機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の登場人物 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の登場人物の概要

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/14 00:17 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 > 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の登場人物

民間人

アルフレッド・イズルハ

Alfred Izuruha

- 浪川大輔(全話に登場)、比嘉久美子(ゲーム『機動戦士ガンダム クライマックスU.C.』以降)

本作の主人公で、愛称はアル (Al)。

11歳。小学5年生。中立コロニー群サイド6のコロニー「リボー」に生まれ育つ。両親が別居しているため、父と離れて躾に厳しい母と2人暮らしという、複雑な家庭環境と成績不振で鬱屈した日々を送っていた。一年戦争の過酷な現実を知らないため、戦争が閉塞した自分の生活を一変させてくれるのではという期待感を抱いており、悪友のチェイ、テルコットと共に軍や兵器に興味と憧れを持っていた矢先、バーニィと出会う。そして、バーニィとの交流と死別を通じ、戦争の空しさを知る。

演じた浪川大輔は収録当時にはまだ声変わり前の12歳であり、30歳くらいの時にゲーム作品での収録に呼ばれたものの当時と声がまったく違っていたことから降板となり[1]、『クライマックスU.C.』以降は比嘉久美子が演じている。1999年発売のDVD版のTVCMでは浪川が成長したアルとしてナレーションを担当した[2]。浪川は2017年発売のBD版のTVCMナレーションも行っている[2]

en:Alfred Izuruha

イームズ・イズルハ

Ems Izuruha

声 - 筈見純(第1話・6話に登場)

アルの父。なお、イームズ・イズルハという名は後付け設定で、OVA制作当時の名は単にアルの父である。別居状態だったが最終話で和解し、親子3人で暮らすようになった。リボーコロニーへ帰る途上で核武装のジオン艦隊が連邦軍に投降する光景を目撃し家族再会の場でそれを語ったため、アルは核攻撃が回避された事実を知ることになり、バーニィたちの戦闘回避のために行動を起こすきっかけとなった。

クリスの父

声 - 村松康雄(第3話に登場)

アルの隣人マッケンジー家の家長。眼鏡をかけ恰幅のいい男性。彼自身は民間人ながら、適齢期の娘クリスチーナが連邦軍に入隊したため気にかけている。娘が泥棒と間違えてバットで殴り倒した若者バーニィをジオン軍特殊部隊の一員とも知らず気に入る。

クリスの母

声 - 中村万里(第3・4話に登場)

夫と同様に、バーニィをジオン軍特殊部隊の一員とも知らず気に入る。

チェイ

Chay

声 - 丸尾知子(全話に登場)

アルのクラスメイトの1人。そばかす面でやせた方の男の子。兄が連邦軍のMSのパイロットであると友人達に語っている[3]。多分にミリタリーおたく気味であり、アルたちに軍の階級章[4]を見せびらかしていた。サイクロプス隊との接触ですっかりジオン贔屓となったアルをテルコットと共にからかい、アルを庇うドロシーに「お前らデキてたのか」と冷やかしたりもしていた。最終回では、戦争が終わってしまったことでアルが泣いていると勘違いし、泣き止まぬアルを励ますつもりで「戦争はまたすぐ始まる」と発言している。

チャーリー

Chaelie

声 - 稲葉実(第4話・5話に登場)

サイド6・リボーコロニーにて酒場「ピンクエレファント」を経営しているが、実はジオン公国軍のスパイである。シュタイナーとは古い付き合いらしい。ガルシアは「気の抜けたビール」を符牒にして情報入手を依頼していた。シュタイナーとコスチュームの受け渡しをした際に2人でジオンの敗北を鋭く予見していた。ルビコン作戦の失敗後、友軍によるサイド6への核攻撃が来るとバーニィに教え、すぐに脱出するよう促すが、自身は愛着のあるリボーコロニーと運命を共にする覚悟だった。

テルコット

Telcott

声 - 鈴木健(全話に登場)、一龍斎貞友(ゲーム『SDガンダム GGENERATION SPIRITS』)

アルのクラスメイトの1人。アルの悪友で太った方の男の子。マザコン気味の大食漢で「ママが言ってた」が口癖。当初は連邦もジオンもなく戦争や兵器を礼賛していた(むしろ、MSを使うジオン寄り)が、ジオン軍の攻撃で多数の死傷者を出したことによりサイド6(各サイドはジオン軍の攻撃で壊滅したが、ジオン寄りの中立を保ったサイド6と建設途上のサイド7は戦渦を免れた)に属するリボーが反ジオンに傾いたせいもあって、ジオンを敵とみなすようになった。このため、サイクロプス隊との接触ですっかりジオン贔屓になっていたアルをチェイと一緒になってからかったりもしたが、最終回では泣き止まぬアルをなぐさめている。学校に着弾したミサイルの破片を手に入れて喜んでいる。

ドロレス・ヘイズ

声 - 吉田古奈美(現・吉田小南美)(第1話・2話・4話・6話に登場)

アルのクラスメイトの1人。愛称はドロシーDorothy)。本編ではフルネームでは呼ばれておらず、小説版で明かされた。

真面目な世話焼き委員長タイプの女の子。口が達者。戦争に憧れるアルたちを小馬鹿にし嫌っていたが、ジオン贔屓な発言でチェイやテルコットにからかわれ孤立していたアルをさり気なく庇ったり、ラストでは泣き止まぬアルを心配して先生を呼びに行くなど優しい一面も見せていた。

ミチコ・イズルハ

Michiko Izuruha

声 - 折笠愛(第1話 - 5話・6話に登場)

アルの母。OVAのクレジットでは単にアルの母であるが、作中ではクリスの母が「ミチコは……」と話題にするシーンがある。夫と別居しており、アルと2人暮らししていたため、躾に厳しい。5話にて息子(アル)に夫との和解を伝え、最終話で親子3人で暮らすようになる。

地球連邦軍

クリスチーナ・マッケンジー

Christina Mackenzie

声 - 林原めぐみ(全話に登場)

地球連邦宇宙軍中尉。ニュータイプMSの開発を行っているG-4部隊のテストパイロット。愛称はクリス (Chris)。年齢は21歳。

高校卒業後の宇宙世紀0076年9月連邦宇宙軍士官学校入学。0078年に首席卒業。

在学中から戦闘機のパイロットを目指し、配属先にはエリート部隊である戦技研究団を希望、配属とほぼ同時に一年戦争勃発。新米らしからぬ操縦技術を買われて宇宙軍統合技術研究本部麾下の試験部隊に入る。その後試験部隊は再編成されG-4部隊となりアレックスの専任パイロットに抜擢された[5]。生粋のテストパイロットではなく、本分はあくまでコンピューター技師である。

シューフィッター」として、ガンダムNT-1搭載の教育型コンピュータの調整を担当する。アルの幼馴染でもあり、お互い隣の家に住んでいた。容貌・性格とも正に「隣のお姉さん」と言うイメージ[6]通りの温和な美人。気が強く、責任感も強い性格。

軍務でサイド6リボーコロニーを離れていたが、新たな軍務でガンダムNT-1と共にリボーコロニーに里帰りすることになり、アルと再会する。また、アルの家を監視に来ていたバーニィを泥棒と間違えてバットで殴り昏倒させてしまった縁で知り合いになり、互いに仄かな好意を抱くようになる。

リボーコロニー内にてケンプファーによる連邦軍秘密工場襲撃時にガンダムNT-1を起動させ、辛くもケンプファーを撃破。その後弾薬の補給もままならない状況でザクII改の出現に際しても出撃する(ケンプファー襲撃時に現地軍を積極的に支援しなかった為、ザクII改襲撃時には現地軍に支援を拒否されている)。平地で戦うよう指示が出たにもかかわらず、斜面の無人地帯に向かう。仕掛けられたブービートラップとヒートホークのダメージで機体は中破するものの、ビームサーベルによりザクII改を撃破する。その際、ヒートホークでガンダムNT-1の首をはねられ大破。クリス、ガンダムNT-1ともに戦線に復帰することなく終戦を迎える。

結局、ザクII改のパイロットがバーニィであったことやアルがサイクロプス隊に関わっていたことなどは知らないまま(当然自らの手でバーニィを殺めた事さえも知る事は無かった)、一年戦争が終戦を迎えた後に軍務のためサイド6を離れ、地球へ赴任する。その際、クリスはその戦死を知らないため、バーニィに対してもよろしく伝えるようにアルに頼んだ。

ニュータイプ専用機として開発されたNT-1は反応が敏感過ぎるため、決して低くはない彼女の操縦技術を持ってしても、フルパワーの数分の一の出力でしか運用できなかった。リボーコロニー内での一連の戦闘によってNT-1の機体は激しく損傷(右腕部90mmガトリング砲損失・頭部損失・コックピットハッチの損傷)、間もなく終戦を迎えたこともあり、ホワイトベース隊のアムロ・レイの元へと届けられることはなかった。かわりに、マグネット・コーティングによるガンダムの強化プランが実施されることになる。

OVA以外での扱い
  • CD『機動戦士ガンダム・オデッセイ』では、後日談的なクリスのモノローグ(アル宛ての手紙という形式)の中で「自分は軍を辞めるかもしれない」と語っていた。
  • OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』では、第7話の中盤(AE本社の森林浴施設を写したカット)ごろ、クリスに似たアナハイム社員が登場している。ただし、これは製作スタッフによるファンサービスであり、同一人物であるという確証はない。書籍媒体では「噂である」としつつも、クリスが連邦軍を除隊し、アナハイム社に入社したと示唆する物も存在する[7]
  • アナザーストーリーにあたるゲームブック『機動戦士ガンダム0080 消えたガンダムNT』では、主人公としてOVA本編以上にMSパイロットらしい大活躍をみせる。サイド6に漂着した記憶喪失のスレッガー・ロウテム・レイらと出会い、展開次第ではシャア・アズナブルジョニー・ライデンらとも対面する。
  • 短編小説「クリスが見る夢」(山賀博之)では、OVA本編以前にガンダムNT-1の教育型コンピュータを訓練するクリスが描かれている。教育型コンピュータには擬似人格に近いものがあり、教育型コンピュータを訓練する専門家は、技術者と言うよりも教職に近く「心理学的トレーナー」や「ティーチャー」とも呼ばれたが「シューフィッター」の呼称で落ち着いたとされている。また、連邦軍公認のシューフィッターは12人いて、そのうちの8人が女性であるとのこと。
  • 漫画『機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ』ではルナツーでレビル将軍の訓示中継の視聴者(連邦軍人)の中に『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の登場人物とともにカメオ出演している。

en:Christina Mackenzie

スチュアート

Stuart

声 - 後藤健(第4話・6話に登場)、政宗一成(ゲーム『機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡』)、徳山靖彦(ゲーム『SDガンダム GGENERATION GENESIS』:ガンダム戦記版)

地球連邦軍G-4部隊指揮官、階級は少佐。ベレー帽を被っている。なお、「スチュアート」という名はOVA制作当時には使用されず、名前は連邦軍司令だった。設定画には一応スチュアートの名がある。

漫画『機動戦士ガンダム戦記U.C.0081 -水天の涙-』では、宇宙世紀0081年時に中佐に昇格し、ペガサス級強襲揚陸艦サラブレッドの艦長として登場。ジオン軍残党による「水天の涙作戦」への阻止任務にあたるファントムスイープ隊を乗艦させるが、協力的とはいえず上層部に対して忠実な保身的な人物として描かれている。

ディック・ルムンバ

Dick Lumnba

声 - 増岡弘(第4話 - 6話に登場)

地球連邦軍G-4部隊に所属する初老の黒人男性。ガンダムNT-1の開発責任者である。足が不自由なため車椅子を使用している。本来の研究対象はメカニカルアームの平和利用。取材に来たマスコミを煙に巻く一方、訪れたアルに対してMSは必要悪とも言うべきものであり、所詮は人を幸せにすることなど出来ないと言い切った。それだけに、内心ではNT-1の開発に携わっていることへのジレンマを抱える。

モデルは俳優のモーガン・フリーマン[8]




  1. ^ 「機動戦士ガンダムUC」Blu-ray BOX特集 内山昂輝(バナージ・リンクス役)×浪川大輔(リディ・マーセナス役)×藤村歩(オードリー・バーン役)インタビュー”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年12月11日). 2018年12月11日閲覧。
  2. ^ a b Blu-rayメモリアルボックス 8月29日発売!ガンダムシリーズ初のOVA作品『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』浪川大輔スペシャルインタビュー!!”. V-STORAGE. バンダイナムコアーツ (2017年8月25日). 2018年12月11日閲覧。
  3. ^ 真偽は定かでないらしい。『OVAフィルムコミック機動戦士ガンダム0080・ポケットの中の戦争1』(旭屋出版)11頁より。
  4. ^ 実はおもちゃ屋で買ったもの。DVD1巻付属ブックレットより。
  5. ^ 「フィルムコミック」より。
  6. ^ キャラクターデザインに際し、担当した美樹本晴彦は当時の浅野温子今井美樹をイメージして設計した事を当時のアニメ誌等で明らかにしている。
  7. ^ 『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編I]』角川書店、2010年4月、175頁。(ISBN 978-4047154452)
  8. ^ a b c d e 石井誠・市ヶ谷ハジメ・岡島正晃 『MOBILE SUIT GUNDAM 80/83/08』 太田出版、2003年、40頁より。
  9. ^ 書籍『M.S.ERA』、プラモデル「U.C.ハードグラフNo.5 1/35ジオン公国軍 サイクロプス隊セット」より。
  10. ^ 『機動戦士ガンダムMS大全集2013』29頁のズゴックEの搭乗者を参照。その他、公式非公式問わず様々な雑誌にて散見される。
  11. ^ ゲーム内の名前は「シュタイナー」のみ。エンディングのクレジットでクルト・シュタイナーとなっている
  12. ^ 『機動戦士ガンダム公式百科事典』(P.304) より
  13. ^ EDクレジットでは辻谷耕二と誤記されている。
  14. ^ フィルムコミックより
  15. ^ 1stガンダムのナレーションでコロニーが落下する大都市はシドニーとされており、爆心地はシドニー湾と呼ばれる巨大な内海になっているが、本作ではこの件については触れられていない。MSの設定などでは以前からムック『ガンダムセンチュリー』の影響を受けてはいたが、同書に記載された設定が映像作品に導入されるのは、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』以降である。
  16. ^ “辻谷耕史さん死去 ファンや声優仲間から悲しみの声「嘘だといってよ、バーニィ」”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年10月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2122069/full/ 2018年11月7日閲覧。 


「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の登場人物」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の登場人物」の関連用語

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の登場人物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の登場人物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS