あすかとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 海上自衛隊装備品 > あすかの意味・解説 

あすか 【飛鳥・明日香】 ◇

〔「飛鳥」の表記は「あすか」にかかる枕詞飛ぶ鳥の」から〕 奈良県高市郡明日香村付近一帯の地。耳成(みみなし)以南畝傍(うねび)以東飛鳥川流域をいう。592年推古天皇豊浦宮とゆらのみや即位以降八世紀初めまで,帝都所在地皇居跡・皇陵飛鳥寺岡寺高松塚古墳など,古寺史跡に富む。⦅歌枕⦆ 「飛ぶ鳥の-の里を置きて去(い)なば君があたりは見えずかもあらむ/万葉集 78

艦艇(試験艦「あすか」型)

■6102「あすか」 
 
基準排水量
  4,250t
主要寸法
  151x17.3x10.0x5.0m
長さ、幅、深さ喫水
船 型
  甲板
機械
  ガスタービン2基2軸
馬 力
  43,000PS
速 力
  27kt
特殊装置
  なし
定 員
  70名

【あすか】(あすか)

JMSDF Asuka(ASE-6102).

海上自衛隊保有運用する試験艦。
水上艦搭載される各種装備試験評価を、防衛省技術研究本部からの委託によって行うテストベッドとして1995年就役した。
現在は自衛艦隊隷下の「開発隊群」に属し、横須賀基地母港としている。

任務性格上、行われる試験内容に応じて艤装変更される。
また、巨大上部構造物を搭載する場合備え大型バラストタンク装備している。
試験艦ではあるが、有事の際には護衛艦への転用も可能なよう設計されている。

スペックデータ

同型艦

ase6102.jpg
Photo:MASDF

【飛鳥】(あすか)

19701980年代科学技術庁航空宇宙技術研究所NAL)が開発したSTOL短距離離着陸実験機
ローカル線区用のSTOL旅客機開発するためのテストベッドとして川崎重工で製作された。

機体は、川崎航空自衛隊納入していたC-1輸送機ベース新規製作され、NAL開発した低騒音ターボファンエンジン4基を主翼上に搭載した。
このエンジン排気主翼の上面に流し、更にフラップで下へ向けてコアンダ効果揚力高める「USB」という手法によって離陸滑走距離を短縮するようになっていた。

同機1985年1989年にかけて試験飛行が行われ、一定の成果収めたが、ここから実用機の開発・製作を進めるにはコスト膨大にかかり、また、地方空港でも滑走路延伸などの設備改良によって通常型の機体離発着できるところが増え、研究そのもの意義も薄まったため、プロジェクト終了と共に除籍された。

現在、同機岐阜県各務原市の「かかみがはら航空宇宙科学博物館」にて展示保存されている。

スペックデータ

全長29.0m
全高10.2m
全幅30.6m
主翼面積120.5m²
全備重量38,700kg
エンジンFJR710/600S 低騒音ターボファン推力4,290kg)×4基
最大速度600Km/h
航続距離1,600km
着陸距離480m

あすか

分類:人工衛星


名称:第15号科学衛星「あすか」/Astronomy Satellite-D(ASTRO-D)
小分類:科学衛星
開発機関会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1993年2月20日
運用停止年月日:2001年3月2日
打ち上げ国名機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-3SII
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
国際標識番号:1993011A

あすかは、近くの星から遠方銀河に至るすべての種類天体を、X線観察することを目的開発された、日本4番目のX線天文衛星です。
軽量ですが、最新X線観測技術取り入れ高性能X線天文台です。4台のX線反射望遠鏡をのせ、各焦点X線撮像分光装置(焦点面検出器)が置かれており、焦点面検出器には蛍光比例計数管2台と、X線CCDカメラ2台を用いています。これらによって、1980年代後半活躍したぎんがの検出限界より数百倍の微弱X線天体をとらえることができます
また、X線天文学計画ではぎんが、あすかで共同研究行ないました。あすかではX線反射望遠鏡X線CCDカメラなど、さまざまな部分日米共同開発協力が行なわれ、さらにX線天文衛星計画においても種々の日米協力が行なわれていましたが、2001年3月2日大気圏突入し、約8年にわたる運用終了しました。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?

あすか外観図
あすか外観

円筒形本体に、翼のような太陽電池パドルが広がった形をしています。重量は417kgです。
あすかはX線により天文観測行ないますが、とらえることができる波長範囲は1~20オングストロームで、これはぎんがに比べ蛍光比例計数管で2倍以上でX線CCDカメラは約10倍の波長分解能を持っています。

2.どんな目的使用されるの?
あすかは宇宙空間の星・銀河X線観測銀河団などの宇宙最深部のX線による観察目的としています。超新星残骸銀河団の超高温プラズマをはじめ、中性子星ブラックホール等のX線星、クエーサー活動銀河分光学研究感度を活かした微弱天体探索宇宙最深部の観測使用されます。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
1993年3月17日蛍光比例計数管によりX線天体初めての撮像観測成功しました。1993年4月5日には発見されたばかり銀河M81超新星SN1993JからのX線をとらえることに成功しました。開発だけではなく観測運用にも外国人研究者が加わり、国際的X線天文台として活躍していましたが、2001年3月2日大気圏突入し、約8年にわたる運用を終えました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
ひのとり、てんま、ぎんが、ASTRO-Eあります

5.どのように地球を回るの?
高度620kmから520km、傾斜31度の略円軌道です。

参考文献:大林辰蔵監修日本宇宙科学1952→2001」=東京書籍斎藤成文日本宇宙開発物語三田出版会


飛鳥

読み方
飛鳥あすか

明日香

読み方
明日香あすか

あすか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/27 09:57 UTC 版)

あすか飛鳥明日香阿須賀安宿慧桜ASUKAASKAアスカ など)




「あすか」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「あすか」の関連用語

あすかのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あすかのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
海上自衛隊海上自衛隊
Copyright (C) JMSDF. All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
JAXAJAXA
Copyright 2018 Japan Aerospace Exploration Agency
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあすか (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS