日本の国章 日本の国章の概要

日本の国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/03 11:31 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の国章
他の種類

十六一重表菊
詳細
使用者 天皇上皇並びに内廷皇族
採用 13世紀
1926年1月1日
クレスト 十六八重表菊

概要

日本では、法令上明確な国章は定められていないが、伝統的に天皇紋章として使用し、今日でも皇室が事実上の家紋として使用している十六八重表菊が、慣例として国章に準じた扱いを受けている[1]。国章のような扱いをしている事例としては、日本の在外公館では「菊の御紋」が掲示されている。また戦前においては、旧陸軍軍旗の竿頭と、旧海軍軍艦の艦首には「菊の御紋」が取り付けられたほか、郵便切手にも菊の御紋はあしらわれていた。

日本国旅券の表紙に表示されているのは、十六八重表菊をデザイン化した十六一重表菊である。1920年の国際交通制度改良会議で、パスポートの表紙に国章を記すように採択されたが、当時の日本に法定の国章がなかったため、デザイン化した菊の紋章が1926年から採用された[2]

日本政府の紋章

内閣総理大臣紋章。五七桐花紋は、歴史上皇室や政権担当者が紋章として使用し、内閣総理大臣日本国政府内閣府が政府の紋章として使用している

五七桐花紋は、歴史上皇室や政権担当者が紋章として使用し、内閣総理大臣日本国政府内閣府が政府の紋章として使用している。

ギャラリー

関連項目




  1. ^ 商標法 第4条においては菊花紋は国旗と同列にて商標登録が禁止されている
  2. ^ 外交史料Q&A 外務省


「日本の国章」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の国章」の関連用語

日本の国章のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本の国章のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の国章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS