二枚舌とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 二枚舌の意味・解説 

にまい‐じた【二枚舌】

読み方:にまいじた

矛盾したことをいうこと。うそをつくこと。「—を使う」


二枚舌

作者豊田有恒

収載図書くたばれ敬語
出版社角川書店
刊行年月1986.2
シリーズ名角川文庫


二枚舌

読み方:にまいじた

  1. 舌を二枚使ふに同じ。虚言をつく事。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

(二枚舌 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/06 07:04 UTC 版)

(うそ)は事実ではないこと[1]人間をだますために言う、事実とは異なる言葉[1]偽りとも。


注釈

  1. ^ 以下、便宜上、「嘘つき」と呼ぶ。
  2. ^ 事実に反することが聞き手にあらかじめ了解されている場合は、嘘ではなくフィクションや冗談といったものに分類される。
  3. ^ 心理学者の研究では、患者がかわいそう、と言いつつ実は、本当のことを伝えないことで、患者の残された人生まで支配してしまおうとする動機、最後まで本人の好きなようには絶対にさせないようにしようとする動機が、家族の側に無意識に潜んでいることがあるという。
  4. ^ 「ある高僧がガンになった際、あれほどの高僧なら大丈夫だろうとガンを告知したところめっきり気落ちして予想より早く死去した」というお話、お噺、がしばしば引き合いにだされた。

出典

  1. ^ a b 大辞泉
  2. ^ 和泉悠『悪い言語哲学入門』筑摩書房、2022年2月10日、155-156頁。ISBN 978-4-480-07455-3 
  3. ^ Aurelius Augustinus (2014/3/27) [395] (ラテン語). De Mendacio. Createspace Independent Pub. ISBN 978-1497472334 
  4. ^ Aurelius Augustinus (2014/3/26) [410] (ラテン語). Contra Mendacium. Createspace Independent Pub. ISBN 978-1497460010 
  5. ^ 香内三郎『「読者」の誕生:活字文化はどのようにして定着したか』 晶文社 2004年、ISBN 4794966407 pp.427-428.
  6. ^ a b 長池健二 日本口承文芸学会(編)「ウソと鼻歌」『うたう』 <シリーズ ことばの世界> 三弥井書店 2007 ISBN 9784838231591 pp.82-83.
  7. ^ 「ウソと子供」柳田國男 筑摩書房より
  8. ^ 柳田國男「ウソと子供」筑摩書房 より
  9. ^ 広辞苑 第6版「サバを読む」
  10. ^ 永岑光恵、「嘘 ・だましの神経科学的研究の現在と展望:虚偽検出の観点から」 『科学基礎論研究』 2008年 35巻 2号 p.93-101, doi:10.4288/kisoron1954.35.93
  11. ^ 正直と嘘、脳の側坐核が関係 京大研究結果 8/6 12:06 読売テレビ
  12. ^ 時事ドットコム:うそつき、脳で分かる?=活動領域で解明-京大
  13. ^ Hartwig, Maria; Bond, Charles F. (2011). “Why do lie-catchers fail? A lens model meta-analysis of human lie judgments.” (英語). Psychological Bulletin 137 (4): 643–659. doi:10.1037/a0023589. ISSN 1939-1455. http://doi.apa.org/getdoi.cfm?doi=10.1037/a0023589. 
  14. ^ Valerio Capraro (2018). “Gender Differences in Lying in Sender-Receiver Games: A Meta-Analysis”. Judgment and Decision Making英語版 13: 345-355. doi:10.2139/ssrn.2930944. 
  15. ^ Hauch, Valerie; Blandón-Gitlin, Iris; Masip, Jaume; Sporer, Siegfried L. (2015-11). “Are Computers Effective Lie Detectors? A Meta-Analysis of Linguistic Cues to Deception” (英語). Personality and Social Psychology Review 19 (4): 307–342. doi:10.1177/1088868314556539. ISSN 1088-8683. http://journals.sagepub.com/doi/10.1177/1088868314556539. 
  16. ^ a b c d e Joseph Stromberg (2012年7月12日). “Myth Busted: Looking Left or Right Doesn’t Indicate If You’re Lying(壊れた神話:左または右を見ても、嘘をついているかどうかはわからない)”. Smithsonian Magazine. 2022年4月4日閲覧。
  17. ^ a b 越智 2021, pp. 248–249.



「二枚舌」の例文・使い方・用例・文例

  • 二枚舌を使う
  • お前は二枚舌を使っている。
  • 二枚舌を使う, だます.
  • 二枚舌の.
  • 二枚舌を使うな
  • 二枚舌でしゃべった
  • 二枚舌を使うこと
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二枚舌」の関連用語

二枚舌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二枚舌のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの嘘 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS