経済学 経済学と経営学

経済学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/25 14:23 UTC 版)

経済学と経営学

経済学と経営学の違いの第1は、経済学が研究方法に重きを置くのに対して、経営学は研究対象に重きを置くことである[43]。 経済学は独自の研究方法を有しており、その方法に則ってさえすれば、研究対象が必ずしも経済に関わるものでなくとも経済学たりうる。実際、医療、教育、文化なども経済学で活発に研究されている。 経営学では企業の経営という研究対象が先にあり、その対象を研究するため、経済学、心理学社会学などの方法が用いられる。 こうした違いは、経済学、経営学が教育・研究される組織の違いにも表れている。米国の大学では、経済学は、数学物理学心理学などと同様Faculty of Arts and Sciencesのdepartmentで教育・研究されるのに対し、経営学は、医学法学などと同様個別のprofessional schoolで教育・研究されることが多い。

経済学と経営学の違いの第2は、経済学の主な研究対象が経済という大きなものであるのに対して、経営学の研究対象が企業という小さいものであることである。企業の経済活動を研究対象とする、という点では両者共通だが、マクロの経済学においては、日本の経済、アジアの経済、世界の経済といった大きなくくりでの研究となる。そこで用いられるのが「経済人」という考え方だ。すべての人間は客観的で経済合理的に行動すると考える。マクロで捉える場合、個人的な好みの差などは考えず、皆が同じ行動をすると考えるのである。これに対して、ミクロの経営学の場合は一つの企業、またはその企業の中の一つの部門、さらにはその中のグループを構成する個人、というレベルまで研究対象とする。この場合は中にいる人間が主役となるので、個人の差の問題までも考慮する。ここで用いられるのが「経営人」という考え方だ。経営人は経済人と違い、皆がすべて情報を持つのではなく、限られた情報をもとに、自ら満足・不満足、という基準で意思決定を行う限定的合理性に基づく行動をとると考える。[44]


  1. ^ a b 経済学』 - コトバンク
  2. ^ Backhouse, Roger (2002). The Penguin history of economics. London. pp. 117. ISBN 0-14-026042-0. OCLC 59475581. https://www.worldcat.org/oclc/59475581 
  3. ^ Viktor O. Ledenyov; Dimitri O. Ledenyov (2018). Business cycles in economics. Dusseldorf, Germany: LAP LAMBERT Academic Publishing. ISBN 978-613-8-38864-7 
  4. ^ 井澤 2011.
  5. ^ a b Harper, Douglas (February 2007). "Economy". Online Etymology Dictionary. 2013年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月27日閲覧
  6. ^ 佐藤雅彦・竹中平蔵 『経済ってそういうことだったのか会議』 日本経済新聞社学〈日経ビジネス人文庫〉、2002年、5頁。
  7. ^ Satō, Masahiko; 佐藤雅彦 (2000). Keizai-tte sō iu koto datta no ka kaigi. Heizō. Takenaka, 竹中平蔵. (1-han ed.). Tōkyō: Nihon Keizai Shinbunsha. ISBN 4-532-14824-3. OCLC 45613525. https://www.worldcat.org/oclc/45613525 
  8. ^ Free, Rhona C., ed (2010). 21st Century Economics: A Reference Handbook. 1. SAGE Publications. p. 8. ISBN 978-1-4129-6142-4. https://books.google.com/books?id=hRFadIRMaMsC&pg=PA8 
  9. ^ Marshall, Alfred; Marshall, Mary Paley (1888). The Economics of Industry. Macmillan. p. 2. https://archive.org/details/economicsindust00marsgoog 
  10. ^ Jevons, William Stanley (1879). The Theory of Political Economy (second ed.). Macmillan and Co. p. XIV. https://archive.org/details/theorypolitical00jevogoog 
  11. ^ Backhouse, Roger E.; Medema, Steven (2008). "Economics, definition of". In Durlauf, Steven N.; Blume, Lawrence E. (eds.). The New Palgrave Dictionary of Economics (second ed.). pp. 720–722. doi:10.1057/9780230226203.0442. ISBN 978-0-333-78676-5. 2017年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月23日閲覧
  12. ^ Backhouse, Roger E.; Medema, Steven (Winter 2009). “Retrospectives: On the Definition of Economics”. Journal of Economic Perspectives 23 (1): 221–233. doi:10.1257/jep.23.1.221. JSTOR 27648302. 
  13. ^ Smith, Adam (1776). An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations  and Book IV, as quoted in Groenwegen, Peter (2008). "Political Economy". In Durlauf, Steven N.; Blume, Lawrence E. (eds.). The New Palgrave Dictionary of Economics (second ed.). pp. 476–480. doi:10.1057/9780230226203.1300. ISBN 978-0-333-78676-5. 2017年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月4日閲覧
  14. ^ アダム・スミス著 高哲男訳『国富論(上)』講談社学術文庫 2020年 614頁
  15. ^ Say, Jean Baptiste (1803). A Treatise on Political Economy. Grigg and Elliot 
  16. ^ John Stuart Mill, On the Definition of Political Economy; and on the Method of Investigation Proper to it, in Essays on Some Unsettled Questions of Political Economy, Essay V, M.DCCC.XLIV(1844), John W.Parker,West Strand, p.140.;The science which traces the laws of such of the phenomena of society as arise from the combined operations of mankind for the production of wealth, in so far as those phenomena are not modified by the pursuit of any other object.
  17. ^ Template:Unbulleted list citebundle
  18. ^ カール・マルクス資本論』、岩波文庫版 一 序文 14頁
  19. ^ エンゲルス『反デューリング論』第二篇 経済学、岩波文庫版 一 対象と方法 9頁および10頁
  20. ^ Political Economy or Economics is a study of mankind in the ordinary business of life; it examines that part of individual and social action which is most closely connected with the attainment and with the use of the material requisites of wellbeing. Thus it is on the one side a study of wealth; and on the other, and more important side, a part of the study of man.
  21. ^ a b Principles of Economics(1890, 1920,8th edition), INTRODUCTION.BOOK I, CHAPTER I,PRELIMINARY SURVEY.BOOK I, § 1.(『経済学原理』第1編序論第1章1)
  22. ^ Marshall, Alfred (1890). Principles of Economics. Macmillan and Company. pp. 1–2. https://archive.org/details/principlesecono00marsgoog :Economics is a study of man in the ordinary business of life. It enquires how he gets his income and how he uses it. Thus, it is on the one side, the study of wealth and on the other and more important side, a part of the study of man.
  23. ^ Robbins (2007), pp. 4–7.
  24. ^ カール・メンガー,Grundsätze der Volkswirthschaftslehre (1871), Frank A. Fetter,Economic Principles, 1915.ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス,Die Gemeinwirtshaft: Untersitchungen über den Sozialismus.(1922)
  25. ^ Robbins, Lionel (2007). An Essay on the Nature and Significance of Economic Science. Ludwig von Mises Institute. p. 15. ISBN 978-1-61016-039-1. https://books.google.com/books?id=nySoIkOgWQ4C&pg=PA15 
  26. ^ ライオネル・ロビンズ 著、小峯敦・大槻忠志 訳 『経済学の本質と意義』(初)京都大学学術出版会、2016年1月25日、17頁。ISBN 9784876988853 
  27. ^ Robbins (2007), p. 16.
  28. ^ 小畑二郎 『ケインズの思想 不確実性の倫理と貨幣・資本政策』(初)慶應義塾大学出版会株式会社、2007年11月10日、320-321頁。ISBN 978-4-7664- 1441-7 
  29. ^ ロナルド・H・コース 著、宮沢健一 後藤晃 藤垣芳文 訳 『企業・市場・法』(3版)東洋経済新報社、1993年2月1日、3-4頁。ISBN 978-4-4923-1202-5 
  30. ^ Template:Unbulleted list citebundle
  31. ^ Myreson, R. B. 1999 Nash Equilibrium and the History of Economic Theory. Journal of Economic Literature, 37, no. 3, pp. 1067-1082
  32. ^ Becker, Gary S. (1976). The Economic Approach to Human Behavior. University of Chicago Press. p. 5. ISBN 978-0-226-04112-4. https://books.google.com/books?id=iwEOFKSKbMgC&pg=PA5 
  33. ^ Seung-Yoon Lee (2014年9月4日). “Ha-Joon Chang: Economics Is A Political Argument”. huffpost.com. Huffington Post. 2021年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月19日閲覧。
  34. ^ ハンス・ブレムス 著、駄田井正 伊原豊實 大水善行 他 訳 『経済学の歴史 1960-1980』(初)多賀出版株式会社、1996年5月10日、12-16頁。ISBN 4-8115-4111-1 
  35. ^ Henry Dunning Macleod, 1821-1902.,
  36. ^ 放送大学「もう一度みたい名講義~放送大学アーカイブス~ 近代経済思想('87)第1回 西部邁「経済思想とは何か」 」(2011.6.25 23:00~23:45放送) での西部邁の指摘
  37. ^ The dismal science、Wikipedia
  38. ^ ハンス・ブレムス 著、駄田井正 伊原豊實 大水善行 他 訳 『経済学の歴史 1630-1980』(初)多賀出版株式会社、1996年5月10日、128-146頁。ISBN 4-8115-4111-1 
  39. ^ a b c d マクロ経済学』 - コトバンク
  40. ^ a b 新古典派総合』 - コトバンク
  41. ^ 小林慶一郎「「期待」どこまで解明?」2013年10月21日 日本経済新聞「経済教室」、経済産業研究所
  42. ^ G. Hogdson 2007 Evolutionary and Instituional Economics as the New Mainstream? Evolutionary and Institutional Economics Review 4(1): 7.25. Eric D. Beinhocker 2006 The Origin of Wealth / Evolution, Complexity, and the Radical Remaking of Economics. Harvard Business School Press.
  43. ^ 伊藤秀史 『ひたすら読むエコノミクス』有斐閣、2012年。 
  44. ^ Shinka suru nihon no keiei : Shakai toppu senryaku soshiki.. Okamoto, Daisuke, 1958-, Furukawa, Yasuhiro, 1962-, Sato, Yamato, 1963-, 岡本, 大輔, 1958-, 古川, 靖洋, 1962-, 佐藤, 和, 1963-. Chikurashobo. (2012.4). ISBN 9784805109915. OCLC 820755015. https://www.worldcat.org/oclc/820755015 
  45. ^ 「ケンブリッジ資本論争」の問題点 (pdf)” (1989年5月30日). 2016年6月1日閲覧。
  46. ^ 経済統計学会”. 2016年6月10日閲覧。
  47. ^ 阪本浩章 (2015年7月16日). “生産者理論入門 (PDF)”. 2016年6月9日閲覧。


「経済学」の続きの解説一覧




経済学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「経済学」の関連用語

経済学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



経済学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの経済学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS