陣笠とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > 陣笠の意味・解説 

じん がさ ぢん- [0][3] 【陣笠

昔、陣中足軽雑兵などの下級武士が兜(かぶと)の代わりにかぶった笠。
政党幹部追従し、自分主義主張をもたない議員。 「 -連」

陣笠

読み方:ジンガサ(jingasa)

(1)室町時代以降陣中足軽雑兵などが用いた笠。
(2)雑兵または歩兵手下の者をさす俗語


陣笠

読み方:じんがさ

  1. 大根-俗ニ下手役者大根又ハ陣笠連ト云ヘルヨリ来ル。〔第六類 器具食物
  2. 大根を云ふ。

陣笠

読み方:じんがさ

  1. 議会に出ても唯議席について居るのみで実際に勢力のない下廻の議員の事をいふ。又は多数雷同するものをいふ。
  2. 議会で単に賛成賛成裁決に加はるだけの無力田舎代議士のこと。〔隠語
  3. 〔俗〕議会に出て唯議席について居るのみで実際に勢力のない下廻り議員の事。転じて一般に多数雷同する者を指す。
  4. 代議士のことをいふ。
  5. 陣中で兜の代りに笠をかぶつた雑兵、下つぱ連中のことから転じて議員末輩連中のことをいう。

分類 俗語

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

(陣笠 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 20:54 UTC 版)

(かさ)は、被り物の一種。直射日光などが当たらないようにに被る道具[1][2][3][4][5]、外出の際に顔を隠すのに用いることもある[2][4]東アジアおよび東南アジアで古くから広く用いられている[4][5](かさ。差/差し傘、手傘)と区別する意をもって被り笠(かぶりがさ)ともいう[1][2]


注釈

  1. ^ 「一階笠」「二階笠」の「階」は当て字

出典

  1. ^ a b c d e f ”. 小学館『デジタル大辞泉. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h ”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  3. ^ ”. 平凡社マイペディア. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  4. ^ a b c ”. 平凡社『世界大百科事典』第2版. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  5. ^ a b c d e f ”. 小学館『日本大百科全書:ニッポニカ』. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  6. ^ a b ”. 小学館『精選版 日本国語大辞典』. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  7. ^ a b c d e ものの数え方・助数詞 =か=”. みんなの知識 ちょっと便利帳(ウェブサイト). みんなの知識委員会. 2019年4月25日閲覧。
  8. ^ a b 『日本目録規則 2018年版』付録B.2 (PDF)”. 公式ウェブサイト. 日本図書館協会. 2019年4月25日閲覧。
  9. ^ a b 個々の助数詞の用法 - 言葉の世界1-6”. デュアル大辞林 第3版 特別ページ(公式ウェブサイト). 三省堂. 2019年4月25日閲覧。
  10. ^ a b c カ行からはじまるものの数え方”. Key:雑学事典(ウェブサイト) (2007年5月11日更新). 2019年4月25日閲覧。
  11. ^ ”. 三省堂大辞林』第3版. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  12. ^ 加藤玄悦『我衣』
  13. ^ 笹間良彦『図説 日本合戦武具事典』柏書房、2004年。
  14. ^ 笹間良彦『図録 日本の甲冑武具事典』柏書房、1981年。
  15. ^ 笹間良彦『図解 日本甲冑事典』雄山閣出版、1988年。
  16. ^ 日本随筆大成編輯部編、柳亭種彦『柳亭筆記』吉川弘文館(日本随筆大成 巻2)、1927年、717-724頁。
  17. ^ a b 編笠”. 小学館『日本大百科全書:ニッポニカ』. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  18. ^ a b 編笠”. 小学館『精選版 日本国語大辞典』. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g h 編笠”. きごさい歳時記(公式ウェブサイト). NPO法人「きごさい」(季語と歳時記の会). 2019年4月25日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g 綾藺笠”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。■図説もあり。
  21. ^ a b c 網代笠”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  22. ^ a b c d 藺笠”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。■図説もあり。
  23. ^ a b c d e 菅笠”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。■図説もあり。
  24. ^ a b c d 檜笠”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  25. ^ a b 竹笠”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  26. ^ a b c 筍笠”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  27. ^ a b c d e f g h 葛笠”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  28. ^ 水口細工”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  29. ^ a b 葛帽子”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  30. ^ a b 藤笠”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  31. ^ 被り笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。
  32. ^ 雨笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。
  33. ^ 花笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。
  34. ^ a b c d 市女笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。
  35. ^ a b c 市女笠”. 平凡社『世界大百科事典』第2版. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。
  36. ^ 窄笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。
  37. ^ 壷笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。
  38. ^ 局笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。
  39. ^ a b c d 唐人笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。■図説もあり。
  40. ^ a b c 陣笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。■図説もあり。
  41. ^ 端反笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。■図説もあり。
  42. ^ 『広辞苑 第六版』 岩波書店にも記載されている。
  43. ^ NHK Eテレ系列の番組『先人たちの底力 知恵泉』「バラバラな組織をまとめるには?「上杉謙信」」の番組内説明を一部引用。
  44. ^ a b c 騎射笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。■図説もあり。
  45. ^ a b c d 一文字笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。■図説もあり。
  46. ^ a b c d e f g 韮山笠”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。■図説もあり。
  47. ^ a b c d 虚無僧笠”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  48. ^ 薦僧”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。
  49. ^ a b c 深編笠”. 小学館『精選版 日本国語大辞典』. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。■図説もあり。
  50. ^ a b c d 天蓋”. 小学館『精選版 日本国語大辞典』、ほか. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。■図説もあり。
  51. ^ a b c d e 熊谷笠”. コトバンク. 2019年4月25日閲覧。■図説もあり。
  52. ^ a b 桔梗笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。■図説もあり。
  53. ^ a b c 加賀笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。■図説もあり。
  54. ^ a b c d ざんざら笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。■図説もあり。
  55. ^ a b c d e f 三度笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。■図説もあり。
  56. ^ a b 饅頭笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。■図説もあり。
  57. ^ 台笠”. コトバンク. 2019年4月29日閲覧。
  58. ^ 笠 - 家紋図鑑”. きものと悉皆みなぎ(公式ウェブサイト). みなぎ. 2019年4月29日閲覧。


「笠」の続きの解説一覧

陣笠

出典:『Wiktionary』 (2010/06/26 13:50 UTC 版)

名詞

じんがさ

  1. 下級兵士代わりとしてに被った笠。
  2. 語義1の笠を被って合戦臨ん下級兵士
  3. 地位低い者。特に、平の議員

発音

じ↗んがさ

類義語

翻訳




陣笠と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陣笠」の関連用語

陣笠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



陣笠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの笠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの陣笠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS