徳島阿波おどり空港とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 徳島阿波おどり空港の意味・解説 

とくしまあわおどり‐くうこう〔トクシマあはをどりクウカウ〕【徳島阿波おどり空港】

読み方:とくしまあわおどりくうこう

徳島空港徳島飛行場)の愛称


徳島飛行場

(徳島阿波おどり空港 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/12 07:28 UTC 版)

徳島飛行場(とくしまひこうじょう)は、徳島県板野郡松茂町にある飛行場海上自衛隊徳島航空基地(: JMSDF Tokushima Airbase)と民間航空機が共用する飛行場で、通称徳島空港(とくしまくうこう、: Tokushima Airport)、愛称徳島阿波おどり空港(とくしまあわおどりくうこう、: Tokushima Awaodori Airport)。


  1. ^ a b c 管内空港と出先機関”. 国土交通省大阪航空局. 2018年6月25日閲覧。
  2. ^ 徳島市役所とターミナルビルとの直線距離
  3. ^ a b とくしま写真日記~故郷を撮り残す<13>徳島飛行場(徳島阿波おどり空港)|PICKUPニュース|徳島新聞 2018年7月14日
  4. ^ a b c JAL、徳島就航60周年記念行事を徳島空港で実施 就航当時はDHC-2などの水上機で吉野川橋から離陸 - トラベル Watch 2017年6月21日
  5. ^ 徳島阿波おどり空港旅客ターミナルビルの増築・改修工事について - 徳島阿波おどり空港 2016年11月17日
  6. ^ 徳島空港に国際線ターミナル完成 21日から運用開始”. 徳島新聞 (2018年1月18日). 2018年6月25日閲覧。
  7. ^ 徳島空港に新キャラ「うずぴー」-滑走路延長・新ターミナル開業に合わせ観光PR”. みんなの空港新聞. 2018年6月25日閲覧。
  8. ^ 平成28年度空港管理状況調書” (PDF). 国土交通省航空局 (2017年7月26日). 2018年5月20日閲覧。
  9. ^ 平成28年度(年度)空港別順位表” (pdf). 国土交通省. 2018年5月20日閲覧。
  10. ^ 国土交通省航空局 (2012). 暦年・年度別空港管理状況調書(H16~H25) (xlsx) (Report). 2020年6月2日閲覧
  11. ^ 国土交通省航空局 (2023). 暦年・年度別空港管理状況調書(H25~R4) (xlsx) (Report). 2020年6月2日閲覧
  12. ^ “新滑走路が供用開始”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1987年4月25日) 
  13. ^ 羽田 - 徳島、全日空10月31日再開、計画前倒し、1日3便 - 日本経済新聞(2010年3月20日付)
  14. ^ a b [1][リンク切れ] - 徳島新聞(2014年1月23日付)
  15. ^ [2][リンク切れ] - 徳島新聞(2015年8月20日付)
  16. ^ “徳島航空分遣隊解隊 海難救助など、55年の歴史に幕 松茂・海自基地 /徳島”. 毎日新聞. (2015年9月1日). オリジナルの2016年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.md/20160111033605/http://mainichi.jp/articles/20150901/ddl/k36/010/404000c#selection-751.0-763.30 
  17. ^ 第224飛行隊(大 村)紹介
  18. ^ 「新しい「エンブラエル190」国内線に初就航!」日本航空公式サイト
  19. ^ キャセイドラゴン航空、徳島〜香港線開設 12月19日から週2便 Traicy 2018年9月3日
  20. ^ ジェイエアの機材・乗務員による運航
  21. ^ ANAウイングスの機材・乗務員による運航含む
  22. ^ 国内線で貨物を送ることはできますか? (ANA CARGO) - ANA
  23. ^ 航空輸送統計年報の概要 令和 4 年度(2022 年度)分”. 2023年8月27日閲覧。
  24. ^ 徳島空港、1階のコンビニ「Yショップ」がセブン-イレブンにリニューアル - FlyTeam(2014年1月10日付)
  25. ^ 施設案内(4・レンタカー案内所) - 徳島空港利用促進協議会(2014年2月10日閲覧) ※記述序列は出典に準拠。
  26. ^ a b “管制ミスで着陸やり直し 徳島空港、滑走路に作業車”. 日本経済新聞. (2015年4月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05H6W_V00C15A4CC1000/ 2020年2月8日閲覧。 
  27. ^ “徳島空港での着陸やり直し、太田国交相「防衛省に報告求める」”. Response.. (2015年4月7日). https://response.jp/article/2015/04/07/248529.html 2020年2月8日閲覧。 
  28. ^ a b 日本航空株式会社 航空重大インシデント 車両が存在する滑走路への着陸の試み(平成27年4月5日発生)” (PDF). 運輸安全委員会 (2016年8月25日). 2020年2月8日閲覧。
  29. ^ “滑走路の作業車忘れ着陸許可 徳島空港の着陸トラブル”. 朝日新聞デジタル. (2016年8月25日). https://www.asahi.com/articles/ASJ8S3RS6J8SUTIL00D.html 2020年2月8日閲覧。 
  30. ^ 海上自衛隊、管制官らを懲戒処分”. 日本経済新聞 電子版. 2019年3月13日閲覧。
  31. ^ 酒井弘明ヒコーキ写真 自衛隊が管制を担当する空港”. 東海ラジオ放送 (2015年4月7日). 2020年2月8日閲覧。
  32. ^ “自衛隊機が着陸時にパンクし停止 徳島空港”. 日テレNEWS24. (2019年2月5日). https://news.ntv.co.jp/category/society/416192 2020年2月8日閲覧。 
  33. ^ “海自機パンク、滑走路閉鎖 徳島空港、けが人なし”. 日本経済新聞. (2019年2月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40942890V00C19A2000000/ 2020年2月8日閲覧。 
  34. ^ “海自機パンク、徳島空港滑走路閉鎖 2時間半後に再開”. 徳島新聞. (2019年2月6日). https://www.topics.or.jp/articles/-/158694 2020年2月8日閲覧。 
  35. ^ 日本放送協会. “海自練習機タイヤ破裂は操作ミス|NHK 徳島県のニュース”. NHK NEWS WEB. 2019年3月13日閲覧。[リンク切れ]
  36. ^ 海上自衛隊 徳島教育航空群【公式】 [@jmsdf_tsatg] (2022年3月28日). "部隊改編 に伴い徳島警務分遣隊から呉地方警務隊本部徳島警務班へ名称が変わりました。". X(旧Twitter)より2022年4月29日閲覧
  37. ^ 防衛ハンドブック(2012年版)ISBN 978-4750920337
  38. ^ a b c d e 北徳島分屯地所在部隊”. 北徳島分屯地公式ホームページ. 2020年2月23日閲覧。
  39. ^ “陸自・徳島駐屯地が始動 阿南で編成完結式”. 徳島新聞Web (徳島新聞社). (2012年3月27日). http://www.topics.or.jp/localNews/news/2012/03/2012_133281148456.html 2013年11月18日閲覧。 [リンク切れ]
  40. ^ 第14飛行隊 - 陸上自衛隊(防衛省)
  41. ^ 徳島空港と南あわじ結ぶ高速バスが運行開始 首都圏からの来訪に期待(神戸新聞NEXT)
  42. ^ 【空港⇔南あわじ市間】バスが、今年も運行されます!(2023年7月1日から2024年3月31日)(徳島阿波おどり空港)
  43. ^ オニオンバス
  44. ^ 乗降場所限定の「松茂町内定額タクシー(試行)」が9月1日から始まります(松茂町)
  45. ^ 利用可能エリア/料金を教えてください(nearMe.Airport)
  46. ^ 阿波おどり空港定額タクシーサービスをスタート!(金毘羅タクシー)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「徳島阿波おどり空港」の関連用語

徳島阿波おどり空港のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



徳島阿波おどり空港のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳島飛行場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS