ステープルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 建材 > > ステープルの意味・解説 

ステープル [2] 【staple】

電気コードなどを取り付けるのに使う U 字形の釘(くぎ)

ステープル staple

メタルラスやワイヤーラスを取り付けるときに用いるU字型の釘。

ステープラー

(ステープル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/19 01:12 UTC 版)

ステープラー英語: Stapler)またはホチキスホッチキス紙綴器(かみつづき)とは、に「コ」の字形の(ステープル、英語: Staple)を刺し通し、針先の部分を両側から平らに曲げて、紙を綴じる文具である。JIS規格上の名称はステープラ。ごく限られているが、ジョイント宮城県北部等)、ガッチャンコ(北東北等)と呼ぶ地域もある。


  1. ^ The History And Types Of The Common Office Stapler”. OfficeWise. 2015年7月7日閲覧。
  2. ^ [휴지통]기관총 발명가 이름 딴 상표? ‘호치키스’ 어원 정설 깨졌다(【くずかご】機関銃の発明者を冠したブランド?「ホッチキス」の語源定説破られた)”. dongA (2013年9月26日). 2017年2月21日閲覧。
  3. ^ a b ホチキスの「金具」の呼び名”. NHK. 2008年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月7日閲覧。
  4. ^ a b c ホッチキスの歴史 (PDF)”. ホッチキス物語. マックス株式会社. 2015年7月7日閲覧。
  5. ^ Hotchkiss time line”. Stapler Exchange. 2015年7月7日閲覧。
  6. ^ マックス・ホッチキス ニッポン・ロングセラー考”. COMZINE. 2015年7月7日閲覧。
  7. ^ ジム・ブリーン (2017年6月). “The Strange Tale of the Hotchkiss”. 2018年7月17日閲覧。
  8. ^ a b ベールを脱いだホッチキスの語源”. 東亜日報 (2013年9月26日). 2015年7月7日閲覧。
  9. ^ FAQ(よくある質問)”. マックス株式会社. 2012年3月7日閲覧。
  10. ^ 小学館『日本20世紀館』271頁
  11. ^ 鴻上尚史 (2012年5月21日). “「ホッチキス」という名称を巡る意外な事実【鴻上尚史】”. 日刊SPA!. 扶桑社. 2012年5月21日閲覧。
  12. ^ 10号サイズの規格はマックス社が定めたものといわれる。 【小型ホッチキス マックス】を作ったのは零戦部品メーカー(男の浪漫伝説 Vol.60) | ドリームメール
  13. ^ スキン・ステープラーはよくない”. 夏井睦 (2005年8月17日). 2017年11月10日閲覧。
  14. ^ ホッチキス針、外す必要ない? 「古紙再生で支障なし」記載の真偽はwith news(2016年12月14日)2016年12月15日閲覧
  15. ^ ホッチキス物語◆古紙再生とホッチキス針”. マックス株式会社. 2017年2月21日閲覧。


「ステープラー」の続きの解説一覧





ステープルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ステープル」の関連用語

ステープルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ステープルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2018 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのステープラー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS