商君書とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 商君書の意味・解説 

商君書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/15 08:48 UTC 版)

商君書』(しょうくんしょ)は、商鞅の著作と伝えられる書物。著者は不明。『商子』(しょうし)とも呼ぶ。24篇が現存する。


  1. ^ 史記』商君列伝「太史公曰(中略)余嘗読商君開塞耕戦書、与其人行事相類。」
  2. ^ 漢書』芸文志。「商君二十九篇(名鞅、姫姓、衛後也。相秦孝公。有列伝)」
  3. ^ 好並(1992) p.241
  4. ^ 好並(1992) pp.249-250
  5. ^ 『四庫全書総目提要』巻101・子部11・法家類・『商子』5巻「殆法家者流掇鞅余論、以成是編。猶管子卒於斉桓公前、而書中屡称「桓公」耳。」


「商君書」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「商君書」の関連用語

商君書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



商君書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの商君書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS