見間違いとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 見間違いの意味・解説 

み まちがい -まちがひ [0] 【見間違い】

みまちがうこと。みまちがえ誤認。 「番号の-」
「見間違い」に似た言葉


見間違い

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

見間違い

★1.身体の一部分を、金や貴重品などと見間違う

『サイラス・マーナー』エリオット)第12サイラスは、蓄え金貨を盗まれたのをあきらめられず、「いつか金が戻って来るのではないか」と期待する。大晦日の夜小屋入りこんで眠る少女金髪を、視力衰えサイラスは金と見間違え、手で触れてようやく金貨でないことを知る。

福富草子御伽草子福富織部放屁の芸で長者になった。隣人乏少藤太真似をして殿様の前で芸をするが、失敗して粗相する。笞杖で打たれ藤太血だらけで帰って来るのを見た妻は、赤い小袖褒美にもらってきたと思い、「今まで着ていた古着はもういらぬ」と言って焼き捨てる〔*これをきわめて悲惨な形にしたのが、「赤い帯」だと思ったら「腸」だったという→〔原水爆〕1の『現代民話考』(松谷みよ子)6「銃後ほか」第6章の3〕。

禿げ頭薬罐(やかん)と見間違う→〔禿げ頭5aの『鹿の子餅』「盗人」。

禿げ頭瓢箪ひょうたん)と見間違う→〔禿げ頭〕5bの『清兵衛と瓢箪』(志賀直哉)。

★2.複合体動物器物複数動物)を、一体の化け物見誤る

今昔物語集巻28-29 博士紀長谷雄学生がくしょう)たちと作文さくもん)の会をしていた時、塗籠ぬりごめ)から、背丈2尺ほどの怪物現れた。頭は黒くて角が1つあり、胴体白くて足が4本という異様な姿だったので、皆恐れた。しかしそれは、白半插はんぞう)に頭を入れて、抜けずにいたのであった。

武道伝来記井原西鶴)巻5-4火燵もありく四足の庭」 深夜炬燵が庭を走るので「化け物だ」と皆が騒ぐ。1人仕留め蒲団をめくると、中にもぐっていたのだったその場大笑いですんだが、後に「を突いて手柄にした」と世間で噂されたため、武士の面目をかけて大勢が斬り合った。

ブレーメンの音楽隊グリム)KHM27 ブレーメンの町への旅の途中で日が暮れて、宿と食事求めるろば・犬・猫が、泥棒の家を見つける。動物たちは「泥棒どもを追い払おう」と相談し、ろばが窓枠前足をかけ、その上に犬・猫次々に乗って一斉に鳴く泥棒たちは「化け物が来た」と思って逃げ去る。ろば・犬・猫は、泥棒の残したご馳走を平らげて、ぐっすり眠る。

*2つの身体連結したシャム双生児を、巨大のような化け物見誤る→〔〕9の『シャム双生児の秘密』(クイーン)。

雨の夜人間怪物見誤る→〔〕3。

★3a.猟師などが、人を獲物魔物と見誤って鉄砲で撃つ。

『寝園』横光利一) 奈奈江幼なじみ思慕し、夫仁羽を嫌悪していた。赤城猪狩り最中に襲われた夫を助けようとして、奈奈江は夫を撃ってしまう。誤って夫を撃ったのか、それとも故意に撃ったのか、奈奈江にもわからなくなる(*夫は命をとりとめ回復する)。

猟師となった早野勘平は、と思って斧定九郎鉄砲撃ち殺す→〔仇討ち〕8の『仮名手本忠臣蔵』5段目。

南総里見八犬伝第7輯巻之3第67回~巻之4第68甲斐山道を行く犬塚信乃を、鹿と間違え泡雪奈四郎が鉄砲で撃つ。弾丸は当たらず信乃は無事であったが、これがきっかけ信乃浜路姫と出会う

眉かくしの霊泉鏡花柳橋芸者お艶(吉)が、愛人助けるため木曽山村訪れる。土地には「桔梗ケ池の奥様」と呼ばれ恐れられる美し魔性のものが住み、お艶はその奥様と美を競うかのごとく、眉を落とした姿で夜道を行く。猟師魔性思いお艶を鉄砲撃ち殺す→〔自己視〕1a。

猟師が人を誤認して、弓で射る→〔足〕2の『バーガヴァタ・プラーナ』。

*虎と思って石を射る→〔石〕9cの『捜神記』巻11-1通巻263話)。

*鹿と思って石を撃つ→〔鹿〕4bの『遠野物語』(柳田国男61

★3b.親孝行息子が、獲物間違われて殺される。あるいは、殺されそうになる。

二十四孝御伽草子)「ゼン子」 親孝行息子ゼン子の両親が、老いて眼病わずらう。鹿の乳が眼のになるので、ゼン子は乳を得るために鹿の皮を着て、鹿の群れ中にまぎれ入る。猟師ゼン子を鹿だと思い、弓で射ようとするゼン子は「私は人間だ」と言い、危うい命を助かる。

ラーマーヤナ第2巻「アヨーディヤーの巻」 ダシャラタ王は若い時で象狩りをし、盲目隠者夫婦を養う孝行息子を、誤って射殺す。息子を失った隠者悲しみ怒り、「汝もまた、子ゆえの悲しみで死ぬであろう」と王を呪って死ぬ。後年、王は、王子ラーマ追放したことを悔やみつつ死ぬ〔*前半部は→〔開眼〕4の『三宝絵詞』上-13同様の展開〕。

★3c.逆に息子獲物間違え母親を弓で射殺す。

日光山縁起下 有宇中将前世猟師であり、鹿を射るため山へ行った。彼の母もまた山へ入り、子を養うために、にする小枝木の実を拾った。母は防寒用に鹿の皮を着ていたので、猟師は鹿だと思って母を射た。母は「汝に親殺しの罪を犯させたのがいたわしいと言って、死んだ。

猟師となった早野勘平は、義父鉄砲で撃ち殺したと思いこむ→〔誤解による自死〕1の『仮名手本忠臣蔵』5~6段目。

★3d.息子が、熊を母親化身知らず、殺そうとする未遂に終わる。

変身物語オヴィディウス)巻2 カリストユピテルゼウス)によって身ごもり、息子アルカスを産む。ユピテルの后ユノーヘラ)が怒りカリストを熊に変える息子アルカス15歳になる頃、で母カリスト化身の熊と出くわし、突き殺そうと身構えるユピテルがこれを制止し、彼ら母子を天に上げて、星(大熊座小熊座)にする。

★3e.意図的に、鹿と間違えられ射られようとする

宇治拾遺物語1-7 龍門の聖が鹿皮を着て夜の野に伏し、自らの身を犠牲にして、親しい男の殺生癖をとどめようとする。男は鹿を射ようとして、よく見ると龍門の聖であるので驚く。男は聖の心を知って改心し、その場出家する。

★4a.人の行動見て、その意図するところ取り違える

今昔物語集9-20 継子伯奇をおとしいれるべく、継母が懐にを入れておき、「にさされた」と言って倒れる。そして伯奇にを取らせ、そのさまを父に遠望させる。父は、倒れ継母の懐に伯奇が手を入れるのを見て、「伯奇が継母犯している」と思い込む。伯奇は父親から疑われたので、家を出て河に投身する〔*逆に継子継母おとしいれる形にしたのが→〔継子への恋〕2の『本朝二十不孝』巻4-3木陰袖口」〕。

サセックスの吸血鬼ドイルファーグスン夫人が、自分の産んだ赤ん坊の首に噛みつき、血を吸った。ファーグスンは、夫人血だらけの唇を見て、「吸血鬼である夫人赤ん坊を襲った」と考える。実は、夫人にとって継子にあたる、背骨障害を持つ少年が、健康な赤ん坊嫉妬して、毒矢赤ん坊の首に刺したため、その毒を夫人は吸い取っていたのだった〔*→〔誤解による殺害〕1の『パンチャタントラ』第5巻第2話の変型〕。

高瀬舟森鴎外夕方喜助仕事から帰って来ると、病気の弟が自殺ようとして死にきれず、剃刀を喉へ深く差し込んだまま苦しんでいた。弟が、「剃刀をうまく抜いてくれたら、おれは死ねるだろうと思う。どうぞ手を貸して抜いてくれ」と請うので、喜助剃刀の柄をしっかり握って引く。その時近所婆さんが入って来て、「あっ」と言って駆け去った。役人来て喜助役場連れて行った→〔安楽死〕1。

呂氏春秋17「審分覧・任数」 孔子遠くから見ていると、弟子顔回が米を炊きながら一口つまみ食いをした。孔子見て見ぬふりをした。これは実は煤が鍋に入ったのを、食物捨てるのは良くないのでつまんで食べたのだった。それを知った孔子は、「信頼すべき目も信じられぬか」と嘆息した。

★4b.自殺ようとする人を見るが、遠方からなので、そのことがわからない

大菩薩峠中里介山)第36巻「新月の巻」 剣客仏頂弥助書生丸山勇仙は、中有に迷う亡者のように諸国放浪する。秋の晴れた日、飛騨小鳥峠で松茸土瓶蒸しを食べ酒を飲むうち、2人死にたくなって、仏頂寺は切腹丸山硫酸を飲む。宇津木兵馬芸妓遠方から一部始終を見るが、仏頂寺と丸山が飲めや唄えのあげく良い気分で寝てしまった、としか見えないしばらくして兵馬様子を見に行き2人自殺したことを知る。

武蔵野夫人大岡昇平)第13章「秋」 人妻道子大学生の勉は恋し合う仲だったが、道子は「呼ぶまで家に来てはいけない」と禁じる。晩秋ある日、勉は道子の家の裏手行きベランダにいる道子を、繁みに隠れて見る。道子コップに白い粒をたくさん入れ、サイダーを注いだので、勉は「何かのだろうか」と思う。実は道子自殺するために、多量睡眠剤サイダーに溶かしていたのだった

★5.大勢が、目前で起こっていることの意味を取り違える

英雄伝プルタルコス)「ファビウス・マークシムス」 ハンニバルカルタゴ軍とローマ軍戦闘中ローマ執政官パウルス落馬した。左右の者は、彼を助けようと馬から降りた。指揮官らが下馬したのを見たローマ騎兵は、「徒歩で闘え」との命令が出たと勘違いして、皆馬を捨てる。その結果ローマ軍大敗北した。

本膳落語名主(なぬし)の家に祝事があり、村人たちが招かれる。誰も本膳の食べ方を知らないので、手習い師匠上座につき、皆は師匠真似をする。ところが、師匠がうっかり飯粒鼻の頭につけたので、村人たちはそれが本膳作法だと思って、めいめい飯粒を鼻につける師匠里芋を箸ではさみそこねて転がすと、またその真似をする。師匠は「よせ」と隣の男をひじで突く。皆次々に隣を突く。

*→〔誤解による殺害〕4の『アーサーの死』(マロリー)第21巻第4章。

★6.月の光を、見間違える

なめとこ山の熊宮沢賢治) 淵沢小十郎は熊捕りの名人だ。長年経験を積んだ彼は、もう熊の言葉だってわかるような気がした。春の宵、母熊と子熊が、向こうの谷をしげしげ見つめていた。「どうしてもだよ、おっかさん。谷のこっち側だけ白くなっているんだもの」「でないよ。おっかさんは、あざみのを見に、昨日あすこを通ったばかりです」「でなけぁ、だねえ。きっとそうだ」。小十郎が谷を見ると、6日月の光青白く山の斜面滑り、銀の鎧のように光っているのだった

月の光を、白い封筒見間違える→〔月〕5の『懶惰の歌留多』(太宰治)。

月の光を、白い布見間違える→〔わざくらべ1b石見国布引山高木敏雄日本伝説集』第21)。

★7.月の光を受けた蕎麦の花を、海の波と見間違える

蕎麦の花をつくらないわけ』松谷みよ子日本伝説』) 武田信玄仕え三島一族が、小田原北条勢に追われて敗走する。甲斐の国目指して夜の山道歩き続けたが、前方に、月光を受けて白い波をきらめかせる海がひろがった。落武者たちは、「小田原の海だ。道を間違えて、敵の本陣逃げ込んだのだ」と思いもはやこれまでと、皆その場切腹した。彼らは、月下白々とゆれる蕎麦畑の蕎麦の花を、海と見間違えたのだった村人たちは、あまりの痛ましさに、以後蕎麦づくりをやめた(神奈川県)。

月の光を浴びた白狐が、白人女性見える→〔温泉〕5の『白狐の湯』(谷崎潤一郎)。

★8.丸い月だと思ったら、円(まる)い窓だった。

秋五話稲垣足穂)「詩をつくる李白」 丘の木立ち隠れ昇り出した月が、そこで動かなくなってしまった。不思議思い、登って見に行くと、それは月ではなく円窓だった。「誰のすみかだろう」と、のぞいてみたら、李白一生懸命に詩を作っていた。

李白と月→〔月〕7bの李白伝説

★9.信じられないものを見た時、それを「目の錯覚」と考える。

スーフィー物語17粘土はなぜ空を飛んだか」 幼子イエス粘土で作った鳥が、空に向かって飛び立って行った(*→〔曜日〕4)。ユダヤ教長老たちがこれを見て驚き1人が「この技術学びたいものだ」と言った。しかし別の長老は、「これは技術などではない。われわれの単なる眼の錯覚だ」と断じた。

人間人形に、人形人間見間違える→〔人形2a2b

白米を、水の流れ見せかける→〔食物7a白米城伝説



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「見間違い」の関連用語

見間違いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



見間違いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2020 物語要素事典 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS