生娘とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > 純潔 > 生娘の意味・解説 

き‐むすめ【生娘】

うぶな娘。まだ男性との性体験のない娘。処女


き‐むすめ【生娘】

〔名〕 まだ男と肉体的交渉のない娘。また、まだ世間知らない純真娘。おぼこ娘処女

浄瑠璃嫗山姥(1712頃)二「ひらりしゃらりかすりずみ生娘(キムスメ)遊女手かけ者」


生娘―お讃

作者碓井静照

収載図書中世恥丘みだら―中世ロマン主義短編小説集
出版社ガリバープロダクツ
刊行年月2001.11
シリーズ名ガリバープロダクツベストヒットシリーズ


生娘

読み方:いきたむすめ

  1. 鎖鑰ヲ施シタル土蔵。〔第五類 一般建物
  2. 鎖鑰施したる土蔵の事を云ふ。
  3. 施錠した土蔵のことをいう。

生娘

読み方:きむすめ

  1. 未だ色気づかない娘のこと。又は処女のことをいふ。うぶな娘といふ意味である。又犯罪語にては厳重に鎖鑰施したる土蔵のことをいふ。処女にして容易に破られないといふ意味からいつたもの。
  2. 未だ色気づかざる娘。又は処女のこと。うぶな娘の意。②犯罪語では厳重な鎖鑰施し土蔵のこと。
  3. 未だ色気づかない処女をいふ。犯罪語では厳重に戸締ある人家倉庫などのことをいふ。
  4. ⑴まだ色気づかない娘、又は処女のこと、うぶな娘の意。⑵〔犯〕厳重に鍵が下された土蔵のこと。「ムスメ参照

分類 俗語犯罪犯罪者犯罪


生娘

読み方:きむすめ

  1. 土蔵ノコトヲ云フ。〔第七類 家其他建造物之部・兵庫県
  2. 木造倉庫納屋新築土蔵。〔第五類 一般建物
  3. 厳重に鎖鑰施したる土蔵のことをいふ。処女にして容易に破られないといふ意味からいつたもの。〔犯罪語〕
  4. 土蔵。「むすめ」を参照
  5. 新築土蔵、又は贓物豊富な土蔵を云ふ。
  6. 未だ荒されぬ土蔵可部 強窃盗仲間
  7. 未だ荒されぬ土蔵。〔一般犯罪
  8. 未だ荒されない土蔵。「生娘」は処女で犯されていないところから事物連想。〔盗〕
  9. 土蔵一度も荒されないものをいう。又贓物豊富な土蔵をいう。

分類 兵庫県強窃盗仲間犯罪犯罪語、盗/犯罪


生娘

読み方:きむすめ

  1. 未だ色気づかない娘のこと。又は処女のことをいふ。うぶな娘といふ意味である。〔情事語〕

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

処女

(生娘 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 15:59 UTC 版)

処女(しょじょ)とは、性行為の経験がない女性のこと。また、その女性の状態。広義には男女を問わず性行為をしたことがない人のことを指す[1][2]。「バージンヴァージン英語: virgin[* 1]から)」とも呼ぶ。対義語は非処女。


注釈

  1. ^ 英語(その他のヨーロッパ諸語において対応する単語も同様)の virgin は、「処女である女性」という意味の名詞および「処女である」という意味の形容詞として用いられる。日本語の「処女」が持つ様々な意味合い・用法のうち、「処女であること」に対応する語(名詞)は virginity である。日本語においてこの語義を明確に述べる場合に「処女性」という語が用いられる場合もある。
  2. ^ 一方、: virgin : Jungfrau 等のインド・ヨーロッパ語族は、本来「若い女性」という意味合いを持つ。
  3. ^ どちらかといえば「失う」「なくす」「喪失する」が中立的、「奪われる」は女性本人の意思に反した受動的・不本意な状況、「捧げる」「捨てる」は女性の側の同意ないしより積極的な願望によるというニュアンスを含む。
  4. ^ これは和製英語であり、同様の意味を英語で表現するとすれば「lose virginity」あるいは「loss of virginity」となる。なお「処女喪失」に対応する英単語は「defloration」。
  5. ^ 小説映画テレビドラマ等でも、劇的な体験を効果的に表現するためそのような描写、演出がされることが多く、イメージの補強ないし再生産に一役買っている。
  6. ^ この場合、文字通りの無人地だけでなく、その言葉の発言者が属する「文明人」によって「発見」されていない土地という意味合いでも用いられる。特にヨーロッパ人にとってのアメリカ、オーストラリア、太平洋諸島、アフリカ・アジアの内陸部に対してこの表現が用いられてきた。絵画等においてはヨーロッパの「文明人」が男性、新たに「発見」された世界が若い女性でしばしば象徴された。
  7. ^ 性交経験のある女子高生のクラミジアの感染率は、13%超でアメリカ(3.9%)やスウェーデン(2.1%)と比べるとずっと高い(高校生のクラミジア感染症の蔓延状況と予防対策)。 また、ほぼ全ての年で15-19歳の性器クラミジアの感染者数は、女子の数が男子の数と比べて3倍以上である(厚生労働省・感染症発生動向調査 性感染症報告数)。
  8. ^ 例えば、国立社会保障・人口問題研究所が行った第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)における「(3) 結婚相手に求める条件 『図表I-3-4 調査別にみた、結婚相手の条件として考慮・重視する割合の推移』」(アーカイブ)では、学歴、職業、経済力、人柄、容姿、趣味、仕事への理解、家事・育児といった項目に関して、1997年、2002年、2010年、2015年にわたる推移が掲載されているが、結婚相手の条件で重視する点に関して、容姿の項目だけは男性が女性の割合を超えるが、その他のすべての項目では男性よりも女性が重視する割合がいずれも高い。
  9. ^ 尚正式には「呼ばふ」であるが、谷川健一『草履の足音』によれば、夜這いをする男は夜忍んでいくのでこの表意も捨てがたいという。
  10. ^ 「フェミニズム」と「同性愛」が人類を破壊する―セックス洗脳と社会改造計画の恐怖(原書名Cruel Hoax (Makow,Henry))出版社成甲書房(2010年9月25日 出版) 著者メイコウ・ヘンリー監訳・解説フルフォード・ベンジャミン 全293ページでフェミニズムのSEXの異常化を説明。
  11. ^ 朝日新聞2006年11月5日版「少女漫画の過激な性表現は問題?」にて少女漫画全体に過激な性表現を増えたことをとりあげている。
  12. ^ 『別冊宝島Real069』「男女平等バカ」初版:2005年12月2日 の第1章にて教育現場のフリーセックス化、第2章にてそれがフェミニズムによるものであることが記されている。
  13. ^ 「データブック NHK日本人の性行動・性意識」編:NHK「日本人の性」プロジェクト初版:2002年3月 マスコミ上で性の乱れを喧伝されているという表現あり。
  14. ^ 『Newsweek』2003年1月29日版(米国版12月9日)、「セックスしない10代の純潔革命」の中で「米疾病対策センター (CDC) によれば、性体験がないと答える高校生は、10年前に較べて10%増加」との記述。
  15. ^ シルバー・リング・シングという活動(団体)に歌手クリスティーナ・アギレラも参加。http://www.silverringthing.com/home.asp

出典

  1. ^ "Virginity". Merriam-Webster. 2013年12月21日閲覧
  2. ^ Virginity”. TheFreeDictionary.com. 2013年12月21日閲覧。
  3. ^ a b c d See here [1] and pages 47-49 for views on what constitutes virginity loss and therefore sexual intercourse or other sexual activity; source discusses male virginity, how gay and lesbian individuals define virginity loss, and how the majority of researchers and heterosexuals define virginity loss/"technical virginity" by whether or not a person has engaged in penile-vaginal sex. Laura M. Carpenter (2005). Virginity Lost: An Intimate Portrait of First Sexual Experiences. NYU Press. pp. 295 pages. ISBN 978-0-8147-1652-6. https://books.google.com/?id=pXXZn_qSoDoC 2011年10月9日閲覧。 
  4. ^ Linda Rae Bennett (2005). Women, Islam and modernity: single women, sexuality and reproductive health in contemporary Indonesia. Psychology Press. pp. 19-21. ISBN 978-0-415-32929-3. https://books.google.com/?id=JaA1kxjMebEC&pg=PA19 2011年10月9日閲覧。 
  5. ^ a b Bryan Strong; Christine DeVault; Theodore F. Cohen (2010). The Marriage and Family Experience: Intimate Relationship in a Changing Society. Cengage Learning. p. 186. ISBN 978-0-534-62425-5. https://books.google.com/?id=qjvoSOMB5JMC&pg=PA186 2011年10月8日閲覧. "Most people agree that we maintain virginity as long as we refrain from sexual (vaginal) intercourse. But occasionally we hear people speak of 'technical virginity' [...] Data indicate that 'a very significant proportion of teens ha[ve] had experience with oral sex, even if they haven't had sexual intercourse, and may think of themselves as virgins' [...] Other research, especially research looking into virginity loss, reports that 35% of virgins, defined as people who have never engaged in vaginal intercourse, have nonetheless engaged in one or more other forms of heterosexual sexual activity (e.g., oral sex, anal sex, or mutual masturbation)." 
  6. ^ a b Hanne Blank (2008). Virgin: The Untouched History. Bloomsbury Publishing USA. pp. 304 pages. ISBN 978-1-59691-011-9. https://books.google.com/?id=V6IPvgFKGFUC&pg=PA253&dq=virginity+loss+among+lesbians#v=onepage&q=virginity%20loss%20among%20lesbians&f=false 2011年10月8日閲覧。 
  7. ^ Friedman, Mindy (2005年9月20日). “Sex on Tuesday: Virginity: A Fluid Issue”. The Daily Californian. オリジナルの2009年5月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090506021934/http://www.dailycal.org/article/19565/sex_on_tuesday_virginity_a_fluid_issue 2011年10月6日閲覧。 
  8. ^ Richard D. McAnulty; M. Michele Burnette (2000). Making Healthy Decisions. Allyn & Bacon. p. 229. ISBN 978-0-205-19519-0 
  9. ^ Joseph Gross, Michael (2003). Like a Virgin. Here Publishing. p. 45. 0001-8996. https://books.google.com/?id=eWQEAAAAMBAJ&pg=PA44&dq=Gay+men+who+prefer+anal+sex#v=onepage&q&f=false 2011年3月13日閲覧。 
  10. ^ Charlton T. Lewis and Charles Short, 'virgo', in A Latin Dictionary.
  11. ^ 'virgin' in American Heritage Dictionary of the English Language.
  12. ^ 'Virgin', Online Etymology Dictionary.
  13. ^ Trinity College Homilies 185 [ms B.15.34 (369)]
  14. ^ 'Consecrated virgins and widows', Catechism of the Catholic Church 922-24.
  15. ^ Cursor Mundi 24977
  16. ^ The Wars of Alexander 4665
  17. ^ Release dates for The 40-Year-Old Virgin at the Internet Movie Database
  18. ^ a b "The emotional stress of serial non-marriage plays havoc with the possibility of partnering for life." Angela Shanahan, 'Sex revolution robbed us of fertility', The Australian 15 September 2007.
  19. ^ No. 236 【処女脱兎】 しょじょだっと |今日の四字熟語・故事成語|福島みんなのNEWS - 福島ニュース 福島情報 イベント情報 企業・店舗情報 インタビュー記事”. fukushima-net.com. 2019年12月22日閲覧。
  20. ^ 第三版, デジタル大辞泉,大辞林. “始めは処女の如く後は脱兎の如し(ハジメハショジョノゴトクノチハダットノゴトシ)とは” (日本語). コトバンク. 2019年12月23日閲覧。
  21. ^ 世界大百科事典内言及. “処女会(しょじょかい)とは” (日本語). コトバンク. 2019年12月23日閲覧。
  22. ^ a b c 三浦 2014, p. 52.
  23. ^ a b 三浦 2014, p. 348–356.
  24. ^ 日本国語大辞典, デジタル大辞泉,大辞林 第三版,精選版. “処女作(ショジョサク)とは” (日本語). コトバンク. 2019年12月24日閲覧。
  25. ^ 日本国語大辞典, デジタル大辞泉,デジタル大辞泉プラス,大辞林 第三版,精選版. “処女航海(ショジョコウカイ)とは” (日本語). コトバンク. 2019年12月23日閲覧。
  26. ^ 日本国語大辞典, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,大辞林 第三版,精選版. “処女地(しょじょち)とは” (日本語). コトバンク. 2019年12月23日閲覧。
  27. ^ a b 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, デジタル大辞泉,大辞林 第三版,動植物名よみかた辞典 普及版,精選版. “処女(ショジョ)とは” (日本語). コトバンク. 2019年12月24日閲覧。
  28. ^ 日本国語大辞典, デジタル大辞泉,大辞林 第三版,精選版. “処女峰(ショジョホウ)とは” (日本語). コトバンク. 2019年12月23日閲覧。
  29. ^ 日本国語大辞典, デジタル大辞泉,大辞林 第三版,精選版. “処女林(ショジョリン)とは” (日本語). コトバンク. 2019年12月23日閲覧。
  30. ^ 日本国語大辞典, デジタル大辞泉,大辞林 第三版,精選版. “処女水(ショジョスイ)とは” (日本語). コトバンク. 2019年12月23日閲覧。
  31. ^ a b バージンヘア丨美容用語解説|グルノーブル美容専門学校”. gurubi.jp. 2019年12月24日閲覧。
  32. ^ オリーブオイルについて” (日本語). 一般社団法人日本オリーブ協会. 2019年12月24日閲覧。
  33. ^ デジタル大辞泉. “エキストラバージンとは” (日本語). コトバンク. 2019年12月24日閲覧。
  34. ^ バージンパルプとは|大富士製紙”. www.daifuji.co.jp. 2019年12月24日閲覧。
  35. ^ a b c Hanne Blank (2008). Virgin: The Untouched History. Bloomsbury Publishing USA. pp. 304 pages. ISBN 978-1-59691-011-9. https://books.google.com/?id=V6IPvgFKGFUC&pg=PA253&dq=virginity+loss+among+lesbians#v=onepage&q=virginity%20loss%20among%20lesbians&f=false 2011年10月8日閲覧。 
  36. ^ 《壊れた甕》ルーヴル美術館 パリ - Louvre”. ルーヴル美術館. 2018年9月22日閲覧。
  37. ^ a b c d e f g h i j k See here [2] and pages 47-49 for views on what constitutes virginity loss and therefore sexual intercourse or other sexual activity; source discusses male virginity, how gay and lesbian individuals define virginity loss, and how the majority of researchers and heterosexuals define virginity loss/"technical virginity" by whether or not a person has engaged in penile-vaginal sex. Laura M. Carpenter (2005). Virginity Lost: An Intimate Portrait of First Sexual Experiences. NYU Press. pp. 295 pages. ISBN 978-0-8147-1652-6. https://books.google.com/?id=pXXZn_qSoDoC 2011年10月9日閲覧。 
  38. ^ Bryan Strong; Christine DeVault; Theodore F. Cohen (2010). The Marriage and Family Experience: Intimate Relationship in a Changing Society. Cengage Learning. p. 186. ISBN 978-0-534-62425-5. https://books.google.com/?id=qjvoSOMB5JMC&pg=PA186 2011年10月8日閲覧. "Most people agree that we maintain virginity as long as we refrain from sexual (vaginal) intercourse. But occasionally we hear people speak of 'technical virginity' [...] Data indicate that 'a very significant proportion of teens ha[ve] had experience with oral sex, even if they haven't had sexual intercourse, and may think of themselves as virgins' [...] Other research, especially research looking into virginity loss, reports that 35% of virgins, defined as people who have never engaged in vaginal intercourse, have nonetheless engaged in one or more other forms of heterosexual sexual activity (e.g., oral sex, anal sex, or mutual masturbation)." 
  39. ^ Ken Plummer (2002). Modern Homosexualities: Fragments of Lesbian and Gay Experiences. Routledge. pp. 187-191. ISBN 978-1134922420. https://books.google.com/?id=OSO3q4XEfz4C&pg=PA189&dq=#v=onepage&q=&f=false 2013年8月24日閲覧. "The social construction of 'sex' as vaginal intercourse affects how other forms of sexual activity are evaluated as sexually satisfying or arousing; in some cases whether an activity is seen as a sexual act at all. For example, unless a woman has been penetrated by a man's penis she is still technically a virgin even if she has had lots of sexual experience." 
  40. ^ a b c d Jayson, Sharon (2005年10月19日). “'Technical virginity' becomes part of teens' equation”. USA Today. http://usatoday30.usatoday.com/news/health/2005-10-19-teens-technical-virginity_x.htm 2009年8月7日閲覧。 
  41. ^ a b Joseph Gross, Michael (2003). Like a Virgin. Here Publishing. p. 45. 0001-8996. https://books.google.com/?id=eWQEAAAAMBAJ&pg=PA44&dq=Gay+men+who+prefer+anal+sex#v=onepage&q&f=false 2011年3月13日閲覧。 
  42. ^ a b Karen Bouris (1995). The First Time: What Parents and Teenage Girls Should Know about "Losing Your Virginity". Conari Press. pp. 133-134. ISBN 978-0-943233-93-2. https://books.google.com/?id=Id5MVeH_3BoC&pg=PA133&lpg=PA133&dq=virginity+loss+among+lesbians#v=onepage&q=virginity%20loss%20among%20lesbians&f=false 2013年12月15日閲覧。 
  43. ^ Carpenter, Laura M. (2001年). “The Ambiguity of "Having Sex": The Subjective Experience of Virginity Loss in the United States - Statistical Data Included”. United States: The Journal of Sex Research. オリジナルの2013年5月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130508050547/http://www.highbeam.com/doc/1G1-79439403.html 2012年6月5日閲覧。 
  44. ^ Carpenter, Laura M. (2001). “The ambiguity of "having sex": The subjective experience of virginity loss in the united states”. Journal of Sex Research 38 (2): 127-139. doi:10.1080/00224490109552080. 
  45. ^ Oral Sex and HIV Risk”. Centers for Disease Control and Prevention (CDC) (2009年6月). 2017年3月2日閲覧。
  46. ^ Sonya S. Brady & Bonnie L. Halpern-Felsher (2007). “Adolescents' Reported Consequences of Having Oral Sex Versus Vaginal Sex”. Pediatrics 119 (2): 229-236. doi:10.1542/peds.2006-1727. PMID 17272611. http://pediatrics.aappublications.org/content/119/2/229.full.pdf. 
  47. ^ Richard D. McAnulty; M. Michele Burnette (2000). Making Healthy Decisions. Allyn & Bacon. p. 229. ISBN 978-0-205-19519-0 
  48. ^ a b Cox, Lauren (2010年3月8日). “Study: Adults Can't Agree What 'Sex' Means”. ABC.com. http://abcnews.go.com/Health/Sex/adults-agree-sex-means-study-shows/story?id=10030354#.UEfroqM4onY 2012年9月5日閲覧。 
  49. ^ Kauth, Michael R. (2000-08-31) (英語). True Nature: A Theory of Sexual Attraction. Springer Science & Business Media. p. 74. ISBN 978-0-306-46390-7. https://books.google.co.jp/books?id=PzDKr-qCdTAC&pg=PA74&dq=Stephanie+Sanders+students+sex&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q=Stephanie%20Sanders%20students%20sex&f=false 
  50. ^ “Perception That Teens Frequently Substitute Oral Sex For Intercourse A Myth” (プレスリリース), (2008年5月20日), http://www.guttmacher.org/media/nr/2008/05/20/index.html 2012年3月12日閲覧。 
  51. ^ Randall, H. E.; Byers, S. E. (2003). “What is sex? Students' definitions of having sex, sexual partner, and unfaithful sexual behaviour”. The Canadian Journal of Human Sexuality 12: 87-96. https://www.questia.com/library/journal/1G1-114049357/what-is-sex-students-definitions-of-having-sex. "Recently, researchers in the United States, the United Kingdom, and Australia have investigated university students' definitions of having sex. These studies found that students differ in their opinions of what sexual behaviours constitute having sex (Pitts & Rahman, 2001; Richters & Song, 1999; Sanders & Reinisch, 1999). While the vast majority of respondents (more than 97%) in these three studies included penile-vaginal intercourse in their definition of sex, fewer (between 70% and 90%) respondents considered penile-anal intercourse to constitute having sex. Oral-genital behaviours were defined as sex by between 32% and 58% of respondents." 
  52. ^ Virginity Pledges Don't Cut STD Rates”. WebMD.com. 2013年12月26日閲覧。
  53. ^ Bearman, Peter; Brueckner, Hannah (April 2005). “After the promise: The STD consequences of adolescent virginity pledges”. Journal of Adolescent Health 36 (4): 271-278. doi:10.1016/j.jadohealth.2005.01.005. PMID 15780782. 
  54. ^ a b c d Lammers, Cristina; Ireland, Marjorie; Resnick, Michael; Blum, Robert (2000-01-01). “Influences on adolescents' decision to postpone onset of sexual intercourse: a survival analysis of virginity among youths aged 13 to 18 years”. Journal of Adolescent Health 26 (1): 42-48. doi:10.1016/S1054-139X(99)00041-5. PMID 10638717. 
  55. ^ Osorio, Alfonso; López-del Burgo, Cristina; Carlos, Silvia; de Irala, Jokin (2017). “The Sooner, the Worse? Association between Earlier Age of Sexual Initiation and Worse Adolescent Health and Well-being Outcomes” (English). Frontiers in Psychology 8: 1298. doi:10.3389/fpsyg.2017.01298. ISSN 1664-1078. PMC 5529390. PMID 28798715. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5529390/. 
  56. ^ Mariani, Fabio (2012-12). “The economic value of virtue” (英語). Journal of Economic Growth 17 (4): 323-356. doi:10.1007/s10887-012-9084-7. ISSN 1381-4338. http://link.springer.com/10.1007/s10887-012-9084-7. 
  57. ^ a b Carpenter, Laura M. (May 2001). “The Ambiguity of "Having Sex": The Subjective Experience of Virginity Loss in the United States”. The Journal of Sex Research 38 (2): 127-139. doi:10.1080/00224490109552080. 
  58. ^ Moore, Newlyn B.; Davidson Sr., J. Kenneth; Fisher, Terri D. (2010). Speaking of Sexuality: Interdisciplinary Readings Third Edition. New York, New York: Oxford University Press Inc.. p. 256. ISBN 9780195389494 
  59. ^ a b “Muslim women in France regain virginity in clinics”. Reuters. (2007年4月30日). https://www.reuters.com/article/2007/04/30/us-muslimwomen-europe-virginity-idUSL2532025120070430?pageNumber=2&sp=true 
  60. ^ a b c Linda Rae Bennett (2005). Women, Islam and modernity: single women, sexuality and reproductive health in contemporary Indonesia. Psychology Press. pp. 19-21. ISBN 978-0-415-32929-3. https://books.google.com/?id=JaA1kxjMebEC&pg=PA19 2011年10月9日閲覧。 
  61. ^ "South African men rape babies as 'cure' for Aids". The Daily Telegraph. November 11, 2001
  62. ^ Vickers, Steve (2006年). “Staging sex myths to save Zimbabwe's girls”. BBC. http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/6076758.stm 2013年12月15日閲覧。 
  63. ^ Schlegel, Alice (November 1991). “Status, Property, and the Value on Virginity”. American Ethnologist 18 (4): 719-734. doi:10.1525/ae.1991.18.4.02a00050. 
  64. ^ Exodus 22:16-17, Deuteronomy 22:28-29. See also Shotgun wedding.
  65. ^ Brockhaus 2004, Kranzgeld
  66. ^ 米女子大生の「処女」競売に1万人の男性殺到、入札額は3億円。- ライブドアニュース”. web.archive.org (2019年7月20日). 2019年7月20日閲覧。
  67. ^ Woman, 36, auctioned her VIRGINITY online for final offer of €250,000”. Mail Online (2018年8月17日). 2019年7月20日閲覧。
  68. ^ 超美人JKモデルの“処女”が競売に! すでに1億3,500万円の入札も……|日刊サイゾー” (日本語). 日刊サイゾー. 2019年7月20日閲覧。
  69. ^ This Morning (2016-11-29), I'm Selling My Virginity to the Highest Bidder | This Morning, https://www.youtube.com/watch?v=ftBJYbY1PG0 2019年7月20日閲覧。 
  70. ^ 美人すぎる女子大生の“処女”がオークションに! 1億5,000万円で落札したハリウッド・スター|日刊サイゾー” (日本語). 日刊サイゾー. 2019年7月20日閲覧。
  71. ^ 田中将介 (20190307T170000+0900). “23歳セクシーモデルの「処女」が3億円! 落札した「東京の政治家」とは? 〈週刊朝日〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). 2019年7月25日閲覧。
  72. ^ a b c d 「処女膜」が株式上場する日 | 私の“純潔”は1億5000万円で落札された” (日本語). クーリエ・ジャポン (2018年7月28日). 2019年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  73. ^ Adshade, Marina.. Dollars and sex : how economics influences sex and love. [Toronto, Ontario]: Chronicle Books. pp. 190-191. ISBN 9781452126951. OCLC 870325345. https://www.worldcat.org/oclc/870325345 
  74. ^ a b c U.N. Calls For End To Virginity Tests” (英語). NPR.org. 2019年7月25日閲覧。
  75. ^ a b インドネシア軍・警察の処女検査、人権団体が廃止要求” (日本語). Newsweek日本版 (2017年11月24日). 2019年7月25日閲覧。
  76. ^ Housaini, Fariba (2018年10月9日). “Afghan women still jailed alongside murderers for 'failing' virginity test | Fariba Housaini” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/global-development/2018/oct/09/afghan-women-still-jailed-alongside-murderers-for-failing-virginity-test 2019年7月25日閲覧。 
  77. ^ a b 三浦 2014, p. 205.
  78. ^ a b 性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも:朝日新聞デジタル”. web.archive.org (2019年4月13日). 2019年10月18日閲覧。
  79. ^ 熊本悦明、塚本泰司、利部輝雄、赤座英之、野口昌良、高杉豊、守殿貞夫、ほか 「日本における性感染症(STD)サーベイランス : 2001年度調査報告」. 日本性感染症学会誌 = Japanese archives of sexually transmitted diseases 13, no. 2 (2002年11月): 147-67.
  80. ^ Asencio, Marysol (2002) (英語). Sex and Sexuality Among New York's Puerto Rican Youth. Lynne Rienner Publishers. pp. 57-64. ISBN 978-1-58826-073-4. https://books.google.co.jp/books?id=8AlJw95JhewC&pg=PA57&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q&f=false 
  81. ^ Bozon, Michael (2003). “At what age do women and men have their first sexual intercourse? World comparisons and recent trends”. Population and Societies 391: 1-4. https://web.archive.org/web/20160304091955/https://www.ined.fr/fichier/s_rubrique/247/english_391.en.pdf. 
  82. ^ Asencio, Marysol (2002) (英語). Sex and Sexuality Among New York's Puerto Rican Youth. Lynne Rienner Publishers. pp. 57-64. ISBN 978-1-58826-073-4. https://books.google.co.jp/books?id=8AlJw95JhewC&pg=PA57&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q&f=false 
  83. ^ Colón, Christine; Field, Bonnie (2009-06-01) (英語). Singled Out: Why Celibacy Must Be Reinvented in Today's Church. Brazos Press. p. 30. ISBN 978-1-4412-0428-8. https://books.google.co.jp/books?id=8MdD-cJwEX8C&pg=PA30&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false 
  84. ^ a b A. Leigh, Jennifer (June 27, 2009). “Male Virginity Myths”. Psychology Today. http://www.psychologytoday.com/blog/guide-teen-girls/200906/male-virginity-myths 2011年10月9日閲覧。. 
  85. ^ Asencio, Marysol (2002) (英語). Sex and Sexuality Among New York's Puerto Rican Youth. Lynne Rienner Publishers. pp. 57-64. ISBN 978-1-58826-073-4. https://books.google.co.jp/books?id=8AlJw95JhewC&pg=PA57&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q&f=false 
  86. ^ Guttmacher Institute (2003) In Their Own Right: Addressing the Sexual and Reproductive Health Needs of Men Worldwide. pages 19-21.
  87. ^ Berger, D.; Wenger, M. (1973). “The Ideology of Virginity”. Journal of Marriage and Family 35 (4): 666-676. doi:10.2307/350880. JSTOR 350880. 
  88. ^ Abu-Odeh, Lama. "Crimes of honor and the construction of gender in Arab societies." Comparative Law Review 2.1 (2011).
  89. ^ a b c Buss 2000, p. 115.
  90. ^ Neyt, Brecht; Vandenbulcke, Sarah; Baert, Stijn (2019-7). “Are Men Intimidated by Highly Educated Women? Undercover on Tinder” (英語). Economics of Education Review: 101914. doi:10.1016/j.econedurev.2019.101914. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0272775719301104. 
  91. ^ 三浦 2014, p. 53.
  92. ^ 三浦 2014, p. 279.
  93. ^ 昭和26年2月9日 東京地方裁判所 民事第1部 判決 昭和23年(ワ)3688号 「東京地裁昭26.2.9」判例タイムズ12号71頁以下(1951)
  94. ^ a b c 処女厨とは (ショジョチュウとは) [単語記事] (リビジョン1887146)”. ニコニコ大百科. 未来検索ブラジル (2013年9月7日). 2021年7月4日閲覧。
  95. ^ 三浦 2014, p. 55.
  96. ^ a b 三浦 2014, p. 56.
  97. ^ a b c d 三浦 2014, p. 57.
  98. ^ a b 三浦 2014, p. 68.
  99. ^ a b 三浦 2014, p. 69.
  100. ^ 三浦 2014, p. 195.
  101. ^ 三浦 2014, p. 112.
  102. ^ 三浦 2014, p. 194.
  103. ^ 三浦 2014, p. 332.
  104. ^ 三浦 2014, p. 362.
  105. ^ 三浦 2014, p. 111.
  106. ^ 三浦 2014, p. 66.
  107. ^ a b 三浦 2014, p. 59.
  108. ^ 三浦 2014, p. 58.
  109. ^ a b c d e 三浦 2014, p. 60.
  110. ^ 三浦 2014, p. 61.
  111. ^ a b Torn hymen (virgin or not?)”. Studenthealth.co.uk (2005年12月12日). 2014年4月30日閲覧。
  112. ^ a b Perlman, Sally E.; Nakajyma, Steven T.; Hertweck, S. Paige (2004). Clinical protocols in pediatric and adolescent gynecology. Parthenon. p. 131. ISBN 978-1-84214-199-1 
  113. ^ Kelly, Kathleen Coyne (2002-11-01) (英語). Performing Virginity and Testing Chastity in the Middle Ages. Taylor & Francis. p. 129. ISBN 978-0-203-46381-9. https://books.google.co.jp/books?id=HdF6ac5yldMC&pg=PA129&dq=the+nuptial+sheets+blood+virginity&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q&f=false 
  114. ^ (英語) The London Medical and Physical Journal. J. Souter. (1824). p. 211. https://books.google.co.jp/books?id=Pj4CAAAAYAAJ&pg=PA211&dq=the+nuptial+sheets+blood+virginity&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q=the%20nuptial%20sheets%20blood%20virginity&f=false 
  115. ^ (英語) The London Medical and Physical Journal. J. Souter. (1824). p. 211. https://books.google.co.jp/books?id=Pj4CAAAAYAAJ&pg=PA211&dq=the+nuptial+sheets+blood+virginity&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q=the%20nuptial%20sheets%20blood%20virginity&f=false 
  116. ^ Kelly, Kathleen Coyne (2002-11-01) (英語). Performing Virginity and Testing Chastity in the Middle Ages. Taylor & Francis. p. 129. ISBN 978-0-203-46381-9. https://books.google.co.jp/books?id=HdF6ac5yldMC&pg=PA129&dq=the+nuptial+sheets+blood+virginity&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q&f=false 
  117. ^ World Health Organization. World report on violence and health. Geneva: World Health Organization, 2002. pp. 17.
  118. ^ 信男, 安来 (2019年11月18日). “新婦が処女のふりをするためのカプセル、ネットで販売されインドで物議に” (日本語). Switch news. 2019年12月22日閲覧。
  119. ^ Emans, S. Jean. "Physical Examination of the Child and Adolescent" (2000) in Evaluation of the Sexually Abused Child: A Medical Textbook and Photographic Atlas, Second edition, Oxford University Press. 61-65
  120. ^ McCann, J; Rosas, A. and Boos, S. (2003) "Child and adolescent sexual assaults (childhood sexual abuse)" in Payne-James, Jason; Busuttil, Anthony and Smock, William (eds). Forensic Medicine: Clinical and Pathological Aspects, Greenwich Medical Media: London, a)p.453, b)p.455 c)p.460.
  121. ^ The Marks of Childhood or the Marks of Abuse?, The New York Times
  122. ^ 点击今日第995期:中国人矛盾的处女情结-搜狐新闻”. news.sohu.com. 2019年12月22日閲覧。
  123. ^ Yan-yan, W. A. N. G. "The World with Light and Shadow--Analysis of the Sex Consciousness of ZHANG Zi-ing's Sex Novels." (2007): 006.
  124. ^ Morrow, Don. "Dreams and Dreaming and The Father In WP Kinsella's Shoeless Joe." Aethlon 19.2 (2002): 43.
  125. ^ フランス書院文庫編集部 (2018年9月25日). “【シュナミティズム】老人が裸の処女と添い寝して若さを回復する回春術。旧約聖書で老齢となったダビテ王がいくら重ね着をしても体が温まらなくなったため、シュナミの乙女を抱いて寝た故事が由来。性交しないのが作法。川端康成はシュナミティズムをテーマに『眠れる美女』を執筆” (日本語). @franceshoin1985. 2019年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  126. ^ 鈴木崇巨 『牧師の仕事』 教文館 2002年 ISBN 9784764272132
  127. ^ 坂井妙子 『ウエディングドレスはなぜ白いのか』 勁草書房 1997年 ISBN 9784326651962
  128. ^ 婚活サイト【クロスポート】” (日本語). 2019年12月23日閲覧。
  129. ^ Q&A | 婚活サイト【クロスポート】” (日本語). 2019年12月23日閲覧。
  130. ^ 小谷野 2008, p. 12.
  131. ^ 小谷野 2008, p. 78.
  132. ^ a b 小谷野 2008, p. 79–83.
  133. ^ 小谷野 2008, p. 79.
  134. ^ 小谷野 2008, p. 88.
  135. ^ a b 小谷野 2008, p. 239.
  136. ^ 小谷野 2008, p. 106.
  137. ^ 小谷野 2008, p. 104.
  138. ^ 小谷野 2008, p. 22.
  139. ^ 小谷野 2008, p. 106–107.
  140. ^ a b 日本性教育協会 | 出版物・資料案内 | 青少年の性行動 わが国の中学生・高校生・大学生に関する第8回調査報告”. web.archive.org (2019年7月20日). 2019年7月20日閲覧。
  141. ^ a b 第15回出生動向基本調査・独身者調査 結婚と出産に関する全国調査 独身者調査の結果概要”. 国立社会保障・人口問題研究所 (2016年9月15日). 2017年4月18日閲覧。
  142. ^ a b 第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)”. 国立社会保障・人口問題研究所 (2016年9月15日). 2017年4月18日閲覧。
  143. ^ 日本人の意識・40年の軌跡~第9回「日本人の意識」調査から~”. NHK. 2017年4月18日閲覧。
  144. ^ NHK「日本の性」プロジェクト(編)、2002、『データブック NHK日本人の性行動・性意識』、日本放送出版協会 - 1999年、16 - 69歳の国民を母集団に、階層化二段階無作為抽出法による3600人について調査。調査有効数2103人。
  145. ^ Murray 2013, p. 222.
  146. ^ 「セックスするな教育」の成功に不満? 筆者:セーラ・クリフ NewsWeek 2010年2月8日(月)18時25分配信
  147. ^ 『論座』2007.3月号 特集:性教育のススメ 著:町山智浩
  148. ^ 町山 2012 [要ページ番号]
  149. ^ 高校生の生活と意識に関する調査 2004年2月”. 財団法人日本青少年研究所 (2004年2月). 2012年2月23日閲覧。
  150. ^ データを読む「高校生の生活と意識調査、純潔肯定派4カ国中最低」”. 世界日報 (2004年2月25日). 2012年2月23日閲覧。
  151. ^ 今、純潔がトレンディー”. 東大新報・倫理問題研究班 (1995年11月5日). 2012年2月23日閲覧。
  152. ^ 「草食化」、米では女性も? 性的行為「未経験」増える(asahi.com(朝日新聞社)2011年3月7日12時33分配信)にAP通信の見方として「ブッシュ前政権時代の保守的な性教育が影響している」と紹介
  153. ^ Kaveree Bamzai (2005年9月26日). “Sex And The Single Woman”. The India Today. 2012年1月29日閲覧。
  154. ^ インド人男性、「バージンと結婚したい」”. 日刊アメーバニュース (2006年11月6日). 2007年5月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月5日閲覧。
  155. ^ a b Shiv Visvanathan (2006年11月13日). “Men In A Muddle”. The India Today. 2012年1月29日閲覧。
  156. ^ 日本国語大辞典, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,世界大百科事典 第2版,大辞林 第三版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “初夜権(しょやけん)とは” (日本語). コトバンク. 2019年12月22日閲覧。
  157. ^ Cassius Dio, Roman History LVII.11
  158. ^ a b 南アフリカ:処女を巡る神話とHIV/AIDS”. www.ajf.gr.jp. 2019年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月22日閲覧。
  159. ^ a b 女性の敵か味方か「処女奨学金」の波紋” (日本語). Newsweek日本版 (2016年2月25日). 2019年12月30日閲覧。
  160. ^ a b 非処女は有罪、殺してOK!? 中古女は半額、性奴隷化も…世界の処女厨政策「非処女罪」を亜留間次郎が徹底解説!”. TOCANA. 2019年12月23日閲覧。
  161. ^ スティーブンス・栄子 「古代ユダヤ人の婚礼から知るイスラエル民族と異邦人教会」(アーカイブ)
  162. ^ Freeman, Derek. (1984). Margaret Mead and Samoa : the making and unmaking of an anthropological myth. Harmondsworth: Penguin. ISBN 0-14-022555-2. OCLC 11339035. https://www.worldcat.org/oclc/11339035 
  163. ^ 【青少年健全育成条例】表現の自由と店頭販売の現状】 [チャンネル桜 2010年12月23日]
  164. ^ 「今、純潔がトレンディー」 東大新報・倫理問題研究班。
  165. ^ Waites, Matthew (2005). The Age of Consent: Young People, Sexuality and Citizenship. Palgrave Macmillan. ISBN 978-1-4039-2173-4. OCLC 238887395 
  166. ^ Robertson, Stephen. “Children and Youth in History | Age of Consent Laws”. Chnm.gmu.edu. University of Sydney, Australia. 2010年6月30日閲覧。
  167. ^ 裁判所が決めた「女のからだの値段」【2】” (日本語). PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2016年2月7日). 2019年10月18日閲覧。
  168. ^ a b 強姦被害者に処女かどうか聞くことは必要か? - 井出草平の研究ノート”. web.archive.org (2018年1月23日). 2019年10月18日閲覧。
  169. ^ a b NewsBAR橋下 - 本編 - #30 ゲストにしみけん・はあちゅう夫妻を迎え二人への視聴者からの疑問についてほろ酔いトーク | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】” (日本語). AbemaTV. 2019年12月24日閲覧。
  170. ^ Cunda Kammaraputta: To Cunda the Silversmith”. Anguttara Nikaya. Access to Insight. 2012年8月18日閲覧。
  171. ^ Saddhatissa, Hammalawa (December 1987). Buddhist Ethics: The Path to Nirvana. Wisdom Pubns; New Ed edition. p. 88. ISBN 978-0-86171-053-9. https://archive.org/details/buddhistethics0000sadd 
  172. ^ Wright, Christopher J. H. (2003) (英語). God and Morality. Oxford University Press. ISBN 9780199148394. https://books.google.com/?id=xW33ZuBnNC0C&pg=PA118&lpg=PA118&dq=sources+on+sikhism+sex+before+marriage#v=onepage&q=sources%20on%20sikhism%20sex%20before%20marriage&f=false 
  173. ^ Also see Gail Labovitz's essay on the Talmudic view of same-sex marriage
  174. ^ Deuteronomy 22:20-21
  175. ^ a b Ciocani, Vichi Eugenia (2013). Virginity and representation in the Greek novel and early Greek poetry. http://search.proquest.com/docview/1631081850/. 
  176. ^ a b Lutwyche, Jayne (2012年9月7日). “Ancient Rome's maidens - who were the Vestal Virgins?”. BBC. http://www.bbc.co.uk/religion/0/18490233 2012年11月23日閲覧。 
  177. ^ “Vesta”. 1911 Encyclopædia Britannica Volume 27. https://en.wikisource.org/wiki/1911_Encyclop%C3%A6dia_Britannica/Vesta. 
  178. ^ Lipner, Julius (1998). Hindus: Their Religious Beliefs and Practices. Routledge. pp. 375 pages, see:268. ISBN 978-0-415-05182-8 
  179. ^ Ramusack, Sharon; Sievers., Barbara N.L. (1999). Women in Asia: restoring women to history Restoring women to history. Indiana University Press. pp. 266 pages(see page 30). ISBN 978-0-253-21267-2 
  180. ^ Walker, Benjamin (1968). The Hindu world: an encyclopedic survey of Hinduism, Volume 2 The Hindu World: An Encyclopedic Survey of Hinduism, Benjamin Walke. Praeger. pp. 571-572 
  181. ^ Stagg, Evelyn and Frank. Woman in the World of Jesus. Philadelphia: Westminster, 1978. 0-664-24195-6
  182. ^ Aquinas. Summa Theologica, Second Part of the Second Part, Question 152.
  183. ^ Hannah Blank, Virgin: The Untouched History (2007), 978-1-59691-010-2.
  184. ^ John Shelby Spong, The Living Commandments.
  185. ^ arsenokoitēs (masc. noun of fem. 1st declension), literally a man who shares a bed with other men (see LSJ and BDAG).
  186. ^ Syriac- Christian and Rabbinic Notions of Holy Community and Sexuality Naomi Koltun-Fromm April 2006 pdf
  187. ^ Modern interpretation of the significance of "wrong his brother" in 1 Thessalonians 4:6, includes sleeping with the brother's future wife. However, 1 Thessalonians 4:3 only specifically prohibits fornication.
  188. ^ Matthew 1:18 and Luke 1:26-35
  189. ^ Merriam-Webster's encyclopedia of world religions by Merriam-Webster, Inc. 1999 0-87779-044-2 page 1134
  190. ^ Catechism of the Catholic Church §499
  191. ^ Divine Liturgy of St John Chrysostom, Coptic Liturgy of St Basil, Liturgy of St Cyril, Liturgy of St James Archived 2014-04-10 at the Wayback Machine., Understanding the Orthodox Liturgy etc.
  192. ^ New American Bible”. Vatican.va. 2014年4月30日閲覧。
  193. ^ The Catholic Encyclopedia, 'Virginity'”. Newadvent.org (1912年10月1日). 2014年4月30日閲覧。
  194. ^ 尾山 1985 [要ページ番号]
  195. ^ Harley 2000 [要ページ番号]
  196. ^ 鈴木崇巨 2010 [要ページ番号]
  197. ^ Hardon 1982 [要ページ番号]
  198. ^ 鈴木佳秀他 1998, p. 150.
  199. ^ 尾山 1985 [要ページ番号]
  200. ^ いのちのことば社 2014 [要ページ番号]
  201. ^ a b Bennett, Linda Rae. (2005). Women, Islam and modernity : single women, sexuality and reproductive health in contemporary Indonesia. London: RoutledgeCurzon. pp. 19-21. ISBN 0-203-39138-1. OCLC 61363557. https://www.worldcat.org/oclc/61363557 
  202. ^ Quran, Surah 23: 5-6, Surah 4: 23
  203. ^ Parla, Ayse (Spring 2001). “The "Honor" of the State: Virginity Examinations in Turkey”. Feminist Studies 27 (1): 66. 
  204. ^ 川村 2004 [要ページ番号]
  205. ^ 篠原修司 (2010年11月12日). “男性が処女を好きになるのは本能? 蜘蛛の世界でもオスは処女のメスを好むことが判明”. デジタルマガジン. http://digimaga.net/2010/11/reason-why-males-like-a-virgin 2011年9月30日閲覧。 [リンク切れ]
  206. ^ Diamond 1993, pp. 138-143.
  207. ^ Winston 2008, p. 130.
  208. ^ 池田 2010 [要ページ番号]
  209. ^ a b 長谷川 2000, p. 243.
  210. ^ 長谷川 2000, pp. 201-203.
  211. ^ Buss 2000, pp. 113-115.
  212. ^ Johnston 2001, pp. 203-204.
  213. ^ Buss 2000, p. 116.
  214. ^ Buss 2000, pp. 116–117.
  215. ^ 長谷川 2000, pp. 230-232.
  216. ^ 長谷川 1999, pp. 226-231.
  217. ^ Thornhill, Randy, Craig T Palmer, 望月弘子(翻訳). 『人はなぜレイプするのか: 進化生物学が解き明かす』. 東京: 青灯社, 2006. pp.99-103
  218. ^ a b c d McClintock, Elizabeth Aura (2011-01-01). “Handsome Wants as Handsome Does: Physical Attractiveness and Gender Differences in Revealed Sexual Preferences”. Biodemography and Social Biology 57 (2): 221-257. doi:10.1080/19485565.2011.615172. ISSN 1948-5565. https://doi.org/10.1080/19485565.2011.615172. 
  219. ^ Donald Brown, Human Universals, 1991.
  220. ^ Smith, C. Veronica; Shaffer, Matthew J. (2013-03-01). “Gone But Not Forgotten: Virginity Loss and Current Sexual Satisfaction”. Journal of Sex & Marital Therapy 39 (2): 96-111. doi:10.1080/0092623X.2012.675023. ISSN 0092-623X. PMID 23252636. 
  221. ^ Jessor, Shirley; Jessor, Richard (1975). “Transition from virginity to nonvirginity among youth: A social-psychological study over time.”. Developmental Psychology 11 (4): 473-484. doi:10.1037/h0076664. 
  222. ^ a b c d Jankowski, Konrad (2016-10-01). “Personality profile of virgin and sociosexually restricted heterosexual female students”. Personality and Individual Differences 101: 485-486. doi:10.1016/j.paid.2016.05.169. https://www.researchgate.net/publication/306421933_Personality_profile_of_virgin_and_sociosexually_restricted_heterosexual_female_students. 
  223. ^ Hendrick, Bill. “Benefits in Delaying Sex Until Marriage” (英語). WebMD. 2019年7月20日閲覧。
  224. ^ a b Busby, Dean M.; Carroll, Jason S.; Willoughby, Brian J. (2010-12). “Compatibility or restraint? The effects of sexual timing on marriage relationships”. Journal of family psychology: JFP: journal of the Division of Family Psychology of the American Psychological Association (Division 43) 24 (6): 766-774. doi:10.1037/a0021690. ISSN 1939-1293. PMID 21171775. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21171775. 
  225. ^ Gupta, Usha, Pushpa Singh. 「An exploratory study of love and liking and type of marriages」. Indian Journal of Applied Psychology 19, no. 2 (1982年): 92-97.
  226. ^ Athanasiou, R.; Sarkin, R. (1974-5). “Premarital sexual behavior and postmarital adjustment”. Archives of Sexual Behavior 3 (3): 207-225. ISSN 0004-0002. PMID 4836841. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/4836841. 
  227. ^ Treas, Judith; Giesen, Deirdre (2000-2). “Sexual Infidelity Among Married and Cohabiting Americans” (英語). Journal of Marriage and Family 62 (1): 48-60. doi:10.1111/j.1741-3737.2000.00048.x. ISSN 0022-2445. https://doi.com/10.1111/j.1741-3737.2000.00048.x. 
  228. ^ Whisman, Mark A.; Snyder, Douglas K. (2007-6). “Sexual infidelity in a national survey of American women: Differences in prevalence and correlates as a function of method of assessment.” (英語). Journal of Family Psychology 21 (2): 147-154. doi:10.1037/0893-3200.21.2.147. ISSN 1939-1293. https://doi.org/10.1037/0893-3200.21.2.147. 
  229. ^ Joan R. Kahn, Kathryn A. London (1991年). “"Premarital Sex and the Risk of Divorce" Journal of Marriage and Family Vol. 53, No. 4”. National Council on Family Relations. pp. 845-855. 2012年1月29日閲覧。
  230. ^ Yoshio (2011年). “【親必読】 10代で処女を失うと “アレ” が顕著に高まる / 米・アイオワ大学が発表 - Pouch[ポーチ]”. 2012年1月29日閲覧。
  231. ^ Anthony Paik (2011年). “"Adolescent Sexuality and the Risk of Marital Dissolution" Journal of Marriage and Family Vol. 73, No. 4”. National Council on Family Relations. pp. 472-485. 2012年1月29日閲覧。
  232. ^ Anthony Paik (2011年). “"Adolescent Sexuality and the Risk of Marital Dissolution" Journal of Marriage and Family Vol. 73, No. 4”. National Council on Family Relations. pp. 481. 2012年1月29日閲覧。
  233. ^ Anthony Paik (2011年). “"Adolescent Sexuality and the Risk of Marital Dissolution" Journal of Marriage and Family Vol. 73, No. 4”. National Council on Family Relations. pp. 482. doi:10.1111/j.1741-3737.2010.00819.x. 2012年1月29日閲覧。
  234. ^ Anthony Paik (2011年). “"Adolescent Sexuality and the Risk of Marital Dissolution" Journal of Marriage and Family Vol. 73, No. 4”. National Council on Family Relations. pp. 478. doi:10.1111/j.1741-3737.2010.00819.x. 2012年1月29日閲覧。
  235. ^ a b Forste, Renata; Tanfer, Koray (1996-2). “Sexual Exclusivity among Dating, Cohabiting, and Married Women”. Journal of Marriage and the Family 58 (1): 33. doi:10.2307/353375. https://www.jstor.org/stable/353375?origin=crossref. 
  236. ^ Teachman, Jay, "Premarital Sex, Premarital Cohabitation, and the Risk of Subsequent. Marital Dissolution Among Women Archived 2015-08-15 at the Wayback Machine.", Journal of Marriage and Family, September 2010
  237. ^ a b Galena K. Rboades and Scott M. Stanley (2014年8月21日). “Before "I Do" What Do Premarital Experiences Have to Do with Marital Quality Among Today's Young Adults?”. web.archive.org. the university of virginia. 2019年9月25日閲覧。
  238. ^ Liu, Yongsheng (2013-7). “Fetal genes in mother's blood: A novel mechanism for telegony?” (英語). Gene 524 (2): 414-416. doi:10.1016/j.gene.2013.03.061. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0378111913003302. 
  239. ^ 荻上他 2013, p. 155.
  240. ^ 朝日新聞「体とこころの通信簿」2014年4月7日夕刊
  241. ^ 性感染症報告数|厚生労働省”. web.archive.org (2019年10月9日). 2019年10月18日閲覧。
  242. ^ 高校生のクラミジア感染症の蔓延状況と予防対策”. web.archive.org (2019年10月9日). 2019年10月18日閲覧。
  243. ^ 若者たちの「性感染症」の氾濫の実態〜教育と啓発が、自らを守り他人への感染も防ぐ! (2017年1月15日) - エキサイトニュース”. archive.fo (2019年10月18日). 2019年10月18日閲覧。
  244. ^ a b 三浦 2014, p. 42.
  245. ^ Carr, Deborah (2011-11). “Premarital Sex in America: How Young Americans Meet, Mate, and Think about Marriage . By Mark Regnerus and Jeremy Uecker. New York: Oxford University Press, 2011. Pp. viii+295. $24.95.” (英語). American Journal of Sociology 117 (3): 1012-1014. doi:10.1086/662096. ISSN 0002-9602. https://www.journals.uchicago.edu/doi/10.1086/662096. 
  246. ^ Godeau, Emmanuelle; Nic Gabhainn, Saoirse; Vignes, Ce´line; Ross, Jim; Boyce, Will; Todd, Joanna (2008年1月). Contraceptive Use by 15-Year-Old Students at Their Last Sexual Intercourse Results From 24 Countries. 162. http://www.nuigalway.ie/hbsc/documents/godeau_2008_contraceptive_use_apam_1621_6673.pdf 2012年1月29日閲覧。. 
  247. ^ a b c d e f Bozon, Michael (2003). “At what age do women and men have their first sexual intercourse? World comparisons and recent trends”. Population and Societies 391: 1-4. https://web.archive.org/web/20160304091955/https://www.ined.fr/fichier/s_rubrique/247/english_391.en.pdf. 
  248. ^ a b UNICEF. (2001). A League Table of Teenage Births in Rich Nations”. 2019年12月22日閲覧。 (888 KB). Retrieved July 7, 2006.
  249. ^ “Contraceptive use by 15-year-old students at their last sexual intercourse: results from 24 countries”. Arch Pediatr Adolesc Med 162 (1): 66-73. (January 2008). doi:10.1001/archpediatrics.2007.8. PMID 18180415. 
  250. ^ U.S.Teen Sexual Activity”. 2019年12月22日閲覧。 (147 KB) Kaiser Family Foundation, January 2005. Retrieved 23 Jan 2007
  251. ^ The National Campaign to Prevent Teen Pregnancy. (1997). What the Polling Data Tell Us: A Summary of Past Surveys on Teen Pregnancy. Retrieved July 13, 2006. Archived December 15, 2013, at the Wayback Machine.
  252. ^ Allen, Colin (2003年5月22日). “Peer Pressure and Teen Sex”. Psychology Today. 2006年7月14日閲覧。
  253. ^ Judith Mackay, The Penguin Atlas of Human Sexual Behavior, Myriad Editions, published by Penguin, 2000; 978-0-14-051479-7 Human Sexual Behavior Atlas
  254. ^ a b Durex 2005 Face of global sex report
  255. ^ de Irala, J.; Osorio, A.; Carlos, S.; Ruiz-Canela, M.; López-del Burgo, C. (2011). “Mean age of first sex. Do they know what we mean?”. Archives of Sexual Behavior 40 (5): 853-855. doi:10.1007/s10508-011-9779-4. PMC 3180636. PMID 21618046. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3180636/. 
  256. ^ de Irala, J.; Osorio, A.; Ruiz-Canela, M.; Carlos, S.; López-del Burgo, C. (2014). “Informing Youth about the Age of Sexual Initiation Using Means or Percentages”. Health Communication 29 (6): 629-633. doi:10.1080/10410236.2013.775931. PMID 24131281. http://www.tandfonline.com/eprint/ai5fsSBdXX2pEzH63iMy/full. 
  257. ^ Teen Sex Survey”. Channel 4 (2008年). 2008年9月11日閲覧。
  258. ^ Bakalar, Nicholas (2011年4月25日). “For a Sex Survey, A Little Privacy Goes a Long Way”. The New York Times. 2017年5月6日閲覧。
  259. ^ Treffers PE (November 2003). “[Teenage pregnancy, a worldwide problem]” (Dutch). Ned Tijdschr Geneeskd 147 (47): 2320-5. PMID 14669537. 
  260. ^ Organization”. DoS. 2013年12月26日閲覧。
  261. ^ The 15 countries are Botswana, Cote d'Ivoire, Ethiopia, Guyana, Haiti, Kenya, Mozambique, Namibia, Nigeria, Rwanda, South Africa, Tanzania, Uganda, Vietnam, and Zambia.
  262. ^ Virginity Pledges Don't Cut STD Rates”. WebMD.com. 2013年12月26日閲覧。
  263. ^ Bearman, Peter; Brueckner, Hannah (April 2005). “After the promise: The STD consequences of adolescent virginity pledges”. Journal of Adolescent Health 36 (4): 271-278. doi:10.1016/j.jadohealth.2005.01.005. PMID 15780782. 
  264. ^ 青少年の性行動 わが国の中学生・高校生・大学生に関する第8回調査報告. 日本性教育協会. (2018-08) 
  265. ^ a b c anan(アンアン) 2019/08/21号 No.2163. マガジンハウス, 2019. pp.34-37
  266. ^ 「性に関する調査(高校2年生)」結果”. 茨城県教育委員会. 2019年7月閲覧。アーカイブ
  267. ^ 「性に関する調査(高校2年生)」結果”. pp.33-34. 茨城県教育委員会. 2019年7月閲覧。アーカイブ
  268. ^ a b 関東学園大学.2019.『健康ミニガイド』. p.24 アーカイブ
  269. ^ Cheng, Mariah Mantsun; Udry, J. Richard (2005-6). “Sexual Experiences of Adolescents with Low Cognitive Abilities in the U.S” (英語). Journal of Developmental and Physical Disabilities 17 (2): 155-172. doi:10.1007/s10882-005-3686-3. ISSN 1056-263X. http://link.springer.com/10.1007/s10882-005-3686-3. 
  270. ^ Gene Expression: Virginity as a function of IQ”. web.archive.org (2007年2月11日). 2019年8月13日閲覧。
  271. ^ 村上 2008, p. 88.
  272. ^ a b Halpern, C. T.; Joyner, K.; Udry, J. R.; Suchindran, C. (2000-3). “Smart teens don't have sex (or kiss much either)”. The Journal of Adolescent Health: Official Publication of the Society for Adolescent Medicine 26 (3): 213-225. ISSN 1054-139X. PMID 10706169. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10706169. 
  273. ^ a b c Ghaznavi, Cyrus; Sakamoto, Haruka; Yoneoka, Daisuke; Nomura, Shuhei; Shibuya, Kenji; Ueda, Peter (2019-12). “Trends in heterosexual inexperience among young adults in Japan: analysis of national surveys, 1987-2015” (英語). BMC Public Health 19 (1). doi:10.1186/s12889-019-6677-5. ISSN 1471-2458. PMC PMC6452514. PMID 30955502. https://bmcpublichealth.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12889-019-6677-5. 
  274. ^ a b 荻上他 2013, p. 158.
  275. ^ Harden, K. Paige (2012-11). “True Love Waits? A Sibling-Comparison Study of Age at First Sexual Intercourse and Romantic Relationships in Young Adulthood” (英語). Psychological Science 23 (11): 1324-1336. doi:10.1177/0956797612442550. ISSN 0956-7976. http://journals.sagepub.com/doi/10.1177/0956797612442550. 
  276. ^ Johnson, Ashley (November 2001). "The Sex Survey" (PDF). Counterpoint. Cambridge, Massachusetts. Archived from the original (PDF) on 2006-09-05.





生娘と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生娘」の関連用語

生娘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生娘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの処女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS