初期フランドル派 イタリア・ルネサンスとの関係

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 初期フランドル派の解説 > イタリア・ルネサンスとの関係 

初期フランドル派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/14 03:42 UTC 版)

イタリア・ルネサンスとの関係

『ポルティナーリの三連祭壇画』(1475年頃)、フーホ・ファン・デル・フース
ウフィツィ美術館フィレンツェ)所蔵。
ブルッヘの銀行家トマッソ・ポルティナーリの依頼で描かれた作品で、1483年にフィレンツェへと持ち込まれた。

時期的に見ると、北ヨーロッパにおける初期フランドル派の美術革新は、イタリアで勃興したルネサンスとほぼ同時に発生している。ギリシャやイタリアなど南ヨーロッパの地中海沿岸諸国の人々の伝統的な哲学観、芸術観と、北ヨーロッパのネーデルラント諸国の人々が代々受け継いできたそれらの伝統的価値観とはまったく別物であり、当時のネーデルラントではいわゆる「ラテン」の文化、事物は低く見られていた[180]。ルネサンス美術はルネサンス人文主義を背景にイタリアで発展したが、ネーデルラントでは人文主義の影響はほとんど見られない。初期フランドル派の様式確立に大きな影響を与えたのは、13世紀後半から14世紀にかけて北ヨーロッパ独自の様式で制作されてきた伝統的な作品群であり、その影響を作品の主題、構成、構図などに見ることができる[148]。ルネサンス美術は古代ギリシア・ローマ時代(古典古代)の美術様式をその源流としていたのに対し[181]、初期フランドル派はそれまでのゴシック様式に負うところが大きい[180]

祭壇画のようなキリスト教的モチーフを表現した宗教画は、ゴシック期と同様に初期フランドル派の絵画でも数多く描かれていた[180]。しかしながら、北ヨーロッパでも南ヨーロッパでも世俗の人物を描く肖像画の需要が増し、ネーデルラントやイタリアの画家は、肖像画には聖人や歴史上の人物を描かなければならないという、中世以来の絵画制作上の制約から解き放たれた。イタリアにおいてはこの革新はルネサンス人文主義との関係性が強かった[182]

『二人の天使と聖母子』(1480年頃)、ハンス・メムリンク。
ウフィツィ美術館(フィレンツェ)所蔵。

ネーデルラントの美術にイタリアルネサンスの影響が最初に見られだしたのは、南ヨーロッパへと旅する画家が現れ始めた1400年代終わりごろになってからである。この頃のイタリアでは後期ルネサンスに位置づけられるマニエリスム様式が主流となりつつあり、初期フランドル派の後期の画家たちもマニエリスム様式の影響を受けることが多かった。美術史家ロルフ・トーマンはマニエリスム様式を「馬鹿げた切妻建築物、樽のように不恰好に膨らんだ円柱、渦巻きを模した滑稽な装飾、「ねじれた」人物、そして驚くほどに非現実的な色彩。これらがマニエリスムという美術様式のすべてだ」としている[180]。北ヨーロッパの商人層は、当時の第一級の画家が描いた作品を購入できるまでの富と社会的地位を獲得していく。社会構造が変化していく中で、画家たちも徐々に自分たちの社会的地位を意識するようになった。作品に自分の署名をするようになり、自画像を描き、そしてその芸術活動を通じて個人的な名声を確立するようになっていった[34]

初期フランドル派の優れた画家たちはイタリアでも極めて高く評価された。フリートレンダーは、初期フランドル派の作品が15世紀のイタリア人芸術家たちに大きな影響を与えたとしており、パノフスキーもこの説を支持している[183]。しかしながら1460年代までに、イタリア人画家たちに対する初期フランドル派の影響はほとんど見られなくなっていく。この時期以降のイタリア人画家たちは、作品に描く様々なモチーフの調和を強く意識した構成の絵画を追求していった。たとえばアンドレア・マンテーニャが描いた『キリストの埋葬』に見られる「洗練された優雅な調和……これこそが美と呼ぶに相応しい」とされた[184]

ネーデルラントから南ヨーロッパへ輸出される作品は限られた画家の、しかも質のあまり良くないものが多かったが、16世紀初頭までに初期フランドル派の作品は南ヨーロッパ中で高い評価を確立していた[185]。初期フランドル派の芸術家による美術変革はイタリアの芸術家たちにも認められ、初期フランドル派の作品から、屋内の人物描写や、開かれた扉や窓を通じて垣間見える屋内の表現手法などがイタリア絵画に取り入れられた[† 12][186]フーホ・ファン・デル・フースが描いた『ポルティナーリの三連祭壇画』は、フィレンツェの画家たちに北ヨーロッパの最先端の絵画がどのようなものかを紹介することに大きな役割を果たし、他にもヴェネツィアで活動していたジョヴァンニ・ベリーニらも初期フランドル派からの影響を受けている[187]

しかしながら、16世紀半ばごろには初期フランドル派の作品は粗雑だと言われるようになり、ミケランジェロは「修道僧か修道士」だけに訴求力を持つ絵画だと言い放っている[188]。初期フランドル派を代表とする北方芸術は、イタリアではほぼ完全に人気を失っていった。1600年代になると、かつてヨーロッパ屈指の国際貿易の中心都市だったブルッヘは、土砂の堆積によって港が閉鎖されたこともあってその地位を失ってしまった。ときを同じくしてヨーロッパ美術界もイタリアが支配していくこととなったのである[189]




注釈

  1. ^ 本稿における「北ヨーロッパ」という用語は「北欧」ではなく、アルプス以北の地域ないし文化圏を意味する。
  2. ^ 単に「フランドル絵画」、「ネーデルラント絵画」ないし「オランダ絵画」といった場合には、17世紀初頭の作品群(オランダ黄金時代の絵画)を指すことのほうが多い[3]
  3. ^ ヤン・ファン・エイクは自身の署名にギリシア語のアルファベットを使用しており、そのほかのヘントで活動していた画家は工房で弟子たちに読み書きを教えていた。
  4. ^ 現在の研究では、当時キャンバスに描かれていたのは作品全体のおよそ三分の一程度とも考えられているが、それらの作品のうち現在まで残っているものは極めて少なく、現存している初期フランドル派の絵画はほとんどが板絵となっている。 Ridderbos (2005), 297
  5. ^ 『ラファエロのカルトン』から制作されたタペストリーはヴァチカンが所蔵しており、現在でも特別な儀典のときのみシスティーナ礼拝堂に飾られる[124]
  6. ^ フィリップ3世はイアソンの物語に由来する金羊毛騎士団を1430年に設立している。
  7. ^ 当時「三連祭壇画」という言葉は存在しておらず、この形式の作品は「扉付の絵画」と呼ばれていた。Jacobs (2011), 8
  8. ^ 16点のうち完全な状態で現存しているのが8点、裁断された状態で残っているのが5点で、3点は失われてしまっている。Jacobs (2000), 1010
  9. ^ ロヒール・ファン・デル・ウェイデンが描いた祭壇画で、裁断された状態で現存している『読書するマグダラのマリア』の項を参照。
  10. ^ デューラーの父は金細工師で、息子のデューラーの話では、ネーデルラントで働いていたときに「偉大な芸術家」に出会ったとしている。デューラー自身も1520年から1521年にネーデルラントに滞在しており、ブルッヘ、ヘント、ブリュッセルなどの都市を訪れている。Borchert (2011), 83
  11. ^ ドイツ人画家コンラート・ヴィッツが1444年に描いた『奇跡の漁り ( en:The Miraculous Draft of Fishes (Witz))』は、西洋美術史上で初めて地理学的に正確な風景が描かれた作品だといわれている。Borchert (2011), 58
  12. ^ パノフスキーは「三箇所のアーチから見ることが出来る屋内風景」と表現している。 Panofsky (1969), 142
  13. ^ このボワスレーのコレクションは1827年にドイツ人画家ヨハン・ゲオルグ・フォン・ディリスの勧めで1827年に売却され、ミュンヘンのアルテ・ピナコテークの中核コレクションの一つとなっている。Ridderbos (2005), 86

出典

  1. ^ Ward (1994), 19
  2. ^ Elkins (1991), 53–62
  3. ^ a b c Spronk (1996), 7
  4. ^ Pächt (1999), 30
  5. ^ a b Janson, H.W. (2006), 493–501
  6. ^ a b c Campbell (1998), 7
  7. ^ Deam (1998), 12–13
  8. ^ Panofsky (1969), 165
  9. ^ a b c Pächt (1999), 11
  10. ^ Pächt (1999), 12
  11. ^ Borchert (2011), 248
  12. ^ a b Deam (1998), 15
  13. ^ Ridderbos et al. (2005), 271
  14. ^ Kren (2010), 11–12
  15. ^ a b c Nash (2008), 3
  16. ^ Pächt (1999), 12–13
  17. ^ Chapuis (1998), 19
  18. ^ Huizinga (2009 ed.), 223–224
  19. ^ Ainsworth (1998b), 321
  20. ^ Harbison (1995), 60–61
  21. ^ Ainsworth (1998b), 319–322
  22. ^ a b Harbison (1995), 60
  23. ^ Harbison (1995), 26–7
  24. ^ Harbison (1995), 25
  25. ^ a b c d Harbison (1995), 29
  26. ^ Pächt (1999), 179
  27. ^ a b Toman (2011), 322
  28. ^ a b Kemperdick (2006), 55
  29. ^ a b Pächt (1999), 16
  30. ^ Vlieghe (1998), 187–200.
  31. ^ a b c d Borchert (2011), 35–36
  32. ^ Smith (2004), 89–90
  33. ^ Borchert (2011), 117
  34. ^ a b c d Campbell (1998), 20
  35. ^ a b Ainsworth (1998a), 24–25
  36. ^ Nash (2008), 121
  37. ^ Châtelet (1980), 27–28
  38. ^ Van Der Elst (1944), 76
  39. ^ Borchert (2011), 247
  40. ^ Ainsworth (1998b), 319
  41. ^ Van Der Elst (1944), 96
  42. ^ Borchert (2011), 101
  43. ^ a b Toman (2011), 335
  44. ^ Oliver Hand et al. 15
  45. ^ a b Ainsworth (1998b), 326–327
  46. ^ Orenstein (1998), 381–84
  47. ^ Campbell (1998), 39–41
  48. ^ Ridderbos et al. (2005), 378
  49. ^ Panofsky (1969), 163
  50. ^ Smith (2004), 58–60
  51. ^ Jones (2011), 9
  52. ^ Jones, 9
  53. ^ Smith (2004), 61
  54. ^ a b Campbell (1998), 31
  55. ^ Jones (2011), 10–11
  56. ^ Borchert (2011), 22
  57. ^ Borchert (2011), 24
  58. ^ a b c Campbell (1998), 29
  59. ^ Ridderbos (2005), 296–297
  60. ^ Spronk (1996), 8
  61. ^ "『聖母子と聖バルバラ、聖カテリナ』 Archived 2012年5月11日, at the Wayback Machine."。 ナショナル・ギャラリー(ロンドン)、2011年11月7日閲覧。
  62. ^ "『キリストの埋葬』"。 ナショナル・ギャラリー(ロンドン)、2011年11月7日閲覧。
  63. ^ Borchert (2008), 86
  64. ^ Campbell (1976), 190–192
  65. ^ a b c Ainsworth (1998a), 34
  66. ^ Harbison (1995), 64
  67. ^ Campbell (2004), 9–14
  68. ^ a b c Jones (2011), 28
  69. ^ Ainsworth (1998a), 32
  70. ^ Borchert (2011), 86
  71. ^ Jones (2011), 29
  72. ^ a b c Chapuis (1998), 13
  73. ^ Harbison (1991), 169–187
  74. ^ Smith (2004), 26–27
  75. ^ a b c Jones (2011), 25
  76. ^ Ainsworth (1998a), 37
  77. ^ a b c d Campbell (1976) 188–189
  78. ^ Ainsworth (1998a), 31
  79. ^ a b Chapuis, Julien. "Patronage at the Early Valois Court". メトロポリタン美術館. 2013年11月28日閲覧。
  80. ^ Ainsworth (1998a), 24, 28
  81. ^ Ainsworth (1998a), 30
  82. ^ Ainsworth (1998a), 30, 34
  83. ^ Ainsworth (1998a), 25–26
  84. ^ Ainsworth (1998a), 25–26
  85. ^ a b c Ward (1994), 11
  86. ^ a b c Harbison (1984), 601
  87. ^ Powell (2006), 708
  88. ^ Ward (1994), 9
  89. ^ a b Harbison (1984), 589
  90. ^ a b Harbison (1984), 590
  91. ^ Harbison (1984), 590–592
  92. ^ Ward (1994), 26
  93. ^ Harbison (1984), 591–593
  94. ^ a b Harbison (1984), 596
  95. ^ Ainsworth (2009), 104
  96. ^ Evans (2004), 582
  97. ^ a b Ridderbos et al (2005), 248
  98. ^ a b c Jones (2011), 14
  99. ^ Harbison (1991), 159–160
  100. ^ MacCulloch (2005), 18
  101. ^ MacCulloch (2005), 11–13
  102. ^ Borchert (2011), 206
  103. ^ a b c Nash (2008), 87
  104. ^ a b Ainsworth (1998a), 24
  105. ^ Cavallo (1993), 164
  106. ^ Cleland (2002), i–ix
  107. ^ a b Jones (2011), 30
  108. ^ Harbison (1995), 47
  109. ^ Harbison (1995), 27
  110. ^ a b c d Wieck (1996), 233
  111. ^ "『若い男性の肖像』". ナショナル・ギャラリー公式サイト。2004年1月4日閲覧。
  112. ^ Kren (2010), 83
  113. ^ Hand et al. (2006), 63
  114. ^ Jones, Susan. "Manuscript Illumination in Northern Europe". メトロポリタン美術館.2012年3月11日閲覧。
  115. ^ a b Kren (2010), 8
  116. ^ Kren (2010), 20–24
  117. ^ Nash (2008), 93
  118. ^ Nash (1995), 428
  119. ^ a b c d Nash (2008), 22
  120. ^ Nash (2008), 92–93
  121. ^ Nash (2008), 94
  122. ^ Wieck (1996), 234–237
  123. ^ Nash (2008), 88
  124. ^ Roger Jones and Nicholas Penny, Raphael, Yale, 1983, p.132 ISBN 0-300-03061-4
  125. ^ a b Freeman (1973), 1
  126. ^ Phillip (1947), 123
  127. ^ Nash (2008), 264
  128. ^ Nash (2008), 266
  129. ^ a b c Cavallo (1973), 21
  130. ^ a b Nash (2008), 209
  131. ^ Cavallo (1973), 12
  132. ^ Harbison (1995), 80
  133. ^ Campbell (2004), 89
  134. ^ a b Jacobs (2000), 1009
  135. ^ a b Toman (2011), 319
  136. ^ Jacobs (2011), 26–28
  137. ^ Blum (1972), 116
  138. ^ Acres (2000), 88–89
  139. ^ a b Borchert (2011), 35
  140. ^ a b Borchert (2011), 52
  141. ^ a b c Campbell (1998), 405
  142. ^ Pearson (2000), 100
  143. ^ a b c d Pearson (2000), 99
  144. ^ Smith (2004), 144
  145. ^ Borchert (2006), 175
  146. ^ a b Smith (2004), 134
  147. ^ Smith (2004), 178
  148. ^ a b c Hand et al. (2006), 3
  149. ^ Hulin de Loo (1923), 53
  150. ^ Ainsworth (1998c), 79
  151. ^ Hand et al. (2006), 16
  152. ^ Borchert (2006), 182–185
  153. ^ Huizinga (2009 ed.), 225
  154. ^ Bauman (1986), 4
  155. ^ Kemperdick (2006), 19
  156. ^ Dhanens (1980), 198
  157. ^ Dhanens (1980), 269–270
  158. ^ Kemperdick (2006), 21–23
  159. ^ Van der Elst (1944), 69
  160. ^ Smith (2004), 104–107
  161. ^ Kemperdick (2006), 23
  162. ^ Kemperdick (2006), 26
  163. ^ a b Kemperdick (2006), 28
  164. ^ Kemperdick (2006), 24
  165. ^ Kemperdick (2006), 25
  166. ^ Borchert (2011), 277–283
  167. ^ a b Smith (2004), 96
  168. ^ Kemperdick (2006), 21, 92
  169. ^ Awch behelt daz gemell dy gestalt der menschen nach jrem sterben See Rupprich, Hans (ed). "Dürer". Schriftlicher Nachlass, Volume 3. Berlin, 1966. 9
  170. ^ Smith (2004), 95
  171. ^ a b Harbison (1995), 134
  172. ^ Pächt (1999), 29
  173. ^ Pächt (1999), 187
  174. ^ Ainsworth (1998b), 392
  175. ^ Harbison (1995), 61
  176. ^ Wood (1993), 42–47
  177. ^ Wood (1993), 47
  178. ^ Silver (1986), 27
  179. ^ Silver (1986), 26–36; Wood, 274–275
  180. ^ a b c d Toman (2011), 317
  181. ^ Christiansen (1998), 40
  182. ^ Toman (2011), 198
  183. ^ Deam (1998), 28–29
  184. ^ Christiansen (1998), 53
  185. ^ Nash (2008), 35
  186. ^ Panofsky (1969), 142–3
  187. ^ Christiansen (1998), 49
  188. ^ Christiansen (1998), 58
  189. ^ Christiansen (1998), 53–59
  190. ^ analysed in Arnade, 146 (quoted); see also Art through time
  191. ^ Nash (2008), 15
  192. ^ Van Vaernewijck (1905–6), 132
  193. ^ Arnade, 133–148
  194. ^ Freedberg, 133
  195. ^ a b Nash (2008), 14
  196. ^ Campbell (1998), 21
  197. ^ Nash (2008), 16–17
  198. ^ a b Nash (2008), 21
  199. ^ Ainsworth (1998a), 36
  200. ^ Nash (2008), 123
  201. ^ Nash (2008), 44
  202. ^ Nash (2008), 39
  203. ^ Chapuis (1998), 8
  204. ^ a b Campbell (1998), 114
  205. ^ Nash (2008), 22–23
  206. ^ Nash (2008), 24
  207. ^ Smith (2004), 411–12
  208. ^ a b Chapuis (1998), 4–7
  209. ^ Ridderbos et al. (2005), viii
  210. ^ Ridderbos et al. (2005), 219–224
  211. ^ Smith, 413 - 416
  212. ^ Smith (2004), 413–416
  213. ^ Campbell (1998), 392–405
  214. ^ Steegman, John (1950). Consort of Taste, excerpted in Frank Herrmann, The English as Collectors, 240; ヴィクトリア女王はアルバートの死後、このときに購入した絵画のなかでも最も優れた作品をナショナル・ギャラリーに寄付した。
  215. ^ "Prince Albert and the Gallery". National Gallery, London. 2014年1月12日閲覧。
  216. ^ Ridderbos et al. (2005), 203
  217. ^ Campbell (1998), 13–14, 394
  218. ^ Ridderbos et al. (2005), 5
  219. ^ Chapuis (1998), 3–4
  220. ^ Ridderbos et al. (2005), 284
  221. ^ Silver (1986), 518
  222. ^ Holly (1985), 9
  223. ^ a b Kren (2010), 177
  224. ^ Campbell (2004), 74
  225. ^ a b "Craig Harbison Archived 2013年6月5日, at the Wayback Machine.". マサチューセッツ大学. 2012年12月15日閲覧。
  226. ^ Buchholz, Sarah R. "A Picture Worth Many Thousand Words". Chronicle, University of Massachusetts, 14 April 2000. 2012年12月15日閲覧。
  227. ^ Chapuis (1998), 12





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「初期フランドル派」の関連用語

初期フランドル派のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



初期フランドル派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの初期フランドル派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS