ベネッセコーポレーション 主なキャラクター

ベネッセコーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/27 01:21 UTC 版)

主なキャラクター

  • たまひよ - キャラクターデザイン:アランジアロンゾ
  • しまじろう - 「こどもちゃれんじ」に登場。
  • コラショ - 「進研ゼミ」小学講座 チャレンジ1・2・3年生に登場。
  • くりけいかん - 「進研ゼミ」小学講座 チャレンジ1・2・3年生に登場。
  • ニャッチ - 「進研ゼミ」小学講座 チャレンジ4・5・6年生に登場。
  • ニャンペイ - 「チャレンジ英和・和英辞典」に登場するトラ猫。かつては「進研ゼミ」中学講座の英語のマスコットだった。
  • ハイキュー!! 高校講座 2017年春、夏と採用

1997年(平成9年)度ごろまでの「進研ゼミ」小学講座・中学講座では、以下のマスコットが登場していた。

  • ポコ - 国語担当のタヌキ
  • カニまる - 算数(数学)担当のカニ
  • ライきち - 理科担当のライオン
  • ブッチ - 社会担当のイヌ(ブルテリア)。

かつて発売された電子学習教材「スタディボックス」では、ホッタロー(理科担当)、タンバリン(算数担当)などのマスコットが登場していた。

不祥事・事件

  • ベネッセ個人情報流出事件 - 2014年7月9日に発覚した顧客情報漏洩事件。データベースの顧客情報が不正に持ち出され、名簿会社に売却された。3504万件の漏洩と公表[21][22]
  • 学習支援クラウドサービスClassi不正アクセス事件 - 2020年4月14日に発覚した顧客情報漏洩事件。同社学習支援クラウドサービスClassiに不正アクセスがあり、教員や保護者を含む全利用者約122万人分のユーザーIDと、パスワードを暗号化した文字列、2031人の教員が作成した自己紹介文が流出した。[23]

関連項目


注釈

  1. ^ 日本の書店チェーンである福家書店(ふくやしょてん)とは関係ない。
  2. ^ それまでは岡山市南方(現・本社の北側、創業の地)⇒岡山市番町(現・同社番町研修センター)⇒岡山市高柳東町の順で本社が移転していた。
  3. ^ 本社ビルは1992年(平成4年)の第33回BCS賞に、東京ビルは1995年(平成7年)の第36回BCS賞に、それぞれ受賞している。

出典

  1. ^ 株式基本情報”. 株式会社ベネッセホールディングス (2015年9月30日). 2016年5月6日閲覧。
  2. ^ Ustreamを活用して自宅で短時間に受講できる 保護者向けの私立中学受験算数教え方講座「カタリス」をスタート、PR TIMES、2010年12月18日閲覧。
  3. ^ 代表取締役社長の異動に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社ベネッセホールディングス (2014年3月27日). 2014年6月24日閲覧。
  4. ^ “代表取締役の異動ならびに役員人事の内定に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ベネッセホールディングス, (2016年5月11日), https://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/m/2016/05/11/docs/20160511release.pdf 2016年6月27日閲覧。 
  5. ^ “代表取締役の異動ならびに役員人事の内定に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ベネッセホールディングス, (2016年5月11日), https://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/m/2016/05/11/docs/20160511release.pdf 2016年6月27日閲覧。 
  6. ^ “株式会社TMJの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ” (プレスリリース), セコム, (2017年9月1日), https://www.secom.co.jp/corporate/ir/lib/osirase20170901.pdf 2018年8月30日閲覧。 
  7. ^ “連結子会社の株式譲渡に伴う特別利益の計上に関するお知らせ” (プレスリリース), ベネッセホールディングス, (2019年5月10日), https://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/20170901_2_release.pdf 2021年3月12日閲覧。 
  8. ^ “弊社株主の変更について” (プレスリリース), TMJ, (2017年9月1日), https://www.tmj.jp/news/2017/20170901.pdf 2018年8月30日閲覧。 
  9. ^ “代表取締役の異動ならびに役員人事の内定に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ベネッセホールディングス, (2019年5月10日), https://pdf.irpocket.com/C9783/FMlK/CPVv/UrnN.pdf 2021年3月12日閲覧。 
  10. ^ “通訳・翻訳事業会社(株式会社サイマル・インターナショナル)の株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ” (プレスリリース), TAKARA & COMPANY, (2020年3月6日), https://contents.xj-storage.jp/xcontents/79210/a724f30d/9e07/4574/b424/b8a5a0526158/140120200305475122.pdf 2020年3月9日閲覧。 
  11. ^ “連結子会社の株式譲渡に伴う特別利益の計上に関するお知らせ” (プレスリリース), ベネッセホールディングス, (2020年3月6日), https://pdf.irpocket.com/C9783/vTQq/ggmz/ydiO.pdf 2020年3月9日閲覧。 
  12. ^ 泰朗, 高尾. “日経ビジネス電子版” (日本語). 日経ビジネス電子版. 2020年5月1日閲覧。
  13. ^ a b c ベルリッツ、加企業に売却 ベネッセ、競争激化で”. 共同通信 (2022年2月14日). 2022年2月15日閲覧。
  14. ^ 会社概要 | 企業・グループ情報 株式会社ベネッセホールディングス
  15. ^ 会社案内 ベネッセコーポレーション 所在地
  16. ^ 加速し、複雑化する「教育・子育て環境の変化」に対応 6月28日「ベネッセ教育総合研究所」を設立”. PR Times (2013年6月28日). 2019年3月19日閲覧。
  17. ^ 販売管理システム・仕入在庫管理システムの導入事例 奉行シリーズ(OBC)
  18. ^ タイヘイ/夕食食材セット、再構築へ/新製品開発、配達サイクル見直す”. 日流ウェブ (2015年3月25日). 2019年3月19日閲覧。
  19. ^ 難関校受験EVERES https://chu.benesse.ne.jp/open/ev/
  20. ^ “ベネッセ、会員登録なしの通信教育講座 500円から”. 日本経済新聞. (2015年2月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ07H0P_X00C15A2000000/ 2016年10月17日閲覧。 
  21. ^ “ベネッセ、情報漏洩3504万件に 補償は500円の金券 情報セキュリティー企業と共同出資会社”. 日本経済新聞. (2014年9月10日). オリジナルの2014年9月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140919095812/http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ10H6I_Q4A910C1000000/ 2014年9月19日閲覧。 
  22. ^ 泰朗, 高尾. “日経ビジネス電子版” (日本語). 日経ビジネス電子版. 2020年5月1日閲覧。
  23. ^ 泰朗, 高尾. “日経ビジネス電子版” (日本語). 日経ビジネス電子版. 2020年5月1日閲覧。






固有名詞の分類

日本の出版社 成文社  眞人堂  ベネッセコーポレーション  丸善  社会批評社
予備校 仙台進学プラザ  研数学館  ベネッセコーポレーション  進研模試  四谷学院
岡山市の企業 尾崎商事  岡山四国共和物産  ベネッセコーポレーション  グループ トーキング・アイ  おかやま信用金庫
日本の携帯電話事業者 アステル関西  インフォニックス  ベネッセコーポレーション  アステル九州  ソフトバンクテレコム販売
衛星役務利用放送事業者 ダイコク電機  スカパー・ブロードキャスティング  ベネッセコーポレーション  フジテレビジョン  パワープラッツ
仮想移動体通信事業者 日本ヒューレット・パッカード  インフォニックス  ベネッセコーポレーション  エヌ・ティ・ティ・データ・ウェーブ  京セラコミュニケーションシステム

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ベネッセコーポレーションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ベネッセコーポレーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベネッセコーポレーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS