1955年のル・マン24時間レースとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 1955年のル・マン24時間レースの意味・解説 

1955年のル・マン24時間レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/25 21:22 UTC 版)

1955年のル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1955)は、23回目[1]ル・マン24時間レース、またスポーツカー世界選手権第4戦として、1955年6月11日から6月12日にかけてフランスサルト・サーキットで行われた。




  1. ^ 当時はドライバー交代が義務化されておらず、1949年にはフェラーリのルイジ・キネッティが23時間近く、1950年にはタルボ-ラーゴのルイ・ロジェが23時間以上ひとりで走行して優勝した。1956年以降はドライバーの連続周回制限と走行時間制限が規定された。
  2. ^ 対象は2台以上の車が同時に競争する種目で、ラリーヒルクライムは除かれる。2018年に64年ぶりにジュネーブでフォーミュラEのレースが解禁された。
  1. ^ a b c d e f g 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』p.223「資料1」。
  2. ^ 『死のレース 1955年ルマン』p.136。
  3. ^ 『ドキュメント ルマン1955』、p.89。
  4. ^ 『ライフ』1955年6月27日号の記事(参考サイト)
  5. ^ a b c d 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』pp.298-303。
  6. ^ a b c d e f g h i j 『ル・マンの英国車』p.57-59「1955」。
  7. ^ Le Mans Project by Virtual_LM Le Mans Track History 1932-1967(参考サイト)
  8. ^ ダリル・グッドリッチ (2017年) (日本語翻訳). フェラーリ 不滅の栄光 (映画). NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン.. 該当時間: 14分37秒 
  9. ^ 『死のレース 1955年ルマン』p.221。
  10. ^ Mike Hawthorn,Challenge Me the Race,London:William Kimber,1958.
  11. ^ 『死のレース 1955年ルマン』p.207。
  12. ^ 『死のレース 1955年ルマン』p.203。
  13. ^ 『死のレース 1955年ルマン』p.209。
  14. ^ 『死のレース 1955年ルマン』pp.161-162。
  15. ^ 『死のレース 1955年ルマン』p.208。
  16. ^ 『ドキュメント ルマン1955』p.156。
  17. ^ 『死のレース 1955年ルマン』p.136。
  18. ^ 『死のレース 1955年ルマン』p.166。
  19. ^ 『死のレース 1955年ルマン』pp.163-164。
  20. ^ a b 『ファンジオ自伝』pp.185-186。
  21. ^ 『メルセデス・ベンツ グランプリカーズ 1923-1955』p.178。
  22. ^ a b 『メルセデス・ベンツ -RACING HISTORY-』p.240。
  23. ^ 『死のレース 1955年ルマン』p.214。
  24. ^ 『死のレース 1955年ルマン』p.216。
  25. ^ 『メルセデス・ベンツ グランプリカーズ 1923-1955』p.179。
  26. ^ 『ルマン 偉大なる耐久レースの全記録』p.209。
  27. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 『ル・マンの英国車』p.142。


「1955年のル・マン24時間レース」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1955年のル・マン24時間レース」の関連用語

1955年のル・マン24時間レースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1955年のル・マン24時間レースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1955年のル・マン24時間レース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS