アジカンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > アジカンの意味・解説 

アジカン

(1)阿字観」の読み梵語第一字である「阿」字を観ずることを意味する語。
(2)缶詰の略。アジ缶などと表記することが多い。
(3)ロックバンドアジアン・カンフー・ジェネレーション」の略。

あじ‐かん〔‐クワン〕【×阿字観】

読み方:あじかん

仏語密教で、阿字自己含めて一切事象をおさめ、一切がそれ自体において本来、生滅がないという理を観ずる瞑想法


ASIAN KUNG-FU GENERATION

(アジカン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/16 15:20 UTC 版)

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション、英略:AKG)は、日本ロックバンド。所属事務所はSpectrum Management。レーベルはキューンミュージック。略称は「アジカン[5][6][7]


  1. ^ Eremenko, Alexey. Asian Kung-Fu Generation | Biography & History - オールミュージック. 2020年9月2日閲覧。
  2. ^ Kiri. “ASIAN KUNG-FU GENERATION”. www.jame-world.com. Japanese Music Entertainment. 2023年1月4日閲覧。
  3. ^ Manabe, Noriko (2015). The Revolution Will Not Be Televised: Protest Music After Fukushima. Oxford: Oxford University Press. p. 335. ISBN 978-0-190-60653-4 
  4. ^ (インタビュアー:石角友香)「Rivers Cuomo(WEEZER)による楽曲含む3年半ぶりのアルバム完成。変わりゆく音楽シーンの中でアジカンが提示するパワー・ポップ作『ホームタウン』」『Skream!』、激ロックエンタテインメントhttps://skream.jp/interview/2018/11/asian_kungfu_generation.php2023年1月4日閲覧。"パワー・ポップという軸を持ちつつ、バンド表現を型にはめずに取り組んだ、その自由な空気が今のアジカンにはある"。 
  5. ^ “アジカン、13年ぶり『NARUTO』OP曲担当 後藤正文「特別に思っています」”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2016年4月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2069576/full/ 2023年1月4日閲覧。 
  6. ^ “アジカンベスト盤と「骨盤」「芋盤」同時リリース、6月からは全国ツアー”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年2月15日). https://natalie.mu/music/news/269680 2023年1月4日閲覧。 
  7. ^ “アジカン、パシフィコ横浜での結成25周年ツアー スペシャル公演が映像作品化”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2022年10月27日). https://www.barks.jp/news/?id=1000226145 2023年1月4日閲覧。 
  8. ^ ASIAN KUNG-FU GENERATION - プロフィール”. CDJournal. 株式会社シーディージャーナル. 2021年8月17日閲覧。
  9. ^ 9年ぶりの出演!アジカン・後藤正文が見てきた、フジロックの景色#fujirock”. 富士祭電子瓦版 (2019年5月24日). 2022年1月7日閲覧。
  10. ^ 後藤正文著『ゴッチ語録』より。
  11. ^ a b c d e f 照沼健太 (2018年12月4日). “「自分だけ幸せ」は幸せじゃない、いい音楽は全部売れなきゃ。アジカンが考える“豊か”な音楽人生”. ライブドアニュース. 2019年9月1日閲覧。
  12. ^ Vo.ゴッチの日記 2013年1月10日”. 2017年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年2月8日閲覧。
  13. ^ 椎名林檎20周年トリビュートに宇多田&小袋、三浦大知、LiSA、井上陽水ら”. BARKS (2018年3月2日). 2018年4月17日閲覧。
  14. ^ https://www.youtube.com/watch?v=Rjhkggh0ba8
  15. ^ a b 中村拓海 (2017年6月28日). “アーティストが語る“ミュージックヒストリー” 第六回:Gotch Gotchが語る、Weezer楽曲の面白さ「ロックミュージックの美しい部分が全部入っている」”. リアルサウンド. 2018年8月27日閲覧。
  16. ^ a b KKBOX編集室 (2017年6月30日). “Gotch(アジカン)が100年後に残したい音楽:897Selectors#71”. KKBOX. 2018年8月27日閲覧。
  17. ^ “ASIAN KUNG-FU GENERATIONデビュー10周年記念ライブ「ファン感謝祭」 @ 横浜スタジアム”. ロッキングオンの情報サイトRo69. https://rockinon.com/live/detail/88930 2014年7月4日閲覧。 
  18. ^ 平成アニソン大賞”. アニソン大賞. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2019年3月8日閲覧。
  19. ^ スピッツ「ハチミツ」トリビュート、参加アーティストの演奏曲発表”. 音楽ナタリー (2015年12月1日). 2015年12月1日閲覧。
  20. ^ 駄目ナリ!”. テレビドラマデータベース. 2023年4月12日閲覧。
  21. ^ JOYSOUNDがトップアーティストとコラボレート! “レミオロメン” 及び ”ASIAN KUNG-FU GENERATION”の全国ツアーに協賛”. 株式会社エクシング (2006年11月29日). 2023年4月14日閲覧。
  22. ^ 「新世紀のラブソング」がLISMOオリジナルドラマ「就職戦線異状あり」の主題歌に!”. ASIAN KUNG-FU GENERATION - ソニーミュージックオフィシャルサイト (2010年5月11日). 2023年4月12日閲覧。
  23. ^ 新曲「スタンダード」TV-CMタイアップ決定!”. ASIAN KUNG-FU GENERATION - ソニーミュージックオフィシャルサイト (2014年4月10日). 2023年4月12日閲覧。
  24. ^ アジカン新曲バックに星野源演じる“先輩”が奮闘「夜は短し歩けよ乙女」予告編”. 音楽ナタリー (2017年2月23日). 2023年4月12日閲覧。
  25. ^ アジカン「ホームタウン」が三浦貴大&安藤政信主演医療ドラマの主題歌に”. 音楽ナタリー (2018年12月10日). 2023年4月12日閲覧。
  26. ^ アニメ「どろろ」第2クールのオープニングはアジカン、エンディングはEve”. 音楽ナタリー (2019年3月25日). 2023年4月12日閲覧。
  27. ^ ASIAN KUNG-FU GENERATION、上白石萌音×山崎紘菜主演映画の主題歌歌う”. 音楽ナタリー (2018年11月29日). 2023年4月12日閲覧。
  28. ^ アジカン「スリープ」MVでダンサー三東瑠璃とコラボ”. 音楽ナタリー (2019年3月23日). 2023年4月12日閲覧。
  29. ^ アジカン「スタートアップ・ガールズ」上映会で上白石萌音と山崎紘菜に絶賛される”. 音楽ナタリー (2019年8月23日). 2023年4月12日閲覧。
  30. ^ アジカンの17年前シングル「未来の破片」有馬記念を描く架空アニメの主題歌に”. 音楽ナタリー (2020年12月21日). 2023年4月12日閲覧。
  31. ^ ASIAN KUNG-FU GENERATIONが「ヒロアカ」劇場版第3弾の主題歌書き下ろし”. 音楽ナタリー (2021年6月16日). 2023年4月12日閲覧。
  32. ^ 映画「ヒロアカ」挿入歌もアジカン担当、提供曲を語るインタビュー映像も公開”. 音楽ナタリー (2021年7月26日). 2023年4月12日閲覧。
  33. ^ 「四畳半タイムマシンブルース」主題歌はアジカンの新曲に決定、特報映像も公開”. コミックナタリー (2022年6月2日). 2023年4月12日閲覧。
  34. ^ アジカン29枚目のシングルは「四畳半タイムマシンブルース」主題歌”. 音楽ナタリー (2022年7月23日). 2023年4月12日閲覧。
  35. ^ アニメ「BORUTO」OPテーマをアジカン、EDテーマをハンブレッダーズが担当”. 音楽ナタリー (2022年12月5日). 2023年4月12日閲覧。
  36. ^ アジカン・osage・群青の世界がテーマソングを担当!tvk高校野球中継7/7開幕 - テレビ神奈川 2023年6月23日
  37. ^ 第18回日本ゴールドディスク大賞”. THE GOLD DISC. 2023年4月14日閲覧。
  38. ^ 第19回日本ゴールドディスク大賞”. THE GOLD DISC. 2023年4月14日閲覧。
  39. ^ 『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS』最優秀アーティスト賞を含む二冠をYOASOBIが獲得、藤井 風が主要賞含む三冠を達成”. SPICE (2022年3月16日). 2023年4月14日閲覧。
  40. ^ 『第9回CDショップ大賞』は宇多田復帰作 準大賞はAimer 功労賞にSMAP”. ORICON NEWS (2017年3月13日). 2023年4月14日閲覧。
  41. ^ CDショップ大賞 米津玄師, 藤井 風 が大賞獲得”. HMV (2021年3月23日). 2023年4月14日閲覧。


「ASIAN KUNG-FU GENERATION」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アジカン」の関連用語

アジカンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アジカンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのASIAN KUNG-FU GENERATION (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS