九州国立博物館 観覧料(文化交流展)

九州国立博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/19 20:17 UTC 版)

観覧料(文化交流展)

2014年4月1日現在

  • 大人 - 通常料金430円/団体料金220円
  • 大学生 - 通常料金130円/団体料金70円
  • 下記該当者は無料。
  • キャンパスメンバーズ会員

入館料支払いには、電子マネー[14]が使用可能。

アクセス

館長

建築概要

  • 設計 - 菊竹清訓建築設計事務所・久米設計
  • 照明 - 近田玲子デザイン事務所
  • 竣工 - 2004年
  • 施工
    • I工区
      • 建築:鹿島・間・高松特定建設工事共同企業体
      • 空調:大氣・大成温・菱熱特定建設工事共同企業体
      • 電気:きんでん・佐電工・キデン特定建設工事共同企業体
      • 衛生:空研工業
    • II工区
      • 建築:大成・西松・松尾特定建設工事共同企業体
      • 空調:三晃・大成設・大橋特定建設工事共同企業体
      • 電気:九電工・六興・島田特定建設工事共同企業体
      • 衛生:新永設備
    • I・II工区
      • 特殊消火設備:能美防災
      • 昇降機設備:ダイコー
  • 敷地面積 - 160,715m²
  • 建築面積 - 14,623m²
  • 延床面積 - 30,085m²
  • 構造 - S造、SRC造
  • 規模 - 地上5階、地下2階
  • 所在地 - 〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4-7-2
  • 受賞 - 日本免震構造協会賞(2005年)、照明普及賞(2005年)
  • その他−屋根:チタン製(三晃金属工業施工・新日鐵住金製チタンTranTixxii)ブルー発色

スーパーハイビジョンシアター(旧称:シアター4000)

4階の文化交流展示室内に「スーパーハイビジョンシアター」と呼ばれるスーパーハイビジョンシアターがあり、「受け継がれるおもい、小さな島の教会群」「不思議・再発見!200年前の日本地図」「じろじろ ぞろぞろ 南蛮屏風」「海の正倉院・沖ノ島」「世界をとらえた日本のわざと美」「シルクロード 敦煌の仏たち」と題した映像ソフトを10:00〜16:30の間、30分ごとに上映している。




  1. ^ 「国立博物館誘致の歩み」 博物館等建設推進会議編『文明のクロスロードMuseum Kyusyu』第72号 2002年 ISSN 0287-2757
  2. ^ 福岡市博物館常設展示室(部門別)解説272「おもしろ博物館 Archived 2012年11月13日, at the Wayback Machine.」2005年
  3. ^ 2018年度購入(官報号外政府調達172号(平成30年9月11日)、p.46)。博物館公式サイトの「収蔵品ギャラリー」には未収録。
  4. ^ 文化庁サイトの「国指定文化財等データベース」及び「文化遺産オンライン」は本件を東京都の個人所有とするが誤りで、国立文化財機構の所有(九州国立博物館保管)である。(参照:九州国立博物館サイト
  5. ^ a b “北斎重文など九博に寄贈 東京の古美術商 コレクション259件”. 西日本新聞. (2018年1月11日). https://www.nishinippon.co.jp/feature/kyuhaku/article/385719/ 2018年1月14日閲覧。 
  6. ^ 平成28年12月27日官報号外政府調達第242号
  7. ^ 文化庁サイトの「国指定文化財等データベース」では本像の保管先を東京国立博物館としているが、九州国立博物館サイトの「収蔵品ギャラリー」に本像が掲載されているため、本記事に収録する。重要文化財指定名称は「銅造如来立像」だが、九州国立博物館サイトでは「銅造弥勒仏立像」と表記されている。
  8. ^ 「文化審議会答申〜国宝・重要文化財(美術工芸品)の指定及び登録有形文化財(美術工芸品)の登録について〜」(文化庁サイト、2019年3月18日発表)
  9. ^ 平成30年10月31日文部科学省告示第208号
  10. ^ 「文化審議会答申〜国宝・重要文化財(美術工芸品)の指定について〜」(文化庁サイト、2018年3月9日発表)
  11. ^ 「文化審議会答申〜国宝・重要文化財(美術工芸品)の指定及び登録有形文化財(美術工芸品)の登録について〜」(文化庁サイト、2019年3月18日発表)
  12. ^ 身体障害者手帳療育手帳精神障害者保健福祉手帳の3種類(本人及び条件付きで介護者1人を含む)
  13. ^ 生年月日がわかる証明書(生徒手帳健康保険証運転免許証等)の提示が必要。
  14. ^ WAONnanacoEdyiDnimoca及び相互利用可能な交通系IC乗車券
  15. ^ 西日本新聞(2015年3月15日)九博・三輪館長退任へ
  16. ^ 独立行政法人国立文化財機構お知らせ(2015年3月18日)
  17. ^ 西日本新聞(2015年3月19日)九博新館長に島谷氏


「九州国立博物館」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「九州国立博物館」の関連用語

九州国立博物館のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



九州国立博物館のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの九州国立博物館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS