ガーデニング ガーデニングの概要

ガーデニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 00:05 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ガーデニングの例

なお日本でカタカナ表記「ガーデニング」は1990 年代後半におきたブームの契機となり登場し、1997 年には「ガーデニング」という言葉は流行語 10 選に選ばれた[1]

概説

自分が所有する(ガーデン)やベランダにおいて草花を植栽したり、石畳などで装飾するなどして庭造りを楽しむこと。

今日では庭先での花の栽培のほか、家庭菜園を営むといった場合も、この名で呼ばれる。なお、「園芸」という言葉の英訳「horticulture」は、園芸学などの学術用語で使用され、一般の趣味園芸に関する範囲は「Gardening」である。

イングリッシュガーデンのパーティーの一部

ガーデニングから植物を育て、栽培する習慣となり、庭では観賞用の植物であるリーフが全体的な外観として成長し根菜類 葉菜類 果物ハーブなどの有用な植物は食用、染料として、または薬用もしくは化粧品としての用途で栽培されている。ガーデニングは多くの人々によってリラックスした活動であると考えられている。

ガーデニング範囲はフルーツ果樹園から大通りに一つまたは複数の異なる種類の低木樹木作付けしたもの、草本植物を住宅の敷地の内に外に成長させたり大小容器で育てた植物、芝生と基礎作付けまである。

園芸は、一種類の植物しか生育していない、または混合植栽の中に多数の異なる植物を伴うような、非常に特殊なものもあり得る。それは植物の成長への積極的な参加を含み、そして労働集約的である傾向があり、農業または林業とは区分される。

庭づくりは、与えられた敷地と、建物の配置・構造、そしてまわりの各種の条件や目的に応じて庭を有効に利用し、満足させ、建物を含めて機能と美の調和をはかるように計画することが基本である。

庭の設計は、造園材料(例えば植木・石.コンクリート・水など)の使い方を示すものだけでなく、庭園を構成している要素を種々組み合わせる技術である。庭園構成の要素となるものには、 「おおう」「くぎる」「さえぎる」「つなぐ」「つなぎ・くぎる」などがある。 「おおう」(地表のグランドカバー) 芝生・ささ・こけ・砂利・コンクリート・水など、 「くぎる」..園路・流れ・いけ垣.植込みなど、 「さえぎる」(空間をつくる) 門い・いけ垣・石垣・たな・日よけなど、 「つなぐ」(動線の有機的なつながり) 園路・通路・飛石・流れ・歩行路など、 「つなぎ・くぎる」階段・橋・水流.園路・歩行路など、 がある。

庭の設計のポイントは限られたスペースのなかにいかに使用者や鑑賞者の希望を盛り込んで、しかもまとまった庭にするかということである。 「明るい、芝生の庭」「花壇を中心とした庭」というようにテーマをはっきりさせて造ることも一つの手法である。

ガーデニングの歴史

イギリス、シュロップシャー州のロバートハートの森林公園

古代

森林ベースでの食料生産システムである森林園芸は、世界で最も古い形態の園芸で[2]森林庭園はジャングルに覆われた川岸に沿った先史時代モンスーン地域の湿った丘陵地帯で始まり、家族が身近な環境を改善する漸進的な過程で、有用な樹木とつるの種が特定され保護されその課程で望ましくない種が排除される方法で改善されていく。最終的には外来種も選択されて庭園に組み込まれた[3]

最初の文明出現後、裕福な個人は美的目的のために庭園を作り始めた。新王国 (紀元前1500年頃)からの古代エジプト墓画は装飾用園芸と景観デザインの最も初期の物理的証拠を一部提供している。彼らは アカシアヤシの木での対称的な列に囲まれた蓮池を描いているが、古代の装飾的な庭園で注目に値する例は、古代世界の七不思議の一つであるバビロンの空中庭園のハンギングガーデンである。一方、古代ローマには何十もの庭園があったことが知られている。

裕福な古代エジプト人は日陰を提供するために庭を活用、エジプト人は神々が庭によって喜ばれたと信じ、木と庭を神と関連付けている。古代エジプトの庭園は多くの場合、木が並んで植えられた壁に囲まれていた。最も人気のある種の中にはナツメヤシ、シカモア、モミの木、ナッツの木、そしてヤナギであるが、これらの庭園はより高い社会経済的地位の証でありさらにワインは社会的階級の高まりのしるしであったため、裕福な古代エジプト人はブドウ畑を所有した。バラ、ポピー、ヒナギク菖蒲もエジプト人の庭園にあった。

アッシリアはその美しい庭園でも有名であるが、面積は広くて大きくなる傾向があり、そのうちいくつかは狩猟ゲームに使用されていた - 今日のゲームリザーブのように - そして他のものはレジャーガーデンとしても活用され、サイプレスとヤシの木はなかでも最も頻繁に植えられた種であった。

古代ローマ庭園がヘッジ及びブドウとレイアウトの他に草花-多種多様のアカンサスヤグルマギククロッカスシクラメン、ヒヤシンス、アイリス、ツタ、ラベンダー、ユリ、ギンバイカ、水仙、ケシ、ローズマリーおよびスミレを[4]。なども彫像や彫刻だけでなく活用した。花壇は裕福なローマ人宅の中庭を飾るのに人気があった。

職場の庭師、1607

中世

中世は、園芸に関して、審美的な目的のために庭園が衰退した時期を表しており、ローマの崩壊後薬草の栽培や教会の祭壇装飾を目的として園芸が行われた。ヨーロッパの中世の間に修道院は庭の設計そして激しい園芸の技術の伝統を続けた。一般的に、修道院の庭のタイプは家庭菜園、診療所の庭、墓地の果樹園、回廊のガースとブドウ畑から成り、個々の修道院はまた「緑の裁判所」馬が放牧することができる草や樹木の区画、ならびに僧院内の特定の役職を持つ僧侶のための地下室の庭園または専用庭園を有していたとされている。

イスラム庭園はペルシャ庭園のモデルに基づいて建てられたもので、通常は壁で囲まれ、水路で4つに分けられていましたが、一般的に、庭の中心にはプールやパビリオンがあります。イスラム庭園に特有のものは、これらの庭園に建てられた丘や噴水を飾るために使用されるモザイクと艶をかけられたタイルである。

13世紀後半までに、裕福なヨーロッパ人はレジャーのため、薬草と野菜を庭で育て始めた[4]。動物から保護し隔離するため壁で庭を囲む次の2つの世紀の間にヨーロッパ人は芝生を植え始め、花壇とバラの花壇を育て始めた。果樹はこうした庭で一般的であり、また芝生の座席がありました。同時に修道院の庭園は花や薬草を育てる場所でしたが、僧侶たちが自然を楽しんでリラックスできる空間でもありました。

16世紀と17世紀の庭園はレイアウトが対称で均衡がとれており、より古典的な外観とバランスが取れていましたが、これらの庭園のほとんどは中心軸を中心に作庭されたもので、ヘッジによってさまざまな部分に分けられていた。一般的に庭園には花壇が正方形にレイアウトされ、砂利道で区切られていた。

ルネッサンスの庭園は彫刻、トピアリー、噴水で飾られてますが、17世紀になると結び目庭園がヘッジメイズと共に人気になった。この頃には、ヨーロッパ人はチューリップ、マリーゴールド、ひまわりなどの新しい花を植え始めていく。

コテージガーデン

エリザベス朝時代に出現したコテージガーデンはハーブや果物の地元産地として生まれたようである。[5] ある理論によると、彼らは1340年代の黒死病のせいで、非常に多くの労働者が亡くなり、個人的な庭園のある小さなコテージに土地が利用可能になったのであるが[6]19世紀の伝説によると[7]これらの庭園はもともと装飾のために間に植えられた花で、食品やハーブとを提供するために村のコテージに住んでいた労働者によってつくられた。農場労働者には、小さな庭に設定された建築品質を持つコテージが提供され-約1エーカー (0.40 ha) -食料を育て、豚や鶏を飼うことができる場所であった[8]

ヨーマンコテージの本格的な庭園には、蜂の巣と家畜、そして多くの場合、豚と巣箱が井戸と一緒にある。中世の農民のコテージは花よりも肉に興味を持っていた。ハーブは美しさよりもむしろ薬用として育てられていた。エリザベス朝時代になると繁栄が進み、花を育てる場所が増え、初期のコテージガーデンの花でさえも、通常は実用的な用途があり、スミレは床に広がっていた(心地よい香りと害虫を防ぐため)。カレンデュラとサクラソウは魅力的で料理にも使われていたが、スウィートウィリアムや葵など他のものは完全にその美しさの鑑賞用で育てられた[9]

18世紀

18世紀には、庭園は壁なしでもっと自然にレイアウトされた。目に見えないように小さな川を堰き止めることによって形成された木、蛇行した湖に散りばめられた、邸宅へまっすぐに走る滑らかな起伏のある草といったこのスタイルは、ランドスケープガーデニングの「みえない庭園」形の新しいスタイルで、これは以前の整形式にパターン化されたスタイルをほとんどすべて一掃。イングリッシュガーデンは通常木々の木立を背景に芝生を湖を含め、多くの場合、shrubberies、洞窟、パビリオン、橋、フォリーなどで牧歌的な風景を再現するために設計されており、そのほかにはモスク寺院、ゴシック様式の遺跡、橋、他に絵になる建築などを導入したこの新しいスタイルが登場してから整形式で左右対称のア・ラ・フランセーズガーデンという17世紀を席巻したものからイングランドで18世紀初頭に登場したこのスタイルがヨーロッパの主要なガーデニングスタイルとして席巻[10]。イングリッシュガーデンからは理想的な自然の景色を表す。クロード・ロレーヌニコラス・プッサンによる風景画にインスパイアされたものもあり、中にはヨーロッパの旅行者によって最近著された東の古典的な中国庭園に影響されたものもある[11]ランスロット・ブラウンの作品は特に影響をあたえた。また、1804年に園芸協会が結成され、19世紀の庭園にはサルのパズルやチリの松などの植物が含まれていく。これはまた、いわゆる「ガーデネスク」スタイルの庭園が発展した時期であり、これらの庭園は、かなり狭いスペースにさまざまな花を咲かせた。そしてロックガーデンは19世紀に人気が高まっていく。


  1. ^ 小澤直子(2015)芳香性植物の嗜好性と利用実態および食材としての印象に関する研究[1]
  2. ^ Douglas John McConnell (2003). The Forest Farms of Kandy: And Other Gardens of Complete Design. p. 1. ISBN 9780754609582. https://books.google.com/books?id=QYBSfUJPQXcC&lpg=PP1&pg=PA1#v=onepage 
  3. ^ Douglas John McConnell (1992). The forest-garden farms of Kandy, Sri Lanka. p. 1. ISBN 9789251028988. https://books.google.com/books?id=G3QPo7lThXsC&lpg=PP1&pg=PA1#v=onepage 
  4. ^ a b A Brief History of Gardening”. 2010年6月4日閲覧。
  5. ^ Ryrie, Charlie (2004). The Cottage Garden: How to Plan and Plant a Garden That Grows Itself. Collins & Brown. p. 7. ISBN 1-84340-216-5. https://books.google.com/books?id=8VfO_WIAx0wC&pg=PA7 
  6. ^ Scott-James, Anne; Osbert Lancaster (2004). The Pleasure Garden: An Illustrated History of British Gardening. Frances Lincoln Publishers. p. 80. ISBN 978-0-7112-2360-8. https://books.google.com/books?id=IbhwIo3m3mQC&pg=PA80 
  7. ^ アン・スコット・ジェームス コテージガーデン (ロンドン:レーン)1981、英語コテージガーデンの起源を解除mythologised、およびその秘蔵トピアリー野菜や花の間では、一般に17世紀からの家宝を表すことに
  8. ^ A Biographical Dictionary of British Architects, 1600–1840, Howard Colvin, Yale University Press, 2008 ISBN 0-300-12508-9, p 659
  9. ^ Lloyd, Christopher; Richard Bird (1999). The Cottage Garden. Jacqui Hurst. Dorling Kindersley. pp. 6–9. ISBN 978-0-7513-0702-3 
  10. ^ Yves-Marie AllainとJanine Christiany、ヨーロッパの城塞、CitadellesとMazenod、2006
  11. ^ Boults, Elizabeth and Chip Sullivan (2010). Illustrated History of Landscape Design. John Wiley and Sons. p. 175. ISBN 0-470-28933-3 
  12. ^ a b hugelkultur: the ultimate raised garden beds”. www.richsoil.com. 2018年9月20日閲覧。
  13. ^ Hemenway, Toby (2009). Gaia's Garden: A Guide to Home-Scale Permaculture. Chelsea Green Publishing. pp. 84-85. ISBN 978-1-60358-029-8.
  14. ^ Greening the Desert II” (2009年12月11日). 2018年9月20日閲覧。
  15. ^ What is a community garden?”. American Community Garden Association (2007年). 2007年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月10日閲覧。
  16. ^ Hannah、AK&Oh、P.(2000)都市貧困の再考:コミュニティガーデンズの展望。科学技術と社会の紀要。 20(3)。207-216。
  17. ^ Ferris、J。、Norman、C。およびSempik、J。(2001)人、土地および持続可能性:コミュニティガーデンおよび持続可能な開発の社会的側面社会政策と行政 35(5)。559-568
  18. ^ Mickey, Thomas J. (2008) [2003]. Deconstructing Public Relations: Public Relations Criticism. Routledge Communication Series. Mahwah, New Jersey: Routledge. p. 43. ISBN 9781135652210. https://books.google.com/books?id=wxaQAgAAQBAJ 2018年1月21日閲覧. "The number-one leisure activity in the United States is gardening." 
  19. ^ Swift, Joe (2012). “Summer at the plot”. Joe's Allotment: Planning and planting a productive plot. Random House. ISBN 9781409070139. https://books.google.com/books?id=6c3UyYKo1EEC 2018年1月20日閲覧. "I suppose it is an atavistic connection with the land and the completely honourable peasant mentality, that was lost in Britain with the Industrial Revolution, yet persists in our gardens and allotments." 
  20. ^ APLD.org
  21. ^ 2008年9月4日[2] The Guardianに [3]
  22. ^ A Common Pesticide Decreases Foraging Success and Survival in Honey Bees”. 2012年3月29日閲覧。
  23. ^ Mole-ested”. 2014年5月28日閲覧。
  24. ^ The Self-Sufficient Gardener Podcast--Episode 24 Companion Planting and Crop Rotation”. 2010年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月13日閲覧。
  25. ^ Eger (2013年7月28日). “Marlin 25MG Garden Gun”. Marlin Firearms Forum. Outdoor Hub LLC. 2016年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ガーデニングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガーデニングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガーデニング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS