ズとは?

ず【×厨】

⇒ちゅう


「す」の濁音歯茎有声破擦子音dz]と母音[u]とから成る音節。[dzu]

[補説] 清音「す」に対す濁音としては、本来、歯茎有声摩擦子音[z]と母音[u]とから成る音節zu]が相当するが、現代共通語では一般に[dzu]と発音する。しかし、[zu]とも発音し、両者は音韻としては区別されない。古くは[ʒu](あるいは[dʒu][dzu])であったかともいわれる室町時代末には[zu]と発音され、近世江戸語以降[dzu]と発音された。


ず〔ヅ〕【徒】

律の五刑の一。今の懲役刑にあたる。1年から3年まで半年ごとの五等級があり、流(る)より軽く(じょう)より重い刑。徒罪徒刑


ず〔づ〕

[接頭]動詞形容詞などに付いて、とびぬけている、度外れている、などの意を添える。「ず抜ける」「ず太い

[補説] 「図」「頭」を当て書くことが多い。


ず〔ヅ〕【図】

物の形や状態を描いたもの絵図地図図面など。「掛け図」「見取り図

点・線・面が集まって一つの形を構成しているもの。図形

物事のようす。状態。「見られた図ではない」

考えどおり。思うつぼ。

「謀(はかりごと)の—を外させ」〈浄・矢口渡

くふう。計画

何にてもあたらし思ひつき、今迄ない—を案ずるに」〈浮・敗毒散・一〉

十二律の各音階正しい調子を書きしたもの

当寺の楽は、よく—を調べ合はせて」〈徒然・二二〇〉


ず【図〔圖〕】

[音](ヅ)(呉) (漢) [訓]はかる

学習漢字2年

[一]〈ズ〉ある中にものの形をえがいたもの。「図案図画図鑑図形図示図書(ずしょ)・図表絵図系図構図縮図製図地図付図略図

[二]〈ト〉

絵。また、本。「図書(としょ)/画図

地図。「版図

思いはかる。「意図

計画はかりごと。「企図壮図雄図

名のり]のり・みつ

難読図図(ずうずう)しい・図体(ずうたい)


[助動][ざら|ざり|○|ざる|ざれ|ざれ]活用語未然形付き断定的否定判断を表す。ない。ぬ。→ざり →ぬ

あらたまの年の緒長く逢はざれど異(け)しき心を我が思(も)はくに」〈三七七五

「おろかにそ我は思ひし乎布(をふ)の浦の荒磯巡り見れど飽かけり」〈・四〇四九

風波やまば、なほ同じ所にあり」〈土佐

誰もいまだ都なれほどにて、え見つけ」〈更級

[補説] 「ず」の活用は「ず」の系列「(ず)・ず・ず・〇・〇・〇」と、「ぬ」の系列「(な)・(に)・〇・ぬ・ね・〇」とからなるが、さらにその不備を補うため、連用形「ず」に動詞「あり」の付いた「ずあり」の音変化形「ざり」系列「ざら・ざり・〇・ざる・ざれ・ざれ」が生じた。未然形「な」と連用形「に」は奈良時代用いられたが、「ず」は、この「に」に動詞「す」が付いて成立したものという。「な」は、接尾語「く」の付いた「なく」の形で後世にも用いられた。また、中世以降終止形は「ず」に代わり「ぬ」が用いられるようになり、未然形「ず」は室町時代以降「ずば」の形で用いられた。なお、現代では、連用形「ず」は中止法として主に書き言葉用いられ、終止形は「べからず」の形で禁止の意を表すのに用いられる。


ず〔づ〕【出】

[動ダ下二「で(出)る」の文語形


ず【事】

⇒じ


ず【豆/頭】

〈豆〉⇒とう

〈頭〉⇒とう


ず〔ヅ〕【頭】

あたま。かしら。


ず【×杜/途】

〉⇒と

〈途〉⇒と


読み方:ズ(zu

(1)条里制の条の別称
(2)律令制下、全国的作製し、民部省国衙保管された田地の図。
(3)鎌倉時代幕府の命により国衙作製された一国単位土地台帳


読み方:ズ(zu

古代の律に定められた刑罰の一。懲役刑


名前 DuZu

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 02:05 UTC 版)

五十音と撥音


  1. ^ a b 日本国語大辞典小学館、2001年、第2版。


「ず」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/11/21 11:21 UTC 版)

接尾辞

  1. 口語冗談風で)たち。…のグループ

語源

英語 -s (複数形語尾)の音写

同音の漢字



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ズ」の関連用語

ズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのず (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS