literacyとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > literacyの意味・解説 

リテラシー

英語:literacy

 「リテラシー」とは、「その分野に関する十分な知識情報収集し、かつ有効活用できる能力」を指す意味で用いられる言葉である。「情報リテラシー」・「メディアリテラシー」・「ITリテラシー」のように複合語形をとることが多い。

「リテラシー」の元の意味

「リテラシー」は英語の literacy に由来する表現であり、もともとは「読み書き能力」あるいは「識字能力」を意味する言葉である。転じて情報活用する能力のような意味合い用いられるようになった今日では、「リテラシー(literacy)」は英語でも日本語でも主に「情報活用する能力の意味用いられる

日本語では「リテラシー」の語だけ単独で用いられることは少なく、むしろ「情報リテラシー」や「メディアリテラシー」や「ITリテラシー」のように、特定の分野明示すると共に用いられることが多い。これは英語でも同様でinformation literacy情報リテラシー)や media literacyメディアリテラシーのような複合語表現がよく使われる
リテラシーはつまり日本語の意味とだいたい同じである。ちなみに、literacy の対義語は「illiteracy」である。illiteracy は、否定意味する接頭辞il-」が付いた語であり、意味は読み書きできない」「無学」。閑話休題。英語の literacy は、形容詞literate」(読み書きできる)の名詞形である。literate語源ラテン語の「littera」および「litteratus」に遡り、これは letter文字手紙学識)と同語とされる

「リテラシー」の語を用いて叙述する場合動詞には「高い・低い」「ある・ない」「持っている欠如している」といった表現用いられる基本的には「高める」「育てる」「養う」「向上させる」といった指向下に用いられる語であり、「低下する」とか「失う」といった方向で言及される場合は(皆無ではないが)めったにない

リテラシーを使った例文

    情報リテラシーとは

    情報リテラシーとは、膨大な情報源アクセスし、その中から自分の得たい情報効率的に探し出し適切に活用できるそのような能力といえる典型的に図書館インターネット活用した調べ物可否・質・迅速さなどにおいて情報リテラシー問われる

    メディアリテラシーとは

    メディアリテラシーとは、情報伝達する媒体メディア)の機能役割性質正しく認識し正しく活用できる能力であるといえる情報収集し選択し活用する、という点において「情報リテラシー」と共通するが、メディアリテラシーメディアを通じて得られる情報に特に焦点当てている。ニュース情報に特に焦点を絞る意味で「ニュースリテラシー」という表現用いられる場合もある。

    ITリテラシーとは

    ITリテラシーとは、情報アクセスする手段としてコンピュータとネットワーク活用できる能力である、あるいは、コンピュータとネットワーク活用して情報アクセスできる能力である。情報収集し選択し活用するという点は情報リテラシーメディアリテラシーと同様であるが、IRそのために利用する手段PC等の電子器機であり、ハードウェアソフトウェア性質機能扱い方に関する理解問われるという部分が「ITリテラシー」の根底にはある。

    情報リテラシー」や「メディアリテラシー」、「ITリテラシー」は、いずれも情報情報メディアを扱う能力」というような意味で用いられる表現である。文脈によっては意味合い重複したり、代替可能だったりする場合がある

    リテラシー教育

    情報リテラシーメディアリテラシーも、ITリテラシーも、現代情報化社会においては半ば必須の能力といえる学校教育などにおける、子供各種リテラシーを高め取り組みは、「リテラシー教育」と呼ばれる

    リテラシーとコンピテンシーとの違い

    「リテラシー」と同様、「コンピテンシー」も、「能力」に関連する語という点で共通しているが、必ずしも類語として扱えるとは限らないコンピテンシーは英語の competency基づく語であり、英語では適格性」という意味がある日本語における「コンピテンシー」は、ビジネス企業経営人材マネジメント分野において「成績優秀者良好な業績の源となっている行動様式行動特性」といった意味合い用いられるある種専門用語である。

    リテラシー

    英語:literacy

    リテラシーとは「物事正確に理解し活用できること」を表す語。リテラシーの語源は英語の「literacy」からきており、本来は「読み書きができる能力知識」を指す言葉である。

    日本語の中では「リテラシー」は「メディアリテラシー」や「ネットリテラシー」などのように「ある分野におけるリテラシー」を明示する語と組み合わせて用いられることが多い。

    メディアリテラシー」は、テレビ新聞・書籍インターネット等のメディアを通じて発信され情報接し把握し正しく活用できる能力のことである。

    ネットリテラシー」は、インターネット上ウェブサイトSNS検索エンジンを通じて収集した内容的確に活用する能力のこと、および、個人情報正しく秘匿し、デマ詐欺などの悪意ある情報惑わされないための知識持ち合わせていることである。

    文化リテラシー」は、芸術文学など分野人の心動かせる能力のことである。

    金融リテラシー」は、金融ルール商品幅広く網羅し活用できる能力のことである。株式生命保険仮想通貨などの知識豊富な人を指す。

    リテラシーとコンピテンシーの違い

    「リテラシー」と似たような意味をもつ言葉としてコンピテンシー」が挙げられるコンピテンシーとは、仕事で高い業績をあげる人たち共通して持っている行動特性のことである。アメリカハーバード大学によると、仕事ができる能力と、その人持っている知能学歴は必ずしもイコールではないというデータがある。コンピテンシーの高い人たちさまざまな環境対応する能力優れており、コミュニケーション上手に取れるのが特徴である。また、異文化に対する感受性高くグループ統率したり、新しい組織を生み出す能力持っている

    コンピテンシー特性分析し理解することができれば一般層の人でも業務効率を上げることが可能であるそのため、多くの企業コンピテンシー教育に力をいれている傾向にある。リテラシーとコンピテンシーとの違い整理すると、リテラシーはあくまで能力の高さを示す概念といえる。一方コンピテンシー業務能力アップさせるための行動特性といえる

    リテラシー

    英語:literacy

    「リテラシー」とは・「リテラシー」の意味

    リテラシー(literacy)とは、「ある分野に関する知識理解する能力」のことを指す言葉である。ビジネスシーンにおけるリテラシーは、これに加えて、「情報適切に理解し、それを活用すること」という意味用いられることがほとんどである。
    元々、リテラシーは「読み書きする能力」を指す言葉であるが、これが転じ前述の意味で用いられることが多くなった。リテラシー単独で用いられることは少なく、デジタルリテラシーやビジネスリテラシーのように、関連する言葉つなげて用いられることが多い。

    「リテラシー」の語源・由来

    リテラシーは英語の「literacy」が語源であり、本来は「読み書きする能力知識」のことを指す言葉である。

    「リテラシー」の熟語・言い回し

    リテラシーがないとは


    リテラシーがないとは、情報適切に処理したり、活用したりする能力がないということを指す。

    リテラシーがない人とは


    リテラシーがない人とは、情報理解する能力や、適切に活用する能力がない人のことを指す。

    リテラシーが低いとは


    リテラシーが低いとは、情報理解する能力や、活用する能力がないわけではないが、低いということを指す。

    リテラシーが低い人とは


    リテラシーが低い人とは、情報理解し活用する能力他の人に比べて低い人のこと指す。

    リテラシーが高いとは


    リテラシーが高いとは、情報適切に処理したり、活用したりする能力が高いことを指す言葉である。

    情報リテラシーとは


    情報リテラシーとは、情報に関するリテラシーのことである。ここで言う情報とは、「世の中出回っているすべての情報」であり、インターネット上情報から、テレビ新聞周囲の噂話に至るまですべての情報対象としている。情報を得るときに、その情報本当に正しものであるかどうか判断する能力必要だが、入手した情報何らかの手段によって発信する際にも、情報正確さ情報元の正確さ必要であり誤った情報自分から拡散させないようにすることが重要であるビジネスシーンにおいて情報リテラシー重要であり一人情報リテラシー低さにより、自社取引先損害を与えてしまうケース少なくない

    メディアリテラシーとは


    メディアリテラシーとは、メディア全般に関するリテラシーのことである。メディアとは、テレビ雑誌新聞などを指しこれらのメディア情報読み解く能力のことを指している。全ての情報対象となる情報リテラシーよりは狭い範囲で適用となるが、正確な情報入手し発信することが重要であり誤った情報拡散するようなことは避けなければならないという点については、情報リテラシー同じであるメディアリテラシーは、3つの複合的要素絡んでいる能力のことであり、以下が構成要素として挙げられており、総務省定義されている。
    メディア情報主体的に読み解くことができる能力
    メディア能動的にアクセスし、それを活用することができる能力
    メディアを通じて相手コミュニケーションをはかる能力

    健康リテラシーとは


    健康リテラシーとは、ヘルスリテラシーとも言い換えることができ、健康についての情報や、医療についての情報を自ら入手し活用することができる能力のことである。インターネットSNSテレビ雑誌など様々な手段により、正し情報誤った情報入手しやすくなってしまったため、従来よりも、情報正誤判断難しくなった中、いかに正しく判断し適切な情報見極め自らの健康状態維持、または改善役立たせることができるかが重要である定期的に医療機関に通い適切な検診健康診断行い疾病早期発見早期治療につなげることも、健康リテラシーの一つである。健康リテラシーの向上により、自らの状態を正しく把握することによって、疾病予防QOL改善健康寿命延ばすことが可能となる

    金融リテラシーとは


    金融リテラシーとは、「金融経済に関する知識判断力」のことを指す言葉である。生活に欠かせない資産や金に関するリテラシーのことであり、安定した生活を送るためにも、資産形成の方法や、支出監理自分に合った金融商品選び方など、様々な項目が挙げられる中でも、「家計管理」や「生活設計」、「金融知識及び事情理解適切な商品利用選択」、「外部知見適切な活用」の4項目は、それぞれ適切なライフステージごとに理解し身に付けるべきとされている

    itリテラシーとは


    ITリテラシーとは、インターネット上情報から、コンピューターIT機器にまつわる知識や、これらを利用する能力のことである。単純にコンピュータータブレットなどのIT機器取り扱能力から、ネットワークセキュリティについてまで、ITに関連するすべてのものが対象となる。インターネットSNSなど発展によって、誰もが簡単に多くの情報アクセスすることや、世界中に情報発信することができるようになったため、例え悪意がなくても、ITリテラシーが低い人が、適切でない理解手法で、誤った情報世界中に発信してしまう恐れがあるこのような事態を防ぐためにも、正しITリテラシー身に付けておくことが重要である

    ictリテラシーとは


    ICTリテラシーとは、ICTに対するリテラシーのことである。ICTとは、「Information and Communication Technology情報通信技術)」を略した言葉であり、業務や生活において、デジタルデバイスやソフトウェア活用することができる技術のことである。ICTリテラシーとは、これらのツール利用して必要な情報処理を行う能力や、コミュニケーションをはかる能力のことを指す。ITリテラシー混同されることが多いが、ITは情報技術そのもの指しているのに対しICTは、情報伝達することをメインとし、日常の様々な場面における技術活用方法のことを指す。

    ICT活用例として、教育現場高齢者向けサービス挙げられる教育現場では、授業生徒情報管理パソコンタブレットなどが活用されており、高齢者向けサービスでは、インターネットを通じて遠隔からでも高齢者コミュニケーションをはかり、リアルタイムで状態を把握することができるサービス普及や、関係者間での情報の共有などで活用されている。これからさらに医療地域活性化などの分野でも発展期待されている分野あるため正しく扱うためにも、ICTリテラシーは重要なリテラシーの一つである。

    「リテラシー」の使い方・例文

    リテラシーの使い方例文として、以下のうになる
    パソコンタブレットなどの機器を扱うときには情報リテラシー必須である
    情報正しかどうか判断するのも情報リテラシー一種である
    情報は常にアップデートされているので、自分持っている情報最新のものかどうか確認し必要に応じてアップデートできる人が、情報リテラシーが高い人である
    SNS普及によって、ネットリテラシー重要性高まった
    幼いころから身近にパソコン携帯電話があっても、ネットリテラシーが高いとは言いきれない
    彼女はITリテラシーが高い
    これからの時代ICTリテラシーが重要である
    ワクチン薬についてデマ多く出回っており、個人の健康リテラシーが試されている
    病気に対して過度に恐れるだけではなく予防治療について知ることも健康リテラシーの一種である
    安定した資産築き生活を豊かにするためにも、正し金融リテラシーを子供のころから身に付けるべきである
    投資を行う際に金融リテラシーが必要である
    彼はリスクの高い投資をしている割に金融リテラシーが低い
    ・ビジネスリテラシーが低いと、自社だけではなく取引先にまで迷惑がかかる恐れがある
    彼はビジネスリテラシーが高いから安心して仕事任せることができる

    リテラシー


    識字

    (literacy から転送)

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/23 15:17 UTC 版)

    識字(しきじ、literacy)とは、文字書記言語)を読み書きし、理解できること、またその能力。


    注釈

    1. ^ 2014年現在でも、出入国管理及び難民認定法施行規則第55条において、「無筆、身体の故障その他申請書を作成することができない特別の事情がある者」の口頭申請を認める規定があり、法令用語として「無筆」が使用されている。
    2. ^ 伊達政宗の教育係となった虎哉宗乙のように、裕福な武士は子息のために僧侶を招聘していたが、大多数は仮名と基本的な漢字のみしか読めなかった。

    出典

    1. ^ https://www.accu.or.jp/jp/activity/education/02-01d.html 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター (ACCU)  2017年12月16日
    2. ^ 「生きるための読み書き 発展途上国のリテラシー問題」pv 中村雄祐 みすず書房 2009年9月10日発行
    3. ^ 公職選挙法48条で「文盲」が使われていたが、平成25年法律第21号で表現が「心身の故障その他の事由」に改められた。
    4. ^ 『国際教育協力を志す人のために 平和・共生の構築へ』 p.38.千葉杲弘監修 寺尾明人・永田佳之編 学文社 2004年10月10日第1版第1刷
    5. ^ a b 『国際教育協力を志す人のために 平和・共生の構築へ』 p.39.千葉杲弘監修 寺尾明人・永田佳之編 学文社 2004年10月10日第1版第1刷
    6. ^ a b 『国際教育協力を志す人のために 平和・共生の構築へ』 p.40.千葉杲弘監修 寺尾明人・永田佳之編 学文社 2004年10月10日第1版第1刷
    7. ^ 『アフリカ経済論』 p.270.北川勝彦・高橋基樹編著 ミネルヴァ書房 2004年11月25日初版第1刷
    8. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/2515456 『「国連識字デー」インドの寺子屋で学ぶ子どもたち』AFPBB 2017年12月27日閲覧
    9. ^ http://www.unic.or.jp/news_press/messages_speeches/1144/ 「国連識字の10年(2003-2012年)」国連本部で開始 「すべての人に識字を」をスローガンに、国連副事務総長が提唱」国際連合広報センター 2017年12月27日閲覧
    10. ^ 『生きるための読み書き 発展途上国のリテラシー問題』 p.13.中村雄祐 みすず書房 2009年9月10日発行
    11. ^ https://www.stat.go.jp/library/faq/faq27/faq27n03.html 「各国の識字率」総務省統計局 2017年12月28日閲覧
    12. ^ a b c d e f http://www.jp.undp.org/content/dam/tokyo/docs/Publications/HDR/2011/UNDP_Tok_HDR%202011Statistics_20140211.pdf 「統計別表 - 国連開発計画(UNDP)」p190 2017年12月28日閲覧
    13. ^ http://www.stat.go.jp/naruhodo/c3d0908.htm 「9月8日 国際識字デー」総務省 統計局 なるほど統計学園 2017年12月27日閲覧
    14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t https://www.stat.go.jp/data/sekai/pdf/2017al.pdf#page=266 「世界の統計2017」p266 総務省統計局 2017年12月27日閲覧
    15. ^ a b c d e f http://www.jp.undp.org/content/dam/tokyo/docs/Publications/HDR/2011/UNDP_Tok_HDR%202011Statistics_20140211.pdf 「統計別表 - 国連開発計画(UNDP)」p191 2017年12月28日閲覧
    16. ^ a b c d http://www.jp.undp.org/content/dam/tokyo/docs/Publications/HDR/2011/UNDP_Tok_HDR%202011Statistics_20140211.pdf 「統計別表 - 国連開発計画(UNDP)」p192 2017年12月28日閲覧
    17. ^ 「印刷・スペース・閉ざされたテキスト」ウォルター・オング(「歴史の中のコミュニケーション メディア革命の社会文化史」所収)p135 デイヴィッド・クロウリー、ポール・ヘイヤー編 林進・大久保公雄訳 新曜社 1995年4月20日初版第1刷
    18. ^ 「図説 アジア文字入門」p102 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所編 河出書房新社 2005年4月30日初版発行
    19. ^ 小林登志子 『シュメル 人類最古の文明』p200-203 中央公論新社〈中公新書〉、2005年。
    20. ^ 古代オリエント集. 筑摩書房. (1978年4月30日) 
    21. ^ 江藤恭二監修 2008, p. 22.
    22. ^ 江藤恭二監修 2008, p. 23.
    23. ^ 江藤恭二監修 2008, p. 11.
    24. ^ 江藤恭二監修 2008, p. 24.
    25. ^ 漢字はいつから日本にあるのですか。それまで文字はなかったのでしょうか | ことばの疑問 | ことば研究館
    26. ^ 『日本幽囚記』(井上満訳、岩波文庫 p.31
    27. ^ 岩下誠 2020, p. 96.
    28. ^ ルビンジャー 2008.
    29. ^ a b c 八鍬友広, 「近世社会と識字 (<特集> 公教育とリテラシー)」, 教育學研究, 70(4), 524-535, (2003).
    30. ^ 小林恵胤, 「明治14年の識字調 ―当時の北安曇郡常盤村の場合―」, 長野県 近代史研究, (5), 51-57 (1973).
    31. ^   諸証書ノ姓名ハ自書シ実印ヲ押サシム. - ウィキソース.  明治10年太政官布告第50号
    32. ^ 新関欽哉 1991, pp. 176–178.
    33. ^ 新関欽哉 1991, pp. 176–183.
    34. ^ a b http://home.hiroshima-u.ac.jp/cice/wp-content/uploads/2014/02/15-1-04.pdf 「識字能力・識字率の歴史的推移――日本の経験」斉藤泰雄 広島大学教育開発国際協力研究センター『国際教育協力論集』第 15 巻 第 1 号(2012) 55 ~ 57頁 2017年12月28日閲覧
    35. ^ 日本人名大辞典+Plus, デジタル版. “ペルゼルとは” (日本語). コトバンク. 2021年3月2日閲覧。
    36. ^ 朝日新聞2008年12月5日夕刊
    37. ^ 『戦後日本漢字史』(新潮選書、阿辻哲次)p.40-
    38. ^ a b 「日本人の読み書き能力調査 」(1948)の再検証
    39. ^ 日本人の読み書き能力1948 年調査の非識字者率における生年の影響
    40. ^ a b ひらがなも書けない若者たち ~見過ごされてきた“学びの貧困”~ - クローズアップ現代
    41. ^ 60代から文字を学んで…娘の出生届も書けず、結婚35年で妻に初のラブレター : エンタメ・文化 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年10月9日). 2021年10月11日閲覧。
    42. ^ 樺太残留邦人に言葉の壁 日本語「読めない」4割:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年8月12日閲覧。
    43. ^ 新田一郎 『日本の歴史11 太平記の時代』講談社、2001年、244頁。 


    「識字」の続きの解説一覧


    英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
    英語⇒日本語日本語⇒英語
      

    辞書ショートカット

    すべての辞書の索引

    「literacy」の関連用語

    literacyのお隣キーワード
    検索ランキング

       

    英語⇒日本語
    日本語⇒英語
       



    literacyのページの著作権
    Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

       
    新語時事用語辞典新語時事用語辞典
    Copyright © 2023 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
    実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
    Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
    デジタル大辞泉デジタル大辞泉
    (C)Shogakukan Inc.
    株式会社 小学館
    食品安全委員会食品安全委員会
    Copyright © 2006 - 2023 Food Safety Commission. All Right Reserved.
    独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
    (c)2023 The National Institute for Japanese Language
    ウィキペディアウィキペディア
    All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
    この記事は、ウィキペディアの識字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

    ©2023 GRAS Group, Inc.RSS