カシ オークとの比較

カシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/04 22:20 UTC 版)

オークとの比較

英語で常緑性のカシのみを指す場合はライブオーク (live oak) と呼ぶ。ヨーロッパにおける常緑性のカシ類の分布は南ヨーロッパに限られており、イギリスをはじめとする中欧・北欧に分布するoakは、日本語では植物学上ナラ(楢)と呼ばれているものばかりであるが、文学作品などではカシとして翻訳されている例が多く、誤訳を元にした表記である[1]

アカガシの葉

日本に自生しているブナ科植物のうちカシと呼ばれているものでは主に以下の種がある。

また、アオガシイヌガシクスノキ科である。

利用

植栽

民家の垣根に植樹される主要な樹木の一つでもある。防音の機能を有する樹種(防音樹)として知られる[2]

常緑樹であるために防風林としての機能も果たした。またカシの生葉・生木は他の樹木と比較した場合に燃え難いこともあり、隣家火災の際には延焼を防止する目的も持ち合わせていた。

木材

漢字で木偏に堅と書くことからも判るように木材としての材質は非常に堅い。また粘りがあり強度も高く耐久性に優れている。その特性から道具類、建築用材などに使われる。ただし、加工がしにくい、乾燥しにくいといった難点がある。

戦争とカシ

1904年に始まった日露戦争では、日本の砲車がカシ材を使ったものであったため、ロシアの砲車(ヤシャブシで代用していた)よりも優れていたという見分結果がもたらされた。欧州では、カシはイタリアにあるだけで、多くはカシよりも弱いナラが代用とされていた[3]1940年、戦時色の強まった日本では、用材生産統制規則により特定の樹種について用途指定を実施。カシ材の使用用途については軍需、内地使用の船舶、車両用に限られることとなった[4]

カシをシンボルとする市町村

多くの市町村がカシをシンボルとして採用している。ここではシンボルを「カシ(樫)」としている市町村を列挙し、「イチイガシ」などのように各種をシンボルとしている市町村および消滅した市町村は除いた。


  1. ^ 鳥飼玖美子『歴史をかえた誤訳』〈新潮文庫〉、2004年、158頁。(単行本は2001年)
  2. ^ 藤山宏『プロが教える住宅の植栽』学芸出版社、2010年、9頁。
  3. ^ 「日本林業アーカイブス 技術と暮らしの記憶 第6回」『GR現代林業』通巻648号、全国林業改良普及協会、2020年6月1日
  4. ^ 香田徹也「昭和15年(1940年)林政・民有林」『日本近代林政年表 1867-2009』p420 日本林業調査会 2011年 全国書誌番号:22018608


「カシ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カシ」の関連用語

カシのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS