恩賜上野動物園 歴史

恩賜上野動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/06 06:41 UTC 版)

歴史

昭和3年(1928年)のオットセイ池
1938年(昭和13年)以前のゾウ
上野動物園正門(1952年)
都営上野懸垂線
  • 2020年
    • 2月29日 - 6月22日 - 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止のため、その他の都立動物園・水族園とともに臨時休園[24]
    • 9月8日、西園に「パンダのもり」がオープン。ジャイアントパンダとその生息地でみられる動物の飼育施設である[25]
    • 12月10日 - 新型コロナウイルス感染症の影響のため、ジャイアントパンダの返還期限が「シャンシャン」は2021年5月末、「リーリー」と「シンシン」は2026年2月末まで延長となった[26]
    • 12月26日 - 新型コロナウイルス感染症の影響ため臨時休園[27]
  • 2021年
    • 3月26日 - 新型コロナウイルス感染症の影響のため、ジャイアントパンダ「シャンシャン」の返還期限が同年12月末まで延長となった[28]
    • 6月4日 - 動物園などへの休業要請緩和を受け、5か月ぶりに運営再開。当面の間は、ピーク時の10分の1にあたる1日2,000人の入園制限となる[29]
    • 6月23日 - パンダ・リーリーの妻シンシンが第3子(午前1時3分)、第4子(午前2時32分)を出産(オスとメス。どちらが先に生まれたかは不明)[30]
    • 10月8日 - 前述のパンダの名前が「シャオシャオ(暁暁)」(オス)と「レイレイ(蕾蕾)」(メス)に決まる。
    • 12月7日 - ジャイアントパンダ「シャンシャン」の返還期限が2022年6月末まで延長となった[31]
  • 2023年
    • 2月21日 - ジャイアントパンダ「シャンシャン」、中国へ帰国。
    • 7月8日 - トト (オカピ)が16歳で死亡。上野動物園で飼育しているオカピはトトを最後に全員逝去した。

注釈

  1. ^ 2016年、戦時猛獣処分された雄ライオンのアリと雌ライオンのカテリーナを撮影した映像フィルムが東京都内で発見され、NHK『ニュース7』にて特集された。 →「かわいそうなライオン」NHK NEWS WEB、2016年7月29日

出典

  1. ^ a b 東京都恩賜上野動物園 (動物園)”. TOKYOおでかけガイド. 2019年6月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 週刊ポスト2012年5月25日号 21-25頁
  3. ^ 公益財団法人 東京動物園協会 平成22年 事業報告書 6頁
  4. ^ a b 恩賜上野動物園モノレール休止のお知らせ』(PDF)(プレスリリース)建設局/交通局、2019年1月23日。 オリジナルの2019年1月23日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190123223316/https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/pickup_information/news/pdf/2018/otr_p_20190123_h_01.pdf2021年2月8日閲覧 
  5. ^ “パンダいない上野動物園、入園300万人割れ 08年度”. 朝日新聞. (2009年4月2日) 
  6. ^ <文化環境研究所 News> 第41号(2011年9月17日時点のアーカイブ
  7. ^ 上野動物園(1982年)、本編。
  8. ^ https://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&inst=ueno&link_num=26349
  9. ^ 上野動物園の双子パンダ、来年1月にお目見え”. 産経ニュース (2021年12月10日). 2021年12月10日閲覧。
  10. ^ a b c d e 石田戢, 2000.上野動物園, 東京公園文庫16, 東京都公園協会
  11. ^ 日本初「河馬初めて来る」明治44年5月18日東京日日新聞『日本全国諸会社役員録. 第回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  12. ^ Starving the Elephants: The Slaughter of Animals in Wartime Tokyo's Ueno Zoo”. The Asia-Pacific Journal: Japan Focus. 2019年6月16日閲覧。
  13. ^ 2017年3月14日 午後0:11 2019年6月16日閲覧。
  14. ^ パンダブーム”. NHK名作選(動画他). NHK. 2019年6月16日閲覧。
  15. ^ 原武史『昭和天皇御召列車全記録』新潮社、2016年9月30日、148頁。ISBN 978-4-10-320523-4 
  16. ^ 上野動物園、地震による被害無し-福島からカワウソの受け入れも予定”. 上野経済新聞. 2012年1月5日閲覧。
  17. ^ 上野動物園のカバの「サツキ」“被災死””. スポーツニッポン. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月23日閲覧。
  18. ^ ジャイアントパンダの赤ちゃん誕生!”. 上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」. 2019年6月16日閲覧。
  19. ^ シンシンの子が死亡しました”. 上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO-PANDA.JP」. 2019年6月16日閲覧。
  20. ^ “東京上野と台湾新竹、日台“最古の動物園”が人材育成などで連携へ”. フォーカス台湾 (中央通訊社). (2016年10月22日). https://web.archive.org/web/20161023184303/http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201610220004.aspx 
  21. ^ “上野動物園のシャンシャン きょう報道公開”. NHK NEWS WEB(動画あり). (2017年12月18日). https://web.archive.org/web/20171218030838/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171218/k10011262131000.html 2017年12月19日閲覧。 [リンク切れ]
  22. ^ 恩賜上野動物園シャンシャンの返還時期”. 2019年8月24日閲覧。
  23. ^ インドライオンのオス「モハン」が死亡しました
  24. ^ 臨時休園のお知らせ
  25. ^ 新ジャイアントパンダ舎「パンダのもり」、2020年9月8日オープン”. 東京ズーネット TOKYO ZOO NET. 2020年10月24日閲覧。
  26. ^ “シャンシャン返還、来年5月に 両親も5年延長―東京・上野動物園”. 時事ドットコム. (2020年12月10日). https://web.archive.org/web/20201210092118/https://www.jiji.com/jc/article?k=2020121001031&g=soc 2021年6月4日閲覧。 
  27. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年12月21日). “上野動物園、年末年始の休園期間延長”. 産経ニュース. 2021年6月4日閲覧。
  28. ^ “上野動物園のパンダ シャンシャン 中国返還さらに延期12月末に”. NHK NEWS WEB. (2021年3月26日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210326/k10012938741000.html?utm_int=all_side_ranking-social_006 2021年6月4日閲覧。 
  29. ^ 上野動物園 約5か月ぶりの再開 1日2000人に入園制限」『NHK NEWS WEB』日本放送協会、2021年6月4日。2021年6月4日閲覧。
  30. ^ "上野動物園のパンダ、シンシンが2頭出産 性別は確認中". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 23 June 2021. 2021年6月23日閲覧
  31. ^ シャンシャン返還、半年延長 コロナ影響、来年6月まで―東京・上野動物園:時事ドットコム”. 時事ドットコム. 2021年12月8日閲覧。
  32. ^ 川口幸男「[1]」(PDF)『鯉淵研報』第26号、2010年、44-48頁。 
  33. ^ 人生のセイムスケール”. 玉川和正. 2015年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月5日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「恩賜上野動物園」の関連用語

恩賜上野動物園のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



恩賜上野動物園のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの恩賜上野動物園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS