ファイティングファルコンとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > ファイティングファルコンの意味・解説 

【ファイティングファルコン】(ふぁいてぃんぐふぁるこん)

Fighting Falcon.
F-16戦闘機の公式ニックネーム。その意は「戦う隼」。

当初F-16ファルコンという名称であったが、ダッソービジネスジェットである、ファルコン米国先に登録商標として販売されており、その名称をつけることが出来なかったため、「ファイティング」と、前に付加された。


F-16 (戦闘機)

(ファイティングファルコン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/17 23:05 UTC 版)

F-16 ファイティング・ファルコン




[ヘルプ]
  1. ^ 後のユーロファイター タイフーンとは全く関係がない
  2. ^ 航空機における運動、つまり、姿勢変化は静安定性に抗した力を加えることであるので、静安定性を0に近づける程、姿勢変化のための力が小さくなる、つまり、運動性が高まることになる
  3. ^ 飛行機は本来、主翼後縁には内側にフラップ、外側にエルロンの2つの操縦翼面が取付られているが、それを1つの操縦翼面とし、フラップとエルロンの両方の役目を持たせたもの
  4. ^ 本来は、低速飛行や離着陸時での高揚装置(より多くの揚力を発生させる)として使用されていたものだが、本機は機動性向上のために使用されている
  5. ^ 現在はステルス性向上のためにカバーで覆われている
  6. ^ ノースロップ・グラマン社製。FLIRとレーザー目標指示装置を一体化したものでF-16E/Fの風防前方に装備されている。参考文献:月刊JWings 2008年5月号
  7. ^ 以下の点から、F-16N/TF-16Nを除いたBlock 1からBlock 4Xまで、出荷段階ではALR-69を装備していると判断した。1.『F-16 ファイティングファルコン 最先端テクノロジー機のすべて 』の110ページに記載された、量産前のアビオニクス整備システム開発で名称があげられている。2.『戦闘機年鑑 2005-2006年度版』35ページで、F-16N/TF-16Nは従来搭載されていたALR-69を装備していない、Block 4Xは後日Block 5Xと同様のALR-56Mに交換されたと記述されていた
  1. ^ 『JWings』No114 イカロス出版 2008年 54頁
  2. ^ 米空軍、F16機の配備期間を延長 2040年以降まで CNN(2017年4月13日)2017年4月19日閲覧
  3. ^ 『JWings』No166 イカロス出版 2012年 84頁
  4. ^ 航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、140頁
  5. ^ a b #ガンストンF16、12頁
  6. ^ #ガンストンF16、4頁
  7. ^ 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、44頁
  8. ^ a b 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、130頁
  9. ^ ベン・リッチ『ステルス戦闘機—スカンク・ワークスの秘密』増田興司訳 講談社 1997年、407頁。ISBN 4-06-208544-5
  10. ^ a b 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、45頁
  11. ^ a b 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、131頁
  12. ^ a b 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、50頁
  13. ^ ベン・リッチ『ステルス戦闘機—スカンク・ワークスの秘密』増田興司訳 講談社 1997年、388 - 389頁。ISBN 4-06-208544-5
  14. ^ 『エアワールド』Vol.13 6号、エアワールド社、1989年、69頁
  15. ^ ジェイ・ミラー『最強戦闘機F-22ラプター』石川潤一訳 P27
  16. ^ #ガンストンF16、14-17頁
  17. ^ #ガンストンF16、70-71頁
  18. ^ #ガンストンF16、73頁
  19. ^ #ガンストンF16、45頁
  20. ^ #ガンストンF18、28頁
  21. ^ a b #オア・ケリーF18、73頁
  22. ^ #ガンストンF18、30頁
  23. ^ #ガンストンF16、18頁
  24. ^ #ガンストンF16、68-69頁
  25. ^ #ガンストンF16、20-22頁
  26. ^ #ガンストンF16、86-88頁
  27. ^ #ガンストンF16、83-84頁
  28. ^ #ガンストンF16、88-92頁
  29. ^ 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、139頁
  30. ^ 最強 世界の軍用機図鑑 2013年 学研パブリッシング 59頁
  31. ^ #ガンストンF16、140頁
  32. ^ #ガンストンF16、141頁
  33. ^ #ガンストンF16、143頁
  34. ^ #ガンストンF16、146 - 153頁
  35. ^ 『エアワールド』Vol.14 12号、エアワールド社、1990年、68頁
  36. ^ 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、136-139頁
  37. ^ #ガンストンF16、123頁
  38. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、51頁
  39. ^ トム・クランシー『トム・クランシーの戦闘航空団解剖』平賀秀明 新潮社〈新潮文庫〉、1997年、ISBN 4-10-247206-1、204頁
  40. ^ 世界の傑作機 No.86 F-4ファントムII 米空軍型 65頁
  41. ^ 『航空ファン』Vol38、No5、文林堂、1989年、77頁
  42. ^ Fix found for F-16 longeron cracks
  43. ^ 米空軍、F16D『ファティング・ファルコン』82機を飛行停止。操縦席の構造部材で亀裂発見。
  44. ^ アメリカ空軍、F-16D 82機の飛行を停止 クラックを発見
  45. ^ Locations | Lockheed Martin Aeronautics Company[リンク切れ]
  46. ^ a b トム・クランシー『トム・クランシーの戦闘航空団解剖』平賀秀明 新潮社〈新潮文庫〉、1997年、ISBN 4-10-247206-1、220頁
  47. ^ 『航空ファン』527号、文林堂、1996年、52頁
  48. ^ 軍事研究』No510 ジャパン・ミリタリー・レビュー 2008年、122 - 124頁。ISBN 4-562-03298-7
  49. ^ トム・クランシー・チャック・ホーナー『暁の出撃(下)』白幡憲之 原書房 2000年、106 - 113頁。ISBN 4-562-03299-5
  50. ^ Cooper, Tom and Juan Sosa. Coup Attempt, 1992”. Air Combat Information Group (ACIG), 1 September 2003. Retrieved: 16 May 2008.
  51. ^ #イカロスF16、66頁
  52. ^ a b 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、27頁
  53. ^ Anon. "F-16 Aircraft Database: F-16 Airframe Details for 86-0262". F-16.net. Retrieved: 16 May 2008.
  54. ^ Anon. “Greek & Turkish Air-to-Air Victories”. Air Combat Information Group (ACIG), 28 October 2003; updated 18 September 2004. Retrieved: 16 May 2008.
  55. ^ Dewitte, Lieven. “Deadly 1996 Aegean clash is confirmed”. F-16.net, 22 May 2003. Retrieved: 16 May 2008.
  56. ^ 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、29頁
  57. ^ 『航空ファン』606号、文林堂、2003年、58頁
  58. ^ “Greek F-16 and Turkish F-16 collide - 1 pilot OK”. F-16.net, 23 May 2006. Retrieved: 16 May 2008.
  59. ^ AFP (2006年11月27日). “米軍F16戦闘機、バクダッド北西で墜落 - イラク”. フランス通信社. http://web.archive.org/web/20130605123101/http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2146241/1126640 
  60. ^ AFP (2006年9月1日). “アフガニスタンでのオランダ軍機墜落、軍幹部が会見 - オランダ”. フランス通信社. http://web.archive.org/web/20130605120708/http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2105804/841035 2011年3月2日閲覧。 
  61. ^ 【イスラム国】ヨルダン政府「ヨルダン機撃墜」と発表、パイロット1人拘束 米は否定 産経ニュース 2014年12月25日付
  62. ^ トルコ軍、ロシアSu24機撃墜 シリア北部に墜落か - 朝日新聞2015年11月24日
  63. ^ a b AFP (2009年9月14日). “「コロンビア」で死亡のイスラエル人宇宙飛行士の息子、戦闘機事故で死亡”. フランス通信社. http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2640945/4583471 2011年3月2日閲覧。 
  64. ^ バンコク時事 (2011年2月14日). “共同訓練でタイ空軍機墜落=日本参加の「コブラ・ゴールド」”. 時事通信社. http://www.jiji.com/jc/zc?k=201102/2011021400680 2011年3月2日閲覧。 [リンク切れ]
  65. ^ 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、135頁
  66. ^ 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、136頁
  67. ^ :Full-Scale Development
  68. ^ a b c 『航空ファン』527号、文林堂、1996年、62頁
  69. ^ a b c d #イカロスF16、36頁
  70. ^ a b 『戦闘機年鑑 2011-2012年度版』 イカロス出版 2011年、38頁。ISBN 978-4-86320-402-7
  71. ^ a b c d 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、150頁
  72. ^ 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、107頁
  73. ^ 『航空ファン』527号、文林堂、1996年、60頁
  74. ^ 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、47頁
  75. ^ :Air Defences Fighter
  76. ^ a b c モデルアート』No.409、モデルアート社、1993年、29頁
  77. ^ #ガンストンF16、230頁
  78. ^ モデルアート』No.409、モデルアート社、1993年、30頁
  79. ^ a b #イカロスF16、38頁
  80. ^ http://www.aerospaceweb.org/question/planes/q0286b.shtml
  81. ^ :Operational Capability Update
  82. ^ :Mid-Life Update
  83. ^ #イカロスF16、39頁
  84. ^ #イカロスF16、26頁
  85. ^ Taiwan F-16V passes design milestone
  86. ^ F-16V radar integration clears way for Taiwan upgrade
  87. ^ a b 『航空ファン』616号、文林堂、2004年、57頁
  88. ^ :Alternative Fighter Engine
  89. ^ 『航空ファン』Vol.38 No.5、1989年、69頁
  90. ^ モデルアート』No.409、モデルアート社、1993年、28頁
  91. ^ トム・クランシー『トム・クランシーの戦闘航空団解剖』平賀秀明 新潮社〈新潮文庫〉、1997年、ISBN 4-10-247206-1、216頁
  92. ^ #イカロスF16、42頁
  93. ^ a b c 『航空ファン』614号、2004年、文林堂、63頁
  94. ^ a b #イカロスF16、40頁
  95. ^ 『航空ファン』653号、文林堂、2007年、61頁
  96. ^ #イカロスF16、77頁
  97. ^ 『航空ファン』568号、文林堂、2000年、90頁
  98. ^ 『エアワールド』Vol.15 2号、エアワールド社、1991年、80頁
  99. ^ Israel completes F-16 Barak upgrade
  100. ^ a b c d #イカロスF16、43頁
  101. ^ 『航空ファン』519号、文林堂、1996年、27頁
  102. ^ トム・クランシー『トム・クランシーの戦闘航空団解剖』平賀秀明 新潮社〈新潮文庫〉、ISBN 4-10-247206-1、1997年、210頁
  103. ^ 『航空ファン』527号、文林堂、1996年、55頁
  104. ^ a b c d 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、51頁
  105. ^ #イカロスF16、44頁
  106. ^ a b 『航空ファン』632号、文林堂、2005年、8月号、51頁
  107. ^ 『航空ファン』632号、文林堂、2005年、8月号、53頁
  108. ^ Northrop Grumman’s SABR wins USAF F-16 AESA upgrade bid
  109. ^ 『JWings』No171 イカロス出版 2012年 92頁
  110. ^ 『航空ファン』602号、文林堂、2003年、17頁
  111. ^ 『航空ファン』741号、2014年、文林堂、66-67頁
  112. ^ a b c #イカロスF16、46頁
  113. ^ #イカロスF16、17頁
  114. ^ UAE空軍、F-16 Block 61を30機採用か
  115. ^ 『航空ファン』713号、文林堂、2012年、124頁
  116. ^ F-16V仕様機が初飛行、第5世代戦闘機のアビオニクスを搭載
  117. ^ http://www.lockheedmartin.com/us/news/press-releases/2015/october/f-16v-takes-flight.html
  118. ^ F-16V仕様機が初飛行、第5世代戦闘機のアビオニクスを搭載
  119. ^ #ガンストンF18、33頁
  120. ^ a b #ガンストンF18、32頁
  121. ^ #ガンストンF18、34頁
  122. ^ a b #オア・ケリーF18、74頁
  123. ^ #オア・ケリーF18、85 - 87頁
  124. ^ #ガンストンF16、166頁
  125. ^ 『エアワールド』Vol.14 12号、エアワールド社、1990年、70頁
  126. ^ 『エアワールド』Vol.13 6号、エアワールド社、1989年、77-78頁
  127. ^ #ガンストンF16、206頁
  128. ^ 『エアワールド』Vol.15 2号、エアワールド社、1991年、77頁
  129. ^ 『エアワールド』Vol.14 12号、エアワールド社、1990年、71頁
  130. ^ 『エアワールド』Vol.15 2号、エアワールド社、1991年、70-71頁
  131. ^ a b #イカロスF16、83頁
  132. ^ :Enhanced Strategic
  133. ^ 軍事研究別冊 新兵器最前線シリーズ8 空自F-2/F-1戦闘機と世界の戦闘攻撃機』 ジャパン・ミリタリー・レビュー 2008年 33頁
  134. ^ Graham Warwick (1991-12). “A Fighting Cahnce”. Flight International: 26. http://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1991/1991%20-%203220.html 2013年8月21日閲覧。. 
  135. ^ Simon Elliott (1990-07). “After ATF...”. Flight International: 145. http://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1990/1990%20-%202655.html 2013年8月21日閲覧。. 
  136. ^ Fox, Mike C. Forrest, Dana K (1993年7月1日). “Supersonic aerodynamic characteristics of an advanced F-16 derivative aircraft configuration (July 1, 1993)”. NASA. 2013年8月20日閲覧。
  137. ^ #ガンストンF16、188頁
  138. ^ :Advanced Fighter Technology Integration
  139. ^ :Valuable-stability In-flight Simulator Test Aircraft
  140. ^ :Multi Axis Thrust Vectoring
  141. ^ :Low Observable Asymmetric Nozzle
  142. ^ :Diverterless Supersonic Inlet
  143. ^ :Ground Collision Avoidance System
  144. ^ “主任務は「撃墜されること」 F-16原型の「ドローン」、米空軍で実用化”. 乗り物ニュース. (2015年8月17日). https://trafficnews.jp/post/59970/ 2017年9月17日閲覧。 
  145. ^ a b 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、58頁
  146. ^ a b c d e f 『航空ファン』666号、文林堂、2008年、63頁
  147. ^ 『航空ファン』666号、文林堂、2008年、9頁
  148. ^ 『航空ファン』666号、文林堂、2008年、15頁
  149. ^ #イカロスF16、88頁
  150. ^ 『JWings』No159 イカロス出版 2011年 61頁
  151. ^ #イカロスF16、93頁
  152. ^ #イカロスF16、90頁
  153. ^ #イカロスF16、88 - 89頁
  154. ^ a b 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、59頁
  155. ^ #イカロスF16、85頁
  156. ^ #イカロスF16、94頁
  157. ^ a b c 『JWings』No114 イカロス出版 2008年 57頁
  158. ^ #イカロスF16、80 - 81頁
  159. ^ Italian F-16 'Peace Caesar' program comes to an end. F-16.net, 24 May 2012.
  160. ^ a b c d 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、56頁
  161. ^ a b aeroflight.co.uk 117 Squadron
  162. ^ a b aeroflight.co.uk 110 Squadron
  163. ^ aeroflight.co.uk 140 Squadron
  164. ^ ロジャー・クレイア 『イラク原子炉攻撃!』 高澤市郎訳、並木書房、2007年、ISBN 4-89063-215-8、112頁
  165. ^ a b aeroflight.co.uk 101 Squadron
  166. ^ aeroflight.co.uk 253 Squadron
  167. ^ F-16.net Tayeset 140 (IDFAF) "Golden Eagle (Nesher Ha' Zahav)"
  168. ^ aeroflight.co.uk 105 Squadron
  169. ^ aeroflight.co.uk 109 Squadron
  170. ^ #ガンストンF16、219-221頁
  171. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、55-56頁
  172. ^ #イカロスF16、79頁
  173. ^ aeroflight.co.uk 116 Squadron
  174. ^ aeroflight.co.uk 144 Squadron
  175. ^ globalsecurity.org 253 Squadron - The Negev
  176. ^ F-16.net Israel Cheil Ha'avir Israel Defense Force/Air Force - IDF/AF
  177. ^ F-16.net Tayeset 119 (IDFAF) "Bat (Ha' Atalef)"
  178. ^ F-16.net Tayeset 107 (IDFAF) "Knights of the Orange Tail (Ha' Rosh Ha' Aryev)"
  179. ^ F-16.net F-16 Fighting Falcon News Israel's new F-16 Squadron
  180. ^ Pfeffer, Anshel (2010年9月19日). “Flying Dragons simulate the enemy for Israel Air Force pilots”. Haaretz. 2010年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月20日閲覧。
  181. ^ AirForces Monthly. Stamford, Lincolnshire, England: Key Publishing Ltd. (March 2016). pp. 23. 
  182. ^ Biton, Edeb (2017年4月4日). “The "Red" Squadron has Integrated the "Barak"”. 2017年5月13日閲覧。
  183. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、56-57頁
  184. ^ #イカロスF16、82頁
  185. ^ 『JWings』No141 イカロス出版 2010年 94頁
  186. ^ 米大統領、エジプトに対するF16戦闘機の供与凍結を決定 ロイター 2013年7月25日
  187. ^ 『航空ファン』744号、文林堂、2014年、126頁
  188. ^ 米、エジプトへの軍事支援再開 「イスラム国」への対抗優先
  189. ^ 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、48頁
  190. ^ 『JWings』No114 イカロス出版 2008年 56頁
  191. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、61頁
  192. ^ 『JWings』No162 イカロス出版 2011年 85頁
  193. ^ インドネシア空軍、F-16C/Dアップグレード機を受領 FlyTeamニュース 2014年7月15日
  194. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、62-63頁
  195. ^ #イカロスF16、87頁
  196. ^ 米政府高官、台湾への新型F16戦闘機売却を「真剣に検討する」 ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版 2012年5月2日
  197. ^ F-16V仕様機が初飛行、第5世代戦闘機のアビオニクスを搭載
  198. ^ F-16A/B升級計畫 漢翔2022年完成
  199. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、57頁
  200. ^ #ガンストンF16、223-224頁
  201. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、57-58頁
  202. ^ 韓国空軍が主力戦闘機KF16を改良へ 英BAE社を選定
  203. ^ 韓国KF-16のアップグレード、BAEシステムズとの契約を解除
  204. ^ 韓国KF-16性能改良事業、ロッキードマーチン社に変更
  205. ^ 『JWings』No163 イカロス出版 2012年 92頁
  206. ^ a b 『JWings』No114 イカロス出版 2008年 55頁
  207. ^ a b 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、61-62頁
  208. ^ トム・クランシー『トム・クランシーの戦闘航空団解剖』平賀秀明 新潮社〈新潮文庫〉、1997年、ISBN 4-10-247206-1、369-371頁
  209. ^ a b c 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、49頁
  210. ^ #イカロスF16、91 - 92頁
  211. ^ a b 『JWings』No192 イカロス出版 2014年 97頁
  212. ^ アメリカ政府、パキスタンへF-16C/D Block 52 8機の輸出を承認 FlyTeamニュース 2016年2月15日
  213. ^ 『航空ファン』618号、2004年、文林堂、30頁
  214. ^ 『JWings』No156 イカロス出版 2011年 92頁
  215. ^ a b c 『JWings』No114 イカロス出版 2008年 58頁
  216. ^ #イカロスF16、86頁
  217. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、60-61頁
  218. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、63頁
  219. ^ 『JWings』No141 イカロス出版 2010年 62-64頁
  220. ^ #イカロスF16、94 - 95頁
  221. ^ 『JWings』No160 イカロス出版 2011年 88頁
  222. ^ 『航空ファン』668号、2008年、文林堂、125頁
  223. ^ 『JWings』No171 イカロス出版 2012年 94頁
  224. ^ a b c #ガンストンF18、3頁
  225. ^ 『丸メカニック』42号、潮書房、1983年、61頁
  226. ^ 『航空ファン』672号、文林堂、2008年、123-124頁
  227. ^ #ガンストンF16、218頁
  228. ^ ロジャー・クレイア 『イラク原子炉攻撃!』 高澤市郎訳、並木書房、2007年、ISBN 4-89063-215-8、112頁
  229. ^ 『JWings』No163 イカロス出版 2012年 93頁
  230. ^ フィリピン 米国製戦闘機の購入 断念 ロシアの声 2012年5月18日
  231. ^ 『戦闘機年鑑 2005-2006年度版』 イカロス出版 2005年、35頁。ISBN 4-87149-632-5
  232. ^ 『エアワールド』Vol.14 12号、エアワールド社、1990年、69頁
  233. ^ 『戦闘機年鑑 2005-2006年度版』 イカロス出版 2005年 37頁


「F-16 (戦闘機)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ファイティングファルコン」の関連用語

ファイティングファルコンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ガゼル

ジェットブラストディフレクター

デルタ

プローブ

第1空挺団

たかなみ

ブルーインパルス

テイルシッター





ファイティングファルコンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのF-16 (戦闘機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS