がぶりとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > がぶりの意味・解説 

がぶり [2][3]

( 副 )
多く「と」を伴って大きく口を開いて、一気食いついたり、飲み込んだりするさま。 「リンゴを-とかじる」 「を-と飲む」

がぶり

ラ行五段活用動詞「がぶる」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

がぶり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/29 09:33 UTC 版)

がぶりSprawling)は、レスリングなどの格闘技における体勢の一種。また、同様の体勢を作る動作及びコントロール技術のことである。






「がぶり」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「がぶり」の関連用語

がぶりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



がぶりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのがぶり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS