投手 投手の概要

投手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 18:43 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
投手打者捕手一塁手二塁手遊撃手三塁手右翼手中堅手左翼手
野球のポジション図

野球における守備番号1。また、英略字はPPitcherから)。クリケットの投手はボウラー(bowler)と呼ぶ。

投球の速度(球速)を表示する一般的な単位として、メジャーリーグではマイル毎時mph)、日本プロ野球ではキロメートル毎時km/h)が使われる。これはアメリカ合衆国イギリスなどの一部英語圏ではヤード・ポンド法が主流なのに対し、世界的には国際単位系であるメートル法が主流であるため。

投手の役割

投球

投手の主な役割は、投球によって失点を最小限に抑え、チームの勝利に貢献することであり、野球は投手で7-8割が決まるともいわれている[1]。特に第1イニングから投げる先発投手の場合は「試合を作る」と表現され、6イニング以上を3失点以内に抑えることをクオリティ・スタートと呼び好先発投手の目安の一つとなっている。また、リリーフ投手は引き継いだ試合の状況を守りきること(先発投手が作った勝てる試合を逆転させないこと)が要求される。

投手の役割は、単にボールを投げるだけではなく「打者を出塁させないこと、走者を生還させないこと」であるとも言える。投手は打者から三振を奪ったりゴロフライを打たせるなどしてアウトを取る。そのために捕手とサインを通じて連携して個々の打者が苦手とするコースや球種を投げるなどする。『ドジャースの戦法』の著者アル・キャンパニスは投球で最も大事なのは制球だとしている[2]

塁上の走者を牽制する投手

守備

投球前

塁上に走者がいる場合は、簡単に盗塁されないために状況に応じて目線による牽制あるいは牽制球による牽制を行う必要がある。

投球後

投手は投球を終えた時点で「五人目の内野手」として他の野手同様に守備をすることが求められ[3]、投球時点で後の守備に備えて体のバランスを取れているか否かという点で守備の得手不得手が明確になる[4]

一般的に投手へのゴロやフライは処理しやすいため、それほど高い守備力は求められない。投手の疲労及び怪我を回避する目的や打球処理に慣れていると思われる選手に任せた方が確実であることから、バントによる小飛球を除けば投手の守備範囲へのフライであっても捕手や一塁手、三塁手などが処理することが多い。この時、投手は飛球があがっている位置を指さし、野手に知らせる。しかし、「ピッチャー返し」と呼ばれる強いライナーが飛んでくることもある。この場合は、投球により崩れた体勢を整える前に高速の打球が飛んでくるためうまく反応することは難しく、ピッチャー返しが体に直撃すると負傷につながりやすい。中には顔面に受けて大怪我を負った例もある(マイク・ムッシーナ石井一久など)。

打球処理以外で重要なプレーとしてはベースカバーがある。一塁手がゴロを追ってベースを離れた場合には、投手は素早く一塁をカバーし、送球を受けて打者走者アウトにしなければならない。他にも、走者三塁の場面で暴投捕逸が出た場合は本塁へのベースカバー、三塁手がバント処理などで空けているベースを走者が狙った際には三塁へのベースカバーを行う必要がある。

また、ヒットなどで外野から本塁(三塁)への送球が考えられる時、外野と本塁(三塁)を結ぶ線上のファウルゾーンに入り、送球が逸れた場合に備えることも忘れてはいけない(バックアップ)。さらに状況によっては捕手や外野からの送球をカットし、適切な塁に送ることでアウトにするプレーも求められる。塁間に飛び出している走者を挟殺するランダウンプレイには投手も参加しなければならない。

このように投手に求められる守備は細かいものが多いが、よい守備ができれば結果として自分自身の投球を楽にするので、その役割は軽視できない。

打撃

投手は投球が役割の中心となるため、打撃に関しては期待されないことが多い。リーグによっては打撃を務める指名打者という打撃専門の選手を置くルールを採用することもあり、そのルールの下では投手が打撃を行わない場合がほとんどである。指名打者制がない場合も投手は作戦上安打を打てないのを前提として、走者がいる時にはバントを試みることが多い。また「2死」や「大差でリード」、「凡退でチャンスが潰れる」場面で打席が回った際にわざと本塁から最も離れて立って三振し、投球に負担を掛けない(走者になると接触プレー等での怪我の可能性がある)、ランナーがいる場合に安易に打っての併殺を防ぐ、自軍の攻撃を上位打線から始めさせ、次打者以降に安打を期待という先を見越した作戦を取る事もよくある。ただしこれには「わざと三振するのはスポーツマンシップ上問題」とする意見もある。

このように様々な理由で、特にプロ野球の投手に打撃力は求められないが、打撃に優れる投手も存在する。メジャーリーグベースボールナショナルリーグでは、最も打撃に優れた投手にシルバースラッガー賞が与えられる。マイク・ハンプトンは2001年には7本塁打を放つなどし、同賞を投手として最多の5度受賞している。また川上憲伸は2009年代打として2試合に出場したり、中日時代は通算8本塁打を放っている。

少年野球などでは、運動能力に優れている選手が、投手と打者の両方の実力で他の選手を上回ることがある。高校野球でも、投手が上位打線に組み込まれていることが多い(いわゆる「エースで4番」)。そのため、ベーブ・ルース川上哲治王貞治を筆頭に投手としてプロ入りした後、打者に転向する選手は比較的多い。対照的に、野手がプロ入り後に投手に転向した例は野口正明ティム・ウェイクフィールドなど極少数である。その理由は、投手の技術は野手の技術と大きく異なり、習得に時間を要するからである。

野手は右投左打の選手も多いが、大半の投手は利き腕と同じ側の打席に入る。理由は右投左打(左投右打)の場合、打席に立った時に投球腕である右側(左側)を相手投手に向けることになってしまい、死球を受けるなどして負傷すると投球に支障をきたすからである。ただし,打撃時に詰まった打球を打つと押し手側のほうがよりしびれ,投球に支障をきたしてしまう場合もあるのであえて反対側の打席に立つ投手も存在する上,幼少時より右投左打(左投右打)で打っていた投手は矯正が難しいため右投左打(左投右打)の投手も少数ながらいる。また利き腕と反対側の打席に入る場合、アームガードで腕を保護する投手は少なくない。

進塁した投手がウインドブレーカーを着ることがある。これは肩を冷やさない、擦り傷を防ぐ意味があり、コーチ監督が着ているが、選手としては投手のみ許されている。

投手の分類

右投手
中田廉
(動画)前田健太の投球フォーム

利き腕による分類

投手は利き腕でボールを投げることが多く、右投げ左投げサウスポー)の区別がある。極く稀に「両投げ」の投手(スイッチピッチャー) も存在する(逆にスイッチヒッターつまり両打ち打者はそれほど珍しくはない)。

カーブ」「シュート」「スライダー」などの左右に変化する変化球は、投手の利き腕の左右により逆方向に変化する。即ち、右投げ投手のスライダーが右打者視点で外角に逃げていくのに対し、左投げ投手のスライダーは右打者視点では内角に食い込む変化となる。

右腕投手・左腕投手の状態的差違はセットポジション(投球前の一旦静止する姿勢)で最も如実に現れる。右投手が三塁方向を向いて静止するのに対し、左投手は一塁方向を向いて静止する。走者が一塁にいる場合、左投手は投球の直前まで走者の動きを捉えることができるため有利と言われる。

特に左打者は左投手を苦手にする場合が多いとされるため、左打者を専門に抑える「ワンポイントリリーフ」などと呼ばれる起用法がある。

なお、先発で登板した投手は同一イニング内に最低1人の打者との対戦を終えるまで交代できない。救援投手は最低1人の打者との対戦を終えるか、そのイニングが終了するまで交代できない。投手コーチ等がマウンドに行ける回数についても、1人の投手につき、同一イニング内に1回と決められている。

投法による分類

オーバースローの投球モーション(右投げの場合)

野球の投手は投球腕の左右にかかわらず、投球フォーム(投球の際に球を放す位置)で以下の4種類に分類される[5]

  • オーバースロー:肩より上にあげた腕を振り下ろして球を投げる[6]。「オーバーハンド」「上手投げ」とも。
  • サイドスロー:腕を地面とほぼ並行にして投げる[6]。「サイドハンド」「サイドアーム」「横手投げ」とも。
  • スリークォーター:オーバースローとサイドスローの中間[6]
  • アンダースロー:腕を下からすくい上げるようにして投げる[6]。「サブマリン」「下手投げ」とも。

大まかな分類は上記の通りであるが、投手の投球フォームは千差万別であり、同じ投法に分類されていても必ず個人差は存在するため、あくまでも概念的な分類でしかない。

特に個性的な投球フォームにはニックネームが付けられることがある。野茂英雄の「トルネード投法」、村田兆治の「マサカリ投法」、山内泰幸の「UFO投法」、村山実の「ザトペック投法」などが知られる。

ソフトボールの投手は以下の2種類に分類される[7]

  • ウインドミル:腕を1回転させて投げる投法。
  • スリングショット:振り子のように腕を後方に振り上げた後に投げる投法。

現在ではウインドミルが主流であり、スリングショットはまれ。

役割による分類

投手は役割によって大きく2つに分類され、試合開始からマウンドに立つ投手を先発投手スターター)、試合展開によって途中イニングから先発投手に代わり登板する投手を救援投手リリーフ)と呼称する(交代は6~7イニング目が多い。これは5回まで抑え切れば試合が成立し先発は勝利投手の権利が得られるため)。さらに、リリーフは試合を決める終盤イニングに登板する抑え投手クローザー)、先発投手と抑え投手の間に投げる中継ぎ投手セットアッパー)などに分類される。

野球の歴史における役割の変化
日本プロ野球草創期では、野球の人体に与える影響が全くの模索段階にあったことと、不人気による人員不足のため、戦前から戦後の混乱期までしばしば無謀な先発連投が強要された。さらに戦時中は、国威発揚の為の非科学的な精神論の横行も先発投手酷使の大きな原因となった。セントラル・リーグパシフィック・リーグの2リーグ制に移行後、人員不足はある程度解消され、先発投手の登板間隔を2日、3日と長めにとるようになり、間隔日数を表す「中○日」(中2日、中3日など)という言葉が使われるようになった。それでもエースピッチャーが先発・リリーフに連投する姿が見られ、1958年日本シリーズでは稲尾和久西鉄)が先発とリリーフで7試合中6試合に登板、4連投4連勝する大活躍で「神様、仏様、稲尾様」と称えられた。1961年中日ドラゴンズに入団し、酷使により数年で投手生命を断たれた権藤博の教訓から、「投手分業制」が近藤貞雄によって提唱され、「先発完投」から「先発―抑え」の投手起用へ移行。抑え投手を確立することで先発投手、特にエースの疲労軽減を図った。1980年代以降はこの順番に中継ぎを加えた「先発―中継ぎ―抑え」という継投策が一般化している。先発投手の登板間隔は日本プロ野球では試合日程の都合から中4〜6日が主流。5〜6人の先発投手で先発ローテーションを組み、順番に先発登板する起用法が行われている。
一方で、高校野球では「勝者総取り、負ければ終わり」のトーナメント制の大会がほとんどということもあり、抜きん出た投手が先発連投することが珍しくない。しかし、2000年代以降は高校野球でもプロに習い、多投手で試合を乗り切るチームも出てきている。投手の負担を抑えられる反面、優秀な投手を複数確保できる私立の強豪校とそれができない弱小、公立校との差が一層開いてしまう難点もある。
メジャーリーグベースボール(大リーグ機構、MLB)では、先発投手が1登板で120球以上を投げた場合には、その後の登板成績に影響が出て怪我のリスクが高まるという統計結果が出ているため[8][9]、100球を超えた回で交代させるケースが多いが[10]ダスティ・ベイカーの様に投球数をあまり気にしない監督も存在する。また、若年期でのトミー・ジョン手術等も問題視されているため、リトルリーグでは年代ごとに投球数・登板間隔制限が設けられている[11]
MLBなどが、2014年、18歳以下のアマチュア投手のけが防止のためのガイドライン「ピッチ・スマート」を公表している[12]。2018年1月現在のガイドラインから抜粋すると、
  • 1日の試合の最大投球数 - 7〜8歳 50球、11〜12歳 85球、17〜18歳 150球、など年齢ごとに規程
  • 1日に投げる投球数別の、次の登板までの休息期間(17歳〜18歳) - 31球〜145球で1日間、81球以上で4日間の休息期間が必要、など
  • 15歳〜18歳では、1年間に100イニングを超えて投げてはならない。1年間に少なくとも4か月試合での投球を休み、そのうち少なくとも2〜3か月の連続した期間すべての上からの投球(overhead throwing)を休む期間が必要。投手として3日以上続けて試合に出場してはならない、など
全文はPitch Smart Guidlineを参照。

投球スタイルによる分類

投手は、その投球スタイル(球種、球速などの傾向)の特徴によっても分類されることがあり、大きく「本格派投手」と「技巧派投手」に分類される[13][14]。両者を分類する指標として「PFR(Power/Fitness Ratio)」があり、この数値が高い投手は本格派、低い投手は技巧派と見なされる[14]

本格派投手

威力ある速球と優れた変化球、豊富なスタミナと一定以上のコントロールを高いレベルで兼ね備えた投手で、先発完投型やエースと呼ばれる投手に多い[15][16]。剛速球や大きく変化する変化球で奪三振を量産するプレースタイルである[17][18]。MLBではパワーピッチャー(英語版と呼ばれる。

  • 速球派投手
強力な速球や速い変化球を持つものの、コントロールの精度や持ち球の多様性を犠牲にして速球に依存する傾向にある。完璧に打者を封じる試合もあれば反対に滅多打ちにされる試合もあるように、力押しの投球スタイルは安定感に欠ける[19]ことが多い。年齢を重ねていくごとに、加齢による体力低下や身体の故障などによって球速は落ちてくる傾向にあるので、それをきっかけに技巧派に転向していく投手も多い。たとえば巨人で最多勝を獲得したことのある内海哲也も、かつては球威で三振を重ねていくタイプだったが、全盛期より速球の球速が落ちてきたことによって技巧へと依存していった。

技巧派投手

多彩な変化球や制球に優れた投手で、奪三振は多くないもののポップフライや内野ゴロを打たせて取る投球で投球回を稼ぐ[16]。変化球以外にも、同じ球種でも球速を変えたり、内外角を攻め分けたり、打者の弱点に投げ込む他[19]、打者のタイプ、ストライクカウント、ゲーム状況をも考慮した高度な投球術を持ち合わせる[22]。高い制球力を指して「精密機械」などと表現される投手もおり[23]、MLBではコントロールピッチャー(英語版 と呼ばれる。与四球率K/BBがその目安の数値となり、投球術についてカート・シリングはストライクゾーン内に投げる能力を「コントロール」、狙ったところに投げる能力を「コマンド」としている[24]。奪三振による球数増加に伴う故障のリスクを避けるため、メジャーでは近年技巧派投手が増加傾向にある[25]

  • 軟投派投手
変化球を主体とした投球を持ち味とする投手[26]。技巧派投手と同じく投球術によって打者を翻弄するが、技巧派があくまで速球を軸とした投球を行う[27]のに対して、投球のほとんどを変化球が占める他、独特な投球フォームを用いることもある[28]。元来速球の球速があまり出ない投手が多い[29]
  • 特異な変化球を投げる投手
変化球を主体とする中でも、ナックルボーラーイーファス・ピッチのように特異な変化球・独特な投球法を会得したことで、活躍の道を見出した投手も存在する[30]

グラウンドボールピッチャーとフライボールピッチャー

対戦打者にゴロを頻繁に打たせることが出来る投手はグラウンドボールピッチャーと呼ばれる[34]。高い割合でゴロを打たせることで長打になる危険性を低下させ、これが失点を減らすことに繋がる[34]。平均的にはフェアボールのうち50%程度の割合でゴロを打たせており、極端なグラウンドボールピッチャーは55%前後の割合でゴロを打たせている[35]西本聖グレッグ・マダックスマリアノ・リベラブランドン・ウェブデレク・ロウらがこのタイプの投手である。一方で、あまりゴロを打たせることが出来ず、グラウンドボールピッチャーの対極にある投手はフライボールピッチャーと呼ばれる。投手が打たせるゴロの割合はFanGraphs.comなどで確認することが出来る。




  1. ^ 『めざせ!スーパーエース野球ピッチング入門』6頁。
  2. ^ キャンパニス(1957年) p.8
  3. ^ 投手は投球終えたらすぐに守備の構えを中日スポーツ 2012年4月4日 Archived 2012年5月5日, at the Wayback Machine.
  4. ^ キャンパニス(1957年) p.32
  5. ^ キャンパニス(1957年) p.8
  6. ^ a b c d 朝日新聞社知恵蔵2007』 2007年
  7. ^ 投法(ウインドミルとスリングショット) 日本ソフトボール協会
  8. ^ Analyzing PAP (Part One)” (英語). Baseball Prospectus. 2008年3月21日閲覧。
  9. ^ Analyzing PAP (Part Two)” (英語). Baseball Prospectus. 2008年3月21日閲覧。
  10. ^ The book on hooks” (英語). ESPN.com. 2008年3月21日閲覧。
  11. ^ Pitch count, not innings, to limit Little League hurlers” (英語). USA TODAY. 2008年3月21日閲覧。
  12. ^ “トミー・ジョン手術 4割が高校生以下 野球指導者の意識改革を”. NHK NEWS WEB. (2019年7月31日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190731/amp/k10012014821000.html 
  13. ^ 二宮清純レポート オリックス投手球界のエース金子千尋が明かした「常識破りの投球術」「僕がピッチングでいちばん大事にしていること」 週刊現代 2015年2月27日
  14. ^ a b 岸純平、廣津信義「日本プロ野球の投手に関する数理科学的な観点からの評価: マルコフモデル・DEA・セイバーメトリクスの活用」『順天堂スポーツ健康科学研究』 第8巻第1号(通巻70号),15~25 (2016)
  15. ^ 沢村賞は金子千尋(Bs)が初受賞 日本プロ野球機構 2014年10月27日
  16. ^ a b 投手の「タイプ」とは? Baseball LAB 2014年6月24日
  17. ^ 川崎憲次郎が振り返る現役時代の栄光と挫折 スポーツナビ 2011年12月15日
  18. ^ 『野球の見方が180度変わるセイバーメトリクス』データスタジアム(2008年)宝島社 p.64-65
  19. ^ a b キャンパニス(1957年) p.6
  20. ^ 【プロ野球実況中継】パの打者は本格派投手が好物? 西武、巨人・菅野を粉砕も技巧派の内海には抑えられ zakzak 2018年6月14日
  21. ^ 開幕投手からチームに欠かせない戦力まで! パ・リーグ6球団の12人の投手のスゴさに迫る 週刊野球太郎 2016年3月8日
  22. ^ キャンパニス(1957年) pp.6-7
  23. ^ 北別府学、小山正明、安田猛…史上最高の“投球術”を誇る投手は… (1/3) AERA dot. 2017年7月30日
  24. ^ Radke precision guided - MLB.COM、2013年6月21日閲覧。
  25. ^ 「日本人の投球スタイル」 長谷川滋利”. 日本放送協会 (2014年8月1日). 2018年2月23日閲覧。
  26. ^ 北別府学、小山正明、安田猛…史上最高の“投球術”を誇る投手は… (2/3) AERA dot. 2017年7月30日
  27. ^ 野村克也が語る「奪三振」 週刊ベースボールONLINE 2017年6月19日
  28. ^ 北別府学、小山正明、安田猛…史上最高の“投球術”を誇る投手は… (3/3) AERA dot. 2017年7月30日
  29. ^ 清宮抑えた都立の軟投派コンビ 高校野球の醍醐味を再確認 デイリースポーツ online 2017年7月21日
  30. ^ キャンパニス(1957年) p.7
  31. ^ 【野球】小さな大投手・ヤクルト石川 長く活躍する秘けつとは”. デイリースポーツ. 2017年1月21日閲覧。
  32. ^ 中日・吉見の制球力にハム大谷驚嘆 「さすがだなと」”. Full-Count1. 2017年1月21日閲覧。
  33. ^ “「打たせて取る」黒田博樹の投球術も参考? データが語る、田中将大の新スタイル【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】”. livedoor ニュース (LINE). (2015年6月16日). http://news.livedoor.com/article/detail/10238582/ 2018年2月23日閲覧。 
  34. ^ a b Ground Ball Pitcher” (英語). Sportingcharts.com. 2014年7月3日閲覧。
  35. ^ Rob Neyer. “What We Talk About When We Talk About Ground-Ball Pitchers” (英語). SBNation.com. 2014年7月3日閲覧。
  36. ^ 投手の「2段モーション」、解禁の影響は?」『日本経済新聞』、2018年3月6日。2019年12月25日閲覧。
  37. ^ よく分かるルール教室」『週刊ベースボール』、2017年10月8日。2019年12月25日閲覧。
  38. ^ MLBルール変更でワンポイント投手が存続危機 「特別枠」導入を米メディアが提案」『full-count』、2019年11月19日。2019年12月25日閲覧。
  39. ^ 2013年度 野球規則改正”. 日本野球規則委員会 (2013年1月24日). 2013年2月5日閲覧。
  40. ^ 先発投手であることが多い。チームで最高の救援投手はリリーフエースと呼ばれることがある。
  41. ^ 野球の華はショートかピッチャーか?日本人野手の評価がMLBで低い理由。 Number Web 2012/01/18 10:30 (2021年3月28日閲覧)
  42. ^ Frisaro, Joe "Are 'waste' pitches truly a waste?" - MLB.COM、2009年6月18日、2010年4月21日閲覧。
  43. ^ 「ノー・コントロール」の略。和製英語。
  44. ^ a b 『野球の科学』 32頁
  45. ^ ヤンキース田中将大投手の野球帽に仕込まれた保護具が超すごい どうしてこんなに薄いのか - プレジデントオンライン
  46. ^ a b ビジネス特集 ヤンキース 田中将大の“頭”を守るベンチャー技術 - NHK
  47. ^ a b c 石橋秀幸、橋本健史『新版 野球 肩・ひじ・腰を治す 野球障害で泣かない!』、26頁。
  48. ^ a b c 石橋秀幸、橋本健史『新版 野球 肩・ひじ・腰を治す 野球障害で泣かない!』、32頁。
  49. ^ 小学生の投手 ほぼ半数が肩や肘の痛み経験
  50. ^ 投手の半数が肩肘痛経験=小学生1万人に調査-少年野球
  51. ^ 少年野球「投手と捕手の兼任避けるべき」整形外科学会などが肩肘の負担増を懸念[リンク切れ]






投手と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「投手」の関連用語

投手のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



投手のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの投手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS