韮とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > > の意味・解説 

か みら 【韮

ニラ古名。 「粟生には、-一もと/古事記

にら [0][2] 【韮

〔「みら」の転〕
ユリ科多年草アジア温帯から暖帯広く分布し、古代より野菜とするため畑で栽培鱗茎から出、長さ2030センチメートルの平たい線形で、強い匂いがある。八、九月花茎出し白色の花をつける。こみら。ふたもじ[季] 春。 〔「韮の花」は [季] 秋〕

みら 【韭・韮


ニラ

ニラ
科名 ユリ科
別名: フタモジ
生薬名: キュウハク韮白)・キュウシ韮子
漢字表記
原産 東アジア原産
用途 種子韮子」を漢方で強精・下痢止めなどに用います。強壮・強精・下痢止めには、味噌汁味噌和え・ニラ粥・ニラ雑炊にして食べるとよい。
学名: Allium tuberosum Rottler
   

にら (韮)

Allium tuberosum

Allium tuberosum

Allium tuberosum

Allium tuberosum

Allium tuberosum

Allium tuberosum

東アジア原産で、わが国へは9世紀ごろ薬用として渡来しました。8月から9月ごろ、花茎伸ばし散形花序をだし、小さな白い星形の花を咲かせます。花には甘い香りあります中国料理朝鮮料理素材利用されますが、軟白栽培したは「黄にら」、花茎は「花にら」と呼ばれています。カロチン含有率が非常に高く、他の栄養素も豊富に含むそうです
ユリ科ネギ属多年草で、学名Allium tuberosum。英名は LeekChinese chives
ユリのほかの用語一覧
ネギ:    行者大蒜  野蒜  韮
ネリネ:  ネリネ  ネリネ・ウンドゥラータ  ネリネ・クリゲイ

読み方:ニラnira

ユリ科多年草山野自生するが栽培もする

季節

分類 植物


ニラ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/20 06:20 UTC 版)

ニラ(韮、韭、Allium tuberosum)はネギ属に属する多年草緑黄色野菜である。


  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Allium tuberosum Rottler ex Spreng.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年7月8日閲覧。
  2. ^ a b c "Allium tuberosum Rottler ex Spreng.". Tropicos. Missouri Botanical Garden. 18400121. Retrieved 2012-07-08.
  3. ^ a b Allium tuberosum Rottler ex Spreng., ITIS, http://www.itis.gov/servlet/SingleRpt/SingleRpt?search_topic=TSN&search_value=506484 2012年7月8日閲覧。 
  4. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  5. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  6. ^ 尚学図書(編)『日本方言大辞典』小学館、1989年。
  7. ^ Blattner, FRANK R and Friesen, NIKOLAI (2006). “Relationship between Chinese chive (Allium tuberosum) and its putative progenitor A. ramosum as assessed by random amplified polymorphic DNA (RAPD)”. Documenting domestication: new genetic and archaeological paradigms. Univ California Press, Berkeley: 134-142. 
  8. ^ “スイセンをニラと間違えて食べてしまったら… そっくりの有毒植物にご注意を! イヌサフランなど死亡例も…”. 産経ニュース (産経新聞社〈産経デジタル〉). (2016年4月23日). オリジナルの2016年4月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160426094156/http://www.sankei.com/premium/news/160423/prm1604230019-n1.html 
  9. ^ 江獻珠『中國點心製作圖解』萬里機構・飲食天地出版社、1994年。中国、香港の点心の作り方を示す書籍にニラをまぜる記述がない。日本の料理書でも、第二次世界大戦前のものにニラを使う記述はない。
  10. ^ 青山企画(編)『中国料理百科事典』同朋舎出版、京都、1988年、p. 41。


「ニラ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/10/03 03:26 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



韮と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「韮」の関連用語

韮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



韮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS