空気取入口とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 空気取入口の意味・解説 

エアインテーク

(空気取入口 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/04 12:04 UTC 版)

エアインテーク英語: air intake)は、空気を取り入れる入り口で、エンジンなどの空気を利用する機械の吸気のほか、空気調和機、機器の冷却、室内の換気などの目的で外気を取り入れるための開口部である。エア・インレットair inlet)、あるいは日本語吸気口などとも表記される。形状によってはエアスクープ: Air Scoop)と呼ばれる場合もある。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 物体の表面に付近にある流れの遅い領域

出典

  1. ^ AutoExe:機能別商品情報”. 株式会社オートエグゼ. 2014年3月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z Raymer, Daniel P. (1999) (English). Aircraft Design: A Conceptual Approach, 3rd ed.. Reston, Verginia: American Institute of Aeronautics and Astronautics, Inc.. pp. pp.236-256. ISBN 1-56347-281-3. 
  3. ^ ベンチレーター(venitilator)”. 株式会社プロトコーポレーション. 2015年12月3日閲覧。
  4. ^ バイク用語辞典”. ヤマハ発動機株式会社. 2014年4月17日閲覧。


「エアインテーク」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「空気取入口」の関連用語

空気取入口のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



空気取入口のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエアインテーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS