国民健康保険 第三者行為と保険給付

国民健康保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 18:42 UTC 版)

第三者行為と保険給付

交通事故や傷害事件など、第三者の行為(故意過失かを問わない)によって受けた傷病による医療費は、その第三者(加害者)が損害を賠償する責任を負うことになる。しかし、損害賠償が不十分であったり遅延したりしている場合もあり、被保険者たる被害者は、国民健康保険で治療が受けることが出来る。その場合は、保険者に「第三者行為による傷病届」を提出する必要がある(施行規則第32条の6)。保険者は、加害者に代わり、一時的に治療費を立替えて支払うことになり、後日加害者にその立替え分を請求することとなる(第64条)。

不服申立て

保険給付に関する処分・被保険者証の交付・返還に関する処分、又は保険料その他国民健康保険法の規定による徴収金に関する処分に不服がある者は、処分のあったことを知った日の翌日から起算して3か月以内に、国民健康保険審査会審査請求をすることができる(一審制、第91条1項)。徴収金以外の処分については二審制をとる被用者保険との差異である。処分の取消しの訴えは、当該処分についての審査請求に対する裁決を経た後でなければ、提起することができない(審査請求前置主義、第103条)。審査請求は、時効の中断に関しては、裁判上の請求とみなす(第91条2項)。

国民健康保険審査会は各都道府県に置かれ、被保険者を代表する委員、保険者を代表する委員及び公益を代表する委員各3人をもって組織する。委員の任期は、3年(補欠の委員の任期は、前任者の残任期間)とする(第92 - 94条)。

時効

保険料その他国民健康保険法の規定による徴収金を徴収し、又はその還付を受ける権利及び保険給付を受ける権利は、これらを行使することができる時から2年を経過したときは、時効によって消滅する(第110条1項)。保険料その他国民健康保険法の規定による徴収金の徴収の告知又は督促は、民法の規定にかかわらず、時効の更新の効力を生ずる(第110条2項)。

課題・問題点

市町村国保の財政危機

2012年度では市町村国保の47.7%(819保険者)が赤字決算であった[18]

市町村国保の保険料は全国均一ではなく、各保険者ごとに独自で決められるようになっている。その理由は、地域の産業構造や人口構成を反映することを目指したもの。しかし、同じ年収金額帯でありながら保険料が自治体ごとに異なることがあり不公平感が生まれている。また、運営地域が市町村単位のため、企業の撤退や大量の退職者の発生、また高齢者人口比率が上がるなどが原因で運営が不安定になりやすいという欠点がある。

その解決策として、市町村国保への多額の一般会計からの繰り入れや、国保組合への国費投入などは、自分が加入していないはずの保険者に対する公費投入になるため、不公平感が指摘されている。

国民健康保険中央会は、すべての公的保険制度を国保に一本化するよう要望している[19]。OECD対日審査では、国保制度について市町村別から都道府県別に移行し規模の拡大を図るよう勧告されている[20]。2013年の社会保障国民会議においても同様の勧告がなされた[21]。また、後期高齢者医療制度支援金について、現在の「加入者割」から完全に「総報酬割」に移行するよう勧告された[21]。2015年にはこれらの改正を行う法案が可決し、平成29年度より完全総報酬割に移行し、平成30年度から市町村国保は都道府県主体で運営されている[22]

加入者層の変化

制度発足当初は、サラリーマンでない自営業者や農業従事者の医療保険制度として発足した。だが、産業構造の変化や高齢化の進展により、非正規雇用者や年金生活者や失業者等の無職者の割合が半数近くを占めている。また加入者1人あたりの医療費支出も高く、2010年は他の保険加入者の2倍であった[23]。自治体においては、一般財源等により補填を行っているが、自治体の財政状況により多分な負担ができなくなっている。2009年は市町村国保の約半数が赤字となった[24][25]

また国保における、被用者保険対象外となるパートタイマー労働者の比率は32.4%まで上昇している[26]。そのため被用者保険の適用を拡大する法改正がなされ、2015年10月より要件を満たした一部のパートタイマー等への被用者保険の適用が始まり、将来の完全施行を目指している(健康保険#被保険者)。

未払い世帯の増加

市町村国保の保険料収納率は1980年(昭和55年)頃には95%程あったが、2009年には過去最低の88.08%を記録[27]、2012年では89.86%となった[28]

ただし、本来国民健康保険は国民健康保険法第9条により社会保険に加入した場合にその資格喪失を世帯主が届け出る必要があるが、就職と同時に手続きをする会社が行う従業員の健康保険及び厚生年金保険に加入[29]によって自動喪失される国民年金に対し、同じように同時に喪失されるものと思い違いをすることによる国民健康保険と社会保険との二重加入の問題があり、実際の滞納率はより低いものである可能性がある。

なお、滞納分は滞納することなく支払った他の被保険者が負担することになっており、保険料は滞納分を見越して設定されているといわれている。また、それでも不足の場合は、一般会計からの繰り入れで補填されることになっている。

市町村の一般会計からの法定外繰入の推移は、2012年度の3,534億円から2017年度には1,751億円と年々改善している[30]

経済的困窮者については、生活保護の申請により医療扶助が支給されるが、これはミーンズテストに該当する場合でなければならない。このため、生活保護を受けるに至らない程度の経済的困窮者が保険料を払えず滞納し事実上の無保険者になるケースもあり、全日本民医連の調査では2014年に受診が遅れて死亡したケースが56人で、うち無保険者は20人、短期被保険者は8人であった[31][32]。このような者を対象とした無料低額診療事業を行っている病院もある[33][34]


外国人の国民健康保険制度においては、国民健康保険税(料)では、初年度は日本での前年所得が無いため軽減となり、翌年度は通常の保険料(税)額となるが、滞納したまま帰国 してしまうケースも多いといわれている[35]豊島区では平成30年度予算において、外国籍の被保険者が急増しており、区の全被保険者の4分の1を占めていることを掲げ、特にベトナム人の転入者が急増し、滞納世帯数及び滞納金額も急増している状況を述べている。国民健康保険制度への理解、納付意識の低さなどから滞納につながりやすい傾向にあることから、ベトナム語に対応できる相談員の配置を開始した[36]。平成27年時点では、国保は加入の2割超が外国人で、その半数が留学生であり、中でも最近ベトナムからの留学生が非常に多く、ベトナムの留学生の収納率は36%くらいでかなり低いとされている。このため、国民健康保険課で日本語学校に向けて納付勧奨のPRを行っている[37]

千葉県船橋市でも国保で29年度の保険料を滞納した世帯のうち、世帯主が外国人の世帯の収納率は54.98%で、全体の収納率(90.27%)に比べて低くなっていることにより、平成30年よりネイティブスピーカーによるベトナム語、ネパール語での電話納付勧奨を開始し、6カ国語(英・中・韓・ベトナム・ネパール・シンハラ語)に翻訳したパンフレットを作成して対策している[38]松戸市でも平成29年度決算として、滞納額の約1割強が外国人であり、今年度から徴収戦略の一環で、ベトナム人滞納者が増加していることから、ベトナム人が通う日本語学校に協力してもらい、国民健康保険制度の周知や指導を行った。滞納処分も、外国人に対し11月末現在で92名差し押さえしたと報告されている[39]

外国人による国保悪用問題

日本在住外国人のうち、病気の治療などを目的に在留資格を取得した人は、国民健康保険に加入できないことが法律で定められている。しかし、2012年7月から2015年4月にかけて、2012年4月から在留資格の外国人に条件付きで住民票を交付できるよう法律(住民基本台帳法の一部を改正する法律)が制定されたことを市の複数の職員が在留資格の外国人が国民健康保険への加入も可能になったと勘違いを原因にがんや脳梗塞などの治療・その患者の世話をするために在留資格を取得したウクライナとロシア、中国の男女7人に国民健康保険への加入を誤って認めていたことで約3785万円余りを給付していた[40]

2016年11月29日号の週刊SPA!が、外国人が偽造書類を使って日本在住家族の扶養に入るやり方や、ペーパーカンパニーを作って経営目的として来日するやり方で3か月以上の在留資格が得て、国民健康保険を違法利用している実態を報道した[41]

外国人が国保加入条件の在留期間1年から2012年の住民基本台帳法改正による3か月以上の滞在で加入させることを悪用して、「日本留学」や「経営」などと目的を偽ってビザを取得し、日本で国保に加入した後に前年度の収入がないために1割の自己負担と最低額の月額数千円程度の保険料だけ支払い、更に高額な医療費がかかった場合に払い戻し制度の悪用がされている。僅かな負担で高額な治療を受けて帰国するケースなどと在留目的を偽って入国して国民健康保険を悪用し、日本人が外国人の高額医療費を負担することで日本の医療保険制度が崩壊するのではないかとの危惧がある[42]。2018年8月末に自民党から改正のための検討が行われている[43]

厚生労働省も「感情的な外国人非難でなく冷静な議論のため、実態把握は必要」として調査を進めているが、NPO法人「移住者と連帯する全国ネットワーク」代表の鳥井一平は「調査すること自体、外国人の不正が多発しているような印象を与える」「在留外国人が受診を控えることになれば、住民誰もが安心して医療を受けられる国保の趣旨にも反する」 と批判を行っている[44]

2019年8月にはボリビアで三つ子を出産したとしてボリビア人の会社役員が複数の自治体で国民健康保険の出産育児一時金をだまし取ったとして逮捕されている。1回121万で、同様の手口で40件弱、約2千数百万円が被害額とみられている[45]。42万円の出産一時金は海外で出産しても受給可能なため、現地の病院が発行した出生証明書さえあれば支給されるが、それが本物かどうか行政は確認していないのが実情と報道されている[46]。 また荒川区においては平成28年度の国民健康保険の海外での出産育児一時金の支給のうち、中国が31件と全体の6割に上がる[47]

なお東京都新宿区にある総合病院では、1990年から2001年の間の外国人の分娩数は12年間で656例であり、総分娩数に占める外国人の割合は1990年には4.2%であったが,年々増加し,1997年からは全分娩の約16~19%を占めた。公的保険加入は,加入している者が66.0%(433例),保険に加入していない者(未加入者)は30.6%(201例),生活保護1.0%(6例),不明2.4%(16例)であった。飛び込み分娩事例は21例,全外国人分娩事例の3.2%であり、21例の国籍(出身地)の内訳は,「タイ」66.7%(14例)となっている[48]。飛び込み出産は既往症や感染症の有無も分からず出産行為となるため、医療従事者の感染リスクなども通常より高まる問題も抱えている。2007年には、日本助産師会専務理事によると、飛び込み出産につながる未受診妊婦は以前は出産を経験したことのある女性に多かったが、最近は〈1〉若年妊婦〈2〉外国人女性〈3〉経済困窮家庭などに多い傾向があると報道されている[49]

中絶に対する出産育児一時金の国保悪用問題

出産育児一時金により被保険者を対象に妊娠85日以上、妊娠12週以降の出産に対して赤ちゃん1人当たり約40万円が支給されるが、早産、流産、死産だけでなく、妊娠12週以降であれば人工妊娠中絶した場合も対象となる。神奈川県のある産婦人科はHPでも保険証を使用して12週台で手術を受ける場合、健康保険証の補助により手術費用はゼロとなりますとPRし、出産育児一時金が病院直接払いであることでとりっぱぐれないメリットを利用する病院があると報道されている。神奈川県では2019年、令和元年度衛生行政報告例第8表の県別人工中絶数では満12週~満15週では全国4199件中でも突出した1185件であり、実に10.5%相当が該当している[50]。働いていた看護師は中絶限界の週数で母体から出た胎児は産声を上げることがあり、院長からは口を塞いだりバケツに水を用意して沈めろとの指示があたえられたと証言している。それらを拒否した場合、ただ赤子を放置して息を引き取るのを待つという[51]


注釈

  1. ^ 東京地裁平成10年7月16日判決では、在留資格のない外国人に被保険者資格を認めた。なお控訴審中に原告は在留特別許可を受け、被保険者資格を取得している。

出典

  1. ^ a b c 国民健康保険中央会 2012, pp. 5.
  2. ^ a b c 国民健康保険実態調査 平成29年度 (Report). 厚生労働省. (2019-03-12). https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450397&tstat=000001125095&cycle=8&tclass1=000001125099&result_page=1. 
  3. ^ 平成28年度 国民医療費の概況 (Report). 厚生労働省. (2018-09-21). https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/16/index.html. 
  4. ^ a b c 厚生労働白書 2011, p. 35.
  5. ^ 国民健康保険事業年報 平成22年度, e-stat , (GL08020101)
  6. ^ a b c (PDF) 全国高齢者医療・国民健康保険主管課(部)長及び後期高齢者医療広域連合事務局長会議 国民健康保険関係資料 (Report). 厚生労働省. (2012年2月6日). https://www.mhlw.go.jp/topics/2012/02/dl/tp120205-1-koku_kankei.pdf. 
  7. ^ 東京都弁護士国民健康保険組合”. 2014年12月4日閲覧。
  8. ^ 保険局長 (2012年1月20日), “国民健康保険法施行規則及び高齢者の医療の確保に関する法律施行規則の一部を改正する省令等の施行について(保発0120第2号)” (PDF) (プレスリリース), 厚生労働省, オリジナルの2014年2月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140220185635/http://www.kokuho.or.jp/whlw/lib/ho_24_0120002.pdf 
  9. ^ a b c d e f g 国民健康保険中央会 2012, pp. 29.
  10. ^ 国民健康保険事業年報 平成29年度 (Report). 厚生労働省. (2016-03-31). https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&toukei=00450396&tstat=000001128395. 
  11. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 12, 17.
  12. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 17.
  13. ^ a b c d e 国民健康保険中央会 2012, pp. 15.
  14. ^ 厚生労働省 2014, p. 12.
  15. ^ 厚生労働省 2014, p. 5.
  16. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 25.
  17. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 31.
  18. ^ 厚生労働省 2014, p. 4.
  19. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 4.
  20. ^ OECD Economic Surveys: Japan 2009 (Report). OECD. (2009-08-13). pp. 104, 118, 126-128. doi:10.1787/eco_surveys-jpn-2009-en. ISBN 9789264054561. 
  21. ^ a b 社会保障制度改革国民会議 報告書(概要) (Report). 社会保障国民会議. (2013-08-05). https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokuminkaigi/. 
  22. ^ 第189回国会 閣法 189回28号 持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律案
  23. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 12.
  24. ^ “国保納付率88%、最低更新 09年度、景気悪化で”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2011年2月4日). オリジナルの2011年11月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111126052608/https://www.47news.jp/CN/201102/CN2011020401000501.html 
  25. ^ 田中敏「国民健康保険制度の現状と課題」『Issue brief』第488巻、2005年7月5日、 1-10頁、 NAID 40006756508
  26. ^ 厚生労働白書 2011, Chapt.3.
  27. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 8.
  28. ^ 厚生労働省 2014, p. 1.
  29. ^ 従業員を採用したときの手続き” (2020年6月16日). 2020年8月24日閲覧。
  30. ^ 国民健康保険改革の進捗等について”. 厚生労働省 (2019年5月29日). 2020年8月24日閲覧。
  31. ^ “経済的事情で受診遅れ死亡56人 道内は2人 民医連が調査”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2015年4月23日). オリジナルの2015年4月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150425134024/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/health/health/1-0126205.html 2015年4月30日閲覧。 
  32. ^ “生活苦、重い窓口負担 無保険・無年金、駆け込み診療”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2014年11月27日). オリジナルの2014年12月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141221010657/http://apital.asahi.com/article/serial/2014112600008.html 2015年4月30日閲覧。 
  33. ^ 無料・低額診療にとりくんでいる事業所”. 全日本民医連 (2015年4月23日). 2015年4月30日閲覧。
  34. ^ 無料低額診療事業について (PDF)”. 厚生労働省 (2008年1月21日). 2015年4月30日閲覧。
  35. ^ 国民健康保険料(税)滞納問題に関する研究会. “国民健康保険料(税)収納率向上のための提言 ~publisher=公益社団法人 国民健康保険中央会”. 2020年6月1日閲覧。
  36. ^ 平成30年度部局予算編成方針”. 豊島区. 2018年11月6日閲覧。
  37. ^ 平成28年度 第1 回 豊島区収納対策本部”. 豊島区. 2019年3月20日閲覧。
  38. ^ 平成30年度第5回定例記者会見資料(平成30年10月12日開催)”. 船橋市. 2018年11月21日閲覧。
  39. ^ 平成30年度第2回 松戸市国民健康保険運営協議会会議録”. 松戸市. 2019年3月20日閲覧。
  40. ^ “国保誤加入で3700万余給付”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2018年5月9日). オリジナルの2018年5月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180509220615/http://www3.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/20180509/4000000724.html 
  41. ^ “来日中国人が日本の医療制度に“タダ乗り”しようとしている!?”. 週刊SPA! (扶桑社). (2018年11月22日). https://nikkan-spa.jp/1241761 
  42. ^ “国保悪用の外国人急増 留学と偽り入国、高額医療費逃れ 厚労省、制度・運用見直し検討”. 産経ニュース (産経新聞社). (2017年1月6日). https://www.sankei.com/affairs/news/170106/afr1701060006-n1.html 
  43. ^ “自民、外国人の国保悪用防止へ検討を開始 ワーキンググループが会合”. 産経ニュース. (2018年8月29日). https://www.sankei.com/article/20180829-QQO2B4TIVNJ2BK2NDB7DNYWRWM/ 2018年8月30日閲覧。 
  44. ^ “外国人の国保調査に論議 開始半年、偽装滞在は未確認”. 佐賀新聞 (佐賀新聞社). (2018年9月12日). https://www.saga-s.co.jp/articles/-/273853 
  45. ^ 「ボリビアで三つ子産んだ」 出産一時金を詐取容疑”. 朝日新聞. 2019年9月19日閲覧。
  46. ^ 外国人に「健康保険」「扶養控除制度」が食い物にされている”. NEWSポストセブン. 2018年11月10日閲覧。
  47. ^ 海外出産一時金を調査へ 外国人の医療費未払いに対策”. 産経新聞. 2018年11月6日閲覧。
  48. ^ 井上千尋,李節子,松井三明,中村安秀,箕浦茂樹,牛島廣治. 外国人妊産婦の「飛び込み分娩」に関する実態調査 (Report). https://www.jschild.med-all.net/Contents/private/cx3child/2005/006404/003/0534-0541.pdf 2019年3月20日閲覧。. 
  49. ^ 「飛び込み出産」急増 (Report). http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~mikiya/2007%20wadai%20tobikomisyussan.pdf  2019年3月20日閲覧。. 
  50. ^ 衛生行政報告例 / 令和元年度衛生行政報告例 統計表 年度報人工妊娠中絶件数,妊娠週数・都道府県別”. e-stat. 2021年3月31日閲覧。
  51. ^ 泣いて出てきた胎児をそのまま死なせ…中絶ビジネスの「壮絶すぎる実態」”. 現代ビジネス (2021年3月26日). 2021年3月31日閲覧。


「国民健康保険」の続きの解説一覧




国民健康保険と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

国民健康保険のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国民健康保険のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国民健康保険 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS