焼却処分とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 焼却処分の意味・解説 

焼却処分

読み方:しょうきゃくしょぶん

燃やして廃棄すること。炉などで焼却する処分方法

焼却炉

(焼却処分 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/15 00:11 UTC 版)

焼却炉(しょうきゃくろ)は、可燃ごみ焼却処理とともに排出された有害物質の無害化を行う施設である。ごみを焼却することによって、体積を減らせるだけでなく、殺菌害虫駆除をすることもできる。焼却処理された残渣などは、最終処分場に埋め立て処分されたり、セメントなどの原料として使用されたりする。 食品廃棄物のサーマルリサイクルや医療廃棄物の無害化に利用される。 廃掃法に廃棄物の排出者自己責任が定められており、企業や自治体は自分達の廃棄物を自社処理することが望ましい。




  1. ^ 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則 第一条の七


「焼却炉」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「焼却処分」の関連用語

焼却処分のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



焼却処分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの焼却炉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS