主食 主食の概要

主食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/28 14:10 UTC 版)

様々な種類のジャガイモ
歴史的に重要な主食であるスペルトコムギの未加工の種子

小麦大麦トウモロコシエンバクライムギなどの禾穀類(かこくるい)が主食となっている国々や地域が多い(ヨーロッパ南アメリカ北アメリカ中国など)が、イネが主食となっている国々や地域も少なくない(主として東南アジア[3]。その他に、各種豆類大豆等)、果実類(プランテンパンノキ)、サゴ等を主食にする人々も。だが、ノルウェーの人々のように何世紀にもわたり魚類を主食に生きてきた人々や、イヌイットエスキモー)のように狩猟で得た生肉を主食として生きてきた人々もいる。

概要

主食は日常の食事の中心になる食べ物である。それぞれの国や地域においてどの作物が主食に選ばれるかは、気候土壌地形生態系等の自然条件、農業政策農業技術等の社会条件、好まれる味覚や食文化によって左右される。世界には食用となる植物が50,000種以上あるが、人類の栄養源として特に重要度の高い作物は数百程度である。そのうち15種の作物が全世界で摂取される食物エネルギーの90%を支え、うち米・トウモロコシ・小麦だけで世界人口の3分の2に当たる40億人の主食を占める[4]

食物エネルギー源が畜産物33%・穀類26%・芋類4%で構成される西ヨーロッパの主食は畜産物や穀物だと言える。 該当する代表的な作物には、小麦、大麦等の穀類、豆類、ジャガイモやキャッサバ等の芋類がある。イヌイットの主食は肉と魚である。

イネ科穀類には10,000種以上があるが、広く耕作されている種はその一部である。世界的に特に重要な作物としては小麦大麦トウモロコシがあり、東南アジアや中国南部(や日本)などではもよく栽培され食べられている。途上地域においては、モロコシ(別名:ソルガム・コーリャン)や雑穀類アワキビヒエシコクビエトウジンビエ等)も重要な栄養源である。ヨーロッパ南部の温かい地域では小麦や大麦。ヨーロッパのうち小麦の生育に適さない寒冷で土壌の痩せた地域では、伝統的にライムギエンバク(オートミール)が利用されてきた。テフエチオピアの伝統的な主食作物である。イネ科以外の作物についても穀類に含めることがあり(「擬似穀類」)、ソバアンデス地域のキヌアアマランサス等が該当する。穀類は生食に適さず、そのまま加熱して粒食(米飯等)するほか、製粉してパスタ等)や発酵パン等に加工して食される。

芋類(ジャガイモタロイモヤムイモサツマイモキャッサバ等)は途上地域の10億人以上の人々にとって重要な主食であり、サハラ以南のアフリカの人口の半数にとっては食料源の約40%を占める。特にキャッサバは熱帯の途上地域において重要であり、約5億人の主食となっている。芋類の一般的な特徴としては、炭水化物カルシウムビタミンCに富むが、タンパク質に乏しいことが挙げられる。

この他に豆類大豆インゲンササゲエンドウソラマメレンズマメヒヨコマメラッカセイ等)が限定的に主食とされる。豆類は、タンパク質に富むが炭水化物に乏しい。熱帯地域ではプランテン(調理用バナナ)が古くから利用されている。一部の地域では、パンノキの果実や、サゴ(サゴヤシの髄)を主食とする。

エチオピアの一部ではパルショータと呼ばれる醸造酒を主食とする人々がいる。

主食作物10種年間生産高[5]
世界生産高
2008年
作付面積
当たり
平均生産高
2010年
作付面積
当たり
最大生産国
2010年[6]
順位 作物 (t) (t/ha) (t/ha)[7]
1 トウモロコシ 8.23億 05.1 28.4 イスラエル
2 小麦 6.90億 03.1 08.9 オランダベルギー
3 6.85億 04.3 10.8 オーストラリア
4 ジャガイモ 3.14億 17.2 44.3 アメリカ
5 キャッサバ 2.33億 12.5 34.8 インド
6 大豆 2.31億 02.4 03.7 トルコ
7 サツマイモ 1.10億 13.5 33.3 セネガル
8 モロコシ 0.66億 01.5 12.7 ヨルダン
9 ヤムイモ 0.52億 10.5 28.3 コロンビア
10 プランテン 0.34億 06.3 31.1 エルサルバドル

ノルウェー

ノルウェーの人々は、何世紀にもわたり、北大西洋の新鮮なを基本の主食として生きてきた[8]。まれにエルクカリブーの肉を塩漬けにして乾燥させたものを主食とする場合もあった[8]


  1. ^ a b 広辞苑第5版
  2. ^ コトバンク[1]
  3. ^ 世界大百科事典 第2版
  4. ^ Dimensions of Need: An atlas of food and agriculture”. Food and Agriculture Organization of the United Nations (1995年). 2013年4月17日閲覧。
  5. ^ Allianz. “Food security: Ten Crops that Feed the World”. Allianz. 2013年4月18日閲覧。
  6. ^ FAOSTAT: Production-Crops, 2010 data”. Food and Agriculture Organization of the United Nations (2011年). 2013年4月18日閲覧。
  7. ^ あくまでも一国平均であり、主要生産地域ではより高くなる。
  8. ^ a b Norway, Oslo.(Rough Guides Snapshot Norway)ISBN 9780241312742
  9. ^ The Most Essential Ingredients In German Cuisine
  10. ^ gastrotourismo, STAPLE FOOD – Bread
  11. ^ French bread and french baguette - food from france
  12. ^ a b c d e f What Are the Staple Foods in France?
  13. ^ a b c d e f [2]
  14. ^ a b Chinahighlights
  15. ^ [3]
  16. ^ 西田正規 「縄文時代の人間 - 植物関係」- 国立民族学博物館研究報告, 1981 [4]
  17. ^ 『日本の考古学: 弥生時代』河出書房新社 2011年、p.379に記述あり。
  18. ^ 新谷 尚紀 他 『民俗小事典 食』 吉川弘文館、2013年、ISBN 978-4-642-08087-3 、26-27頁、「主食」の項
  19. ^ 原田 信男 『コメを選んだ日本の歴史』 文芸春秋、2006年、ISBN 4-16-660505-4、221-223頁、「高度経済成長期と農政」の項
  20. ^ 野本 寛一 『食の民俗事典』 柊風舎、2011年、ISBN 978-490-3530-51-2 、14頁、「主食としての米」の項
  21. ^ a b c d LEAF TV, Mexican staple foods
  22. ^ Discover Peru
  23. ^ Nutrient data laboratory”. United States Department of Agriculture. 2013年3月4日閲覧。
  24. ^ United Nations Food and Agriculture Organization: Agriculture and Consumer Protection. “Rice and Human Nutrition”. 2010年10月15日閲覧。


「主食」の続きの解説一覧




主食と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



主食のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの主食 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS