2014年のル・マン24時間レースとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 2014年のル・マン24時間レースの意味・解説 

2014年のル・マン24時間レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/20 23:09 UTC 版)

2014年のル・マン24時間レース: 24 Heures du Mans 2014)は、フランス西部自動車クラブ (ACO) が統括する82回目のル・マン24時間レースであり、2014年のFIA 世界耐久選手権の第3ラウンドでもある。2014年6月14日から6月15日にかけてフランスのサルト・サーキットで行われた。本年度は55台・合計165名のドライバーがエントリーした[1]




  1. ^ 予選3回目のセッションは、それまでの2回の予選セッションでの赤旗中断で失われたサーキット走行時間をカバーするため、急遽ACOの決定によって30分間拡大されることになった。予選3回目のセッションは本来ならば22時に開始されるはずであったが21時30分に繰り上げられて始まった。[7]
  2. ^ ロイック・デュバルはアウディ1号車のドライバーであったが、6月11日水曜日に行なわれたフリー・プラクティス中の事故で負傷した。続いて同日夜と翌日に3回に渡る予選のセッションが予定されていたが、デュバルがレースに参戦し続けられるかどうかは不明の状態であったため、急遽アウディ1号車のドライバーとして、フリー・プラクティスでのセッションではLMP2クラスのJOTAスポーツ38号車をドライブしていたアウディのリザーブ(予備)ドライバーのマルク・ジェネに交代させて出場することになった。[39]
  3. ^ マルク・ジェネは本来LMP2クラスのJOTAスポーツの38号車のドライバーであったが、6月11日に負傷したアウディ1号車のドライバーのロイック・デュバルの代わりとして急遽1号車のドライバーになったため、JOTAスポーツはジェネの代わりのドライバーをオリヴァー・ターヴェイに交代させた。彼は6月12日に初めて38号車に乗って予選に出場した。[39]
  4. ^ ブレット・カーティスは本来LMGTE Proクラスのプロスピード・コンペティションのポルシェ79号車に乗る予定であったが、予選中の事故で受けた脳しんとうのため、参戦を継続できるか不明の状態であった。チームは交代ドライバーとしてセバスティアン・クルビレを指名したが、ACOはクルビレの夜間(ナイト)セッションでの走行不足を理由として参戦を許可しなかった。プロスピードはやむなく残りの2人のドライバーのみでの参戦継続を選択したが、2人のドライバーのみでのル・マン24時間レースの参戦はFIA 世界耐久選手権のLMGTE Proクラスの参戦基準を満たさず、LMGTE Amクラスのドライバーズ・ランキングの必要条件しか満たすことしかできないため、選手権でのLMGTE Proクラスでの2人のランキングはル・マンの1戦のみしか認められないことになってしまった。[48]
  5. ^ ジェイムズ・カラドはAFコルセ71号車のドライバーであるが、予選2回目のセッション中のクラッシュで負傷してしまう。カラドがレースに参戦継続できるか不明だったため、ピエール・カーファーにドライバー交代した。[88]
  6. ^ アストンマーティン99号車は11日水曜日の予選1回目のセッションの後、レースの参戦継続断念を表明した。チームが予選中のクラッシュによる車のダメージの修復やスペアカーの用意を諦めたためである。[89]
  1. ^ いよいよ開幕! 今年のル・マンは55台の争いに”. オートスポーツ. オートスポーツ (2014年6月11日). 2014年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 【スタート〜6時間】 No.7 トヨタがトップを疾走! アウディ&ポルシェが同一周回で追撃!”. ミシュラン (2014年6月15日). 2015年1月10日閲覧。
  3. ^ a b Audi Wins 13th Title at 24H Le Mans”. Associated Press (2014年6月15日). 2014年6月15日閲覧。
  4. ^ Le Mans 24 Hours: Audi claims one-two after dramatic race”. オートスポーツ. Haymarket Press (2014年6月15日). 2014年6月15日閲覧。
  5. ^ World Motor Sport Council”. 国際自動車連盟(FIA) (2013年6月28日). 2013年6月28日閲覧。
  6. ^ 24 Heures du Mans 2014 Supplementary Regulations”. lemans.org. Automobile Club de l'Ouest (2013年12月19日). 2014年1月13日閲覧。
  7. ^ Le Mans 2014 - Qualifying session 2: Toyota takes the lead!”. Automobile Club de l'Ouest (2014年6月12日). 2014年6月13日閲覧。
  8. ^ Dagys, John (2014年2月18日). “Le Mans Track Safety Improvements Revealed”. Sportscar365. 2014年6月12日閲覧。
  9. ^ 新しいバリア(テックプロ)でF1アクションが身近に: アブダビGP”. ライブドア (2009年10月27日). 2014年12月21日閲覧。
  10. ^ a b Mercier, Laurent (2014年5月29日). “Le Mans Test Thursday Notebook”. Sportscar365. 2014年6月12日閲覧。
  11. ^ Mercier, Laurent (2014年5月31日). “Le Mans Test Saturday Notebook”. Sportscar365. 2014年6月12日閲覧。
  12. ^ Dagys, John. “New Safety Car Procedure, Slow Zones for Le Mans Revealed”. sportscar365.com (John Dagys Media). http://sportscar365.com/wec/new-safety-car-procedure-slow-zones-for-le-mans-revealed/ 2013年12月20日閲覧。 
  13. ^ Dagys, John (2014年4月16日). “Webber Completes New Le Mans Sim Training Course”. Sportscar365. 2014年6月12日閲覧。
  14. ^ INVITATION LIST TO TAKE PART IN THE OFFICIAL PRACTICE SESSIONS OF THE 2014 24 HEURES DU MANS”. 24h-lemans.com. Automobile Club de l'Ouest (2013年12月20日). 2013年12月20日閲覧。
  15. ^ 日産、2014年のル・マンに出場する世界最速の電力駆動レーシングカー「ニッサン ZEOD RC」を公開!”. autoblog. AOL Online Japan, Ltd (2013年6月22日). 2014年12月21日閲覧。
  16. ^ ハイブリッド エレクトリック ビークル HEV (Hybrid Electric Vehicle)”. freett.com (2005年11月10日). 2014年12月21日閲覧。
  17. ^ O'Leary, Jamie (2013年6月21日). “Nissan unveils electric Le Mans Garage 56 car”. オートスポーツ. Haymarket Press. 2013年6月28日閲覧。
  18. ^ 日産の電動レースカーZEOD RC、ル・マン24時間 初の電力のみ1周走破に成功。しかし約24分でリタイア”. Engadget日本語版. AOL Online Japan, Ltd (2014年6月16日). 2014年12月21日閲覧。
  19. ^ DiZinno, Tony (2014年6月11日). “Nissan ZEOD RC Shoots for First All-Electric Lap in Qualifying”. Sportscar365. 2014年6月13日閲覧。
  20. ^ Dagys, John (2014年6月14日). “Le Mans Pre-Race Notebook”. Sportscar365. 2014年6月16日閲覧。
  21. ^ LIST OF THE COMPETITORS, DRIVERS AND CARS ALLOWED TO TAKE PART IN THE FREE AND QUALIFYING PRACTICE SESSIONS OF 11TH & 12TH JUNE 2014”. Association Sportive Automobile de l'Automobile Club de l'Ouest des 24 Heures du Mans. 2014年6月10日閲覧。
  22. ^ バイパーがル・マン参戦辞退。タイサン繰り上がり”. オートスポーツ. 2014年12月23日閲覧。
  23. ^ Dagys, John (2014年3月24日). “SRT Vipers Withdraw from Le Mans”. Sportscar365. 2014年3月25日閲覧。
  24. ^ Dagys, John (2014年4月28日). “Five Entries Withdrawn from LM24”. Sportscar365. 2014年4月28日閲覧。
  25. ^ Dagys, John (2014年5月20日). “Millennium Racing Replaces Lotus for Le Mans”. Sportscar365. 2014年5月20日閲覧。
  26. ^ ストラッカ童夢、ル・マン24時間レースへの参戦を断念”. F1-Gate.com (2014年5月28日). 2014年12月23日閲覧。
  27. ^ Dagys, John (2014年5月27日). “Strakka Withdraws, Krohn Gains Late Entry for Le Mans”. Sportscar365. 2014年5月27日閲覧。
  28. ^ ミレニアム、ル・マン公式テストも欠場へ”. オートスポーツ (2014年5月31日). 2014年12月23日閲覧。
  29. ^ ミレニアムがル・マンを欠場。参戦台数は55台に”. オートスポーツ (2014年6月8日). 2014年12月23日閲覧。
  30. ^ Dagys, John (2014年6月7日). “Millennium Withdraws Again from Le Mans”. Sportscar365. 2014年6月7日閲覧。
  31. ^ Dagys, John (2014年5月27日). “Updated Le Mans Test Day Entry List Released”. Sportscar365. 2014年6月21日閲覧。
  32. ^ Kaijima, Yumiko (2014年6月2日). “ル・マンテストデー詳報:トヨタがトップ2を独占”. オートスポーツ. 2014年12月23日閲覧。
  33. ^ ル・マン24時間公式テストデー 総合タイム結果”. オートスポーツ (2014年6月2日). 2014年12月23日閲覧。
  34. ^ DiZinno, Tony (2014年6月2日). “Bergmeister’s Wild Ride at Le Mans Test Day”. Sportscar365. 2014年6月21日閲覧。
  35. ^ a b Dagys, John (2014年6月1日). “Toyota 1-2 at Le Mans Test Day”. Sportscar365. 2014年6月21日閲覧。
  36. ^ Dagys, John (2014年6月3日). “Teams Continue Le Mans Prep, Test at Bugatti Circuit”. Sportscar365. 2014年6月21日閲覧。
  37. ^ a b FIA WEC 82º Edition des 24 Heures du Mans Free Practice”. 国際自動車連盟(FIA) (2014年6月11日). 2014年12月23日閲覧。
  38. ^ a b c 16年ぶりにトップカテゴリー復帰のポルシェが暫定ポール! No.1 アウディの大クラッシュでル・マンは波乱の幕開けに”. ミシュラン (2014年6月12日). 2014年12月23日閲覧。
  39. ^ a b c DiZinno, Tony (2014年6月11日). “Duval out, Gene in at Audi Following Heavy Accident”. Sportscar365. 2014年6月11日閲覧。
  40. ^ DiZinno, Tony (2014年6月11日). “Toyota On Top in Le Mans Free Practice”. Sportscar365. 2014年6月21日閲覧。
  41. ^ TANIGUCHI, MUNENORI (2014年6月16日). “日産の電動レースカーZEOD RC、ル・マン24時間 初の電力のみ1周走破に成功。しかし約24分でリタイア”. AOL. 2014年6月24日閲覧。
  42. ^ Mitchell, Sam (2014年6月11日). “Le Mans: Porsche takes provisional pole in first qualifying”. オートスポーツ. Haymarket Press. 2014年6月14日閲覧。
  43. ^ Le Mans 24 Hours: Wednesday Qualifying 1 Report”. DailySportsCar (2014年6月11日). 2014年6月14日閲覧。
  44. ^ Miller, Fiona (2014年6月12日). “LMGTE Pro No.99 Aston Martin Vantage withdraws from 24 Heures du Mans”. FIA 世界耐久選手権. 2014年6月14日閲覧。
  45. ^ AMR、99号車のル・マン参戦を中止。54台の争いに”. オートスポーツ. オートスポーツ (2014年6月14日). 2014年12月25日閲覧。
  46. ^ a b c d ル・マン史上初、日本車に乗る日本人ドライバーが予選最速タイムを記録! トヨタ&中嶋一貴、新レコードでポールポジション!”. ミシュラン (2014年6月13日). 2014年12月23日閲覧。
  47. ^ ten Caat, Marcel (2014年6月12日). “Toyota Fastest in Chaotic Le Mans Second Qualifying”. Sportscar365. 2014年6月14日閲覧。
  48. ^ a b Watkins, Gary (2014年6月14日). “Le Mans 24 Hours: ProSpeed Porsche allowed to race with two drivers”. Autosport.com (Haymarket Media Group). http://www.autosport.com/news/report.php/id/114437 2014年6月14日閲覧。 
  49. ^ Dagys, John (2014年6月12日). “Nakajima, Toyota Take Landmark Pole at Le Mans”. Sportscar365. 2014年6月14日閲覧。
  50. ^ Chiba, Ouki (2014年6月13日). “ル・マン24時間レース予選、中嶋一貴が日本人初のポールポジション獲得!”. AOL. 2014年12月27日閲覧。
  51. ^ NISSAN ZEOD RC、ル・マンのミュルザンヌストレートで時速300kmを記録”. 日産自動車 (2014年6月13日). 2015年1月10日閲覧。
  52. ^ FIA WEC 82e Edition des 24 Heures du Mans Qualifying Practice Provisional Classification (PDF)”. 国際自動車連盟(FIA) (2014年6月12日). 2014年6月12日閲覧。
  53. ^ Dagys, John (2014年5月26日). “Alonso honorary starter for 24 Hours of Le Mans; McNish Grand Marshal”. FOXスポーツ. 2014年6月13日閲覧。
  54. ^ アロンソ ルマンのスターターを担当”. gpupdate.net (2014年5月27日). 2015年1月10日閲覧。
  55. ^ Le Mans 24 Hours: #7 Toyota leads frantic opening hour”. オートスポーツ. Haymarket Press (2014年6月14日). 2014年6月16日閲覧。
  56. ^ 日産の電動レースカーZEOD RC、ル・マン24時間 初の電力のみ1周走破に成功。しかし約24分でリタイア”. AOL (2014年6月16日). 2015年1月10日閲覧。
  57. ^ DiZinno, Tony (2014年6月14日). “Toyota’s Wurz Leads After First Hour in Le Mans”. Sportscar365. 2014年6月16日閲覧。
  58. ^ KCMG、ル・マンの早すぎるリタイアに「本当に残念」”. オートスポーツ. KCMG プレスリリース (2014年6月19日). 2015年1月10日閲覧。
  59. ^ Le Mans 24 Hours: Hour 2 Report”. DailySportsCar (2014年6月14日). 2014年6月16日閲覧。
  60. ^ Le Mans 24 Hours: Hour 3 Report”. DailySportsCar (2014年6月14日). 2014年6月16日閲覧。
  61. ^ ル・マン24時間:4時間後もトヨタが首位キープ”. オートスポーツ. オートスポーツ (2014年6月15日). 2015年1月10日閲覧。
  62. ^ Le Mans 24 Hours: Toyota on top as Porsche slips back in hour five”. オートスポーツ. Haymarket Press (2014年6月14日). 2014年6月16日閲覧。
  63. ^ ten Caat, Marcel (2014年6月14日). “Porsche Still Leads Overall After Four Hours at Le Mans”. Sportscar365. 2014年6月16日閲覧。
  64. ^ Le Mans 24 Hours: Hour 4 Report”. DailySportsCar (2014年6月14日). 2014年6月16日閲覧。
  65. ^ DiZinno, Tony (2014年6月14日). “Toyota's Nakajima Resumes on Top in Le Mans Hour Six”. Sportscar365. 2014年6月16日閲覧。
  66. ^ a b ル・マンはトヨタvsアウディの僅差の持久戦へ”. オートスポーツ. オートスポーツ (2014年6月15日). 2015年1月10日閲覧。
  67. ^ DiZinno, Tony (2014年6月14日). “Nakajima Still Leads As Eight Hour Mark Passes at Le Mans”. Sportscar365. 2014年6月16日閲覧。
  68. ^ Le Mans 24 Hours: Hour 10 Report”. DailySportsCar (2014年6月14日). 2014年6月16日閲覧。
  69. ^ FIA WEC 82nd Edition des 24 Heures du Mans Race Leader Sequence (PDF)”. 国際自動車連盟(FIA) (2014年6月15日). 2014年6月16日閲覧。
  70. ^ Le Mans 24 Hours: Hour 13 Report”. DailySportsCar (2014年6月15日). 2014年6月16日閲覧。
  71. ^ Dagys, John (2014年6月15日). “Toyota Hits Trouble, Audi Leads with 14 Hours Complete”. Sportscar365. 2014年6月16日閲覧。
  72. ^ 首位陥落の7号車トヨタTS040はリタイアが決定”. オートスポーツ. オートスポーツ (2014年6月15日). 2015年1月11日閲覧。
  73. ^ 【16時間経過】 No.7 トヨタがトップ独走から痛恨のリタイア! 夜明けのル・マンはNo.1 アウディが首位に!”. ミシュラン (2014年6月15日). 2015年1月11日閲覧。
  74. ^ 【途中経過】中嶋一貴、首位走行中に無念のリタイア/ル・マン24時間レース”. TopNews Co.,Ltd. (2014年6月15日). 2015年1月11日閲覧。
  75. ^ Watkins, Gary. “Why Le Mans 2014 was almost a classic”. オートスポーツ. Haymarket Press. 2014年6月20日閲覧。
  76. ^ ル・マン24時間レース、トップを快走していたトヨタをトラブルが襲う!”. AOL (2014年6月15日). 2015年1月11日閲覧。
  77. ^ a b c DiZinno, Tony (2014年6月15日). “Audi Drama Occurs Up Front at 16-Hour Le Mans Mark”. Sportscar365. 2014年6月16日閲覧。
  78. ^ ten Caat, Marcel (2014年6月15日). “Gene Leads With Six Hours To Go at Le Mans”. Sportscar365. 2014年6月16日閲覧。
  79. ^ Dagys, John (2014年6月15日). “Drama in LMP2 as Audi Continues to Lead at Le Mans”. Sportscar365. 2014年6月16日閲覧。
  80. ^ Le Mans 24 Hours: #97 Aston Martin in trouble after thrilling fight”. オートスポーツ. Haymarket Press (2014年6月15日). 2014年6月16日閲覧。
  81. ^ ル・マン:1号車もトラブル発生。ポルシェ首位浮上”. オートスポーツ. オートスポーツ (2014年6月15日). 2015年1月11日閲覧。
  82. ^ a b 王者アウディ、サバイバルゲームを勝ち抜き5年連続・13回目のル・マン制覇を達成!”. ミシュラン (2014年6月16日). 2015年1月11日閲覧。
  83. ^ Le Mans 24 Hours: Hour 21 Report”. DailySportsCar (2014年6月15日). 2014年6月16日閲覧。
  84. ^ a b c ten Caat, Marcel (2014年6月15日). “Webber Porsche Hits Trouble With Two Hours Remaining”. Sportscar365. 2014年6月16日閲覧。
  85. ^ DiZinno, Tony (2014年6月15日). “Jota Secures LMP2 Le Mans Win in Thriller”. Sportscar365. 2014年6月16日閲覧。
  86. ^ DiZinno, Tony (2014年6月15日). “AF Corse, Aston Martin Capture Le Mans GTE Wins”. Sportscar365. 2014年6月16日閲覧。
  87. ^ FIA WEC 82nd Edition des 24 Heures du Mans Race Provisional Classification (PDF)”. FIA (2014年6月15日). 2014年6月15日閲覧。
  88. ^ Mercier, Laurent (2014年6月12日). “Châssis détruit pour la Ferrari/AF Corse #71, Pierre Kaffer remplace James Calado” [New chassis for AF Corse Ferrari #71, Pierre Kaffer replaces James Calado] (French). Endurance-Info. 2014年6月12日閲覧。
  89. ^ Mitchell, Scott (2014年6月12日). “Le Mans 2014: Aston Martin's #99 GTE Pro car withdrawn after crash”. オートスポーツ. Haymarket Press. 2014年6月12日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2014年のル・マン24時間レース」の関連用語

2014年のル・マン24時間レースのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



2014年のル・マン24時間レースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2014年のル・マン24時間レース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS