メルセデスAMG F1 メルセデスAMG(GP)

メルセデスAMG F1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/11 23:38 UTC 版)

メルセデスAMG(GP)

2009年11月16日ダイムラーブラウンGPの株式の75.1%をアブダビ政府系の投資会社アーバーインベストメントと共に取得した[9]。ブラウンGPは「メルセデスGP」と改称され、2010年からF1に参戦することとなった[10]。タイトルスポンサーには2009年までBMWザウバーのスポンサーであったペトロナスが就任した[11]。 チーム代表としてロス・ブラウンが続投する。ニック・フライCEOとしてチームに留まるが、こちらは取締役から退任し、実質オブザーバーへ転向している。なお、前身のブラウンGPはティレルの系譜にあるチームであり、1950年代のメルセデス・チームとの連続性はないが、コンストラクターの記録としてはこの2年の記録を含めているため、「55年ぶりの参戦復活」という扱いとなる。

ドライバー面では、2009年11月23日にニコ・ロズベルグの起用が発表されたが[12]、もう一人のレースドライバーについては発表されなかった[13]。この発表前後から、2010年のレースドライバーに2006年いっぱいで引退したミハエル・シューマッハが復帰するとの噂が流れた[13]

12月23日、メルセデスGPがミハエル・シューマッハをレースドライバーとして起用することが正式発表された[14]。シューマッハにとっては2006年最終戦ブラジルGP以来のF1参戦となる。長年所属したフェラーリを離脱して他チームに移籍したことを受け、一部のフェラーリファンはシューマッハを「裏切り者」と呼んだが[15]、一方で彼はメルセデスの若手育成プロジェクト出身のドライバーであり、メルセデスのモータースポーツ責任者ノルベルト・ハウグは「19年前の研修生が帰ってくる」とコメントした[16]

シューマッハとチーム代表ロス・ブラウンとのコンビは2000年代のフェラーリを彷彿とさせ、世界中の期待を集めた。当時のF1最高経営責任者バーニー・エクレストンは、シューマッハが復帰後すぐにドライバーズタイトルを争うと主張した[17]

2010年 - 2013年

2010年
2010年マレーシアGPニコ・ロズベルグが1955年以来の表彰台を獲得

前年のダブルタイトルチームを買収して生まれただけに、シーズン開始前から優勝候補と目された。事実、ロズベルグが開幕戦バーレーンGPから予選と決勝で5位に入り、第3戦マレーシアGP、第4戦中国GPで連続3位表彰台を得た。だが、W01は昨年のような優位性や速さを見せることもなく、常にレッドブルマクラーレン、フェラーリのいわゆる「3強」を脅かす存在とは言えず、むしろ後塵を拝す展開が続き、逆にランキング上では下位に当たる中段チームのルノーウィリアムズフォース・インディアザウバーらに先行される展開も目立った。

2011年
2011年マレーシアGPミハエル・シューマッハ

コンストラクターズ部門の成績に限れば4位を記録したものの、表彰台はゼロであり、上位3チームとの差は前年よりも広がった。

2012年

この年よりチーム名をメルセデスGPから「メルセデスAMG・ペトロナス・F1チーム」に変更した。

非常勤会長に就いたニキ・ラウダ

革新的なWダクトを搭載したF1 W03はシーズン前のテストから好調さが噂され、実際に開幕戦と第2戦ではシューマッハがそれぞれ予選4番手と3番手につけたが、決勝になるとレースペースの悪さが露呈した。チームは燃料の重い状態でのペースの悪さとタイヤマネージメントに問題があると認めていた[18]。しかし第3戦中国GPでは予選でロズベルグが自身、チーム共に初となるポールポジション(PP)を獲得。決勝でもポールトゥーウィンを達成し、自身とチームにとっての初優勝を果たした。ワークスチームとしてのメルセデスがF1で勝利を挙げるのは実に57年ぶり、1955年のイタリアGPでのファンジオの優勝以来であった。シューマッハも第6戦モナコGP予選で復帰後自身初の予選トップタイムを記録(前戦でのペナルティの影響で決勝レースは6番手スタートとなった)。第8戦ヨーロッパGPでは混乱したレースを攻略し、復帰後自身初の3位表彰台を獲得した。その一方で第15戦日本GPでシューマッハが二度目の引退を発表。9月に3度のワールドチャンピオンであるニキ・ラウダが非常勤会長に就任した。

2013年

シューマッハの後釜に、2008年の年間王者でマクラーレンの生え抜きであったルイス・ハミルトンが移籍。ロズベルグがモナコイギリスで優勝し、ハミルトンもハンガリーで優勝した。このシーズンはレッドブルセバスチャン・ベッテルの記録的な圧勝劇であったものの、コンストラクターズランキングにおいてフェラーリと激しい2位争いを展開して僅差で2位となり、2010年以降で最高の成績を収めた。ドライバーズランキングではハミルトンが4位、ロズベルグが自己最高の6位に入った。シーズン終了直後、ブラウンがチームを離れることを発表した。

2014年 - 2019年

2014年
初タイトルをもたらしたマシン・W05 Hybrid

ドライバーはそのまま続投。また、今年度からウィリアムズへのエンジン供給を開始して4チームへの供給となる。

パワーユニット(以下PUと省略)(ターボエンジン復活)導入など、PUおよびシャシーのレギュレーションの大幅改訂に上手く対応して19戦中優勝16回、うちワンツーフィニッシュ11回、全レースでの表彰台登壇を記録した。前年までのレッドブル勢の勢いをそのまま奪ったかのような圧倒的な信頼性とパフォーマンスを発揮し、第16戦ロシアGPでコンストラクターズタイトルを獲得した。ハミルトンとロズベルグでドライバーズタイトルを最後まで争ったが、最終戦のアブダビGPではF1では唯一のダブルポイントレースとして、ハミルトンが6年振りにドライバーズタイトルを獲得した。ちなみにPPは19戦中18回と予選での圧倒的な速さを見せ、この年メルセデスがPPを逃したのはオーストリアGPの1回のみだが、獲得したのは今年度からメルセデスPUを使用するウィリアムズのフェリペ・マッサであり、メルセデスPUが全戦PP獲得した。

その一方で、かつてのカート時代の仲間で友情もあったとされるロズベルグとハミルトンは前年のマレーシアGPの一件のように、同じチームになってからは気まずさが目立ち、2013年はどちらかが譲る形で矛を収めていた。だが、今季は序盤から火種が燻る形となり、お互い勝利を渇望するレース展開が目立った。そして、第6戦モナコGPの一件[19]を通じてそれがついに爆発。以降両者は公の場でも緊張関係があることを隠すことはなく、チームはドライバー管理に苦心することとなった[20]

2015年

ドライバーはそのまま続投。PUの供給先は前述の通り、2014年を以てマクラーレンはメルセデスとの契約を終了したものの、ロータスF1チームへの供給を開始した為、自チームを含め4チーム供給を継続している。

2014年と相変わらずの強さを見せるが中盤戦でややつまずく。イギリスGPではスタートで出遅れてセカンドローにいたウィリアムズ2台に先行を許したり(最終的には逆転して1-2フィニッシュ)、ハンガリーGPでも同じようなスタートの出遅れでフェラーリ勢の先行を許すとその後も終始精彩を欠き、PU導入後初めて2人とも表彰台に上がることができなかった。またシンガポールGPでは予選から精彩を欠き5位,6位、決勝でも終始フェラーリ、レッドブル勢の後塵を拝し、ハミルトンがマシントラブルでシーズン初リタイア。ロズベルグも4位が精一杯であった。それでもこれらを除いたレースは2人とも安定した成績、完走率を誇っており第15戦ロシアGPでコンストラクターズチャンピオンを早々に決定。続くアメリカGPでハミルトンがドライバーズタイトルを決定させた。ロズベルグも終盤に3連勝を達成するなど強さを見せた。

結果的には19戦中16勝、うち12回がワンツーフィニッシュで、ワンツーフィニッシュの回数は前年を上回った。予選の圧倒的な速さは相変わらずで、この年もメルセデスがPPを逃したのはシンガポールGPでフェラーリのセバスチャン・ベッテルに許した1回のみであった。

2016年
ロズベルグとルイス・ハミルトン2016年モナコGP

ドライバーはそのまま続投。PUについてはロータスF1チームを買収してルノーがワークス参戦することに伴い、同チームへの供給は終了したもののマノー・レーシングへの供給を開始した為、4チームへの供給を継続している。

ロズベルグが開幕4連勝を飾る一方、ハミルトンは2戦連続で予選で問題が発生し下位スタートになったり、決勝ではリタイアするまでではないもののPUに問題が発生するなど信頼性に悩まされることが増えた。ロシアGPの後には陰謀説まで浮上し、チームが陰謀説を否定する事態にまで陥っていた[21][信頼性要検証]。第5戦スペインGPではハミルトンがPPを獲得したが、決勝ではオープニングラップで同士討ちを喫し、2011年オーストラリアGP以来のダブルリタイアを喫した。さらにカナダGPでもオープニングラップでもかすかに接触しロズベルグが順位を落としたり、オーストリアGPでは首位を争っていたファイナルラップに接触しハミルトンが優勝したもののロズベルグは4位に終わった。最悪の場合、ダブルリタイアも考えられた事態だったこともありレース後にはチーム代表のトト・ヴォルフが「チームオーダーを発動させる可能性がある」と警告する事態に発展。ハミルトンはイギリスGPハンガリーGPでも勝ち3連勝し、ドライバーズポイントでロズベルグを抜きトップに立った。

後半戦からはロズベルグが勢いを取り戻し、第13戦ベルギーGPから第15戦シンガポールGPまで3連勝でハミルトンを再逆転、第16戦マレーシアGPではトップを独走していたハミルトンがエンジンブローでリタイアし(ロズベルグは3位)、両者の差がさらに広がった。第17戦日本GPでロズベルグが優勝し、3年連続のコンストラクターズチャンピオンが決定した。アメリカGPからアブダビGPでハミルトンが4連勝したが、この4レースで全てハミルトンに続く2位となったロズベルグが最終的に5ポイント差で逃げ切り、初のドライバーズチャンピオンを獲得した。

ハンガリーGPを前にロズベルグは2018年まで契約を延長していたが[22]、チャンピオンを決めた5日後の12月2日に突如引退を発表[23]。3シーズンに渡るチームメイト同士の戦いに終止符が打たれた。

この年はレッドブルの復調もありワンツーフィニッシュは8回に減ったが、21戦中19勝と年間最多優勝記録を更新し、総獲得ポイントで最多記録を樹立。PPを逃したのはモナコGPダニエル・リカルド)の1回のみとメルセデスの優勢は変わらなかった。

2017年
新加入ボッタスの駆るW08

この年からチーム名称を「メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ」に変更。ハミルトンが残留した一方、引退したロズベルグに代わるドライバーは既に殆どのシートが決まっていたため難航したが、2016年までウィリアムズで参戦し、チーム代表のヴォルフがマネージメントを行っているバルテリ・ボッタスを迎えることとなった[24]。1月10日、エグゼクティブディレクターのパディ・ロウがチームを離脱した[25]。前年7月にフェラーリを離脱したジェイムズ・アリソンがテクニカルディレクターとして3月1日に加入[26]。PUの供給先についてはマノー・レーシングが前年限りで消滅したため、3チームへの供給となった。

エースのハミルトンは、開幕戦オーストラリアGPでフェラーリのベッテルに逆転され優勝を逃したが、第2戦中国GPグランドスラムを達成した。第3戦バーレーンGPではボッタスが初のPPを獲得したが、再びベッテルに逆転勝利を許した。第4戦ロシアGPは予選でフェラーリ勢にフロントロー独占を許したが、決勝ではボッタスが逆転して初勝利を飾った。第7戦カナダGPでハミルトンがシーズン2度目のグランドスラムを達成し、シーズン初のワンツーフィニッシュとなった。これ以降は安定して勝利を積み重ねていき、秋以降はフェラーリのマシントラブルなどによる失速にも助けられ、第17戦アメリカGPでコンストラクターズタイトル4連覇、第18戦メキシコGPでハミルトンが2年ぶりのドライバーズチャンピオンを獲得した。最終戦アブダビGPでボッタスがポールトゥーウィンを達成したがベッテルのポイントに届かず、4年連続ドライバーズランキング1-2独占とはならなかった。

この年は20戦中優勝12回、PP15回、ワンツーフィニッシュ4回といずれも前年を下回ったが、ハミルトンは全戦入賞、ボッタスもリタイア1回のみという高い信頼性を誇った。

2018年

ドライバーはハミルトンとボッタスの両者とも残留。開幕戦オーストラリアGPはハミルトンがPPを獲得したが、この年もベッテルに逆転勝利を許した。第2戦バーレーンGPではフリー走行からフェラーリ勢に完敗し、続く中国GPも予選でフェラーリ勢に完敗し、決勝はボッタスがフェラーリ勢を逆転し首位を走行したがリカルドに逆転勝利を許した。開幕から3戦未勝利は2014年のレギュレーション変更以来初めてのことだった。ハミルトンは第4戦アゼルバイジャンGPと第5戦スペインGPで連勝を飾り、第8戦フランスGPで3勝目を挙げる。しかし第9戦オーストリアGPでシーズン初(2016年スペインGP以来)のダブルリタイアを喫し、ハミルトンの母国グランプリ5連勝がかかった第10戦イギリスGPはベッテルに逆転優勝を許し、前年までとは打って変わってフェラーリ陣営、次いでレッドブル陣営と拮抗した戦況となった。

2014年のPU導入(ターボエンジン復活)後圧倒的な強さを見せて来たメルセデスチームだったが、このあたりの不振の理由として、以前から「タイヤとの相性の問題」が課題[27]となっており、これまでタイヤ戦略のミスも含めてそれでカバーしていた[28]のだが、その優位性が薄れて来たことが苦戦の原因と各関係者は語っている[29][30][31][32]

フェラーリの躍進を振り切りコンストラクターズを5連覇

第11戦ドイツGPでベッテルが後半の雨で自滅、1938年以来80年ぶり(F1では初)となるホームグランプリでのワンツーフィニッシュを果たしてから徐々にベッテル及びフェラーリを引き離していき、続く第12戦ハンガリーGPもハミルトンが連勝。サマーブレイク後の第13戦ベルギーGPはベッテルに敗れたが、第14戦イタリアGPでベッテルがハミルトンとの接触でまたしても自滅、タイヤ戦略でPPのライコネンを抜き去ってハミルトンが制し、そこから続く3戦でもフェラーリ勢に完勝して一気に流れを引き寄せ、メキシコGPでハミルトンのドライバーズタイトル連覇が決定した。そして続くブラジルGPでのハミルトンの勝利でコンストラクターズタイトルも(2014年のターボ復活から続く)5連覇を果たした。

この年はシーズン前半の苦戦や2016年以来のダブルリタイアが1回あったが、21戦中優勝11回、PP13回、ワンツーフィニッシュ4回と前年に近い数字を記録し、チームとしての強さを改めて見せつけたが、ベッテル=フェラーリ陣営の失策に助けられたレースも幾つかあり[33]、シーズン中に第三者がコメント[34]したように2014年のPU導入後において苦戦したシーズンの1つでもあった。

2019年

ドライバーはそのまま続投。開幕戦オーストラリアGPではハミルトンがPPを獲得も、決勝ではフロントローのボッタスが好スタートを決めてマシンのフロアに損傷を抱えたハミルトンはペースを上げられず、そのままボッタスが2年ぶりの勝利を収めた。第2戦バーレーンGPではフェラーリ勢にフロントロー独占を許すも、ハミルトンはベッテルの攻略に成功し、トップを快走していたシャルル・ルクレールがPUのトラブルでスローダウンして、ハミルトンが逆転勝利を収める。第3戦中国GPではハミルトン、第4戦アゼルバイジャンGPではボッタスが、それぞれ今季2勝目を挙げ、F1史上初の開幕から4戦連続ワンツーフィニッシュを成し遂げた。第5戦スペインGPのアップデートで他チームとの差をさらに広げて圧勝。ハミルトンが3勝目を挙げて連続ワンツー記録を5に伸ばした。第6戦モナコGPでもメルセデスのフロントローを獲得。決勝はタイヤに苦しみながらもハミルトンが優勝、ボッタスがピットロードでフェルスタッペンと接触しパンク・翌周緊急ピットの影響で3位に落ちたため、開幕からの連続ワンツーフィニッシュは5でストップとなった。

第7戦カナダGPではベッテルに先行されたものの、彼のレース中のタイムペナルティによりハミルトンが逆転勝利を飾り、第8戦フランスGPもメルセデス勢のフロントロー独占からのハミルトンが6勝目を挙げる結果となった。第8戦までの間、最大のライバルのフェラーリの苦戦も手伝い、フロントロー独占およびワンツーフィニッシュを6回記録。開幕からの連勝記録も8回となるなど、無類の強さを発揮した。

そんななか、第9戦オーストリアGPではオーバーヒートに苦しみ[35]、優勝を逃し開幕からの連勝記録が8でストップ。だが、その症状が出なかった第10戦イギリスGPでは再びメルセデス勢が圧倒。そのため、苦戦するレースもあるが基本的にライバル不在という見方や、前半戦終了時点で2019年のタイトルは事実上ハミルトンが獲得していると言い切る識者も多い[36]

夏休み明けのベルギーGPからフェラーリが復調し、ロシアGPではベッテルのリタイアによるバーチャルセーフティーカーのタイミングの幸運もあり、ワンツーフィニッシュを達成した。続く日本GPは予選こそフェラーリのフロントロー独占を許したものの、スタートでリードを奪ったボッタスが逆転勝利を飾り、ハミルトンが3位とファステストラップを獲得し、コンストラクターズタイトルを獲得[37]。最終的には第19戦アメリカGPでハミルトンが3年連続通算6度目のワールドチャンピオン獲得し、チームとしてもダブルタイトル6連覇を達成した。

2020年 -

2020年
2020年シーズン開幕前のプレシーズンテスト(2020年2月)でのW11(ドライバーはルイス・ハミルトン
第9戦トスカーナGP(2020年9月)でのW11

この年よりチーム名称を「 メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム」へ変更。スポンサーの関係でカラーリングに赤が加わったこと[38]やマシンの名称が若干変わった点がある[39]。が、ドライバーも含め、チームの体制面では大きな変化はない。 また、カラーリングはプレシーズンテストの段階ではシルバーを基調とした車体と白のレーシングスーツという組み合わせ[38]、であったが、5月に発生したジョージ・フロイド事件に端を発するBLM運動をハミルトンが支持したこと[40]をきっかけにチームも追従し、マシンとレーシングスーツを黒を基調としたカラーリングへ変更することを表明[41]。以降、このカラーリングで出走した。

新型コロナウイルスの世界的流行の影響でシーズン前半は休止状態となったが、シーズン全体で見れば、17戦中優勝13回、PP15回とこの年もシーズンを席巻。タイトルに関しては第13戦エミリア・ロマーニャGP時点でコンストラクターズタイトル史上初の7連覇を達成[42]し、ドライバーズチャンピオンシップもハミルトンが第3戦でポイントリーダーに立ってからは彼が独走し、第14戦トルコGPミハエル・シューマッハに並ぶ7冠を達成[43]。同時に史上初のダブルタイトル7連覇を記録した。

12月、ダイムラーがチーム株式の大部分を売却し、ダイムラー、トト・ヴォルフ、スポンサーのINEOS(イギリスの大手化学メーカー)が1/3ずつ株式を保有する形となった[44]

2021年

前年と同じ体制で参戦。マクラーレンへのPU供給[45]を開始するため、PU供給は4チームとなる。

この年のメルセデスは、プレシーズンテストの段階でマシントラブルの影響[46]もあるが、今季のレギュレーションの対応に出遅れていることを自他ともに認めていた[47][48][49]。 それでも、開幕戦はマックス・フェルスタッペンにPP[50]を取られながらも、決勝では2番手スタートのハミルトンがレース戦略[51]も駆使して優勝を飾った。そこから、第2戦での新パーツ投入の効果もあり[52]、チームとして第2戦から3連続PP獲得となり、第2戦こそフェルスタッペンに勝利されるも[53]、第3戦[54]と第4戦[55]はハミルトンが勝利する結果となった。

だが、第5戦をハミルトンの7位入賞のみで終わったことにより[56]、両ポイントリーダーの座から陥落。さらに第6戦からチームの失点やレッドブル側の速さが勝っていたこともあり、その間もポイントを積み重ねるが、レッドブルに第5戦から5連勝を許してしまい、第9戦オーストリアGP終了時点で、両ポイントともに30ポイント以上の差をつけられていた。しかし、第10戦イギリスGP第11戦ハンガリーGPにて、前者は決勝での主導権争いの結果、後者はスタート直後の多重クラッシュによってレッドブル側がポイントを逃す結果となり、第10戦に関しては物議を醸す事態となったが、ハミルトンおよびメルセデスが両ポイントリーダーの座を奪還する形で前半戦を終えた。

サマーブレイク後は、コンストラクターズの方はメルセデスが堅守し続けるも、ドライバーズの方は一進一退の争いとなり、第16戦の結果によりフェルスタッペンにポイントリーダーの座が移った[57]。その後、第18戦終了時点では、フェルスタッペンとハミルトンの差は19ポイントとなった[58]。だが、第19戦サンパウロGPでハミルトンは追加のICE交換ペナルティを受け、決勝は10番手スタートながらも優勝。その後の2戦も優勝し今季初の3連勝を達成するが、フェルスタッペンも連続2位で食らいつき両者同点のまま最終戦での決戦となった。 最終戦は、予選はフェルスタッペンがPPを獲得するも、決勝はハミルトンがスタートダッシュを決めて首位を独走。2位に落ちたフェルスタッペンに猛追されるものの[59]、ハミルトンは一つの隙も無いレースを見せ、フェルスタッペンを完封している状況であった[60]。 しかしレース終盤にセーフティカーが導入され、フェルスタッペンはそのタイミングでタイヤ交換を実施したのに対し、ハミルトンはステイアウトを選択した。最終ラップ直前にレース再開となり、ハミルトンは不利な状況ながらも抵抗を見せたが、フェルスタッペンに逆転されドライバーズタイトルを逃すこととなった。ただし、コンストラクターズの方はメルセデスが接戦を制して死守。コンストラクターズタイトルの連覇記録を8に伸ばした。

2022年

ボッタスに代わってジョージ・ラッセルが加入。シャシーのカラーリングが3シーズンぶりにシルバーに戻った。 今シーズンのマシンW13は、「ゼロポッド」とも評される革新的なサイドポッド処理を導入[61]したが、40年ぶりに解禁されたグラウンド・エフェクト・カー特有のポーポイズ現象に極度に苦しめられ[62]、前年のW12よりもパフォーマンスが相対的に悪化していた[63]。この問題の解消を優先したマシン開発の影響でタイトル争いでは後れを取るどころか、第3戦の時点で今季のタイトル獲得は絶望的と評された[64]。シーズン後半にはポーポイズ現象を一応解決し、速さではレッドブルに及ばないもののフェラーリ等には伍して戦えるレベルとなり、終盤のサンパウロGPではラッセルが初勝利を挙げたが、チームとしては不満の残る結果となった。

2023年

ドライバーはラッセルとハミルトンのコンビを継続。2023年型のW14はマシンの軽量化を主な目的として、カラーリングはカーボン地が剥き出しのブラック基調のデザインに戻った。開幕時点では前年に引き続きゼロポッドを継続したが、メルセデスPUのカスタマーチームであるアストンマーティンのアロンソにも先行を許した。5月のモナコGPでレッドブル型のサイドポッドを採用したマシンを投入し、大きく空力設計の転換を図った。これによりアロンソやフェラーリと戦えるレベルになり、ハミルトンがスペイン、カナダで連続表彰台を獲得する。しかし、イギリスGP以降は復調したマクラーレンの後塵を拝するようになった。

ハミルトンは年間ドライバーズランキングで3位になったが、ラッセルはシーズンを通して3位表彰台を2度獲得するに留まりランキング8位。メルセデスとしてはコンストラクターズランキングで2位となったものの、2011年以来となる未勝利でシーズンを終えた。

2024年

この年もラッセルとハミルトンのコンビが継続されたが、シーズン開幕前の2月1日にハミルトンが翌2025年からフェラーリに移籍することが発表された[65]

戦績

エントリー名 車体型番 タイヤ エンジン ドライバー ランキング ポイント 優勝数
2010年 メルセデスGP・ペトロナス・フォーミュラ1チーム MGP W01 B メルセデスFO108X
(2.4L V8)
ミハエル・シューマッハ
ニコ・ロズベルグ
4位 214 0
2011年 メルセデスGP・ペトロナス・フォーミュラ1チーム MGP W02 P メルセデスFO108Y
(2.4L V8)
ミハエル・シューマッハ
ニコ・ロズベルグ
4位 165 0
2012年 メルセデスAMG・ペトロナス・F1チーム F1 W03 P メルセデスFO108Z
(2.4L V8)
ミハエル・シューマッハ
ニコ・ロズベルグ
5位 142 1
2013年 メルセデスAMG・ペトロナス・F1チーム F1 W04 P メルセデスFO108F
(2.4L V8)
ニコ・ロズベルグ
ルイス・ハミルトン
2位 360 3
2014年 メルセデスAMG・ペトロナス・F1チーム F1 W05 Hybrid P メルセデスPU106A Hybrid
(1.6L V6t)
ルイス・ハミルトン
ニコ・ロズベルグ
1位 701 16
2015年 メルセデスAMG・ペトロナス・F1チーム F1 W06 Hybrid P メルセデスPU106B Hybrid
(1.6L V6t)
ルイス・ハミルトン
ニコ・ロズベルグ
1位 703 16
2016年 メルセデスAMG・ペトロナス・F1チーム F1 W07 Hybrid P メルセデスPU106C Hybrid
(1.6L V6t)
ルイス・ハミルトン
ニコ・ロズベルグ
1位 765 19
2017年 メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 W08 EQ Power+ P メルセデスM08 EQ Power+
(1.6L V6t)
ルイス・ハミルトン
バルテリ・ボッタス
1位 668 12
2018年 メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 W09 EQ Power+ P メルセデスM09 EQ Power+
(1.6L V6t)
ルイス・ハミルトン
バルテリ・ボッタス
1位 655 11
2019年 メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 W10 EQ Power+ P メルセデスM10 EQ Power+
(1.6L V6t)
ルイス・ハミルトン
バルテリ・ボッタス
1位 739 15
2020年 メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム F1 W11 EQ Performance P メルセデスM11 EQ Performance
(1.6L V6t)
ルイス・ハミルトン
バルテリ・ボッタス
ジョージ・ラッセル
1位 573 13
2021年 メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム F1 W12 E Performance P メルセデスM12 E Performance
(1.6L V6t)
ルイス・ハミルトン
バルテリ・ボッタス
1位 613.5 9
2022年 メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム F1 W13 E Performance P メルセデスM13 E Performance
(1.6L V6t)
ジョージ・ラッセル
ルイス・ハミルトン
3位 515 1
2023年 メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム F1 W14 E Performance P メルセデスM14 E Performance
(1.6L V6t)
ジョージ・ラッセル
ルイス・ハミルトン
2位 409 0
2024年 メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム F1 W15 E Performance P メルセデスM15 E Performance
(1.6L V6t)
ジョージ・ラッセル
ルイス・ハミルトン
4位* 64* 0
  • 太字はドライバーズタイトル獲得者及びその年の最多記録
  • 斜体になっているドライバーはスポット参戦など

エンジン(パワーユニット)供給

メルセデスエンジン(パワーユニット)使用チーム

チーム 使用年度 WCC 優勝回数 初勝利 最終勝利 備考
ザウバー 1994年 - 0 - - 開発はイルモア
マクラーレン 1995年 - 2014年
2021年 -
1(1998年) 79 1997年オーストラリアGP 2021年イタリアGP 1995年から2005年までの開発はイルモア
ブラウン 2009年 1(2009年) 8 2009年オーストラリアGP 2009年イタリアGP
/ フォース・インディア 2009年 - 2018年 - 0 - - 2018年ベルギーGP以降はレーシング・ポイントによる活動
ウィリアムズ 2014年 - - 0 - -
ロータス 2015年 - 0 - -
マノー 2016年 - 0 - -
レーシング・ポイント 2019年 - 2020年 - 1 2020年サヒールGP 2020年サヒールGP バッジネームBWTメルセデス
アストンマーティン 2021年 - - 0 - -
合計 1994年 - 2023年 2 88 1997年オーストラリアGP 2021年イタリアGP
  • 太字2024年に使用するチーム

注釈

  1. ^ 139750点はコンストラクターズタイトル制定前の1954-1955年に記録された。

出典

  1. ^ “ブラウンGP 「メルセデスGP」に”. Gp Update. (2009年11月16日). http://f1.gpupdate.net/ja/news/2009/11/16/223724/ 2009年11月16日閲覧。 
  2. ^ スティーブンに聞く! - 2011年7月17日 ESPN F1 (2011年7月21日) 2016年11月10日閲覧。
  3. ^ いかにしてシルバー・アロー伝説は生まれたか メルセデス・ベンツ日本公式サイト 2016年11月10日閲覧。
  4. ^ [1], [2] and [3] 2016年11月10日閲覧。
  5. ^ a b c 1955: Le Mans disaster claims 77 lives”. BBC. 2018年11月25日閲覧。
  6. ^ 50 years ago, the day that tragedy struck Le Mans”. The Independent (2005年6月11日). 2018年11月25日閲覧。
  7. ^ ヴェンドリンガーはオーストリア人である
  8. ^ Daimler AG and McLaren Group change form of their cooperation
  9. ^ Straw, Edd (2009年11月16日). “Mercedes takes over Brawn”. Autosport.com (Haymarket Media). http://www.autosport.com/news/report.php/id/80174 2018年11月25日閲覧。 
  10. ^ “Mercedes takes over Brawn F1 team”. BBC News. (2009年11月16日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/motorsport/formula_one/8362295.stm 2018年11月25日閲覧。 
  11. ^ “February debut, Petronas backing for Mercedes”. Formula1.com (Formula One Administration). (2009年12月21日). オリジナルの2009年12月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091224101413/http://www.formula1.com/news/headlines/2009/12/10299.html 2018年11月25日閲覧。 
  12. ^ “メルセデスGP:ニコ・ロズベルグ加入のプレスリリース”. AUTOSPORT Web. (2009年11月23日). http://www.as-web.jp/past/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9gp%EF%BC%9A%E4%BA%8C%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B0%E5%8A%A0%E5%85%A5%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA?all 2018年11月25日閲覧。 
  13. ^ a b “メルセデス、ふたり目のドライバーはクリスマス前に発表の見込み”. AUTOSPORT Web. (2009年11月26日). http://www.as-web.jp/past/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9%E3%80%81%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%82%8A%E7%9B%AE%E3%81%AE%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9?all 2018年11月25日閲覧。 
  14. ^ “メルセデスGP、ミハエル・シューマッハーと正式契約!”. AUTOSPORT Web. (2009年12月23日). http://www.as-web.jp/past/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9gp%E3%80%81%E3%83%9F%E3%83%8F%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%81%A8%E6%AD%A3%E5%BC%8F%E5%A5%91?all 2018年11月25日閲覧。 
  15. ^ “Michael Schumacher's defection to Mercedes breaks Ferrari hearts”. The Telegraph. (2010年12月18日). https://www.telegraph.co.uk/sport/motorsport/formulaone/ferrari/6841096/Michael-Schumachers-defection-to-Mercedes-breaks-Ferrari-hearts.html 2018年11月25日閲覧。 
  16. ^ “ハウグ、シューマッハーの“帰還”に歓喜「19年前の研修生が帰ってくるのを温かく迎えたい」”. AUTOSPORT Web. (2009年12月23日). http://www.as-web.jp/past/%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B0%E3%80%81%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%B8%B0%E9%82%84%E3%81%AB%E6%AD%93%E5%96%9C%E3%80%8C19%E5%B9%B4%E5%89%8D?all 2018年11月25日閲覧。 
  17. ^ “Bernie Ecclestone hails return of 'comeback kid' Michael Schumacher”. The Telegraph. (2010年12月24日). https://www.telegraph.co.uk/sport/motorsport/formulaone/f1news/6879625/Bernie-Ecclestone-hails-return-of-comeback-kid-Michael-Schumacher.html 2018年11月25日閲覧。 
  18. ^ メルセデス、レースペースに集中 - ESPN F1 2012年4月13日
  19. ^ かつて親友だったふたり……ロズベルグとハミルトンの友情が崩壊した日:2014年モナコGPjp.motorsport.com(2020年5月30日)2020年5月31日閲覧
  20. ^ 王者決定まで緊張は緩まず」『』espnf1.com、2014年7月29日。2020年5月31日閲覧。
  21. ^ “メルセデス、ファンへの手紙でチーム内で陰謀説を否定”. (2016年5月5日). http://f1-gate.com/mercedes-benz/f1_30921.html 2016年5月17日閲覧。 
  22. ^ ロズベルグ、メルセデスと2018年までの新契約にサイン. AUTOSPORTweb(2016年7月22日).
  23. ^ ニコ・ロズベルグ、F1引退を発表”. F1-Gate.com (2016年12月2日). 2016年12月2日閲覧。
  24. ^ “メルセデス、バルテリ・ボッタスの起用を正式発表”. F1-Gate.com. (2017年1月17日). http://f1-gate.com/mercedes-benz/f1_34502.html 2017年1月17日閲覧。 
  25. ^ “メルセデス、パディ・ロウの離脱を正式発表”. F1-Gate.com. (2016年1月11日). http://f1-gate.com/mercedes-benz/f1_34455.html 2016年1月11日閲覧。 
  26. ^ “メルセデス、ジェームス・アリソンの加入を正式発表”. F1-Gate.com. (2016年2月16日). http://f1-gate.com/mercedes-benz/f1_34853.html 2016年2月16日閲覧。 
  27. ^ パット・シモンズがメルセデスF1苦戦の理由を分析。「チームは長年に渡ってタイヤの問題を抱えてきた」”. オートスポーツweb (2018年4月27日). 2018年6月20日閲覧。
  28. ^ F1 Topic:新PU投入で絶対王者メルセデスを脅かす存在となったフェラーリ”. オートスポーツweb (2018年6月14日). 2018年7月9日閲覧。
  29. ^ 序盤3戦で勝利を逃したメルセデスF1、「全チームがタイヤの影響に悩んでいる」と分析”. オートスポーツweb (2018年4月21日). 2018年6月20日閲覧。
  30. ^ F1合同テストで総合トップのハミルトン、最終日は「全体的にポジティブな感触」”. オートスポーツweb (2018年3月2日). 2018年6月20日閲覧。
  31. ^ ハミルトン、F1アゼルバイジャンGPで優勝もマシンは前年型よりも「運転が難しい」と困惑”. オートスポーツweb (2018年5月3日). 2018年6月20日閲覧。
  32. ^ ボッタス「スーパーソフトタイヤがうまく機能しない」メルセデス F1スペインGP金曜”. オートスポーツweb (2018年5月12日). 2018年6月20日閲覧。
  33. ^ 新5冠王となったハミルトンの心理戦と、ベッテルの後悔。タイトル争いの流れを決めた6つのレース【今宮純のF1総括】”. AUTOSPORTweb (2018年11月7日). 2018年11月8日閲覧。
  34. ^ メルセデス帝国の落日を見たとヒル - ja.espnf1.com (2018年4月14日)2019年3月20日閲覧
  35. ^ メルセデスの冷却不足は”基本設計”が原因「パッケージング追求のあまり……」 - jp.motorsport.com・(2019年7月4日)2019年7月16日閲覧
  36. ^ イタリアのメディアも認める「ハミルトンのライバルたちにもうF1タイトルの望みはない」”. www.topnews.jp (2019年6月26日). 2019年7月16日閲覧。
  37. ^ F1日本GP決勝:ボッタス今季3勝目、メルセデスがコンストラクターズタイトル決定”. motorsport.com (2019年10月13日). 2019年10月13日閲覧。
  38. ^ a b メルセデスF1、2020年型マシン『W11』のカラーリングをお披露目。スポンサーカラーのレッドをあしらう”. AUTOSPORTweb (2020年2月10日). 2020年5月31日閲覧。
  39. ^ 2017年以降は「メルセデス・F1 W~ EQ Power+」となっていたが、今季は「メルセデスAMG・F1 W11 EQ Performance」という名称に変更された。
  40. ^ 黒人差別撤廃を訴えるハミルトン、抗議デモに参加 コミッションを設立formula1-data.com(2020年6月22日).2021年1月24日閲覧。
  41. ^ メルセデスF1、漆黒の「ブラック・アロー」を投入…反人種差別姿勢を強調formula1-data.com(2020年6月29日).2021年1月24日閲覧。
  42. ^ メルセデス、“前人未到”のタイトル7連覇。貢献ハミルトン「信じられない記録」と称賛jp.motorsports.com(2020年11月2日)2021年1月17日閲覧。
  43. ^ “【F1 トルコGP】ハミルトンが優勝、シューマッハに並ぶ7度目のタイトルを獲得”. response.jp. (2020年11月15日). https://response.jp/article/2020/11/15/340353.html 2021年1月24日閲覧。 
  44. ^ Daimler to lose full control over the Mercedes F1 team - RacingNews365・2021年5月19日
  45. ^ マクラーレンF1、メルセデスエンジン搭載の2021年型『MCL35M』を初始動www.as-web.jp(2021年1月28日)2021年6月23日閲覧。
  46. ^ メルセデスF1、テスト前の未シェイクダウンを後悔…ギアボックスの問題特定進まず 2014年以来の試練formula1-data.com(2021年3月13日)2021年6月24日閲覧。
  47. ^ メルセデスF1、ローレーキ・コンセプトが苦戦の一因と分析「2021年規則変更は我々に不利に働いた」www.as-web.jp(2021年4月1日)2021年6月24日閲覧。
  48. ^ 課題山積メルセデス、対レッドブル・ホンダにレースペースのみならず低燃料走行でも「及ばない」と認めるformula1-data.com(2021年3月15日)2021年6月24日閲覧。
  49. ^ レッドブル・ホンダ優位は「公正な見解」とメルセデス…F1開幕までのギャップ解消は困難formula1-data.com(2021年3月19日)2021年6月24日閲覧。
  50. ^ レッドブル、4連覇以来の開幕ポールと有望も「メルセデスはすぐそこまで迫っている」とホーナーformula1-data.com(2021年3月28日)2021年5月4日閲覧。
  51. ^ 【F1分析:バーレーンGP決勝】ハミルトンの秀逸すぎるタイヤマネジメント……絶体絶命の状況を打破jp.motorsport.com(2021年3月30日)2021年6月24日閲覧。
  52. ^ メルセデス、空力開発とコース特性とのマッチングで対レッドブル戦に向け競争力向上「後はセットアップの微調整のみ」formula1-data.com(2021年4月17日)2021年7月2日閲覧。
  53. ^ レッドブル・ホンダの勝利を決定付けメルセデスを苦悩させた要因 / F1エミリア・ロマーニャGP分析formula1-data.com(2021年4月21日)2021年6月24日閲覧。
  54. ^ ハミルトンが97勝目「マックスに抜かれた時は『なんてばかなんだ』と自分を罵った」メルセデス/F1第3戦決勝www.as-web.jp(2021年5月3日)2021年7月2日閲覧。
  55. ^ ハミルトン、大胆な戦略で首位奪還「2ストップの指示に従うべきかどうか迷った」メルセデス/F1第4戦決勝www.as-web.jp(2021年5月10日)2021年7月2日閲覧。
  56. ^ F1モナコGP決勝:フェルスタッペン完勝で選手権首位に。PPルクレールに悲劇、角田は16位jp.motorsport.com(2021年5月24日)2022年7月22日閲覧。
  57. ^ F1トルコGP決勝後ポイントランキング:フェルスタッペン首位奪還も、コンストラクターでの差は拡大”. Fomula1-Data (2021年10月11日). 2022年7月22日閲覧。
  58. ^ フェルスタッペン9勝…セナのホンダF1ドライバー年間最多優勝を更新、タイトル獲得に向け「大きな意味のあるレース」と田辺TD”. Fomula1-Data (2021年11月8日). 2022年7月22日閲覧。
  59. ^ ペレス、壁となりリタイヤする事でフェルスタッペンの戴冠を援護「何より大切なのはチーム。これ以上の喜びはない」formula1-data.com(2021年12月13日)2022年7月22日閲覧。
  60. ^ 劇的展開でF1チャンピオンに輝いたフェルスタッペン「最終周まで勝機は見えなかった。ジェットコースターに乗っているようだった」”. auto sport Web (2021年12月13日). 2022年7月22日閲覧。
  61. ^ 革新的だが最速ではない? メルセデス風の”ゼロポッド”採用を敢えて見送ったフェラーリとハースformula1-data.com(2022年3月16日)2022年7月22日閲覧。
  62. ^ 新型サイドポッドの投入により悪化したメルセデスW13のポーパシング問題formula1-data.com(2022年3月25日)2022年7月22日閲覧。
  63. ^ F1分析|ポーパシングに悩まされるメルセデス。そんな状況でも”中団グループ落ち”は阻止する底力jp.motorsport.com(2022年6月15日)2022年7月22日閲覧。
  64. ^ 1.2秒落ちのメルセデス「何をしても良くならない」為す術なき状況に苛立つハミルトン…選手権9連覇は絶望的かformula1-data.com(2022年4月8日)2022年7月22日閲覧。
  65. ^ ルイス・ハミルトンのフェラーリ電撃移籍が正式発表! 黄金時代築いたメルセデスは今季限りで離脱……跳ね馬株価も過去最高値を更新”. motorsport.com (2024年2月2日). 2024年2月11日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メルセデスAMG F1」の関連用語

メルセデスAMG F1のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メルセデスAMG F1のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメルセデスAMG F1 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS