従業員持ち株制度とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > システム > 制度 > 従業員持ち株制度の意味・解説 

じゅう ぎょういん もちかぶせいど -げふゐん- [3][5] 【従業員持(ち)株制度】

従業員自社発行する株式保有する制度労働意欲の向上、企業利潤分配安定株主獲得などを目的とする。

従業員持ち株制度

自分会社従業員自社株保有させる制度
従業員持ち株会をつくって、資金積み立て自社株購入運用するものです。上場会社90近く採用しており、購入金額一部補助している会社多くあります従業員は、自分出資に応じて株式所有することになり、1,000以上になれば、株券引き出すこともできます。従業員持ち株制度の目的は、(1)安定株主増える、(2)従業員資産増やす――などですが、従業員会社への帰属意識愛社精神強め働き期待している面もあるようです

従業員持ち株制度

従業員持ち株制度とは、会社従業員持ち株会を設立し、 給与賞与ボーナス)から一定の株式購入する仕組みをいいます。
従業員持ち株制度は、会社従業員財産形成支援する 1つ取り組みでもあり、従業員株式保有することによって、 会社としての一体感生み出すという施策1つでもあります



従業員持ち株制度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「従業員持ち株制度」の関連用語

従業員持ち株制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



従業員持ち株制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2019 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2019 Net Markers.Inc all rights reserved.

©2019 Weblio RSS