A-4とは?

A4サイズ

読み方:エーヨンサイズ
別表記:A4、A4判

210mm×297mmの大きさ。紙の仕上がり寸法種類1つA3サイズの紙を半分に折った時の大きさコピー用紙で用いられることの多い大きさ

【A-4】(えーよん)

Douglas A-4 "Skyhawk(スカイホーク)"
ダグラス社が1960年代開発した亜音速艦上攻撃機
エド・ハイネマンによる傑作機であり、「ハイネマンのホッドロッド」、「スクーター」などの愛称を持つ。

ハイネマンの「軽量小型空力洗練追求すれば自ずと高性能が得られる。」とのコンセプトに基づき主翼折りたたみ機構が必要ないほどに小型軽量ながら堅牢な機体仕上がっており、通常爆弾から各種誘導兵器戦術核兵器など4t以上ものペイロードを誇る。
MiG-21同様に有尾翼式デルタ翼採用しており運動性も高いため、戦闘機でないにも関わらずトップガンなどのアグレッサーアクロバットチームブルーエンジェルス」の機体としても採用された。
また、整備性もよく安価なため、アメリカ海軍海兵隊大量採用された他、アルゼンチンイスラエルなどに輸出され、運用成績も非常に良好である。

実戦ではベトナム戦争第四次中東戦争フォークランド紛争湾岸戦争参加した。

アメリカ海軍では1976年に、アメリカ海兵隊からは1998年退役済みだが、ブラジルでは空母サンパウロ搭載艦上攻撃機として運用中であり、他にも多くの国で陸上機として使用されている。

IMG_7116.jpg
Photo:MASDF

スペックデータ

乗員1名/2名(TA-4J・F、OA-4F)
全長12.22m
全高4.57m
全幅8.38m
主翼面積24.15
空虚重量4,750kg
運用重量8,318kg
最大離陸重量11,136kg
機体燃料搭載2,011kg
エンジンP&W J52-P8Aターボジェット推力41kN(9,300lbf))×1基
最高速度1,077km/h
航続距離3,220km
戦闘行動半径620km(H-L-H
実用上昇限度12,880m
上昇率43m/s
武装コルトMk12 20mm機関砲×2門
兵装各種ミサイル類:
AIM-9サイドワインダー
AGM-12ブルパップ
AGM-45シュライク
AGM-62ウォールアイ
AGM-65マーベリック
エグゾセ

爆弾類(外部ハードポイント5箇所最大4,490kgまで搭載可能):
ロックアイシリーズ(Mk.7/Mk.20)/APAM-59クラスター爆弾
Mk.81/Mk.82汎用爆弾
GBU-16レーザー誘導爆弾
Mk.76練習爆弾
ロケット弾ポッド
増槽

派生型(カッコ内は生産・改修機数)


V-2

分類:ロケット


名称:V-2(A-4)
打ち上げ国名機関:ドイツ
開発機関会社:ドイツ陸軍兵器
運用機関会社:ドイツ武装親衛隊
打ち上げ場所:北フランス/オランダ等(移動式)
運用開始年:1944年
運用終了年:1945年

V-2は、現在のすべての宇宙ロケット弾道ミサイルの遠い先祖にあたるミサイル兵器です。ドイツ陸軍兵器局に所属する、ヴァルター・ドルンベルガー少将ウェルナー・フォン・ブラウン博士らが開発しました。V-2(Vergeltungswaffe Zwei)とは、ナチス付け呼び名で、設計名はA-4と言います。
フォン・ブラウン博士らは小型ロケットによる実験の後、1936年からA-4の開発着手し、1942年6月には試射漕ぎ着けました。バルト海に面した寒村ペーネミュンデ秘密試験場行われ最初試射爆発して失敗終り8月の2回目の試射でも墜落10月3日の3回目の試射でようやく計画通り飛行成功しました。その後も困難な開発続きましたが、1944年9月6日にはドイツ占領下のベルギーからパリ向けて、V-2の第1弾が打ち込まれました。戦争が終わる2カ月前の1945年3月までに、合計3255発のV-2がイギリスオランダに向けて発射されています。戦争終結直前フォン・ブラウン百人超えるロケット技術者はA-4の資料と共にアメリカ軍投降し、戦後アメリカ渡って市民権取りアメリカミサイル宇宙ロケット開発において欠くことの出来ない存在となりました。

1.どんな形をし、どんな性能持っているの?
A-4は円錐形胴体に、4大きな尾翼持ち底部には推力25トンロケット・エンジン1基があります。このエンジンには、燃料エチル・アルコール(燃焼室冷却のため25混合)と、酸化剤液体酸素が、過酸化水素分解ガス駆動されるターボポンプ加圧して送り込まれます。エンジンノズル周囲には、4グラファイト製の噴流舵があって、排気を変向して姿勢制御します。A-4の全長は14.04m、直径は1.65mで、尾翼の幅は3.56mあり、離床重量は12.9トンになります

2.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
A-4は移動式の発射台から打ち上げられ、上昇しながら徐々に目標向けて姿勢を傾け、離床66秒後に速度が1,540m/s、高度28kmに達して、エンジン停止します。その後A-4は弾道飛行続け発射地点から147km離れたところで高度82kmの上限度到達します。この後は下降に転じ、発射地点から290kmはなれた目標地点に約マッハ3落下します。発射から着弾までは310秒です。

3.どんなものを打ち上げたの?
A-4の頭部には重量1トン弾頭があり、約0.75トン高性能炸薬充填されていました。

4.どのくらい成功しているの?
A-4は、3255発ほどがロンドンパリアムステルダム落下していますが、どのくらい発射されたのか、正確な数は分かっていません。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
ハーミーズR-1あります


VX

分子式C11H26NO2PS
その他の名称:VX、V-エージェント、V-agent、Methylphosphonothioic acid O-ethyl S-[2-(diisopropylamino)ethyl] ester、Methylthiophosphonic acid S-[2-(diisopropylamino)ethyl]O-ethyl ester、A-4、VXベーパー、VX Vapar、Tx-60、MPTMethyl[2-(diisopropylamino)ethylthio]phosphinic acid ethyl ester
体系名:メチルチオホスホン酸O-エチル-S-[2-[ビス(1-メチルエチル)アミノ]エチル]、ジイソプロピル[2-[(メチルエトキシホスフィニル)チオ]エチル]アミン、メチルチオホスホン酸O-エチルS-[2-(ジイソプロピルアミノ)エチル]、メチルホスホノチオ酸S-[2-(ジイソプロピルアミノ)エチル]O-エチルメチルホスホノチオ酸O-エチルS-(2-ジイソプロピルアミノエチル)、メチルホスホノチオ酸O-エチルS-[2-(ジイソプロピルアミノ)エチル]、メチルチオホスホン酸S-[2-(ジイソプロピルアミノ)エチル]O-エチルメチル[2-(ジイソプロピルアミノ)エチルチオ]ホスフィン酸エチル


A‐4

分子式C28H40N2O2
その他の名称:A-4、1,1'-[Biphenyl-4,4'-diylbis(2-hydroxyethane-2,1-diyl)]bis(4-methylpiperidine)、1,1'-[1,1'-Biphenyl-4,4'-diylbis(2-hydroxyethane-2,1-diyl)]bis(4-methylpiperidine)
体系名:1,1'-(1,1'-ビフェニル-4,4'-ジイル)ビス[2-(4-メチルピペリジン-1-イル)エタノール]、1,1'-[1,1'-ビフェニル-4,4'-ジイルビス(2-ヒドロキシエタン-2,1-ジイル)]ビス(4-メチルピペリジン)、1,1'-[ビフェニル-4,4'-ジイルビス(2-ヒドロキシエタン-2,1-ジイル)]ビス(4-メチルピペリジン)


A4

読み方えーよん

210×297mmの用紙サイズを表す。 A3 サイズ半分。もっとも一般的な用紙サイズで、コンシューマ向けのプリンタ用紙サイズはA4までのものが多い。

A4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/01 14:49 UTC 版)

A4

関連項目

A0 - A1 - A2 - A3 - A4 - A5 - A6 - A7 - A8 - A9 - A10 - A11 - A12





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

A-4のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

増槽

コンプトン

アポロ1号

尾輪式

STS-75

バイバイフライト

マイケル・A・ベーカー

フィンガーチップ





A-4のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2017 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのA4 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS