乳房 乳房の概要

乳房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 16:18 UTC 版)

乳房
ヒト(女性)の乳房
ラテン語 mamma
英語 Breast
器官 外皮系
動脈 内胸動脈
静脈 内胸静脈
テンプレートを表示

名称

日本語

日本語としては、大和言葉(和語)で「[3]」「ちち[3]」「おちち[4]」「ちぶさ[3]」などと呼ばれる。「ち」と「ちち」に当てる漢字は「[5]。「ち; 乳」は『万葉集』にも見られる古語で「乳飲み子[6]」「乳離れ[7]」「添え乳[8]」「乳兄弟ちきょうだい[9]」などの形で現代語にも形態素として生きてはいるものの、いずれも「乳汁」の意であり[5]「乳房」を意味する語としては廃れて久しい。「おちち」の「お」は丁寧語の「御」で、漢字では「御乳」と書く[4]が、現代に限るなら「お乳(おちち)」あるいは「おちち」と読み書きし、一般的にはそれ以外の用例は見られない。「ちぶさ」は「乳房」と記す。一方漢語では「乳房」と書いて「にゅうぼう」と読む。現代日本語では「乳房ちぶさ」が一般的に用いられ「乳房にゅうぼう」は医学医療を始めとする専門分野での用語となっている。

なお「乳房」を意味する"まともな"外来語の普及は見られない。「豊満なバスト」などといった表現がよく用いられているが、原義である「胸囲」から離れて「乳房」の意味で用いている時点で、一応外来語ではあっても、和製英語の範疇にある。また、21世紀初期にはマンモグラフィーによる乳癌検診の普及に伴って「マンモ」という略語が医療現場や報道でみられるようになった[10][11](※2010年代の記述)が、カタカナ言葉「マンモ…」が「乳房の」の意(※英語 "mammo-" は接頭辞)で通用する時代になったわけではない。

俗称としては「おっぱい/オッパイ」[12]が、少なくとも幕末以降[13]広く用いられている。第1義には幼児語で「母乳」を指す[14]が、男性を性的に魅了する「女性の胸の膨らみ」の意[14]でも広く用いられるようになった[15]。語源は諸説あってはっきりしない[13]ぱいおつ/パイオツ」は「おっ-ぱ-い」の3モーラを「お-つ-ぱ-い」と4モーラに変換したうえで前後を入れ替えた倒語で、1970年代に発生した。また「ぱいぱい/パイパイ」[14]は幼児語「おっぱい」から派生したと考えられるが、性的語義の「おっぱい」としても用いられるようになった。更には、性的語義の「おっぱい」あるいは「ぱいおつ」の「ぱい/パイ」が性的「おっぱい」の意味を持ったまま接辞化してもいて、主に性的「おっぱい」の関連語を合成する形態素になっている[注 1]他、音価の類似性からギリシア文字π」(その日本語慣用名である『パイ』)と関連付けされてもいる[注 2]

日本語以外

概要

乳房は、一部の哺乳類メスが具えている器官である。哺乳類は「哺乳」すなわち「乳を子に飲ませること」を最も重要な特徴の一つとしており、どれほど未発達であっても「乳汁(ちちしる、ちしる、ちち、にゅうじゅう)」(別名: 〈ちち〉、母乳〈ぼにゅう〉)を分泌する機能をもつ外分泌腺である「乳腺」を必ず具えている[注 3]。原始的形質を多分に具える原獣類カモノハシなど)は乳腺が未発達であり[18][注 4]、これが発達しているのは、後獣類(現生しているのは有袋類カンガルーなど、育児嚢を有するグループ〉のみ)と真獣類すなわち有胎盤類(ウシなど、胎盤を有するグループ)である。また、後2者では無駄なく授乳するための哺乳器官として「乳首」(乳頭とも)が発達している。乳首をもたない原獣類では、沁み出る乳汁を子が舐め取るという非効率な授乳方法であるため、貴重な乳汁の相当量が子に届かないまま流失する。後獣類(有袋類)の哺乳器官(乳首)は育児嚢に収まっていて、乳房と呼べるような膨らみは存在しない。真獣類(有胎盤類)の哺乳器官(乳首)は育児嚢のようなものに収納されておらず、基本構造としては体表面に露出している。そのような真獣類(有胎盤類)のごく一部のグループに、個々の乳首とその周囲を基底部から盛り上げる形で発達させているものがおり、このような構造の哺乳器官を「乳房」という。乳房の主たる構成物は柔らかくて弾力性(弾性)の高い脂肪であり、また形状としては、丘陵のようになだらか(典型: ヒトブタ)、あるいは貯蔵タンクのような塊状で(典型: ウシヤギ)、隆起もしくは膨張している。

野生の哺乳類の場合では、授乳時に乳頭が露出することによって、辛うじて存在が判明する程度の膨らみにしか発達しない種が多い。

の状態ではなく胎児の状態から産み出した後、一定の期間、乳汁を主たる栄養源として母親が子に供給し続けることで確実に育てる。それが哺乳類の採った生存戦略であり「哺乳類」という名称もここから来ている。哺乳類の乳房は、胴部の腹面に複数個、左右に対をなして発達する。オスにも乳腺、乳首、乳房が存在するが、乳汁の生産と分泌の機能をもたないため、通常的には発生学的の痕跡でしかない。つまり、発生過程の前期でメスとして成長しつつ途中でオスとして成長するべくが切り替わった個体に、切り替え以前に発現した形質が痕跡として残る、それが♂(雄及び男)の乳首ということである。

以下、特に断りがない限り、人間の乳房について記述する。ヒト以外の哺乳類の乳房については同名のセクションを参照のこと。


注釈

  1. ^ 用例と一つとして「タオパイパイ/太鳳パイパイ(たお パイパイ)」[16]を挙げる。これは、豊満な乳房をもつことでも知られる[17]女優土屋太鳳(つちや たお)が、中学生の頃に呼ばれていて(※本人の証言に基づく)[16]、芸能人となった現在ではファンの間で愛称として通用しているもの(一方で性的ニュアンスが強く感じ取れる呼称だとして批判する者もいる)。人気の漫画アニメドラゴンボール』に登場するキャラクター桃白白(タオ・パイパイ)」[16]の名と「土屋太鳳(※本名である)」と「おっぱい(あるいはその派生語)」をもじっている。また、その他の用例として「ぱいずり/パイズリ」もある。
  2. ^ 用例として「π/」とも記す「パイスラッシュ(パイスラ)」を挙げる。
  3. ^ ただし、化石種の原始的なものまで含めると、「必ず」と言えない可能性が出てくる。
  4. ^ 現生唯一の原獣類である単孔類では、乳房や乳首は発達せず、乳汁は腹面の育児嚢の中のくぼみ状の構造になっている乳腺から分泌される[18]。乳腺は汗腺から発達したもので、単孔類のそれは原始的形質を保持したものと考えられている[18]

出典

  1. ^ a b c d e f g 小学館日本大百科全書(ニッポニカ)』. “乳房(にゅうぼう)”. コトバンク. 2019年11月1日閲覧。
  2. ^ a b 平凡社百科事典マイペディア』. “乳房”. コトバンク. 2019年11月1日閲覧。
  3. ^ a b c 小学館『デジタル大辞泉』. “乳房”. コトバンク. 2019年11月1日閲覧。
  4. ^ a b 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “御乳”. コトバンク. 2019年11月1日閲覧。
  5. ^ a b 小学館『デジタル大辞泉』. “”. コトバンク. 2019年11月1日閲覧。
  6. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “乳呑み児”. コトバンク. 2019年11月1日閲覧。
  7. ^ 乳離れ”. コトバンク. 2019年11月1日閲覧。
  8. ^ 添(え)乳”. コトバンク. 2019年11月1日閲覧。
  9. ^ 乳兄弟”. コトバンク. 2019年11月1日閲覧。
  10. ^ 略語としての用例
    マンモQ&A”. 公式ウェブサイト. 認定NPO法人 J.POSH 事務局. 2019年11月1日閲覧。
  11. ^ 略語としての用例
    錦光山雅子「乳腺密度が高い高濃度乳房 マンモだけの検診で大丈夫?」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2017年3月8日。2019年11月1日閲覧。「妹が乳がんになった3年前、マンモと超音波(エコー)の検査を両方受けた。(...略...)放射線科部長は「マンモをまず受け、自分の乳腺密度を知ることは非常に大事。次にエコーを受けるか判断の元になる」と話す。」
  12. ^ 『日本大百科全書〈18〉』 p. 114.
  13. ^ a b あの美しくやさしい膨らみを「おっぱい」と名付けたのは誰か」『NEWSポストセブン』小学館、2017年12月2日。2019年11月1日閲覧。石原壮一郎のコラムの引用を含む。
  14. ^ a b c おっぱい”. 意味類語辞典(公式ウェブサイト). 株式会社ルックバイス. 2019年11月1日閲覧。
  15. ^ 公的用例:「おっぱいまつり」に「おっぱい体操」、「おっぱいゆるキャラ」まで...世界唯一の「おっぱい都市」が山口にある!」『J-CASTニュース』株式会社ジェイ・キャスト、2014年5月1日。2019年11月1日閲覧。
  16. ^ a b c 土屋太鳳:中学生のころのあだ名は桃白白? DBものまね・アイデンティティの質問に大笑い”. MANTANWEB(まんたんウェブ). 株式会社MANTAN (2018年4月16日). 2019年11月1日閲覧。
  17. ^ 「タオパイパイですか?」土屋太鳳の健康美あふれる写真に男性ファンが大興奮”. 耳マン(公式ウェブサイト). 株式会社リットーミュージック (2019年2月27日). 2019年10月31日閲覧。
  18. ^ a b c Oftedal 2002, pp. 225–252.
  19. ^ 酒井ほか 2004, pp. 492–493.
  20. ^ からだの変化とマタニティーインナー選び”. WACOAL MATERNITY. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  21. ^ 下着ではじめるからだのエイジングケア”. ワコール人間科学研究所. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。[リンク切れ]
  22. ^ 乳がんの基礎知識”. 公益財団法人日本対がん協会 (2019年2月5日). 2019年10月4日閲覧。
  23. ^ a b 母乳の量と乳房の大小にはまったく関係ないと“おっぱい先生””. NEWSポストセブン. 株式会社小学館 (2011年2月11日). 2019年10月4日閲覧。
  24. ^ 妹尾磯範[1]: “早発乳房”. せのお小児科内科医院. 2019年10月6日閲覧。
  25. ^ 思春期と乳房”. 三宅婦人科内科医院 (2006年2月更新). 2015年11月23日閲覧。
  26. ^ 恋をするとバストが大きくなるって、本当?”. マイナビウーマン. 株式会社マイナビ (2013年6月25日更新). 2013年7月2日閲覧。
  27. ^ 大山 2004, pp. 3–8.
  28. ^ 神奈川県保健福祉局 保健医療部 健康増進課 母子保健グループ (2011年1月19日). “お母さんの基礎知識(思春期・男の子編)(もっと詳しく…)”. 公式ウェブサイト. 神奈川県. 2013年1月5日閲覧。
  29. ^ 田中敏章[2]: “思春期”. 公式ウェブサイト. たなか成長クリニック. 2012年7月15日閲覧。
  30. ^ 株式会社ワコール 広報室 (2005年8月5日). “『初経』をキーにした現代ティーンの成長と体型変化について”. cocoros. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  31. ^ バストの発育、形態とブラジャーの関係”. Wacoal Sight. 株式会社ワコール. 2013年2月14日閲覧。
  32. ^ 10歳。娘と「胸」について話し始めるタイミング”. 日経DUAL. 株式会社日経BP (2015年2月19日). 2019年10月6日閲覧。
  33. ^ a b バストの先が痛がゆい”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  34. ^ 乳首が大きい”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  35. ^ 乳首の色が友だちより黒い”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  36. ^ a b 鈴木 2008, p. 588.
  37. ^ 恥ずかしがる娘もOK 「友ブラ」で思春期の胸をケア”. NIKKEY STYLE (2019年11月21日). 2020年5月3日閲覧。
  38. ^ 思春期早発症とは”. 公式ウェブサイト. 武田薬品工業株式会社. 2019年3月30日閲覧。[リンク切れ]「思春期早発症」とは”. 公式ウェブサイト. 武田薬品工業株式会社. 2019年10月30日閲覧。
  39. ^ 睡眠時を除く ナイトブラ(夜用ブラ)ってなに?
  40. ^ a b c d おっぱいがこりこりとかたい”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  41. ^ オトナの胸ってどんな胸?”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月4日閲覧。
  42. ^ a b Marshall & Tanner 1969, pp. 291–303.
  43. ^ a b ジュニアとおとなのバスト ブラの違いも分かっちゃう!”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月6日閲覧。
  44. ^ 北山ほか 2017, pp. 18–19.
  45. ^ a b c ブラの売上「Dカップ以上」が5割超え!でも実際のカップサイズ1位はBカップ【女性3,000人調査】”. web.archive.org (2019年11月15日). 2019年11月15日閲覧。
  46. ^ Maskarinec, Gertraud; Meng, Lixin; Ursin, Giske (2001-10-01). “Ethnic differences in mammographic densities” (英語). International Journal of Epidemiology 30 (5): 959–965. doi:10.1093/ije/30.5.959. ISSN 0300-5771. https://academic.oup.com/ije/article/30/5/959/724152. 
  47. ^ Maskarinec, G.; Lyu, L. C.; Meng, L.; Theriault, A.; Ursin, G. (2001). “Determinants of mammographic densities among women of Asian, Native Hawaiian, and Caucasian ancestry”. Ethnicity & Disease 11 (1): 44–50. ISSN 1049-510X. PMID 11289250. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11289250. 
  48. ^ a b おっぱいが大きい県2位は島根! 全国バストランキング―ダイアナ調べ - Peachy - ライブドアニュース”. web.archive.org (2019年11月15日). 2019年11月15日閲覧。
  49. ^ Eriksson, Nicholas; Benton, Geoffrey M.; Do, Chuong B.; Kiefer, Amy K.; Mountain, Joanna L.; Hinds, David A.; Francke, Uta; Tung, Joyce Y. (2012-06-30). “Genetic variants associated with breast size also influence breast cancer risk”. BMC medical genetics 13: 53. doi:10.1186/1471-2350-13-53. ISSN 1471-2350. PMC 3483246. PMID 22747683. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22747683. 
  50. ^ Li, Jingmei; Foo, Jia Nee; Schoof, Nils; Varghese, Jajini S.; Fernandez-Navarro, Pablo; Gierach, Gretchen L.; Quek, Swee Tian; Hartman, Mikael et al. (2013-10-01). “Large-scale genotyping identifies a new locus at 22q13.2 associated with female breast size” (英語). Journal of Medical Genetics 50 (10): 666–673. doi:10.1136/jmedgenet-2013-101708. ISSN 0022-2593. PMID 23825393. https://jmg.bmj.com/content/50/10/666. 
  51. ^ a b Hirata, Tetsuya; Koga, Kaori; Johnson, Todd A.; Morino, Ryoko; Nakazono, Kazuyuki; Kamitsuji, Shigeo; Akita, Masanori; Kawajiri, Maiko et al. (2018-05-31). “Japanese GWAS identifies variants for bust-size, dysmenorrhea, and menstrual fever that are eQTLs for relevant protein-coding or long non-coding RNAs” (英語). Scientific Reports 8 (1): 1–17. doi:10.1038/s41598-018-25065-9. ISSN 2045-2322. https://www.nature.com/articles/s41598-018-25065-9. 
  52. ^ a b Wade, Tracey D.; Zhu, Gu; Martin, Nicholas G. (2010-10). “Body mass index and breast size in women: same or different genes?”. Twin Research and Human Genetics: The Official Journal of the International Society for Twin Studies 13 (5): 450–454. doi:10.1375/twin.13.5.450. ISSN 1832-4274. PMID 20874466. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20874466. 
  53. ^ Lim, Li Yan; Ho, Peh Joo; Liu, Jenny; Chay, Wen Yee; Tan, Min-Han; Hartman, Mikael; Li, Jingmei (2018-01-19). “Determinants of breast size in Asian women”. Scientific Reports 8 (1). doi:10.1038/s41598-018-19437-4. ISSN 2045-2322. https://doi.org/10.1038/s41598-018-19437-4. 
  54. ^ a b 若年成人女子の人体計測データから見た体格・体型特性”. web.archive.org (2019年11月15日). 2019年11月15日閲覧。
  55. ^ Anderson, Peter; Frisch, Rose E.; Graham, Charles E.; Manderson, Lenore; Orubuloye, I. O.; Philippe, Pierre; Raphael, Dana; Stini, William A. et al. (1983). “The Reproductive Role of the Human Breast [and Comments and Reply”]. Current Anthropology 24 (1): 25–45. ISSN 0011-3204. http://www.jstor.org/stable/2742483. 
  56. ^ Jasieńska, Grazyna; Ziomkiewicz, Anna; Ellison, Peter T.; Lipson, Susan F.; Thune, Inger (2004-06-22). “Large breasts and narrow waists indicate high reproductive potential in women”. Proceedings of the Royal Society of London. Series B: Biological Sciences 271 (1545): 1213–1217. doi:10.1098/rspb.2004.2712. ISSN 0962-8452. https://doi.org/10.1098/rspb.2004.2712. 
  57. ^ Grillot, Rachel L.; Simmons, Zachary L.; Lukaszewski, Aaron W.; Roney, James R. (2014-05). “Hormonal and morphological predictors of women’s body attractiveness”. Evolution and Human Behavior 35 (3): 176–183. doi:10.1016/j.evolhumbehav.2014.01.001. ISSN 1090-5138. https://doi.org/10.1016/j.evolhumbehav.2014.01.001. 
  58. ^ Ertuğrul, Berna; Özener, Barış; Pawłowski, Bogusław (2019-12-13). “Prenatal exposure to oestrogens estimated by digit ratio (2d/4d) and breast size in young nulliparous women”. Annals of Human Biology: 1–4. doi:10.1080/03014460.2019.1699955. ISSN 1464-5033. PMID 31830808. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31830808. 
  59. ^ 『人間工学ハンドブック』、1966年、p. 273.
  60. ^ パンツサイズ(ショーツサイズ)のはかり方”. ガールズばでなび. 株式会社ワコール. 2019年10月4日閲覧。
  61. ^ Austin & Short 1982, pp. 1–33.
  62. ^ a b ウィリアムズ 2013, pp. 21, 34–35.
  63. ^ Morris 1967, p. 67.
  64. ^ Marlowe 1998, pp. 263–271.
  65. ^ 和泉・我部山 2008, pp. 85–90.
  66. ^ 青井梨花 (2017年12月25日). “妊娠も出産もしていないのに母乳が… どうして?”. exciteニュース. エキサイト株式会社. 2019年10月6日閲覧。
  67. ^ 男性でも母乳が出るってホント?”. exciteニュース. エキサイト株式会社 (2015年1月9日). 2019年10月6日閲覧。
  68. ^ 和栗 1996, p. 141.
  69. ^ 畜産技術協会メールマガジン NO.8”. 公式ウェブサイト. 公益社団法人 畜産技術協会 (JLTA) (2006年6月9日). 2019年10月2日閲覧。
  70. ^ 武見 1983, pp. 89–92.
  71. ^ 杉浦聡一郎 (2018年4月12日). “おっぱいの話をします”. 公式ウェブサイト. 医療法人社団 杉浦クリニック. 2019年10月2日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乳房」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乳房のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乳房 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS