イギリス連邦 加盟国の一覧

イギリス連邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/07 05:00 UTC 版)

コモンウェルス・オブ・ネイションズ英語: Commonwealth of Nations)、通称:コモンウェルスCommonwealth[3]は、イギリス帝国のほぼ全ての旧領土である56の加盟国から構成される国家連合[4]。この組織の主な機関は、政府間の関係に焦点を当てたコモンウェルス事務局と、加盟国間の非政府関係に焦点を当てたコモンウェルス基金である[5]


注釈

  1. ^ マレーシアブルネイトンガレソトエスワティニの5ヶ国。
  2. ^ ロンドン宣言英語版に基づく。
  3. ^ 1965年8月9日から有効。

出典

  1. ^ Commonwealth Charter” (2013年6月6日). 2019年3月5日閲覧。 “Recalling that the Commonwealth is a voluntary association of independent and equal sovereign states, each responsible for its own policies, consulting and co-operating in the common interests of our peoples and in the promotion of international understanding and world peace, and influencing international society to the benefit of all through the pursuit of common principles and values”
  2. ^ Annex B – Territories Forming Part of the Commonwealth”. Her Majesty's Civil Service (2011年9月). 2011年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月19日閲覧。
  3. ^ “BBC News – Profile: The Commonwealth”. (2012年2月). http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/country_profiles/1554175.stm 
  4. ^ About us”. The Commonwealth. 2013年10月3日閲覧。
  5. ^ The Commonwealth”. The Commonwealth. 2010年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月30日閲覧。
  6. ^ 小川浩之「「新コモンウェルス」と南アフリカ共和国の脱退 (一九六一年) -拡大と制度変化-」『国際政治』第2004巻第136号、日本国際政治学会、2004年、79-96,L10、doi:10.11375/kokusaiseiji1957.136_792020年6月1日閲覧 
  7. ^ 大阪大学大学院 文学研究科 藤川研究室 (2011年). “Commonwealth of Nations”. 大阪大学大学院文学研究科・文学部 西洋史学研究室. 2020年5月30日閲覧。
  8. ^ Imperial Conference 1926 Inter-Imperial Relations Committee Report, Proceedings and Memoranda” (1926年11月). 2018年6月14日閲覧。 “Their position and mutual relation may be readily defined. They are autonomous Communities within the British Empire, equal in status, in no way subordinate one to another in any aspect of their domestic or external affairs, though united by a common allegiance to the Crown, and freely associated as members of the British Commonwealth of Nations.
  9. ^ The London Declaration”. The Commonwealth. 2010年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月4日閲覧。
  10. ^ Charter of the Commonwealth”. The Commonwealth. 2013年6月30日閲覧。
  11. ^ 上海協力機構(SCO)とは 中国・ロシア主導、安保で連携”. 日本経済新聞. 2022年9月16日閲覧。
  12. ^ UNdate/Population, surface area and density”. 国際連合 (2021年11月1日). 2022年6月26日閲覧。
  13. ^ 『西洋の歴史――近現代編』p248 大下尚一・服部春彦・望田幸男・西川正雄編(ミネルヴァ書房, 1988年)
  14. ^ 『イギリス帝国の歴史――アジアから考える』p201 秋田茂(中公新書, 2012年)
  15. ^ a b 『イギリス帝国の歴史――アジアから考える』p202 秋田茂(中公新書, 2012年)
  16. ^ レナード・トンプソン 『南アフリカの歴史』p480 宮本正興・峯陽一・吉国恒雄訳、明石書店、1995年6月、新訂増補版第1刷。ISBN 4-7503-0699-1
  17. ^ 『イギリス帝国の歴史――アジアから考える』p207 秋田茂(中公新書, 2012年)
  18. ^ 『イギリス帝国の歴史――アジアから考える』p210 秋田茂(中公新書, 2012年)
  19. ^ 『イギリス帝国の歴史――アジアから考える』p209-210 秋田茂(中公新書, 2012年)
  20. ^ 『イギリス帝国の歴史――アジアから考える』p223 秋田茂(中公新書, 2012年)
  21. ^ 「世界民族問題事典」(新訂増補)p440 平凡社 2002年11月25日新訂増補第1刷
  22. ^ 『イギリス帝国の歴史――アジアから考える』p234 秋田茂(中公新書, 2012年)
  23. ^ 「イギリス史10講」p281 近藤和彦 岩波書店 2013年12月20日第1刷発行
  24. ^ 『イギリス帝国の歴史――アジアから考える』p242 秋田茂(中公新書, 2012年)
  25. ^ 「南部アフリカ政治経済論」p119 林晃史 アジア経済研究所 1999年4月15日
  26. ^ 「二〇世紀後半のコモンウェルス 新しい統合の展望」p140 旦祐介:「現代世界とイギリス帝国」(イギリス帝国と20世紀第5巻)所収 ミネルヴァ書房 2007年6月30日初版第1刷
  27. ^ 「二〇世紀後半のコモンウェルス 新しい統合の展望」p144 旦祐介:「現代世界とイギリス帝国」(イギリス帝国と20世紀第5巻)所収 ミネルヴァ書房 2007年6月30日初版第1刷
  28. ^ Gabon and Togo join the Commonwealth”. イギリス連邦 (2022年6月25日). 2022年6月26日閲覧。
  29. ^ West African states Gabon and Togo join Commonwealth”. フランス24 (2022年6月25日). 2022年6月26日閲覧。
  30. ^ About the commonwealth”. www.gov.uk. The Foreign and Commonwealth office, UK. 2018年1月12日閲覧。
  31. ^ a b Staff writer (2010年5月28日). “Former Trinidad PM Manning resigns as political leader”. CaribbeanNetNews. オリジナルの2010年7月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100728005702/http://www.caribbeannetnews.com/trinidad/trinidad.php?news_id=23374&start=0&category_id=17 2010年5月29日閲覧. "Trinidad and Tobago's former prime minister Patrick Manning has handed in his resignation as political leader of the People's National Movement (PNM), three days after being defeated at the polls." 
  32. ^ a b c Staff writer (2010年5月29日). “Kamla now Commonwealth Chair”. en:Trinidad and Tobago Newsday. http://www.newsday.co.tt/news/0,121594.html 2010年5月29日閲覧. "The position she has inherited from former prime minister Patrick Manning following the nation’s hosting of the Commonwealth Heads of Government Meeting in November, 2009. In a statement issued yesterday, the Royal Commonwealth Society congratulated Persad-Bissessar on her appointment as Prime Minister and also praised the conduct of her election campaign." 
  33. ^ 『イギリス帝国の歴史――アジアから考える』p232 秋田茂(中公新書, 2012年)
  34. ^ BBC News. (2015年11月28日). http://www.bbc.com/news/uk-34953782 
  35. ^ Commonwealth Secretariat (2007): Brief History of CHOGM. Commonwealth Heads of Government Meeting - CHOGM. http://www.thecommonwealth.org/subhomepage/33250/ 2007-11-15 現在
  36. ^ 喜多康夫 (3 2014). “国際司法裁判所の選択条項受諾宣言における コモンウェルス留保 -イギリス帝国の「残滓」の存在意義-”. 帝京法学 29 (1): 513-549. 
  37. ^ 「スポーツの世界地図」p20 Alan Tomlinson著 阿部生雄・寺島善一・森川貞夫監訳 丸善出版 平成24年5月30日
  38. ^ Yasharoff, Hannah. “Barbados announces plan to remove Queen Elizabeth as head of state next year” (英語). USA TODAY. 2020年9月18日閲覧。
  39. ^ Ingram, Derek (July 2000). “Commonwealth Update”. The Round Table 89 (355): 311–55. doi:10.1080/00358530050083406. 
  40. ^ Ingram, Derek (April 2002). “Commonwealth Update”. The Round Table 91 (364): 131–59. doi:10.1080/00358530220144148. 
  41. ^ Ingram, Derek; Soal, Judith (February 2007). “Commonwealth Update”. The Round Table 96 (388): 2–28. doi:10.1080/00358530701189734. 
  42. ^ a b Fiji suspended from the Commonwealth Archived 2011-04-29 at the Wayback Machine.. Commonwealth Secretariat, 1 September 2009; retrieved 11 April 2011.
  43. ^ Gabon partially suspended from the Commonwealth pending restoration of democracy”. イギリス連邦 (2023年9月19日). 2023年9月26日閲覧。
  44. ^ a b Statement by Commonwealth Secretary-General Kamalesh Sharma on The Gambia”. The Commonwealth (2013年10月4日). 2013年10月6日閲覧。
  45. ^ Gambia quits the Commonwealth”. The Guardian (2013年10月2日). 2013年10月5日閲覧。
  46. ^ a b “The Gambia presents formal application to re-join the Commonwealth” (Media Release). The Commonwealth. (2018年1月23日). http://thecommonwealth.org/media/news/gambia-presents-formal-application-re-join-commonwealth 2018年1月24日閲覧。 
  47. ^ The Gambia rejoins the Commonwealth”. Commonwealth Secretariat (2018年2月8日). 2021年11月7日閲覧。
  48. ^ Maldives becomes 54th member of Commonwealth family | The Commonwealth (英語)
  49. ^ Rwanda becomes a member of the Commonwealth”. BBC News (2009年11月29日). 2009年11月29日閲覧。
  50. ^ “Nauru back as full Commonwealth member”. Radio New Zealand International. (2011年6月26日). https://www.rnz.co.nz/international/pacific-news/197957/nauru-back-as-full-commonwealth-member 2011年10月23日閲覧。 
  51. ^ Malaysia – History”. Commonwealth Secretariat. 2008年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月15日閲覧。
  52. ^ Maldives – History”. Commonwealth Secretariat. 2008年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月15日閲覧。
  53. ^ The Maldives and the Commonwealth”. Republic of Maldives. 2012年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月30日閲覧。
  54. ^ “Road to Independence”. AsiaOne. オリジナルの2013年10月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131013002423/http://ourstory.asia1.com.sg/merger/merger.html 2006年6月28日閲覧。 
  55. ^ South Africa”. Commonwealth Secretariat. 2016年1月25日閲覧。
  56. ^ Tanzania – History”. Commonwealth Secretariat. 2008年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月15日閲覧。
  57. ^ Tanzania – History”. Commonwealth Secretariat. 2008年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月15日閲覧。
  58. ^ Ingram, Derek (April 2002). “Commonwealth Update”. The Round Table 91 (364): 131–59. doi:10.1080/00358530220144148. 
  59. ^ “Editorial: CHOGM 2003, Abuja, Nigeria”. The Round Table 93 (373): 3–6. (January 2004). doi:10.1080/0035853042000188139. 
  60. ^ Dominion Status”. Commonwealth of Nations (2016年). 2016年10月15日閲覧。
  61. ^ Tanzania – History”. Commonwealth Secretariat. 2008年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月15日閲覧。
  62. ^ South Sudan on Track to Join Commonwealth.
  63. ^ Staff Writer. “Suriname eying membership of Commonwealth”. Stabroek News. 2021年11月7日閲覧。


「イギリス連邦」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イギリス連邦」の関連用語

イギリス連邦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イギリス連邦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイギリス連邦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS