だんとは?

だん

短文投稿サイトTwitter」で使われる用語で、過去にした、いま完了した、などの意味を示す表現。現在実施中という意味の「なう」との対比で用いられる。「課題だん」のように用いられる。

だん [1] 【団】

同じ目的をもって集まった人のかたまりまた、その組織

だん 【団】

姓氏の一。

だん 【段】

[1] ( 名 )
地面床面などで、平面の高さが連続ていないこと。また、高さの違う平面が順に並んでいる所。また、その一つ一つ。 「居間食堂の境は-をつける」 「ひな-」 「一番上の-に内裏だいり)様を並べる」 「 -をつけて髪をカットする」
上下に、層をなして重なっているものの一つ一つ。 「寝台車の上の-」 「名簿の一番下の-」
技量品質などによる格付けまた、その格。 「 -が違う」 「上の-に進む」 「浄瑠璃口跡もきこえぬ、役者も-が知れぬ黄表紙見徳一炊夢
全体何らかの基準小分けにした一つ一つ
長い文の中の、まとまった内容をもった切れ目段落
歌舞伎・浄瑠璃などで、独立させて演じられる一部分。 「菅原伝授手習鑑寺子屋の-」
五十音図で、横の並び。 「イ -」 → 行(ぎよう
掛け算九九で、同一被乗数をもつもの。 「三の-」
文字組版で、版面二つ以上に区分したときの一区分。 「縦四-」
変化進行している物事過程一つ一つ場面局面。 「いざという-になると尻込みする」 「暑いの寒いのといってる-ではない」
多く手紙・文書などで、上の語をうけて、その表す内容統合し、体言化する。こと。 「失礼の-お許し下さい」 「この-お伺い致したく」 「御健勝の-御慶申上候」
たん(反・段)」に同じ。
接尾
助数詞階段状または層をなして重なっているものを数えるのに用いる。 「五-下りる」 「三-重」 「一〇-編む」
囲碁・将棋柔道剣道などで、技量を表す程度段階を表すのに用いる。数が多いほど上位になる。 「柔道三-」
文章や話の区切りの数を数えるのに用いる。

だん [1] 【断】

物を決定すること。また、その決められたこと。 「 -を下す」 「 -を迫る」 「 -を仰ぐ」

だん [1] 【暖】

たたかいこと。暖かみ
[句項目] 暖を取る

だん [1] 【 緂

だんだら染めた糸を用いて組んだり織ったりして白地に横の縞模様を表したもの地色とのさかいはぼけて絣(かすり)のようになる。平緒ひらお)、鎧(よろい)の縅(おどし)の糸、馬の手綱などに用いられる。
白から次第に濃い色になるようにした色の組み合わせ

だん [1] 【談】

話すこと。話。 「 -たまたま政治に及ぶ」 「観戦記者の-によれば」 「車中-」

だん [1] 【壇】

一段と高くこしらえた所や設備。 「 -に登る」 「ひな-」
土を盛ったりして高くした祭り儀式を行う場所。
mandala〕 土を盛ったり、木で囲ったりして作る修法授戒などを行う特殊な場所。 → 曼荼羅まんだら

だん 【檀】

姓氏の一。

【だん】[漢字]

【団(團)】 [音] ダン ・トン
まるいこと。まるいもの。 「《ダン団扇団団」 「《トン炭団たどん)・布団
まどか。 「団欒だんらん)」
あつまること。あつまり。 「団結団地一団集団
(特に)組織された集団。 「団員団体楽団軍団劇団師団旅団使節団少年団消防団青年団
【男】 [音] ダンナン
おとこ。 「《ダン男系男子男児男女だんじよ)((なんによ))男性男装男優好男子男尊女卑」 「《ナン下男美男善男善女ぜんなんぜんによ)」
むすこ。 「《ナン三男次男嫡男長男
五等爵第五位。 「男爵
【段】 [音] ダン
階段階段状のもの。 「段丘段段段別階段上段
全体を区切った一つ一つ等級一つ一つ。 「段位段階段落格段初段特段分段別段
方法。てだて。やり方。 「算段手段
【断(斷)】 [音] ダン
とぎれる。やめる。 「断交断食だんじき)・断水断絶断続断念間断禁断中断不断言語ごんご道断
きまって。必ず。 「断乎だんこ)・断然
【弾(彈)】 [音] ダン
銃砲などのたま。 「弾雨弾丸弾頭弾道・弾幕・弾薬銃弾爆弾砲弾曳光弾えいこうだん)・焼夷弾しよういだん)・照明弾
はじく。はねかえす。 「弾性弾力
楽器演奏する。ひく。 「弾琴弾奏連弾
うつ。たたく。罪をあばく。 「弾劾だんがい)・糾弾指弾
【暖】 [音] ダン
あたためる。 「暖房暖炉
【談】 [音] ダン
談話」の略。 「外相談・車中談
【壇】 [音] ダン ・タン
一段高くした場所。 「壇上演壇戒壇花壇教壇降壇祭壇登壇仏壇土壇場どたんば)」
芸術家仲間などでつくる特殊な社会。 「楽壇歌壇画壇劇壇詩壇俳壇文壇論壇
】 [音] ダン ・タン
センダン科高木また、ビャクダンなどの香木マユミ。 「《ダン檀紙檀林栴檀せんだん)・白檀びやくだん)」 「《タン黒檀紫檀
梵語音訳字。 「檀越だんおつ)・檀家檀徒檀那だんな)」

だん 【壇】

仏教法具梵語マンダラmandala)の意訳マンダラ音写して曼荼羅書き教理面に用いるが、壇は密教修法のさい、仏・菩薩安置し、供物供具供える台をいう。壇を荘厳する方法壇法という。②古代中国祭祀朝会盟誓・封拝などの典を行うために、平坦な地に設けられた土築の高い露台

黄丹

読み方
黄丹だん

読み方
だん

読み方
だん

読み方
だん

読み方
だん

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「だん」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

だんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



だんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ダイブネットダイブネット
COPYRIGHT©2020 DIVENET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS