迫撃砲 迫撃砲の一覧

迫撃砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/22 09:35 UTC 版)

迫撃砲の一覧

以下では、時代ごとの迫撃砲を列挙する。一部、参考のため近現代の迫撃砲(ストークス型迫撃砲)以外の"mortar"も掲載。

第一次大戦期

イギリス帝国 1.57インチ中迫撃砲(40mm) ・ 2インチ中迫撃砲(50.8mm)(en)ストークス3インチ迫撃砲(3.2in=81.2mm)(en) ・ ストークス4インチ迫撃砲(107mm)(en)ニュートン6インチ迫撃砲(152mm)(en)203mm化学戦用迫撃砲"LivensProjector"(en)9.45インチ重迫撃砲(240mm)(en)
フランス第三共和政 58mm迫撃砲2型(en)バティニョール240mm重迫撃砲(en)
ロシア帝国 58mm迫撃砲FR1915オーセン3.5インチ迫撃砲(88.9mm)9cm迫撃砲GR
ドイツ帝国 7.58cmミーネンヴェルファー(en)17cmミーネンヴェルファー(mMW)(en)24cm重フリューゲルミーネンヴェルファー25cmミーネンヴェルファー(sMW)(en)
オーストリア=ハンガリー帝国 8cmルフトミーネンヴェルファーM15(en) ・ 9cmミーネンヴェルファーM14(en)10.5cmルフトミーネンヴェルファーM15(en) ・12cmルフトミーネンヴェルファーM15(en)12cmルフトミーネンヴェルファーM16(en) ・ 14cmミーネンヴェルファーM15(en) ・ 15cmルフトミーネンヴェルファーM15(en) ・ 20cmルフトミーネンヴェルファーM16(en) ・ 22.5cmミーネンヴェルファーM15(en)26cmミーネンヴェルファーM17(en)
オーストラリア ガーランド迫撃砲(65mm) ・ ジャパニーズ迫撃砲(75mm)

第二次大戦期

アメリカ合衆国 60mm迫撃砲M2(en)60mm迫撃砲M19(en)81mm迫撃砲M1(en)107mm迫撃砲M2(en) ・ 105mm迫撃砲T13 ・ 155mm迫撃砲T2536インチ迫撃砲"Little David"(914mm)(en)
ソビエト連邦 37mm軽迫撃砲(en)82mm迫撃砲PM-36(en)82mm迫撃砲BM-37(en)50mm軽迫撃砲RM-38(en)120mm迫撃砲PM-38(en) ・ 50mm軽迫撃砲RM-39(en) ・ 50mm軽迫撃砲RM-40(en)50mm軽迫撃砲RM-41(en)82mm迫撃砲PM-41(en)82mm迫撃砲PM-43(en)107mm迫撃砲GVPM-38(en)120mm迫撃砲PM-43(en)160mm迫撃砲M-43(en)
イギリス帝国 2インチ迫撃砲(50.8mm)(en)3インチ迫撃砲(3.18in=81mm)(en) ・ 4.2インチ(4.2in=106.7mm)迫撃砲(en)
自由フランス
ヴィシー・フランス
50mm迫撃砲Mle37 ・ 60mm迫撃砲Mle1935 ・ ブラント81mm迫撃砲Mle27/31(en)
ナチス・ドイツ 5cm軽迫撃砲IGrW36(en)8cm迫撃砲sGrW34(en)Kz8cm短迫撃砲GrW42(en)10cmネーベルヴェルファーNbW35(en)10cmネーベルヴェルファーNbW40(en)12cm迫撃砲GrW42(en)21cm迫撃砲GrW69(en)38 cm sLdgW(en)20cmスピガット式工兵迫撃砲_(軽運荷砲)
大日本帝国 十一年式曲射歩兵砲(70mm)(en)十四年式重迫撃砲(274.4mm) ・ 八九式重擲弾筒九四式軽迫撃砲(90.5mm)[注 13]九六式中迫撃砲(150.5mm)(en)[注 14]九六式重迫撃砲(305mm) ・ 九七式曲射歩兵砲(81.3mm) ・ 三式迫撃砲(81.3mm) ・ 九七式軽迫撃砲(90.5mm)[注 15]九七式中迫撃砲(150.5mm)[注 16]九八式五糎投擲機(50mm) ・九九式小迫撃砲(81.3mm)[注 17]九九式短中迫撃砲(150.5mm) ・ 二式十二糎迫撃砲(120mm)
イタリア王国 Brixia45mm迫撃砲Model35(en)81mm迫撃砲Modello 35
ベルギー 50mm迫撃砲DBT
チェコスロバキア 81mm迫撃砲vzor36(en)90mm迫撃砲vz.17 ・ 140mm迫撃砲vz.18
ポーランド 46mm迫撃砲wz.36
中華民国 二九式150ミリ迫擊炮 ・ 31式60ミリ迫撃砲 ・ 三三式120ミリ迫擊炮
中華人民共和国 民国二七年式擲弾筒

冷戦期~現代

アメリカ合衆国 60mm迫撃砲M224(en)81mm迫撃砲M29(en)107mm迫撃砲M30(en)120mm迫撃砲M120(en)81mm迫撃砲M252(en)M1129 ストライカーMC120mmEFSS"ドラゴン・ファイアII"(en)
ソビエト連邦
ロシア連邦
160mm迫撃砲M-160(ru)・240mm迫撃砲M-240(en)(ru)82mm自動迫撃砲2B9"Vasilek"(en)240mm自走迫撃砲2S4"Tyulpan"(en)120mm自走迫撃砲2S9"Nona-S"(en)120mm迫撃砲2B11"Sani"(en) ・ 82mm迫撃砲2B14"Podnos"(en) ・ 120mm自走迫撃砲2S31"Vena"(en)420mm自走迫撃砲2B1"Oka"(en)
イギリス連邦 51mm軽迫撃砲L9A1(en)81mm迫撃砲L16(en)
フランス共和国 51mm軽迫撃砲F1ブラント60mmLRガンモーター(en) ・ ブラント81mmガン・モーターMCB-81 ・ 81mm迫撃砲LLR(en)120mm迫撃砲MO120RT(en)
フィンランド共和国 81mm迫撃砲81KRH71Y(en) ・ 120mm迫撃砲120KRH92(en) ・ パトリア160mm迫撃砲M58 ・ 120mm迫撃砲射撃システム"NEMO"(en)連装120mm迫撃砲射撃システム"AMOS"(en)
チェコ(スロバキア) 60mm軽迫撃砲"ANTOS" ・ 82mm迫撃砲vzor52 ・ 120mm迫撃砲PRAM-L ・ 120mm自走迫撃砲ShM-85(PRAM-S)
イスラエル 76.2mmダヴィドカ迫撃砲ソルタム120mm迫撃砲M-65ソルタム160mm迫撃砲M-66ソルタムK6 120mm迫撃砲120mm自走迫撃砲(Makmat)160mm自走迫撃砲(Makmat)
日本 64式81mm迫撃砲68式155mm迫撃砲60式自走81mm迫撃砲60式自走107mm迫撃砲96式自走120mm迫撃砲
ポーランド共和国 60mm迫撃砲LM-60 ・ 81mm迫撃砲M-81 ・ 98mm迫撃砲M-98120mm迫撃砲M-120
ギリシア共和国 81mm迫撃砲E-44 ・ 120mm迫撃砲E-56
インド共和国 81mm迫撃砲E1 ・ 120mm迫撃砲E1
アルゼンチン共和国 120mm自走迫撃砲VCTM(en)
ユーゴスラビア連邦 120mm迫撃砲UB-M52
中華民国(台湾) 41式81ミリ迫撃砲62式4.2インチ迫撃砲 ・ 63式120ミリ迫撃砲 ・ T-75式60ミリ迫撃砲 ・ T-75 81ミリ迫撃砲 ・ XT-81迫撃砲 ・ XT-86迫撃砲
中華人民共和国 63-1式60mm迫撃砲 ・ W85式60mm迫撃砲 ・ W90式60mm迫撃砲 ・ 53式82mm迫撃砲 ・ 67式82mm迫撃砲 ・ 74式82mm迫撃砲 ・ 83式82mm迫撃砲 ・ PP87式82mm迫撃砲 ・YW304型82mm自走迫撃砲 ・71式100mm迫撃砲 ・ 80式100mm迫撃砲 ・ 55式120mm迫撃砲 ・ 64式120mm迫撃砲 ・ YW381型120mm自走迫撃砲56式160mm迫撃砲

注釈

  1. ^ 真空中であれば砲弾は放物線を描くが、迫撃砲は最も強く空気抵抗の影響を受けるため砲弾の落下角度は垂直に近くなる。詳しくは斜方投射を参照
  2. ^ 砲口初速(muzzle velocity)とは、砲身から射出された直後の砲弾の飛翔速度のこと。単に初速ともいう。砲弾が砲身内を進んでいる間は装薬の燃焼ガスによる圧力で加速し続けるため、長砲身であるほど初速は高くなる(ただしバランスがあり、砲身長が長ければ長いほど良いとは限らない)
  3. ^ 口径」には二通りの意味があり、ストレートに砲口直径が何 mmであるかを指す場合(例えば「口径155 mm」と表記)と、砲身長が砲口直径の何倍であるかを指す場合(例えば「71口径88 mm砲」と表記)がある。後者は「口径長」を略した「口径」である。紛らわしいのが拳銃小銃機関銃などの口径表記で、例えば30口径は銃身長ではなく口径7.62 mmを指す。50口径なら12.7 mmで、これは1インチ(25.4 mm)の0.3倍、0.5倍であることから。「.30」「.50」と表記することもある
  4. ^ 砲全般の分類や用語そのものが曖昧で、厳密な分類は非常に困難。同じ用語でも国や時代によって語義やその範囲が異なることもある。また、日本語には紛らわしい和訳や造語が多いので注意を要する。例として、英語の"cannon(キャノン)"は全ての火砲を包括する名詞だが、大日本帝国陸軍において「加農(カノン砲)」とは長砲身砲を指す(帝国陸軍はドイツ式に範をとったため、ドイツ語の"kanone"に由来)。また、「榴弾」は弾種を指す用語でほぼ全ての火砲(砲種)で使用する砲弾だが、「榴弾砲」として砲自体の名称に用いられる。
  5. ^ 「被牽引用のトレーラー」とは、タイヤとトレイル(脚)で構成された車台のことで、牽引する側(牽引車)のトラクターのことではない
  6. ^ ロシア製(または旧共産圏)の中口径迫撃砲は81mmではなく82mm口径であり、ロシア軍は敵の81mm砲弾も使用できるが相手側はロシア軍の82mm砲弾を使用できない。ただし、間隙が1mm増すため射程距離や命中精度などの点で所期の性能を発揮できるわけではない
  7. ^ 砲身長10口径未満は「臼砲」とする定義もあるが、ほとんどの臼砲は更に短い砲身であることが多い
  8. ^ 駐退機と復座機は一体化されていることも多く、「駐退復座機」と称する
  9. ^ レーザー誘導を行うためには目標にレーザーを照射する観測班が必要である
  10. ^ 「壊滅」とは、部隊が30%以上の人員損耗を受け、戦闘力を大幅に喪失して補充などを受けねば戦力にならない状態を指す。「無力化」とは、部隊が10%以上の人員損耗を受け、数時間は交戦できない状態を指す。「制圧」とは、敵兵の攻撃を中断させ、掩蔽へ追い立てて応射の精度と威力を削ぐことである
  11. ^ 第一次世界大戦時において、ミーネンヴェルファーを扱うのは戦闘工兵であり、工兵科の管轄に属していた。同時期に砲兵部隊ではミーネンヴェルファーそっくりな形状と性能の臼砲を運用していた
  12. ^ ターンテーブルは360度旋回が可能なものが多く、最新型では発射時の反動による車体やサスペンションへの負担を軽減させるために駐退復座機を設けていることがある
  13. ^ 口径が90mmであるにもかかわらず「軽」と付いている理由は欺瞞用にあえて低威力であるかのように装ったためという記述も見られるが、単に同時期に開発された3種の迫撃砲中最小口径であった故の名称である。元来が第一級秘密兵器であり、存在そのものが秘匿されていた。これは化学戦での運用を第一とするガス弾投射兵器であったためであるが、通常榴弾も用意され、実戦では中国戦線で一部毒ガス弾を使用した他は通常弾で戦っている。ストークブラン式迫撃砲であるが、簡易な駐退復座機が設けられている
  14. ^ 九四式軽迫撃砲と同様、150mmクラスであるにもかかわらず欺瞞用に「中迫撃砲」と名付けられたとも言われるが、同時期に開発された迫撃砲で中間の口径であった故の命名である。ストークブラン式迫撃砲としては珍しい大型の駐退復座機が設けられ、その複雑さと大重量が仇となりほとんど生産されずに終わった。
  15. ^ 九四式軽迫撃砲から駐退復座機を省き、大型の木製床板を併用することで本体の軽量化を図った。ただし、木製床板を含めた重量は九四式軽迫撃砲よりも重くなっている
  16. ^ 九六式中迫撃砲から駐退復座機を省いた簡易版で、「長」(およそ12.9口径)と「短」(およそ9.3口径)の2種類が存在する。重量はそれぞれ「長」342kg、「短」232.5kgで、九六式中迫撃砲の722kgから軽量化が図られたものの、「長」の木製の副床板の重量は370kgに及び、本体と合わせた場合の重量はさほど変化なく、「短」は軽量化のために射程を半分以下に抑えている
  17. ^ 空挺部隊及び歩兵の近接支援火器であるが、曲射歩兵砲ではなく迫撃砲という名称が付けられている

出典

  1. ^ a b c d クリス・マクナブ, ウィル・ファウラー「3 支援火器」 『コンバット・バイブル』2003年、126〜171頁。ISBN 4-562-03624-9 
  2. ^ [1]
  3. ^ 米国国防総省国防技術情報センター(DTIC Online)
  4. ^ 「近世」の節…『戦略・戦術・兵器事典(5)~ヨーロッパ城郭編』p.82~83
  5. ^ 『図説 日露戦争-兵器・全戦闘集』p.26-27、『大砲入門』p.87-89
  6. ^ アジア歴史資料センター所蔵「迫撃砲献納の件」 [2]
  7. ^ アジア歴史資料センター所蔵「迫撃砲使用法送付の件」[3]






迫撃砲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「迫撃砲」の関連用語

迫撃砲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



迫撃砲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの迫撃砲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS