蜂の子とは?

はち‐の‐こ【蜂の子】

ハチ幼虫。特に、クロスズメバチ幼虫信州地方甘露煮蜂の子飯などにして賞味。《 秋》

カヤ)の実のこと。


蜂の子

行政入力情報

団体名称 蜂の子
所轄 宮城県
主たる事務所所在地 石巻市小船越山畑225番地
従たる事務所所在地 東松島市牛網上西55番地の3
代表者氏名 門脇 利勝
法人設立認証年月日 2012/04/13 
定款記載された目的
この法人は,誰もが共に生きていくことができる社会実現目指し障害のある人もない人も共に生き,共に働く場の運営支援,及び生活の場の運営支援等を行い私たちの暮らす石巻東松島宮城の地の福祉活動発展寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

蜂の子

読み方:ハチノコ(hachinoko)

ジバチ幼虫

季節 秋、春

分類 動物


はちのこ

(蜂の子 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 01:32 UTC 版)

はちのこ(蜂の子)は、クロスズメバチなどの幼虫成虫も一緒に入れることもある)で、日本では長野県岐阜県をはじめ、愛知県静岡県山梨県栃木県岡山県宮崎県など[1]の山間部を中心に日本各地で食用とされている。古い時代には貴重な蛋白源として常食された。


  1. ^ 野中健一「中部地方におけるクロスズメバチ食慣行とその地域差」『人文地理』第41巻第3号、1989年、 276-290頁。 NAID 130000995442
  2. ^ ケンミンの秘密 | カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW 2013年1月3日放送分


「はちのこ」の続きの解説一覧



蜂の子と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蜂の子」の関連用語

蜂の子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蜂の子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2021 the Cabinet Office All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのはちのこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS