System32とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > System32の意味・解説 

セガ・システム32

(System32 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/16 14:07 UTC 版)

セガ・システム32とは、セガ(後のセガ・インタラクティブ)初の32ビットCPUを採用したアーケードゲーム基板であり、過去の2Dシステムボードの集大成のようなハードウェア構成となっている。具体的にはSystem16のBG機能、System18のサウンド、Y-BOARDのスプライトを統合したような構成になっている(それぞれ、小改良は施されているが、基本仕様は同一)。




「セガ・システム32」の続きの解説一覧

Microsoft Windows

(System32 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 23:33 UTC 版)

Microsoft Windows(マイクロソフト ウィンドウズ)は、マイクロソフトが開発・販売するオペレーティングシステム (OS) の製品群である。グラフィカルユーザインタフェース (GUI) を採用している[10]。Windows発売以前では高価なワークステーション(ハイエンドパソコンを上回る性能のデスクトップコンピュータ)でしか実現されていなかったマルチタスクやGUIを中心とした使い勝手の良さを、一般消費者が入手しやすい標準的な規格パソコンに順次取り込んで行き[11]、一般向けOSのシェアのほとんどを占めるに至り、今や大きな知名度を持つ。[12]


注釈

  1. ^ かつては非公式のパッケージ管理システムであったが、Windows 10よりマイクロソフト公式となりOSに組み込まれた。
  2. ^ とは言ってもまだ様々な側面で整備され切っておらず、USBやWi-Fiもなく、端子の規格,ドライバのインストール,インターネット接続設定など覚えることは多く、周辺機器の相性問題も多発した。パソコン通信やインターネットでフリーソフト配布は行われていたが、当時としてはダウンロードという行為自体が専門的過ぎたため、一般人にとって、ソフトウェアの入手方法は店頭販売の雑誌やパッケージに頼るしかなかった。
  3. ^ Windows 3.xでもグラフィックボードとドライバ次第ではハイカラーやフルカラーも利用できたが、不安定になりやすいという問題があった。ハイカラーやフルカラーではプログラムマネージャの登録アイコンもそれだけ多色のデータとして扱うことになるため、アイコンをたくさん登録したプログラムマネージャは16ビット(メモリ64KB)のリソース制限に抵触しやすくなり、トラブルの元となった。
  4. ^ WindowsやIEのバグに起因するシステムトラブルが原因で取引金額に狂いが生じたり、残高データが滅失するなどの金銭的損害が発生した場合であっても、適切なSLA契約を締結していれば、マイクロソフトの企業体力により納得できる金額の補償を受けられる可能性があるため。

出典

  1. ^ NT Server Training: Architectural Overview. Lesson 2 – Windows NT System Overview.”. Microsoft TechNet. Microsoft. 2010年12月9日閲覧。
  2. ^ Windows 10 リリース情報”. Microsoft Docs. マイクロソフト (2021年12月14日). 2021年12月14日閲覧。
  3. ^ Windows 10 リリース情報”. Microsoft Docs. マイクロソフト (2021年12月14日). 2021年12月14日閲覧。
  4. ^ Windows 10 リリース情報”. Microsoft Docs. マイクロソフト (2021年12月14日). 2021年12月14日閲覧。
  5. ^ Windows 11 リリース情報” (日本語). docs.microsoft.com. 2021年12月10日閲覧。
  6. ^ Windows Insider Program Team (2021年11月18日). “Releasing Windows 10 Build 19044.1381 / 19043.1381 to Release Preview Channel”. Windows Experience Blog. マイクロソフト. 2021年11月22日閲覧。
  7. ^ Windows Insider Program Team (2021年11月18日). “Releasing Windows 10 Build 19044.1381 / 19043.1381 to Release Preview Channel”. Windows Experience Blog. マイクロソフト. 2021年11月22日閲覧。
  8. ^ Amanda, Langowski; Brandon, LeBlanc (2021年12月8日). “Announcing Windows 11 Insider Preview Build 22518”. Windows Experience Blog. マイクロソフト. 2021年12月11日閲覧。
  9. ^ a b Dona, Sarker; Brandon, LeBlanc (2021年11月19日). “Releasing Windows 11 Build 22000.348 to Beta and Release Preview Channels”. Windows Experience Blog. マイクロソフト. 2021年11月20日閲覧。
  10. ^ [管理人のテック雑記帳 Windows編② Windows 1.xの話]”. [管理人のテック雑記帳] Windows編② Windows 1.xの話. 2021年7月29日閲覧。
  11. ^ マイクロソフトとアップルの本当の功績とは?|ど真ん中を生きる” (日本語). ど真ん中を生きる. 2021年7月29日閲覧。
  12. ^ [管理人のテック雑記帳 Windows編② Windows 1.xの話]”. [管理人のテック雑記帳] Windows編② Windows 1.xの話. 2021年7月29日閲覧。
  13. ^ Windowsとは - IT用語辞典” (日本語). IT用語辞典 e-Words. 2021年7月29日閲覧。
  14. ^ [管理人のテック雑記帳 Windows編② Windows 1.xの話]”. [管理人のテック雑記帳] Windows編② Windows 1.xの話. 2021年7月29日閲覧。
  15. ^ セガ最後のゲーム機「ドリームキャスト」の海賊版対策はどうやって破られてしまったのか?” (日本語). GIGAZINE. 2021年7月29日閲覧。
  16. ^ “Global Web Stats”. W3Counter, Awio Web Services. (2009年9月). http://www.w3counter.com/globalstats.php 2009年10月24日閲覧。 
  17. ^ Operating System Market Share”. Net Applications (2009年10月). 2009年11月5日閲覧。
  18. ^ Top 5 Operating Systems on Oct 09”. StatCounter (2009年10月). 2009年11月5日閲覧。
  19. ^ Windows9x系の宿命 - パソコン選びの味方 - パソコン選びの味方 ”. pcerabi.micata.net. 2021年7月29日閲覧。
  20. ^ [管理人のテック雑記帳 Windows編④ Windows 3.xの話]”. [管理人のテック雑記帳] Windows編④ Windows 3.xの話. 2021年7月29日閲覧。
  21. ^ Mr.PC編集部「The History of Windows」『Mr.PC 2021年11月号』、 38頁。
  22. ^ a b c d Mr.PC編集部「The History of Windows」『Mr.PC 2021年11月号』、 39頁。
  23. ^ a b Mr.PC編集部「The History of Windows」『Mr.PC 2021年11月号』、 40頁。
  24. ^ 日経産業新聞』1992年2月4日付
  25. ^ [管理人のテック雑記帳 Windows編② Windows 1.xの話]”. [管理人のテック雑記帳] Windows編② Windows 1.xの話. 2021年7月29日閲覧。
  26. ^ [管理人のテック雑記帳 Windows編③ Windows 2.xの話]”. [管理人のテック雑記帳] Windows編③ Windows 2.xの話. 2021年7月29日閲覧。
  27. ^ トム佐藤『マイクロソフト戦記—世界標準の作られ方—』新潮社 2009年 ISBN 978-4-10-610298-1
  28. ^ 「Windows 10」のシェア、「XP」と「8.1」を上回る--首位は依然「7」” (日本語). CNET Japan (2016年2月2日). 2021年10月24日閲覧。
  29. ^ 清水理史 (2005年4月26日). “第145回:64bit版Windows「Windows XP Professional x64 Edition」登場:ブロードバンド環境でのメリット・デメリットを探る”. インプレス. 2016年6月25日閲覧。
  30. ^ 高橋秀和 (2003年12月5日). “さらばWin32 API ついに姿を見せたLonghorn”. ITpro ITトレンド. 2008年12月18日閲覧。
  31. ^ Windows Vistaの1年間の脆弱性に関するレポート
  32. ^ 重要なお知らせ:Windows XP サービスパックをご使用されるお客様へ - YAMAHA
  33. ^ 大川淳 (2004年10月1日). “ピクセラ、DSP版「Windows XP MCE 2005」対応のTVキャプチャーカード発売”. マイナビ. 2016年6月24日閲覧。
  34. ^ AMUAMU (1997年10月21日). “AMUAMUの「アキバの楽屋から」 第9回:マル秘!? Windows95 OSR2.1の正しい買い方”. インプレス. 2016年6月25日閲覧。
  35. ^ 増田 (2005年11月19日). “ASCII.jp:新OS「Windows XP Tablet PC Edition 2005」DSP版の販売が突如スタート!!”. KADOKAWA. 2016年6月24日閲覧。
  36. ^ 二瓶朗 (2014年5月12日). “ASCII.jp:今からWindows 7を使うには? Windows 8.1ダウングレード権の10の疑問 (2/3)”. KADOKAWA. 2016年6月24日閲覧。
  37. ^ ハードウェアと一緒に購入した Windows XP はハードウェアを破棄してもライセンス認証できますか?” (2004年8月11日). 2016年6月24日閲覧。
  38. ^ “Android、「PCを使えない学生が急増」の問題点(ITMediaビジネス)”. (2016年8月4日). http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1608/04/news084.html 2017年4月14日閲覧。 
  39. ^ “Android、インターネット利用でWindowsのシェアを初めて抜く(マイナビニュース)”. (2017年4月5日). https://news.mynavi.jp/article/20170405-a073/ 2017年4月14日閲覧。 
  40. ^ 井上 理 (2002-12-12) 「電子政府が脱Windowsへ」の真相. 2009-12-6 閲覧
  41. ^ 落札者等の公示”. 日本政策金融公庫 (2016年2月22日). 2016年6月19日閲覧。
  42. ^ 防衛省行政情報化推進委員会 (2012年8月30日). “航空自衛隊補給3 システム及び航空自衛隊データ処理近代化システムの業務・システム最適化実施評価報告書 (PDF)”. 防衛省. 2020年7月9日閲覧。
  43. ^ 21C-2834マイクロソフト株式会社製のソフトウェアライセンスの調達について”. 日本郵政 (2016年6月7日). 2016年6月19日閲覧。
  44. ^ MCA・マイクロソフト認定アソシエイト - プロメトリック - ウェイバックマシン(2014年6月26日アーカイブ分)



System/32

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 23:57 UTC 版)

System/32(S/32、システム/32)は、IBMが1975年にリリースしたミッドレンジコンピュータである。






「System/32」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「System32」の関連用語

System32のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



System32のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセガ・システム32 (改訂履歴)、Microsoft Windows (改訂履歴)、System/32 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS