ROHS指令とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 指令 > ROHS指令の意味・解説 

RoHS指令

Restriction of use certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment指令の略。欧州連合EU)が2006年7月1日から実施する電気電子製品への有害化学物質使用規制のことです。

RoHS

フルスペル:Restriction on Hazardous Substances
読み方ローズ
別名:RoHS指令,有害物質規制電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限指令

RoHSとは、電気電子機器含まれる危険物質を規定し、物質使用禁止する旨の指令のことである。電気電子製品生産から処分までのすべての段階で、環境や人の健康に及ぼす危険を最小化することが、RoHSの主な目的である。RoHSは2003年1月EUヨーロッパ連合加盟国15ヵ国で採決された指針であり、2006年7月以降に同圏内発売される製品については特定物質使用全面的禁止されることになっている

RoHSによって指定された禁止物質は6種類で、鉛、水銀カドミウム六価クロムポリ臭化ビフェニールPBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテルPBDE)となっている。これらの原料物質おおむね電子機器によく用いられてきた。特に鉛などは、その安定性加工柔軟性といった特性から、プリント基板電子部品類を接続する材料(鉛はんだ)として多く採用されてきた。ところが、酸性雨などの影響もあって鉛を含んだ製品廃棄物から鉛が溶出する可能性がある、という指摘がされ始め、そしてRoHSの採択によって全面的使用禁止されるに至った。

早くから産業的な物質使用規制が行われていたオランダでは、2001年10月ソニーが「PSone」の出荷に際して欧州向け製品陸上げ使用としたところ、製品一部部品規制逸する量のカドミウム検出されたとして、オランダ関税が「PSone」の陸上げ拒否するという事件が起きている。このためソニー欧州向け製品130台の出荷を2ヶ月延期し、製品全て部品交換を施さなくてはならなかった。(これによって同社総額190億円に上る損失をこうむったとされる)。

日本の各企業においてもRoHSの規制に対応する動き進んでおり、主要企業多くWeb上などでRoHSへ準拠する趣旨声明文公表している。


ROHS指令

2003年2月発効医療機器制御監視機器を除いた広範囲電子電気機器対象となり、その電気電子機器含まれる特定有害物質使用制限に関するEU指令EU Directive on the Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment)。使用禁止物質は、鉛、水銀カドミウム六価クロムの4物質加え臭素難燃剤PBBポリ臭化ビフェニル)、PBDE(ペンタブロモジフェニルエーテル)が指定されている。これら6物質は、2006年7月以降販売される電機電子機器には原則使用できない

RoHS(指令・規格)

Restricting the use Of Hazardous Substances 危険物に関する制限
EU欧州連合)が定め有害物質規制2006年7月以降電気電子機器への特定有害物質使用規制された。
対象物
①鉛1000ppm以上
水銀1000ppm以上
カドミウム100ppm以上
六価クロム1000ppm以上
ポリ臭化ビフェニルPBB)1000ppm以上
ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)1000ppm以上
これらを含む機器販売する事が出来ないEPSにはいずれの物質使用されていない
WEEEREACHEuP

RoHS

(ROHS指令 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/14 17:05 UTC 版)

RoHS(ローズ)は、電子電気機器における特定有害物質の使用制限についての欧州連合(EU)による指令である。2003年2月13日WEEE指令と共に公布され、2006年7月1日施行された。2011年7月1日には改正指令が公布され、同年7月21日に発効。旧指令は2013年3月1日に失効している[1]


  1. ^ 【EU】 電気電子機器の有害物質使用規制拡大(新RoHS 指令制定) (PDF) 外国の立法 (2011.8)、国立国会図書館調査及び立法考査局
  2. ^ EUR-Lex - 32002L0095
  3. ^ EUR-Lex - 32011L0065
  4. ^ 電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する欧州議会及び理事会指令(RoHS指令)の概要 (PDF) 』経済産業省産業構造審議会
  5. ^ Recast of the RoHS Directive - Environment - European Commission
  6. ^ http://www.horiba.com/jp/scientific/products-jp/x-ray-fluorescence-analysis/weeerohselv/
  7. ^ 田中昭代「インジウム化合物およびインジウム・スズ酸化物の生体影響」、『エアロゾル研究』第20巻第3号、日本エアロゾル学会、2005年、 213-218頁、 NAID 130000125445 九州大学大学院 医学研究院 環境医学分野(インジウム化合物の経口毒性は低い一方で、吸入毒性は比較的高いことが示されている)
  8. ^ 村田智吉「次世代技術利用金属の土壌環境中における影響の解明」、『国環研ニュース』第22巻第3号、国立環境研究所、2003年 (鉛・アンチモン・インジウムは同様に土壌微生物への有毒性を示すことを報告している)
  9. ^ 中西準子 部門長退任および文化功労者顕彰記念講演(YouTube)


「RoHS」の続きの解説一覧



ROHS指令と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ROHS指令」の関連用語

ROHS指令のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ROHS指令のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2019 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリRoHSの記事を利用しております。
プラスチック処理促進協会プラスチック処理促進協会
Copyright(C) Plastic Waste Management Institute All Rights Reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2019 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのRoHS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS