はと座 はと座の概要

はと座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/11 13:31 UTC 版)

はと座
Columba
Columba
属格 Columbae
略符 Col
発音 英語発音: [kəˈlʌmbə]、属格:/kəˈlʌmbiː/
象徴 Dove
概略位置:赤経 6
概略位置:赤緯 −35
広さ 270平方度 (54位
主要恒星数 5
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
18
系外惑星が確認されている恒星数 0
3.0等より明るい恒星数 1
10パーセク以内にある恒星数 0
最輝星 α Col(2.65
最も近い星 β Col;(87光年)
メシエ天体 0
隣接する星座 うさぎ座
ちょうこくぐ座
がか座
とも座
おおいぬ座

主な天体

恒星

  • α星:ファクトは、はと座で最も明るい恒星。
  • β星:ワズン。
  • μ星:M42オリオン大星雲で生まれた青い星だが、秒速128kmの速さでM42から飛び去っているので、現在はと座で輝いている。

星団・星雲・銀河

由来と歴史

はと座は、おおいぬ座の中でまだ星座の形を成していない星を区別するために、1592年にペトルス・プランシウスによって作られた[1][2]。プランシウスは最初に1592年に大きな壁掛け地図の小さな星図に鳥を描いているが、その際は名前が付けられていない[1]。1594年作成の小世界地図や、天球儀の上にもはと座の姿が見られる[1]。のちにプランシウスは、ノアに大洪水が退いたことを知らせたハトを指して、1613年に Columba Noachi(ノアのハト)と記している[1]

ヨハン・バイエルは1603年に著した『ウラノメトリア』の中で、はと座を独立した星座としては扱っていないものの、おおいぬ座の星図の中に鳩を描き[3]、星表でRecentioribus Columba(最近言われている鳩)と記している[4]

はと座はまた、イアーソーンアルゴー船黒海の入り口で放したハトの姿を表しているともされる[1]。このハトは、アルゴー船が危険なシュムプレーガデス岩の間を渡るのを助けた[1][2]

参考文献




  1. ^ a b c d e f Ian Ridpath. “Columba”. Star Tales. 2017年9月11日閲覧。
  2. ^ a b Ridpath & Tirion 2001, pp. 120-121.
  3. ^ Oo verso, Canis Major star map.”. Linda Hall Library. 2017年9月11日閲覧。
  4. ^ Oo recto, Canis Major, table 38.”. Linda Hall Library. 2017年9月11日閲覧。


「はと座」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「はと座」の関連用語

はと座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



はと座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのはと座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS