劉備玄徳とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 劉備玄徳の意味・解説 

劉備

(劉備玄徳 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/20 06:02 UTC 版)

劉 備(りゅう び、延熹4年(161年) - 章武3年4月24日(223年6月10日))は、後漢末期から三国時代の武将、蜀漢の初代皇帝。玄徳




  1. ^ 簡体字での表記:刘备ピン音Liú Bèi
  2. ^ 現代中国語ではXuándé
  3. ^ 晋書』巻一百・列伝第七十では、劉備を「烈祖」と称しているが、これが廟号なのかどうかは断定できない。
  4. ^ 四分暦太陰太陽暦
  5. ^ 渡辺精一『三国志人物鑑定辞典』では、「膝まで垂れる長い手」は「手を動かせる範囲が広い」≒「多才」と解釈でき、さらに「自分の耳を見ることもできる目」は「細かい所までよく見ることができる」という意味に取れるため、劉備の身体的特徴についての記録は「聡明である」という意味に解釈できる、との説明がされている。
  6. ^ 潞は露(あらわ)と同音、涿は啄(くち)と同音で、口があらわな人という意味になる。
  7. ^ 劉備はこのことを根に持ち、皇帝に即位すると過去の罪を挙げて張裕を処刑している。
  8. ^ 「玄徳」は「明徳」に相対する言葉であり、明徳とは外に表れやすい意識的な仁徳を言い、玄徳とは無意識的にして玄妙無限なる仁徳を指す。この字については、劉備が若い時に教えを受けた盧植が付けたのではないかと、漢学者の安岡正篤は、推測している(安岡正篤『十八史略』)。なお、盧植は黄巾の乱を鎮定した武将の一人である。
  9. ^ 蜀書」における劉備の伝は「先主伝」とある。また劉備の後を継いだ劉禅は後主とされている。
  10. ^ 漢書』「王子侯表」によると陸成侯。「亭侯」は後漢の爵位の制度で、前漢には存在していなかった。引き続き「王子侯表」で劉貞は紀元前127年に侯に封じられたと、記されている(詳しくは劉貞を参照)。
  11. ^ 後漢書』には3人の臨邑侯の名が記録されている。一人は建武2年(西暦26年)に真定劉楊と共に後漢への謀反を起こした劉譲であり、もう一人は建武30年(54年)に臨邑侯に封じられた劉復、いま一人は劉復の子の劉騊駼である。劉譲は劉楊の弟であり、劉楊は前漢景帝の7代の孫である。劉復は北海靖王劉興の子であり、劉興は光武帝の兄の斉武王・劉縯(伯升)の子である。
  12. ^ 山田勝芳『秦漢財政収入の研究』(汲古書院、1993年) ISBN 4-7629-2500-4 pp.631-632
  13. ^ 漢晋春秋』より。
  14. ^ 漢晋春秋』より。
  15. ^ 太平御覧』より。
  16. ^ a b 柿沼陽平「後漢末の群雄の経済基盤と財政補填策」(初出:『三国志研究』第11号(2016年)/所収:柿沼『中国古代貨幣経済の持続と展開』(汲古書院、2018年)) 2018年、P119-120・123-124.
  17. ^ 典略』によると、187年張純が反乱を起こした。青州刺史は張純討伐を命じた。その討伐軍が平原を通過したとき、劉子平(劉平?)は劉備が武勇に優れていると述べて従事に推薦した。劉備は従軍し、田野で敵軍と戦い負傷し、死んだ真似をした。友人に助けられ脱出した。後に軍功で安熹県の尉になった、と記されている。
  18. ^ 典略』によると、当時、郡は勅命により軍功によって官吏となった人間の罷免の審議を行っていた。劉備は自分がそこに含まれているのではないかと疑い、旧知で郡の監察官である督郵が県にやってきたと聞き、これに面会を申し込んだところ詐病によって拒否された。これを恨んだ劉備は吏卒を率いて門に押し入り、督郵を縛り上げて100回余り叩き、命乞いを受けて立ち去った
  19. ^ 英雄記』によると、霊帝の末年に劉備は洛陽にいた。後に曹操とともにに行き、兵を募集して集めた。間もなく曹操と董卓討伐に向かった、と記されている。
  20. ^ 魏書』より。
  21. ^ 『太平御覧』巻838引『英雄記』によれば、劉備の領土の作物を奪い取って軍糧としていた。
  22. ^ 『英雄記』によれば、一計を案じた劉備は楊奉を誘って会見し、会見の席上で楊奉を謀殺した。韓暹は逃げ出したが、杼秋の守備隊長の張宣に討ち取られ、その首級は劉備に届けられたという。
  23. ^ 『三国志』呂布伝では「是兒最叵信者」といった記録が後代の『後漢書』呂布伝では「大耳兒最叵信」に改変されている。
  24. ^ 『後漢書』袁術伝
  25. ^ 『献帝春秋』
  26. ^ 『三国志』「蜀書 巻二 先主伝」
  27. ^ 『三国志』「蜀書 巻七 龐統伝」
  28. ^ 季漢補臣賛
  29. ^ 『三国志』「呉書魯粛伝」
  30. ^ 蜀書先主伝 孫權以先主已得益州、使、使報、欲得荊州。先主言「須得涼州、當以荊州相與」
  31. ^ 『華陽国志』
  32. ^ 『典略』
  33. ^ 習鑿歯は費詩が左遷されたのは当然であると述べており、裴松之は習鑿歯の議論の内でこの論が最も優れていると意見している。それに反論して盧弼は、費詩の論に賛同します。劉備の即位行為には王夫之に批判された。「費詩伝」
  34. ^ 孫桓伝
  35. ^ 『四川文物』1987年第1期「劉備墓及真偽考弁」
  36. ^ 奉節県公式ページによる議論の概要。もちろんこのページでは奉節県に墓所があると主張されている。
  37. ^ 原文:「弘毅寛厚、知人侍士。蓋高祖之風、英雄之器焉。及其挙国託孤於諸葛亮、而心神無疑貳、誠君臣之至公、古今之盛軌也。機権幹略、不逮魏武、是以基宇亦狭。然折而不撓、終不為人下者、抑揆彼之量必不容己。非唯競利、且以避害云爾」
  38. ^ 先主伝 第二
  39. ^ ただし、似たような遺言を孫策張昭にしている。呉書張昭伝の注に引く『呉歴』によれば、「もし仲謀(孫権の字)に仕事に当る能力がないようならば、あなた自身が政権を執ってほしい」と述べている。
  40. ^ 族譜によると劉永には劉晨という子がいて、劉備の血統を伝えたことになっているが疑わしい。劉晨の系図は外部リンクを参照。
  41. ^ 諸葛亮がそのことを楊洪にたずねると、楊洪は「男子は戦い、女子は輸送に当たるべきだ」と進言した
  42. ^ 三国志』にはそのような剣があったという記録はない。的盧は『三国志』「先主伝」の注や『先主伝集解』にその名がある。
  43. ^ a b 渡邉義浩・仙石知子『「三国志」の女たち』山川出版社、2010年6月5日、76-77頁。
  44. ^ 『三国志』「魏書九 曹仁伝」には、曹純が劉備の娘2人を捕らえたとある。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「劉備玄徳」の関連用語

劉備玄徳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



劉備玄徳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの劉備 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS