熾仁親王とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 熾仁親王の意味・解説 

有栖川宮熾仁親王

(熾仁親王 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 04:18 UTC 版)

有栖川宮 熾仁親王(ありすがわのみや たるひとしんのう、天保6年2月19日1835年3月17日) - 明治28年(1895年1月15日)は、江戸時代後期~明治時代日本皇族政治家軍人は初め「泰山」、後に「霞堂」。階級・勲等・功級は陸軍大将大勲位功二級




  1. ^ a b 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館、2007年、20頁。ISBN 978-4-09-626607-6 
  2. ^ a b c d e #三島由紀夫のニ・ニ六事件76-77頁
  3. ^ #熾仁親王日記 巻一10頁
  4. ^ 『官報』号外「叙任」1886年1月24日
  5. ^ 『官報』第1928号「宮廷錄事」「彙報 - 大日本帝国憲法発布記念章送付」1889年11月30日。
  6. ^ 『官報』第3469号「叙任及辞令」1895年1月24日
  7. ^ #三島由紀夫のニ・ニ六事件78-81頁
  8. ^ 鈴木尚・矢島恭介・山辺知行編『増上寺徳川将軍墓とその遺品・遺体』(東京大学出版会、1967年12月25日、1997年11月25日)
  9. ^ 川端康成美しさと哀しみと』(中央公論社、1965年。中公文庫、1973年)
  10. ^ 平瀬礼太『銅像受難の時代』吉川弘文館、2011年、P52-53。
  11. ^ 参謀本部と有栖川大宮殿下銅像 写真の中の明治 国立国会図書館蔵
  12. ^ 吉岡心平『大物車のすべて』ネコ・パブリッシング、2007年、上P6-7・下P8。 なお、同書によるとこの専用貨車も25tの岩は限界ギリギリであり、本来このボギー台車は1軸当たり7t(4軸あるので本体と貨物合計28tまで)まで重量をかけれるところを8tかかってしまったので、安全のため徐行運転で運ぶはめになった。
  13. ^ 「公文別録・内閣(企画院上申書類)・昭和十五年~昭和十八年・第三巻・昭和十八年『銅像等ノ非常回収実施要綱』」のP6によると回収の例外規定に「(イ)皇室・皇族・王族ニ関スルモノ及神像(以下略)」とある。
  14. ^ 平瀬礼太『銅像受難の時代』吉川弘文館、2011年、P308。


「有栖川宮熾仁親王」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「熾仁親王」の関連用語

熾仁親王のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



熾仁親王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有栖川宮熾仁親王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS