ASMRとは?

ASMR

読み方:エイエスエムアール
別表記:Autonomous Sensory Meridian Response

「ASMR(英: Autonomous Sensory Meridian Response)」とは、見る(視覚聞く聴覚触れる(触覚)という何らかの刺激によって得られる心地良い感覚反応のこと。この刺激のことを「トリガー」という。「エーエスアムアール」と呼称するが、「アスマー」や「アズマー」と呼ぶ傾向もある。ウェブ上では特に「聞く刺激によって得られる快感のことをASMRと呼ぶことが多い。また、ASMRに関するコンテンツ制作するクリエイターのことを「ASMRist(アスマーリスト)」という。


【ASMRの語源
Autonomous Sensory Meridian Response頭文字由来する。Autonomous=自主的な、Sensory=感覚Meridian=絶頂Response=反応、というそれぞれの単語の意味から「自律感覚絶頂反応」と直訳されることがあるが、正式な名称ではない。

2007年頃に、ウェブ上の海外掲示板で「奇妙な心地よさ」について議論されたことがきっかけとなって、この感覚世界中共有されていくようになった。近年では、ASMRを採用した広告番組なども制作されており、日本でも認知度高まりつつある。


【ASMRの例】
ASMRのトリガー刺激)となる代表的なものには、咀嚼音ページをめくる音、耳掃除をする音、ささやき声を注ぐ音、タイピングをする音などがある。ただし、心地よさを感じ感覚は人それぞれのため、トリガーはこれであるという正解存在するわけではない


【ASMRの類語
音フェチとは、聴覚による刺激で得られる心地良さを好む人たちのことをいう。また、繰り返し聞きたくなる中毒性のある音声動画分類するときにも用いる。ASMRという言葉自体は「感覚」や「反応そのものを表しており、一方音フェチは、その聴覚反応心地良く思う「ひと」のことを指していう。

1/fゆらぎとは、規則的なものと不規則的なものが同時に出現して、それが調和のとれた状態であることを意味する。川の音、波の打ち寄せる音、たき火の音、草花揺れ草原中にいることなどが例としてあげられ、この1/fゆらぎはASMRのトリガーとなりうる。

θ波音源とは、記憶力集中力関与すると言われる4〜7Hzの脳波作用する音のこと。θ波を出すために、水の音などがヒーリングミュージックとして利用されることがある心地良さもたらすという点において、θ波音源はASMRのトリガー一種であるといえるが、ASMRのトリガー呼ばれるもののすべてがθ波影響与えわけではないθ波音源比較して、ASMRはより広い意味で「心地良い音」であると考えられる

アスマー【ASMR】


エー‐エス‐エム‐アール【ASMR】

autonomous sensory meridian response自律感覚絶頂反応」の意》食材を切る音や電車通過音、咀嚼(そしゃく)音など、日常生活で起こる音を聞いて快感を得ること。その目的作成された音声動画のこともいう。アスマー


ASMR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 06:28 UTC 版)

ASMR: Autonomous Sensory Meridian Response)は、人が聴覚視覚への刺激によって感じる、心地良い、がゾワゾワするといった反応・感覚[1]。正式、または一般的な日本語訳は今のところ存在しないが、直訳すると自律感覚絶頂反応(じりつかんかくぜっちょうはんのう)となる。読み方は「エー・エス・エム・アール」だが、「アスマー(エイスマー)」や「アズマー(エイズマー)」と呼ぶ傾向もある[2]


  1. ^ a b c Autonomous Sensory Meridian Response: What is It? and Why Should We Care? - 国立生物工学情報センター
  2. ^ a b ASMR(エイエスエムアール)とは何? Weblio辞書” (日本語). www.weblio.jp. 2021年9月5日閲覧。
  3. ^ 耳をすませば…脳がとろける ASMR”. 中日新聞 (2018年8月26日). 2019年12月4日閲覧。
  4. ^ a b 音で気持ちよくなるASMRムービーが「低俗なポルノコンテンツ」として中国で全面的に禁止される GIGAZINE 2018年6月19日
  5. ^ IKEAの製品をASMRで紹介。25分間の動画で脳がとろける癒しをどうぞ gizmodo 2017年8月19日
  6. ^ ASMR乱象调查续:全国扫黄打非办要求百度网盘、B站等平台清理涉色情低俗的ASMR内容 新京报网 2018年6月8日
  7. ^ History of ASMR: About Jennifer Allen, the woman who coined the term “ASMR”( podcast episode #7) ASMR UNIVERSITY 2016年9月5日
  8. ^ Cheadle, Harry (2012年7月31日). “ASMR, the Good Feeling No One Can Explain”. Vice.com. 2012年12月2日閲覧。
  9. ^ Simons, Hadlee (2012年8月16日). “An orgasm for your head?”. iAfrica.com. 2012年12月2日閲覧。
  10. ^ Mitchell, Jennifer (2012年9月4日). “Latest Social Media Craze: Autonomous Sensory Meridian Response”. MPBN.net. 2012年12月2日閲覧。
  11. ^ Shropshall, Claire (2012年9月6日). “Braingasms and Towel Folding: The ASMR Effect”. The Huffington Post. 2012年11月28日閲覧。
  12. ^ Tufnell, Nicholas (2012年2月27日). “ASMR: Orgasms for Your Brain”. The Huffington Post. 2012年11月28日閲覧。
  13. ^ Lively, Daniel (2012年4月19日). “That Tingling Feeling: First International ASMR Day”. The Corvallis Advocate. http://www.corvallisadvocate.com/2012/that-tingling-feeling-first-international-asmr-day/ 2013年2月14日閲覧。 
  14. ^ Hudelson, Joshua (2012年12月10日). “Listening to Whisperers: Performance, ASMR Community and Fetish on YouTube”. Sound Studies Blog. 2013年10月13日閲覧。
  15. ^ O'Connell, Mark (2013年2月12日). “The Soft Bulletins”. Slate. http://www.slate.com/articles/life/culturebox/2013/02/asmr_videos_autonomous_sensory_meridian_response_and_whispering_videos_on.html 2013年10月13日閲覧。 
  16. ^ Manduley, Aida (February 2013). “Intimate With Strangers”. #24MAG 1 (4): 60–61. http://issuu.com/24magazine/docs/24mag_issue04 2013年10月13日閲覧。. 
  17. ^ Novella, Steven (2012年3月12日). “ASMR”. NeuroLogica. New England Skeptical Society. 2013年10月13日閲覧。
  18. ^ Marsden, Rhodri (2012年7月21日). “'Maria spends 20 minutes folding towels': Why millions are mesmerised by ASMR videos”. The Independent. http://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/features/maria-spends-20-minutes-folding-towels-why-millions-are-mesmerised-by-asmr-videos-7956866.html 2013年10月13日閲覧。 
  19. ^ Arias, Luis (2013年4月16日). “A new trend in relaxation”. The Corsair. http://www.thecorsaironline.com/lifestyle/2013/04/16/a-new-trend-in-relaxation/ 2013年10月13日閲覧。 
  20. ^ Hockridge, Stephanie (2013年5月16日). “ASMR Whisper Therapy: Does it work? Relaxing, healing with sounds and a whisper”. ABC15.com. http://www.abc15.com/dpp/news/local_news/water_cooler/asmr-whisper-therapy-does-it-work-relaxing-healing-with-sounds-and-a-whisper 2013年10月13日閲覧。 
  21. ^ Mendonsa, Cristina (2013年5月6日). “ASMR: The sound that massages your brain”. News10.net. http://www.news10.net/news/article/243321/2/ASMR-The-sound-that-massages-your-brain 2013年10月13日閲覧。 
  22. ^ CIRCL (2015年12月12日). “音でオーガズム!? 聞いて快感を感じる「ASMR」って一体何だ”. アメーバニュース. サイバーエージェント. 2019年12月3日閲覧。
  23. ^ 矢部浩之はアウト! “咀嚼音の魅力”にネットは賛否両論の嵐 (1/2)”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2018年2月16日). 2019年12月3日閲覧。
  24. ^ 弘中綾香アナが「究極のASMR」に挑戦 「Mステが終わってから暇で暇で……」”. Real Sound (2019年3月20日). 2019年12月3日閲覧。
  25. ^ ASMRを企業のブランディングに活用するレーベル「SOUNDS GOOD」がローンチ、JR東などが参加TechCrunch Japan-2019年3月4日
  26. ^ JC・JK流行語大賞2019年上半期、コトバ部門1位は「ASMR」” (日本語). リセマム (2019年7月5日). 2021年9月5日閲覧。
  27. ^ 日経クロストレンド (2019年11月1日). “2020年ヒット予測ランキング 「嵐ロス」が全国を覆う見込み” (日本語). 日経クロストレンド. 2021年9月5日閲覧。
  28. ^ BCN+R (2019年11月5日). “2019年ヒット番付決まる! 楽天が予測する2020年のヒットは?” (日本語). BCN+R. 2021年9月5日閲覧。
  29. ^ SBクリエイティブ (2019年12月3日). “YouTubeで話題「ASMR」とは? 大企業も参入する“魅力”に迫る” (日本語). ビジネス+IT. 2021年11月22日閲覧。
  30. ^ 【今すぐ聴ける】音のプロが制作! 文化放送ASMR特番まとめ”. 文化放送 (2020-05-290). 2020年10月14日閲覧。


「ASMR」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ASMR」の関連用語

ASMRのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ASMRのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのASMR (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS