車運行を追求(2009年10月16日付け 交通新聞)
  54. ^ 信号・通信設備の概要(鉄道ピクトリアル 2010年1月臨時増刊号 p.76 - 77。
  55. ^ JR、民鉄のATS (6) ―東武鉄道のATS―(「鉄道と電気技術」2011年4月号)
  56. ^ アジアの鉄道18か国(吉井書店)
  57. ^ 鉄道ピクトリアル 282号
  58. ^ ATS装置 (Yookyung Control Co.,Ltd) (朝鮮語)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「kats」の関連用語

katsのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



katsのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自動列車停止装置 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS