堀秀成とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 堀秀成の意味・解説 

ほりひでなり 【堀秀成】


堀秀成

読み方ほり ひでなり

皇太神宮称宜。音韻に精す。明治20年(1887)歿、69才。

堀秀成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/21 00:19 UTC 版)

堀 秀成(ほり ひでなり、文政2年12月6日1820年1月21日) - 明治20年(1887年10月3日)は、幕末から明治期の国学者、神職。下総国古河藩士。別名は茂足。通称は内記、八左衛門。は琴舎、足穂家。






「堀秀成」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「堀秀成」の関連用語

堀秀成のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



堀秀成のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの堀秀成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS