福岡 ソフトバンク ホークスとは?

ふくおか‐ソフトバンクホークス〔フクをか‐〕【福岡ソフトバンクホークス】




※「球団データベース」におけるロゴマーク等の画像情報は、各球団許可得て掲載しています。
Weblio辞書におけるその他一切情報については、球団何ら関与せず、責任も負わないものとします。

福岡ソフトバンクホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/26 15:35 UTC 版)

福岡ソフトバンクホークス (ふくおかソフトバンクホークス、英語: Fukuoka SoftBank Hawks)は、日本プロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。現在の監督は工藤公康、法人の会長は王貞治が務めている。


注釈

  1. ^ 以降の達成者は、2019年9月6日に千賀滉大が達成するまで76年間誰も達成していなかった。
  2. ^ 1949年に近鉄が創立した近鉄パールス(後のバファローズ)は近鉄から南海鉄道の分離後に結成された球団であり、球団のつながりとしては無関係。また会社名については大阪法務局に「近畿日本野球株式会社」への変更を行ったのは1946年1月25日であり、この時点では「南海野球株式会社」のままであった。
  3. ^ 当時は「須田博」。
  4. ^ 巨人、阪神(当時は大阪タイガース)以外の球団としても初。
  5. ^ 『近畿日本鉄道100年のあゆみ』によれば球団名は南海電鉄への分離に先駆けて同年5月3日に近畿グレートリングから近畿日本ホークスに改称[8]
  6. ^ 6月に9連勝、7月に5連勝、7月から8月にかけて10連勝、8月から9月にかけての8連勝。
  7. ^ 日本プロ野球球界初の事例とされる。
  8. ^ この年336奪三振で、パ・リーグ記録を更新しているが、最多奪三振は当時はタイトルではなかった。
  9. ^ 3勝1敗で同率、2勝2敗で南海優勝。
  10. ^ 1990年に巨人が最短優勝記録を更新。
  11. ^ フランチャイズ制導入以降の本拠地連勝の日本プロ野球新記録。5月27日の対近鉄戦で本拠地で初敗戦。
  12. ^ ダブルヘッダーを挟む南海に比べ、ダブルヘッダーもなく、本拠地の西宮球場での試合ばかりだった阪急が有利とされた
  13. ^ 高知市内だった阪急、高知市から1時間の距離にあった阪神にくらべ、南海は市内から鉄道で4時間かかるとされた。
  14. ^ 他に三浦清弘が八百長は行っていないが報告しなかったとして戒告処分。
  15. ^ 日本プロ野球でセーブが記録されるのは1974年から。
  16. ^ レギュラーシーズン通期勝率1位でない球団(この年の南海は68勝58敗4分.540で3位)のリーグ優勝や日本シリーズ出場は、これがNPB史上初であった。なお前後期制が1982年で終わった事もあり、通期勝率3位からの日本シリーズ出場球団は、2010年の千葉ロッテマリーンズ(クライマックスシリーズを制したもの。リーグ優勝扱いにはならないが、日本シリーズを制覇)まで37年間現れなかった。
  17. ^ 野村は解任の理由を、前妻との離婚調停中に離婚が成立しないうちに、伊東沙知代と同棲していたことが問題視された、としている[40]
  18. ^ 奇しくも阪急ブレーブスは南海ホークス同様、同年の10月19日にオリエント・リース(当時)(現:オリックス)に売却することが発表され、1989年から「オリックス・ブレーブス」に改称された。なおオリックスは2年後の1991年に「オリックス・ブルーウェーブ」に改称された上、本拠地を阪急西宮球場から中内の出身地である神戸市のグリーンスタジアム神戸に移転している。
  19. ^ この試合は日生球場で行われた最後のプロ野球公式戦だった。
  20. ^ 前年度の順位が日本ハムの2位に対しダイエーは最下位だったため、扱いは5位。
  21. ^ 近鉄はパ・リーグ8チーム時代の1954年に4位となった。
  22. ^ 球団の地元である北部九州地区でRKB毎日放送で中継された第5戦は、ビデオリサーチ調べで平均視聴率47.1%(RKB毎日放送史上1977年・1978年の日本レコード大賞に次ぐ歴代3位)、瞬間最高視聴率71.6%という驚異的な数字を記録した。ダイエー日本一視聴率71.6%スポーツ報知、1999年10月29日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  23. ^ その後、同年10月13日に現役選手のまま死去。
  24. ^ この対戦は互いにホームグラウンドで全勝したため「内弁慶シリーズ」と呼ばれた。
  25. ^ 上記の通り1リーグ時代から数えてとなる。
  26. ^ 年間最高勝率球団たるポストシーズン敗退=日本シリーズ不出場は73年阪急・75年近鉄・79年阪急・82年日本ハムに次ぎ史上5度目。
  27. ^ 他球団への移籍を一度も挟む事なく、ダイエー時代から一貫してホークスに在籍し続けているフランチャイズ・プレイヤーでもある。
  28. ^ ロッテは2005年にリーグ2位から、2010年のクライマックスシリーズでは3位からそれぞれ日本シリーズに進出しているが、2005年はクライマックスシリーズの前身、プレーオフであり、この制度では日本シリーズに進んだチームがリーグ優勝という制度のため、ロッテはリーグ勝率2位以下で2回日本シリーズには進出しているものの、非リーグ優勝のままの日本シリーズ進出は2010年の1回のみである。なお、その当時のロッテの最終ステージでの対戦相手はいずれもソフトバンクである。
  29. ^ 10月9日に2位ロッテにゲーム差なしまで迫られた[150]
  30. ^ 従来の記録は、1953年9月巨人・1954年8月中日・2002年8月西武の21勝、1954年8月中日(21勝4敗)・1960年6月大毎(20勝3敗1分)・1968年8月阪神(19勝2敗)の貯金17
  31. ^ この年から、レギュラーシーズン最高勝率球団がリーグ優勝となり、クライマックスシリーズ自体は、日本シリーズへの出場権をかけた戦いとして位置づけられるようになった。
  32. ^ 南海側は前年の3倍の契約料を要求したという[162]
  33. ^ 井上章一の『阪神タイガースの正体』には、1991年に刊行された毎日放送の社史で、1971年に甲子園の阪神・巨人戦の放送枠を得たことを強調したり、1970年代のナイター中継方針について「阪神、巨人を中心にしたセ・リーグに主眼を置き、パ・リーグ在阪球団のカードを混じえ…選ぶのが基本」と記されていることが紹介されている[164]
  34. ^ 南海の前身の1つである阪堺鉄道阪堺電気軌道とは別)以来のもので、さらに元をたどれば開業時に阪堺鉄道がイギリスから輸入した客車に付いていたカーテンのデザインに由来するという。
  35. ^ ロゴや鷹のマークなど、この年に登場したホークスの意匠は今竹七郎が制作した。
  36. ^ 鷹のマークからNHマーク(Nの右側とHの左側の縦線を共有するデザイン)に。
  37. ^ 翌1981年には当時の南海と同じく久保田スラッガーが納入していた大丸硬式野球部が同一色・素材の縦縞ユニフォームを使用していた。
  38. ^ 投手陣から「サイン交換の際に、捕手の出すサインが見づらい」との指摘があったため。
  39. ^ 帽子が1999年以降と同様にヘルメットと同じデザインのもの。
  40. ^ a b c これらの試合において、オリックスは近鉄バファローズの復刻ユニフォームを着用しており「近鉄対南海」を再現している。
  41. ^ ダイエーユニフォームにあったダイエーマークは入れ替わる形で削除されたが、レプリカユニフォーム用のワッペン(オフィシャルグッズ)として別途復刻された。
  42. ^ いずれの試合においても、西武は1995年まで使用していたビジターユニフォームを着用しており、「ダイエー対西武」を再現している。
  43. ^ 永井良和・橋爪伸也『南海ホークスがあったころ』(河出書房新社、2010)所載「球団と歌」では、歌詞を決めたのみで曲が付けられず未完成になったのではないかと推測されている。
  44. ^ この時は阪急が後攻なので9回の攻撃がなく、攻撃が行われた8回までの得点で毎回得点が成立する。
  45. ^ 前回は1950年7月18日に新潟県立柏崎高等学校の校庭で行われた読売ジャイアンツ対大洋ホエールズ戦。よってパ・リーグの公式戦は初めての開催だった。
  46. ^ 通常、サスペンデッドゲームの中断前の試合が地方球場(専用球場でない球場)で開催された場合は、続行試合は特例として専用球場で行われるが、続行試合も地方球場で行われるのはこれが事実上史上初だった。
  47. ^ なお、サスペンデッドの続きは、本来は7月7日の開催を予定していたが、こちらも雨天の影響で中止・順延されている。
  48. ^ 専用球場以外という点で考えると、1954年6月16日の中日球場での近鉄パールス対東映フライヤーズの続きが、8月10日に中日球場で行われた。当時の近鉄は、沿線地域を配慮して名古屋を準本拠地としていたためである。
  49. ^ 1981年もダブルヘッダーが予定されていたが、接近していた台風の影響で中止している。
  50. ^ この試合は日生球場で行われた最後のプロ野球公式戦で、日生球場は南海が堺市に本拠地移転が行われた場合、完成するまでの仮の本拠地として使うことも検討されていた。
  51. ^ 高雄での開催が予定された2試合は、北九州市民球場で代替開催された。この時、仮に西武と合意に達していたとしても、同時期に台湾が重症急性呼吸器症候群感染地域に指定されることとなったため、開催は不可能であった。
  52. ^ 大丸は関西圏の店舗で阪神タイガースの応援セールを行っている(阪神百貨店以外ではダイエーとともに早くから球団名・ペットマークなどの意匠の使用を許諾されていた)。また経営統合で同系列となった松坂屋は中日ドラゴンズの応援セールを行っている。
  53. ^ マックスバリュ九州ホームワイドビブレ等を含む九州地区のイオン系の店舗では球団がソフトバンクに移行してからの2005年以降に応援セールや優勝セールを開始している。なお、イオングループは地域により応援する球団が異なる他(例:本社は所在地に近い千葉ロッテマリーンズを応援)、イオンに統合される前のマイカルは末期に地域性を考慮して広島東洋カープの応援に回っていた広島県や、マイカルグループ入りする以前のカネ長武田百貨店ヤクルト本社の関係からヤクルトスワローズの応援に回っていた青森県(現:さくら野百貨店)などの一部地域を除いて読売ジャイアンツの応援活動を行っていた。
  54. ^ 広島東洋カープと日本シリーズで対戦した2018年は、物流や地域性の関係から山口県西部を境界として、山陽小野田市以東がカープの、下関市以西がホークスの応援セールを行った[195]
  55. ^ 球団公式サイトの「ホークスパートナーズ」ではイズミはゴールドスポンサー、エディオン(関連会社のエディオンコミュニケーションズ名義)・阪急百貨店(博多阪急)はシルバースポンサーとなっている。本来ゆめタウン(イズミ)・エディオン(旧デオデオ)は本社・本店所在地の広島東洋カープのオフィシャルスポンサーである。また旧デオデオと同一経営となっていたエイデンはエディオンに統合後も中日ドラゴンズのオフィシャルスポンサーを継続し、阪急百貨店に至っては同じグループ企業(阪急阪神東宝グループ)に阪神タイガース(阪神電気鉄道系列)が含まれている上に、かつては設立母体の阪急電鉄が同一リーグ内に阪急ブレーブス(現:オリックス・バファローズ)を保有したという経緯があるが、九州地区ではホークスの応援に回っている。
  56. ^ JR博多シティの百貨店出店には高島屋も名乗りを上げていたため、出店が実現すれば場所を変えてホークスの応援活動が復活する可能性もあったが、JR九州は条件面などから阪急百貨店の出店を選択した。
  57. ^ FOXチャンネル・FOXムービープレミアム/スカチャンで生中継する場合は、当日に90分、翌朝に60分のハイライト中継を放送。
  58. ^ ケーブルテレビIP放送のみ。スカパー!用はスカチャンで放送
  59. ^ 後述の通りダイエーとの主要取引企業がスポンサーとなり、CM前のジングルに『ダイヤモンドの鷹』を使用するなどダイエー応援の放送とした。それ以外は阪急時代同様オリックス応援の放送だった。
  60. ^ 2009年シーズンの大半の試合では、新型インフルエンザの感染拡大被害防止のためジェット風船が自粛された。

出典

  1. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 95 - 98.
  2. ^ ホークス四十年史 1987, pp. 95 - 98.
  3. ^ ホークス四十年史 1978, p. 98.
  4. ^ a b ホークス四十年史 1978, p. 99.
  5. ^ ホークス四十年史 1978, p. 106.
  6. ^ ホークス四十年史 1978, p. 394.
  7. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 106 - 109.
  8. ^ 近畿日本鉄道『近畿日本鉄道100年のあゆみ 1910 - 2010』近畿日本鉄道、2010年12月、216頁。
  9. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 58, 114 - 117.
  10. ^ ホークス四十年史 1978, p. 120.
  11. ^ ホークス四十年史 1978, p. 131.
  12. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 135 - 139.
  13. ^ ホークス四十年史 1978, p. 138.
  14. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 142 - 144.
  15. ^ ホークス四十年史 1978, p. 145.
  16. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 155 - 159.
  17. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 160 - 163.
  18. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 163 - 166.
  19. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 167 - 172.
  20. ^ 年度別成績 1960年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2015年10月30日閲覧。
  21. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 172 - 176.
  22. ^ ホークス四十年史 1978, p. 290.
  23. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 176 - 179.
  24. ^ ベースボールマガジン』、ベースボール・マガジン社、2012年9月、 104頁。
  25. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 179 - 182.
  26. ^ a b 宇佐美徹也『プロ野球記録大鑑』講談社、1993年、154頁。ISBN 4062061082
  27. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 183 - 186.
  28. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 186 - 190.
  29. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 162.
  30. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 191 - 195.
  31. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 195 - 197.
  32. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 198 - 200.
  33. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 200 - 204.
  34. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 204 - 207.
  35. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 207 - 209.
  36. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 220 - 223.
  37. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 223 - 226.
  38. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 227 - 228.
  39. ^ 栄光の歴史 2012, p. 71.
  40. ^ 野村克也『プロ野球重大事件 誰も知らない“あの真相”』角川書店角川oneテーマ21〉、2012年、120頁。ISBN 9784041101612
  41. ^ ホークス四十年史 1978, pp. 229 - 232.
  42. ^ この年の出典は特記無い場合、HAWKS 70th 2008, p. 102。
  43. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v ホークス75年史 2013, pp. 72 - 73.
  44. ^ この年の出典は特記無い場合、HAWKS 70th 2008, p. 107。
  45. ^ HAWKS 70th 2008, p. 108.
  46. ^ HAWKS 70th 2008, p. 109.
  47. ^ 立浪和義『負けん気』文芸社、2010年2月、14‐18。ISBN 978-4286088532/増補版、文芸社文庫、2014年2月、ISBN 978-4286148939
  48. ^ 【4月23日】1988年(昭63)名物オーナー死去「オレの目の黒いうちはホークスは売らん」”. スポーツニッポン新聞社 (2008年4月13日). 2015年10月30日閲覧。
  49. ^ “衰え知らずの“中年の星”たち 「40代ベストナイン」を選んでみた【パ・リーグ編】”. AERA. (2020年5月5日). https://dot.asahi.com/dot/2020050100020.html?page=3 2020年9月18日閲覧。 
  50. ^ a b c 中内ダイエーなくして、福岡がここまで発展することはなかった(6)~プロ野球に参入”. NETIB-NEWS(2018年7月4日作成). 2019年6月4日閲覧。
  51. ^ a b c 南海買収で幻に終わった神戸移転とは… 常勝ホークスの礎を築いた男が語る真相”. Full-Count (2020年12月10日). 2020年12月10日閲覧。
  52. ^ 福岡移転から始まった プロ野球地方への拡大”. 中日スポーツ / 東京中日スポーツ(2019年6月25日作成). 2020年2月16日閲覧。
  53. ^ 元巨人代表・山室寛之さん、近鉄VSロッテ「10・19」30年後の真実を明かす…「1988年のパ・リーグ」”. スポーツ報知 (2019年8月3日). 2020年11月20日閲覧。
  54. ^ 新潮社「1988年のパ・リーグ」第1章 - 第4章 山室寛之。2019年7月16日発売。ISBN 9784103527312
  55. ^ a b c d e 九州20年史 2008, p. 28.
  56. ^ 九州20年史 2008, p. 34.
  57. ^ 九州20年史 2008, p. 32.
  58. ^ a b c d 『週刊プロ野球データファイル』2011年30号、ベースボール・マガジン社、2011年、 33 - 34頁。
  59. ^ 『日本プロ野球事件史 1934-2013 秘蔵写真で振り返る衝撃のプロ野球史』ベースボール・マガジン社、2013年、98頁。ISBN 9784583619323
  60. ^ a b c ホークス75年史 2013, pp. 82 - 83.
  61. ^ 九州20年史 2008, p. 29.
  62. ^ “王ダイエー日本一 星野監督勇退”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 1. (2003-10-28(朝刊)) 
  63. ^ 『プロ野球 改革元年〜未来へ 2005プロ野球総決算』、ベースボール・マガジン社、2006年1月、 36 - 37頁。
  64. ^ ホークス、またも短期決戦に泣く”. 福岡ソフトバンクホークス (2010年10月20日). 2015年10月31日閲覧。
  65. ^ 【復刻】強すぎた!2011年はセパ全球団に勝ち越し ホークス優勝へM4 - 西日本スポーツ、2017年9月13日
  66. ^ “ソフトバンク本社 870億円でヤフードームを買収”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年3月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/03/25/kiji/K20120325002899690.html 2012年10月20日閲覧。 
  67. ^ ゲームレポート 2012年3月30日福岡ソフトバンク 対 オリックス”. 福岡ソフトバンクホークス (2012年3月30日). 2015年10月31日閲覧。
  68. ^ “1球356万円…ペニー退団 日本になじめず本人が希望”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年5月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/05/09/kiji/K20120509003211430.html 2012年10月20日閲覧。 
  69. ^ “ソフトB16年ぶり借金ターン チャンスに若手沈黙…”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年7月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/18/kiji/K20120718003702300.html 2012年10月20日閲覧。 
  70. ^ “ソフトB7連勝で首位ハムに1・5差!細川「突っ走る」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年8月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/08/22/kiji/K20120822003956720.html 2012年10月20日閲覧。 
  71. ^ “青山「こんな形で終わりたくなかった。申し訳ない」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年10月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/04/kiji/K20121004004259840.html 2012年10月20日閲覧。 
  72. ^ 試合トップ 2012年10月15日埼玉西武 対 福岡ソフトバンク”. 福岡ソフトバンクホークス (2012年10月15日). 2015年10月31日閲覧。
  73. ^ 試合トップ 2012年10月19日北海道日本ハム 対 福岡ソフトバンク”. 福岡ソフトバンクホークス (2012年10月19日). 2015年10月31日閲覧。
  74. ^ “ソフトバンク ウエスタンで4年ぶり優勝ロッテとファーム選手権”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年9月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/19/kiji/K20120919004148620.html 2012年10月20日閲覧。 
  75. ^ “引退の小久保 サプライズ両軍ナイン胴上げに「感謝」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年10月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/19/kiji/K20121019004366050.html 2012年10月20日閲覧。 
  76. ^ “プロ野球:中日は福谷、西武は増田、楽天は森…1位指名”. 毎日.jp. (2012年10月25日). http://mainichi.jp/sports/news/20121026k0000m050015000c.html [リンク切れ]
  77. ^ “寺原隼人投手入団のお知らせ” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2012年12月4日), http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/9327.html 2015年10月31日閲覧。 
  78. ^ “オリFA寺原の人的補償に馬原獲得”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年1月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130113-1071484.html 2015年10月31日閲覧。 
  79. ^ “ソフトバンク:五十嵐を獲得 3年契約、背番号53”. 毎日.jp (毎日新聞社). (2012年11月16日). http://mainichi.jp/sports/news/20121117k0000m050026000c.html?inb=fs [リンク切れ]
  80. ^ “横浜DeNAベイスターズとの複数トレードについて” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2012年11月5日), http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/9266.html 2015年10月31日閲覧。 
  81. ^ a b c d e f “秋山ホークス惨敗4位 就任5年目初の144試合目終戦”. 西日本スポーツ. (2013年10月6日). http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/44371 2013年10月6日閲覧。 [リンク切れ]
  82. ^ “最終戦 東浜初完封締め 来季タカ投に希望の光”. 西日本スポーツ. (2013年10月6日). http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/44368 2013年10月6日閲覧。 [リンク切れ]
  83. ^ “秋山ソフトB 最多4度目交流戦V!12球団トップ131得点”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2013年6月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/14/kiji/K20130614006009120.html 2015年10月31日閲覧。 
  84. ^ “タカ貯金ゼロ、摂津抜きだと10連敗”. 読売新聞. (2013年7月8日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20100927-777923/news/20130708-OYS1T00226.htm 2013年10月6日閲覧。 [リンク切れ]
  85. ^ “「鷹の祭典」ファン落胆、ミス連発で最下位転落”. 読売新聞. (2013年7月25日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20100927-777923/news/20130725-OYS1T00307.htm 2013年10月6日閲覧。 [リンク切れ]
  86. ^ “内川3連勝呼ぶ、ソフトバンク3位浮上”. 読売新聞. (2013年8月16日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20100927-777923/news/20130816-OYS1T00207.htm 2013年10月6日閲覧。 [リンク切れ]
  87. ^ a b “【プロ野球】西武、おかわり弾で3位浮上 中村「久々に気持ちいい当たり」”. MSN産経ニュース. (2013年10月3日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/131003/bbl13100323480016-n1.htm 2013年10月6日閲覧。 [リンク切れ]
  88. ^ “長谷川胸張れ ハセメーター伸びず大台達成は来季へ”. 西日本スポーツ. (2013年10月6日). http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/44370 2013年10月6日閲覧。 [リンク切れ]
  89. ^ 【速報!】ホークス二軍が5年ぶり日本一に輝く!”. 福岡ソフトバンクホークス (2013年10月6日). 2015年10月31日閲覧。
  90. ^ 斉藤コーチが会見「悔いしかない。でも、心から感謝」「ピッチャーで、よかった」”. 福岡ソフトバンクホークス (2013年7月29日). 2015年10月31日閲覧。
  91. ^ “新入団のお知らせ” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2013年12月7日), http://softbankhawks.co.jp/news/detail/10363.html 2015年10月31日閲覧。 
  92. ^ “岡島秀樹投手入団のお知らせ” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2013年11月26日), http://softbankhawks.co.jp/news/detail/10344.html 2015年10月31日閲覧。 
  93. ^ “新外国人選手の入団について” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2013年12月17日), http://softbankhawks.co.jp/news/detail/10388.html 2015年10月31日閲覧。 
  94. ^ “新外国人選手の入団について” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2013年12月18日), http://softbankhawks.co.jp/news/detail/10394.html 2015年10月31日閲覧。 
  95. ^ “新外国人選手の入団について” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2013年12月24日), http://softbankhawks.co.jp/news/detail/10402.html 2015年10月31日閲覧。 
  96. ^ ブライアン・ファルケンボーグ選手との契約合意に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2014年1月8日). 2015年10月31日閲覧。
  97. ^ 山崎勝己選手獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2013年11月29日). 2015年10月31日閲覧。
  98. ^ ペーニャ選手獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2013年12月11日). 2015年10月31日閲覧。
  99. ^ “原巨人、2年ぶり2度目の交流戦V!猛打爆発 2回で7点圧勝!”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年6月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/06/22/kiji/K20140622008418360.html 2015年10月31日閲覧。 
  100. ^ “ソフトB CS両リーグ一番乗り決めた!投打噛み合い4連勝”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年9月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/06/kiji/K20140906008883530.html 2015年10月31日閲覧。 
  101. ^ “ソフトB 3年ぶりリーグV!サヨナラ決着、22年ぶりM点灯なしの頂点”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年10月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/02/kiji/K20141002009033390.html 2015年10月31日閲覧。 
  102. ^ “ソフトB松田 史上初!最終戦サヨナラV「食らい付いていった」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年10月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/03/kiji/K20141003009034960.html 2015年10月31日閲覧。 
  103. ^ “ソフトB、年間の観客動員数を更新”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年10月2日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141002-1376499.html 2015年10月31日閲覧。 
  104. ^ 秋山監督が退任会見「日本一まで、やり遂げたい」”. 福岡ソフトバンクホークス (2014年10月14日). 2015年10月31日閲覧。
  105. ^ “ソフトB 3年ぶり日本S進出!25日から甲子園で阪神と激突”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年10月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/20/kiji/K20141020009137260.html 2015年10月31日閲覧。 
  106. ^ “MVPは内川!目は真っ赤「本当に大事なのはマッチが打ってくれた」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年10月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/30/kiji/K20141030009198100.html 2015年10月31日閲覧。 
  107. ^ ソフトバンク、工藤新監督が誕生「強いチームつくる」”. BASEBALL KING (2014年11月1日). 2021年4月28日閲覧。
  108. ^ “工藤公康氏の福岡ソフトバンクホークス監督就任について” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2014年11月1日), http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/11471.html 2015年10月31日閲覧。 
  109. ^ “工藤監督、初首位 先発起用川島が移籍1号決勝弾”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年5月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1478285.html 2015年11月1日閲覧。 
  110. ^ ホークス交流戦「1位」が決定!”. 福岡ソフトバンクホークス (2015年6月17日). 2015年11月1日閲覧。
  111. ^ “交流戦勝率1位はソフトB!賞金総額1500万円手に”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年6月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/06/17/kiji/K20150617010556540.html 2015年11月1日閲覧。 
  112. ^ “工藤マジック 代打本多サヨナラで最速M38灯した”. 日刊スポーツ. (2015年8月6日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1518645.html 2016年2月5日閲覧。 
  113. ^ “ソフトバンクがCS進出 両リーグ一番乗り”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2015年9月6日). http://www.nishinippon.co.jp/nsp/nbp/article/s/193503 2015年11月1日閲覧。 
  114. ^ “ソフトB ぶっちぎり連覇!1年目工藤監督、パ最速Vで歓喜”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年9月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/09/17/kiji/K20150917011151480.html 2015年11月1日閲覧。 
  115. ^ “ソフトバンクが球団通算5000勝飾る”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年9月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1544537.html 2017年4月15日閲覧。 
  116. ^ “楽4―5ソ(4日) ソフトバンクが90勝”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2015年10月4日). http://www.nishinippon.co.jp/nsp/nbp/article/199170 2015年11月1日閲覧。 
  117. ^ “プロ野球:ソフトバンク、59年ぶり90勝”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年10月4日). http://mainichi.jp/sports/news/20151005k0000m050047000c.html 2015年11月1日閲覧。 
  118. ^ “ソフトB、4番内川3戦連続V打で日本S決めた!“下剋上”ロッテを撃破”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/16/kiji/K20151016011332080.html 2015年11月1日閲覧。 
  119. ^ “ソフトバンクが球団史上初の連覇 工藤監督9度舞う”. 日刊スポーツ. (2015年10月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1559231.html 2016年2月5日閲覧。 
  120. ^ “柳田選手が2015年のパ・リーグMVPに!”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. (2015年11月26日). http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/12756.html 2015年12月15日閲覧。 
  121. ^ “【ドラフト】1位高橋純平投手!計11人を指名!”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. (2015年10月22日). http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/12638.html 2015年12月15日閲覧。 
  122. ^ “和田毅投手入団のお知らせ”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. (2015年11月7日). http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/12693.html 2015年12月15日閲覧。 
  123. ^ “李大浩、マリナーズとマイナー契約”. 日刊スポーツ. (2016年2月4日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/1600457.html 2016年2月5日閲覧。 
  124. ^ “ロッテ・スタンリッジが入団会見「優勝目指したい」”. 日刊スポーツ. (2016年2月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1601084.html 2016年2月6日閲覧。 
  125. ^ “松中選手が会見「退団し、ボロボロになるまで…」”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. (2015年9月29日). http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/12558.html 2015年12月15日閲覧。 
  126. ^ 松中信彦が引退「この4カ月は最後の挑戦だった」
  127. ^ “ソフトバンクが来年3月筑後市にファーム本拠地移転”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年9月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1540003.html 2015年9月18日閲覧。 
  128. ^ プロ野球 日本ハム マジックナンバー「6」が点灯 NHK 2016年9月22日
  129. ^ “ソフトバンク試合途中にV3消滅、故障者続出し失速”. 日刊スポーツ. (2016年9月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1717002.html 2016年9月29日閲覧。 
  130. ^ ソフトバンク3年連続交流戦1位!パ勝ち越し - 日刊スポーツ、2017年6月18日
  131. ^ ソフトバンク2日で首位陥落「割り切って」工藤監督 - 日刊スポーツ、2017年7月9日
  132. ^ ソフトバンクもう70勝 首位で1000勝飾った - 日刊スポーツ、2017年8月16日
  133. ^ ソフトバンク2年ぶり20度目優勝 リーグ史上最速V - スポーツ報知、2017年9月16日
  134. ^ ソフトバンク鉄壁!過去最少38失策でシーズン終了
  135. ^ シーズン最少失策のプロ野球タイ記録の可能性 ホークスの「守」という武器”. Full-Count (2017年10月7日). 2021年5月24日閲覧。
  136. ^ 西武、マジック11点灯! 天王山3連勝、最短Vは24日 ホークス連覇遠のく”. Full-Count (2018年9月17日). 2021年5月24日閲覧。
  137. ^ “平成最強の球団はどこ!? 日本シリーズ優勝は福岡ソフトバンクの7度が最多だが、リーグ優勝や最高勝率は(宇根夏樹) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. https://news.yahoo.co.jp/byline/unenatsuki/20181104-00102952/ 2018年11月22日閲覧。 
  138. ^ “続くパ・リーグ黄金期 日本シリーズ6連覇、うち4度がソフトバンク” (日本語). 西日本新聞Web. https://www.nishinippon.co.jp/nsp/hawks_flash/article/462784/ 2018年11月22日閲覧。 
  139. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「ソフトB甲斐が日本シリーズMVP 育成出身では史上初!6戦連続盗塁刺 - スポニチ Sponichi Annex 野球」『スポニチ Sponichi Annex』。2018年11月22日閲覧。
  140. ^ ウラディミール・バレンティン選手入団のお知らせ|福岡ソフトバンクホークス” (日本語). ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2020年1月19日閲覧。
  141. ^ マット・ムーア選手入団のお知らせ|福岡ソフトバンクホークス” (日本語). ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. 2020年1月19日閲覧。
  142. ^ 「PayPayドーム」お披露目で場内ファンから笑いも” (日本語). 西日本スポーツ. 2020年1月19日閲覧。
  143. ^ 福岡PayPayドーム通算1,000勝達成”. 福岡ソフトバンクホークス. 2020年7月11日閲覧。
  144. ^ 柳田が本拠1000勝劇的弾!ソフトバンク4位浮上”. 日刊スポーツ. 2020年7月11日閲覧。
  145. ^ 同率首位浮上のソフトバンク「理想の攻め」 逆転呼んだ工藤監督の勝負手とつながり” (日本語). 西日本スポーツ. 2020年10月23日閲覧。
  146. ^ "ソフトバンク長谷川がコロナ感染、2日西武戦は中止". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 1 August 2020. 2020年8月5日閲覧
  147. ^ ソフトバンク首位陥落 9回に追い上げも及ばず…今カード1勝4敗、楽天が単独首位に” (日本語). 西日本スポーツ. 2020年10月23日閲覧。
  148. ^ ロッテがパ・リーグの30勝一番乗り!8月の単独首位浮上は50年ぶり | BASEBALL KING” (日本語). BASEBALL KING. 2020年10月23日閲覧。
  149. ^ 通算1000安打の中村晃、急逝の川村さん悼む「もっともっと生きてほしかった」”. 西日本スポーツ (2020年9月17日). 2021年4月28日閲覧。
  150. ^ “ロッテ、首位ソフトバンクに快勝!ゲーム差なしに 二木は6勝目”. サンケイスポーツ. (2020年10月9日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20201009/mar20100921260006-n1.html 
  151. ^ a b c d e f 週刊ベースボール、2021年1月4日・11日号、62頁
  152. ^ “球団新記録かかったソフトバンクの連続無失点、思わぬ形でストップ”. 西日本スポーツ. (2020年10月15日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/654711/ 
  153. ^ “強すぎる!工藤監督初の10連勝、ソフトバンクに優勝マジック「8」点灯”. 西日本スポーツ. (2020年10月21日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/656635/ 
  154. ^ “無双のソフトバンク12連勝!もうマジック「4」あるぞ最短V 柳田驚弾4打点”. 西日本スポーツ. (2020年10月23日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/657375/ 
  155. ^ "【ソフトバンク】3年ぶり19度目のパ・リーグ制覇 マジック2で対象チームのロッテ下し決めた". スポーツ報知. 報知新聞社. 27 October 2020. 2020年10月27日閲覧
  156. ^ “ソフトバンクW新記録、月間22勝で貯金は18”. 日刊スポーツ. (2020年10月31日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010310000736.html 
  157. ^ “退団内川から工藤監督へ電話「最終戦終わりました」”. 日刊スポーツ. (2020年11月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011020000608.html 
  158. ^ “プロ野球 パ・クライマックスS ソフトバンク6-4ロッテ 中村晃連発、タカ突破 反撃、逆転 熱男も続く”. 毎日新聞. (2020年11月16日). https://mainichi.jp/articles/20201116/ddn/035/050/002000c 
  159. ^ “【号外】ソフトバンクが4年連続日本一 パ・リーグ初 巨人を2年連続スイープ”. 西日本スポーツ. (2020年11月25日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/667535/ 2021年1月9日閲覧。 
  160. ^ ソフトB ドラ1正義に“控えめ”背番号25用意 野球で目立つ”. Sponich Annex (2016年11月17日). 2017年6月4日閲覧。
  161. ^ 永井良和橋爪紳也『南海ホークスがあったころ 野球ファンとパ・リーグの文化史』紀伊國屋書店、2003年、150頁。ISBN 4314009470
  162. ^ 永井良和 & 橋爪紳也 2003, p. 151.
  163. ^ 永井良和 & 橋爪紳也 2003, p. 152.
  164. ^ 井上章一『阪神タイガースの正体』太田出版、2001年、90 - 91頁。ISBN 4872335651
  165. ^ パシフィック・リーグ年度別入場者数(1950~2020) (PDF)”. 日本野球機構. 2021年7月4日閲覧。
  166. ^ 2012年度パシフィック・リーグ観客動員数 (PDF)”. パシフィック野球連盟 (2012年10月9日). 2015年11月1日閲覧。
  167. ^ 2012年度セントラル・リーグ選手権試合入場者数 (PDF)”. セントラル野球連盟 (2012年10月9日). 2015年11月1日閲覧。
  168. ^ “福岡移転後、主催ゲーム観客動員5,000万人突破のお知らせ” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2010年7月28日), http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/6000.html 2015年11月1日閲覧。 
  169. ^ 南条岳彦『メディアのしくみ 新聞に制圧される地方テレビ局』明石書店、1996年、[要ページ番号]ISBN 4750308234
  170. ^ 永井良和 & 橋爪紳也 2003, pp. 40 - 43。「女性器」とするのは『南海ホークス四十年史』(1978年)、「男性器」とするのは鶴岡一人の著書『南海ホークスとともに』(1962年)、「性行為」とするのは五百崎三郎の『南海ホークス物語』(1956年に「日刊オールスポーツ」という新聞に掲載)である。また鈴木龍二も回顧録の中で、キャピー原田に教えられた話として女性器説を記している。
  171. ^ 永井良和 & 橋爪紳也 2003, p. 43.
  172. ^ 永井良和 & 橋爪紳也 2003, p. 43。メジャーリーグのセントルイス・カージナルスと同じで、ショウジョウコウカンチョウという鳥の名前である。
  173. ^ 初代ダイエーホークス復刻グッズ発売のお知らせ”. 福岡ソフトバンクホークス. 2013年8月17日閲覧。
  174. ^ 綱島理友『日本プロ野球ユニフォーム大図鑑(中)』ベースボール・マガジン社、2013年、88頁。ISBN 9784583105659
  175. ^ “ソフトB 来季は“メジャーユニホーム” V3へ着々布石”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年9月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/09/25/kiji/K20150925011198730.html 2015年11月2日閲覧。 
  176. ^ ヤフオクドームスタジアムキャラクター”. 福岡ソフトバンクホークス. 2013年8月17日閲覧。
  177. ^ “摂津珍し自画自賛も…自身模した「せっつくん」には苦笑い”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2013年7月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/07/27/kiji/K20130727006307100.html 2013年8月17日閲覧。 
  178. ^ 選手キャラクターに「いまみ〜くん」が登場!”. 福岡ソフトバンクホークス (2014年7月23日). 2014年8月9日閲覧。
  179. ^ 12球団史上初!ホークス バーチャルYouTuber誕生、本日ドームデビューを飾る”. PR TIMES (2020年11月9日). 2021年1月26日閲覧。
  180. ^ a b c d e f 福岡ソフトバンクホークス株式会社 第53期決算公告
  181. ^ 新会社「AcroBats(株)」を設立。攝津氏が契約1号に
  182. ^ 新会社設立発表記者会見(YouTube)
  183. ^ a b 2020年度チームスポンサー(ヘルメット・練習着)契約締結のお知らせ」福岡ソフトバンクホークス 2020年1月28日
  184. ^ 2020年度ユニフォームスポンサー(左袖)契約締結のお知らせ」福岡ソフトバンクホークス 2020年1月30日
  185. ^ 2020年度ユニフォームスポンサー(右腰)契約締結のお知らせ」福岡ソフトバンクホークス 2020年1月21日
  186. ^ 2020年度チームスポンサー(キャップ)契約締結のお知らせ」福岡ソフトバンクホークス 2020年3月18日
  187. ^ 洋服の青山」が「福岡ソフトバンクホークス」のオフィシャルスーツサプライヤーに!~ホークス選手着用の公式スーツを提供~」福岡ソフトバンクホークス 2010年11月10日
  188. ^ 【5月23日】1987年(昭63) 新球場こけら落としで21年ぶりのサスペンデッドゲーム - スポニチアネックス、2011年5月23日
  189. ^ 史上最後のサスペンデッドゲーム[リンク切れ]より。
  190. ^ にいがたプロ野球熱戦譜[リンク切れ]より。
  191. ^ 2014年8月18日の試合当日のスコア[リンク切れ]
  192. ^ ホークスサポーターズクラブ”. 福岡ソフトバンクホークス. 2015年11月2日閲覧。
  193. ^ "目指せ日本一!福岡ソフトバンクホークス"日本一決定の翌日から3日間おめでとうセール開催! (PDF)”. イオン九州 (2011年11月17日). 2014年10月4日閲覧。
  194. ^ 2015年10月29日のツイート(天神ビブレ)
  195. ^ スーパーの日本シリーズ記念セール、福岡はホークスで広島はカープ…中間の山口県は? - オトナンサー、2018年11月7日。イズミの広報担当へのインタビューより
  196. ^ 九州のイオングループは福岡ソフトバンクホークスを応援します「福岡ソフトバンクホークス×WAON」発行について (PDF)”. イオン九州、マックスバリュ九州、ダイエー (2015年3月23日). 2015年3月29日閲覧。
  197. ^ キャンペーン | 燃えるんダ!終盤戦特設サイト(福岡ソフトバンクホークス)
  198. ^ 九州新幹線800系にホークス応援ラッピング編成登場(railf.jp(交友社))
  199. ^ HKT48がホークス応援隊に就任!”. 福岡ソフトバンクホークス (2011年12月11日). 2015年11月2日閲覧。
  200. ^ 「SKE48」 がヤフードームに登場!”. 福岡ソフトバンクホークス (2010年9月3日). 2015年11月2日閲覧。
  201. ^ 「盛り上がれ男子デー」にちなんで、男子に人気の漫画「クローズ&WORST」と、「NMB48」とのスペシャルコラボ企画!”. 福岡ソフトバンクホークス (2011年4月21日). 2015年11月2日閲覧。
  202. ^ 2020年シーズン 福岡ソフトバンクホークス 主催全試合 スカパー! が放送権を獲得‼”. スカパーJSAT株式会社(2020年1月21日作成). 2020年1月22日閲覧。
  203. ^ a b 3 月 1 日(日)より新チャンネル「スポーツライブ+(プラス)」開局”. スカパーJSAT株式会社(2020年1月24日作成). 2020年1月25日閲覧。
  204. ^ J:COM TV に新チャンネルが登場!「スポーツライブ+(プラス)」3 月 1 日(日)から放送開始”. 株式会社ジュピターテレコム(2020年1月28日作成). 2020年1月28日閲覧。
  205. ^ 福岡ソフトバンクホークス主催試合 完全生中継[リンク切れ] - 日テレプラスWebサイト
  206. ^ 【重要】FOXスポーツ&エンターテイメント放送終了のお知らせ”. ビーエスFOX(2019年11月14日作成). 2020年1月22日閲覧。
  207. ^ 鷹の祭典2014専用ユニフォーム(レプリカ)配布”. 福岡ソフトバンクホークス (2014年7月16日). 2015年11月2日閲覧。
  208. ^ 福岡ソフトバンクホークス(公式)(2014年7月23日発言)
  209. ^ a b 福岡ソフトバンクホークス(公式)(2014年7月23日発言)
  210. ^ 鷹の祭典2015ユニフォーム配布方法について”. 福岡ソフトバンクホークス (2015年6月7日). 2015年11月2日閲覧。
  211. ^ 開幕戦でチャンピオンリングを入場者にプレゼント”. 福岡ソフトバンクホークス (2015年1月30日). 2015年11月2日閲覧。
  212. ^ 鷹の祭典2015 ビジター応援席入場者限定プレゼントについて”. 福岡ソフトバンクホークス (2015年5月20日). 2015年11月2日閲覧。
  213. ^ ビジター応援席のチケットをお持ちの方にイーグルスグッズをプレゼント”. 福岡ソフトバンクホークス (2015年5月2日). 2015年11月2日閲覧。
  214. ^ “福岡ソフトバンクの公式Twitterがファンの行動に嘆き 「サイリウムがバンバン投げられる。次からはどうしたら……」”. ロケットニュース24 (ソシオコーポレーション). (2012年7月19日). http://rocketnews24.com/2012/07/19/232087/ 2015年11月2日閲覧。 
  215. ^ 終盤戦ホーム13試合はカチドキレッドユニフォーム着用”. 福岡ソフトバンクホークス (2014年9月2日). 2015年11月2日閲覧。
  216. ^ サガン鳥栖が川崎戦で着用した、福岡ソフトバンクホークスとのコラボによる真っ赤な記念ユニフォーム”. Qoly (2014年7月26日). 2016年10月29日閲覧。
  217. ^ “ほぼ満員、雨もやんだけど…ソフトバンク―ロッテ戦中止”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年7月20日). http://www.asahi.com/articles/ASH7N4T53H7NTIPE00T.html 2015年7月21日閲覧。 
  218. ^ “2015年鷹の祭典専用ユニフォームは「熱男イエロー」” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2015年3月24日), http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/11878.html 2015年11月2日閲覧。 
  219. ^ “ソフトバンク9月も「熱男」ユニ 終盤戦スローガンは「全員!熱男!」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年8月7日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/08/07/kiji/K20150807010891460.html 2015年9月5日閲覧。 
  220. ^ “ホークス リーグ連覇へ、「全員!熱男!」9月の7試合で熱男レボリューションイエローのユニフォームを再び着用” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2015年8月7日), http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/12377.html 2015年11月2日閲覧。 
  221. ^ 鷹の祭典2017特設サイト
  222. ^ 2017年鷹の祭典専用ユニフォーム「1(ワン)ダホー!ストライプ2017」
  223. ^ リーグ優勝・日本一奪還へ、「全力!1ダホー!」
  224. ^ 9月23日(土)パシフィック・リーグ優勝報告会
  225. ^ “2019年鷹の祭典専用ユニフォーム 「チャンピオン奪Sh!ブルー2019」” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2019年3月20日), https://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/00002257.html 2020年7月19日閲覧。 
  226. ^ “鷹の祭典2020専用ユニフォーム 「S15(サァイコー!)イエロー2020」で”感謝と決意”の鷹の祭典に!” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2020年7月11日), https://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/00003465.html 2020年7月19日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「福岡 ソフトバンク ホークス」の関連用語

福岡 ソフトバンク ホークスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



福岡 ソフトバンク ホークスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの福岡ソフトバンクホークス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS