弁証法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 弁証法 > 弁証法の意味・解説 

べん しょうほう -はふ [0] 【弁証法】 〔ギリシャ dialektikē; ドイツ Dialektik〕

古代ギリシャで,対話などを通して事物真の認識イデア到達する,ソクラテス・プラトンにみられる仮説演繹的方法問答法)をいう。アリストテレスでは,確からしいが真理とはいえない命題前提とする推理をさし,真なる学問的論証区別される。
カントでは,経験による裏付けのない不確実推理を意味し,それを純粋理性誤用に基づく仮象論理学ととらえる。
矛盾を含む否定性に積極的意味を見いだすヘーゲルでは,有限なものが自己自身のうちに自己との対立矛盾を生み出し,それを止揚することで高次なものへ発展する思考および存在を貫く運動の論理をさす。それは思考存在との根源的同一性であるイデー自己展開ととらえられる。ヘーゲル弁証法
マルクス・エンゲルスでは,イデーを展開の主体とするヘーゲル弁証法観念論批判し,自然・社会および思惟一般的運動法則についての科学とした。


弁証法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/11 16:17 UTC 版)

弁証法(べんしょうほう、: διαλεκτική: dialectic)とは、哲学の用語で、現代において普通にいわれるときには、ほとんどがヘーゲルマルクスの弁証法を意味し、世界や事物の変化や発展の過程を本質的に理解するための方法、法則とされる(ヘーゲルなどにおいては、弁証法は現実の内容そのものの発展のありかたである)。しかし、この言葉を使う哲学者によって、その内容は多岐にわたっており、弁証法=ヘーゲル・マルクスとして全てを理解しようとするのは誤りである。


  1. ^ ディオゲネス・ラエルティオス 『ギリシア哲学者列伝(下)』 加来彰俊訳、岩波書店、1994年、114-118頁。ISBN 4-00-336633-6
  2. ^ 『パイドロス』 プラトン/藤沢令夫, 岩波文庫 p111
  3. ^ カール・マルクス『資本論』第1巻、前文







弁証法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「弁証法」の用例一覧


辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「弁証法」の関連用語

弁証法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




弁証法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弁証法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS