空き三角とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 空き > 空き三角の意味・解説 

空き三角(あきさんかく)

愚形一種

下図で、白は空き三角を作ってしまっている。石が固まりすぎているのでよくない

ここではD2よりC2がいい。

空き三角


空き三角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 02:18 UTC 版)

左図が「空き三角」と呼ばれる典型的な愚形。aの点のダメ空いた三角形なのでこの名がある。本来2つ並んだ石からは、上右図の▲のようにトンでも決し切断されることはないにも拘わらず左図のように隣接させて打っているのは、石の働きがだぶっていると考えられる。が、グズミのように、自らわざとアキ三角作り行き狙い作る手もある。なおaの点に白石がある場合には「空き三角」とは呼ばず愚形でもない

※この「空き三角」の解説は、「形 (囲碁)」の解説の一部です。» 「形 (囲碁)」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



空き三角と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

空き三角のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



空き三角のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
playGO.toplayGO.to
Copyright (C) 2022 playGO.to. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの形 (囲碁) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS